Androidアプリストア Amazonファミリー 講談社タイトル配信開始 Amazon Cloud Drive SOS0928 Amazon MasterCard Drive_Recorder DVD Blu-ray Bargain 2016summer Amazon_meets_LAST ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト秋のスイーツ コンディショニングサポートストア コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
185
5つ星のうち3.4
価格:¥3,190+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月22日
外箱・品物は「2.4GHz無線」の物で、本体のラベルだけRT-MWK02になっていました。張り替えたのか?と疑ってしまいます。
最初は”RT-MWK02”ではなく2.4GHz無線の”RT-X1”が届いたのかと思ったのですが、ESCキーの場所(Bluetooth機ならBTキー)がバックライトのボタンになっているので ”V3” なのか?
それにしては品物が非常にチープです。左上の電池や充電のインジケータランプは、穴が空いているだけで中のLEDが丸見えです。
区分けもされていないのでどれが点灯しているのか、まったく分かりません。
また、バックライト使用時にはキーボードの刻印が透過して見えるはずなのですが、中でLEDが光るだけです、逆光になってキーが見えません。
メーカーサイトの画像や説明とまったく異なります。タッチパッドにRiitek社のロゴが無いし、背面のプリントも違います。

A・NBOOKS から購入したのですが、これ本当にRiitek製なのでしょうか? ものすごく偽物くさいです。
もちろん返品させていただきますし、アマゾンさんにはきちんと調査してほしいと思います。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月7日
1.キーボードにUSBを繋いで充電をします。
 赤ランプが消えると充電完了です。
2.電源スイッチをONにして、Bluetoothボタンを押すと、黄色いランプが点滅を始めます。 3分ほど点滅になるので、その間に認識させます。
3.スマートフォン側の「設定」→「無線とネットワーク」→「Bluetooth設定」からデバイスのスキャンを行います。
4.認識すると「Macro Keyboard」と表示されます。タップするとダイアログが出て、PINを入力するよう求められます。
 「0000」を入れたら、キーボード側でも「0000」をタイプし、リターンキーを押す。
 慣れていないと押し間違えるので、エラーになった場合はもう一度一覧からタップしてPINの入力からやり直します。
5.そのままではペアリングしただけなので、テキストを入力するアプリを立ち上げます。 スターメモのアプリでいいと思いますので、作成アイコンをタップして起動させます。キーボードから入力を始めると入力機器として登録されます。そして、タッチパッドを指でなぞると、マウスカーソルが出現します。
6.この状態でなら、「Fn」+「F1」でキーボードのバックライトがつきます。
 「Fn」+「Ctrl」でカナ入力とローマ字入力を切り替えられます。
 一度ペアリングができているなら、「Bluetoothボタン」を押さないようにしましょう。接続が切れてしまいます。

後日、キーボードを使うときは「Bluetooth設定」からBluetooth機器の一覧にある「Macro Keyboard」をタップしてからキーボードのスイッチを入れて、Bluetoothボタンを押します。
 認識されると黄色の点滅がなくなり、常時点灯するようになります。

F1ボタンとF3ボタンは電話をかけるアプリを起動します。「電話帳」アプリが複数ある場合は選択画面が出ます。
F2ボタンとF6ボタンは、文字入力パレットが下に引っ込みます。F5ボタンも同じようです。音量に割り当てられていそうです。
F4ボタンはスマートフォンをパワーオフ状態にさせます。
 触らないでいると休止状態になり画面が消えるのと同じになります。こうなるとスマートフォン本体のホームボタンを押してスライドジェスチャーでパワーオンにしなければなりません。
 同じくパワーオフになってしまう組み合わせには「Fn」+十字キーです。
Delボタンは機能しないようです。Back spaceで消していくことはできる。
タッチパッドの左右のクリックボタンはスマートフォンの左右ボタンと同じ働きをします。
マウスでドラッグして範囲指定をしてコピーなどがパソコンではできますが、このキーボードのタッチパッドでは無理です。
ESCボタンは、アプリの終了になります。保存しますか、と聞いてくるアプリならいいのですが、それがないアプリだと強制終了になります。
スラッシュは中点になります。
「Shift」を押すと、白色ランプがついて、画面にはカーソル位置に下付の三角マークがついて、半角英字入力ができます。
「Caps」を押すと、全角英字入力になります。
「Alt」を押すと、カーソル位置の上に下向きの三角マークが出て、大文字の半角英字入力になります。一文字だけです。

基本は日本語入力になるので、ワープロ画面では上のメインバーに「あ」マークがつくので、それで判断できます。
「〜」を押すとソフトキーボードが隠れ、2回目には日本語モードが切り替わるので英字入力になります。
「あ」マークが「A」マークに変わります。もう一度「〜」キーを押すと日本語モードに戻ります。
リターンキーで改行すると日本語モードに戻ります。

漢字変換は文節変換で、リターンキーで確定していくか、マウスカーソルで選ぶか、直接も次候補をタップするかで確定できます。
いっぺんに全文を確定できません。

「Fn」+「Back」で、一つ前に確定した変換候補に戻ります。

外国の文字を入力するときは、日本語モードを抜けているときに使えて、別のキーボード入力アプリからの文字候補が出て、タップして入力できます。
(上に点が二つ横並びにつく文字など。)
本当は「設定」から選ばないと使えないはずですが、デフォルトで次の言語入力があるようです。

ワープロ以外のアプリでは入力待ち状態になるのか、画面がオートパワーオフになりません。つきっぱなしです。

他にも、キーの組み合わせがありそうです。
0コメント| 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年2月5日
本体は手にしっくりきて手触りもイイ感じ。背面の角の仕上げにまで丸みが付けられていたり、成型にけっこう手間をかけてるなという印象。安いリモコンみたいなペッコペコのを想像していたので良い意味で裏切られました。

打鍵はクリック感がありこれも好感触。キーの間隔は8.5ミリです。キートップの微かな盛り上がりが効果的で、親指で押しても隣のキーを押しちゃったりせずに済み良くできています。

日本語IMEの切り替えは【‾】キーまたは【Alt】+【[】キーのどちらでもできました。
英語キーボードと日本語キーボードを混在した(または日本語キーボードドライバをねじ込んだ)時に起こる【¥】【_】【|】が英語KBで入力しづらい問題は、「YenInput」というフリーソフトで解決させて頂きました。

ファンクションキーとの同時押しでメディアコントロール(ミュート・Vol小・Vol大・前の曲・再生・次の曲)ができて便利。けっこう重要視する人もいると思うので商品説明に書けばいいのにと思ったw

さてここからは不満点も入りますが、マウスパッドは3.3cm角という小ささも手伝ってやや使いにくいです。
ドラッグ&ドロップは特にやりにくく、左手をずらしてクリックボタンを押す必要があります。本体の側面にゲームパッドのLRボタンのように付けてくれたら完璧だったのですが・・・。次作に期待。

ちょっと特殊なケースでの話になりますが、マウスドライバはHID標準のものしか入らず、サイドスクロールはありませんし「ThumbSense」というタッチパッド用便利ツールソフトが使えなかったことも残念。これに関連して、UWSC等の自動化ソフトの記録で見たところ、標準のドライバではタッチパッドに指で触れ続けた状態は検知できないようですね。
※ タッチパッドをトンッと叩くことでのクリックはできますし普通の使い方では問題ないです。

十字キーでも十分なのですが、マウス中ボタンの上下スクロールに相当するものがありませんので、「まわKEY」というPageUp/PageDownキーでマウスのホイール回転ができるようになるフリーソフトを利用させて頂いております。

今のところ三日に一度30分ほど充電して使っています。電源は入れっぱなしでバックライトをつけていることも多いのによくもつなぁという印象。充電も早いし充電しながらでも使えるのも好し。本体側の端子はminiBなので汎用性もあり安心です。
節電状態からの復帰には一・二秒もたつきますが個人的には気になりません。

総じて商品の質に満足しております。
___________________________________

以下は五か月使っての追記です。

えーっと、今も寝ながら作業やプレゼンに大活躍です。毎日二時間以上使っており、そのまま寝ちゃったりしますが充電池の劣化もそれほど感じません。
私の使用環境で描き忘れたことをひとつふたつ。「使用環境はWindows VistaとXP」「USBは1.5Aの電源補助ACアダプタを付けているUSBハブから取っている」ということです。
PCのみ・マザーボード直結の弱々しいUSB電源からですと二時間くらい充電時間を見たほうが良いかもしれません。充電時間が長くてがっかりした人がいたら申し訳ないと思いまして追記させていただきます。
1コメント1件| 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月26日
bluetooth接続ができないので裏の型番を見たらRT-WMK01でした。
箱にはラベルを上から貼ってRT-WMK02とありますが、
ラベル以外は箱も中身も説明書もRT-WMK01のものです。
商品は良さげなので、とても残念です・・・
もちろん、返品させていただきます。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Windowsデスクトップで、ちょっとした操作用に使うつもりでしたが
それよりiPhone4で使えたのが便利だったので、ご報告しておきます。

ペアリング後、標準アプリの「メモ帳」で以下操作が可能でした。
・一般的な文字キー入力
・カーソル操作
・シフト+カーソルでの範囲選択(但し動作は非常に重い。4S等だとちがうかな?)
・音楽再生・停止・音量±・ミュート・スキップ等(Fn+ファンクションキー併用)
・Winキー(Fn+Ctrl)+スペースでの文字モード選択
 (カナ・ローマ・英字等。Macでいうコマンド+スペースの操作に近い)

iOSで使えない(まったく反応しない)キーとしては
・Fn併用での「PageUp, PageDown, PrintScr」
・タッチパッドと左右クリック
になりました。

以下動作は参考です。たぶんこの製品固有の動作ではなく、
iPhone&アプリとBluetoothキーボードでの挙動になると思います。

・アプリの文字入力シーンによっては、これをペアリングしていると、
 画面はキーボード登場時のスライド動作をしますが、キーボード自体は
 表示されません。よって画面キーとの併用はできません。
 (物理キーボード認識済みだからか?)

・改行非対応(1行入力)のアプリでは、Enterキーでは確定できない。
 (入力が無視される。画面上の「確定」とか「登録」などを押す必要あり)

なお、おまけ?のレーザーポインターは実用的な明るさです。
リチウムバッテリーなので、キーが使える程度の充電がされていれば
ヘタって暗くなることもなさそうです。

-----2013年7月追記

「タッチパッド」が壊れてしまいました。
PC接続ではそこそこ使ってたので残念。
タッチせずともカーソルが反応する(震える)症状となり、
常に動作状態のため、電力消費も激しくなりました。

とりあえず分解し、
タッチパッドにつながるケーブルを外して回避しました。
他にもタッチパッドの故障レビューが書かれていましたが、
ここは泣き所かもしれませんね。

また、その際気づいたことですが、
レーザーポインターにつながる線のハンダ付けも
柔い印象でした。手作業でつけてるようですが
うまくない方がつけた印象です。

他は気に入っているのですが、これらが残念なので
星2つ減らして3にさせて頂きます。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月4日
US配列です。日本語Windows以外の機器に対して、US配列のキーボードと併用するか単独で使う分には大きな問題はありません。
日本語Windowsでも使えますが苦労します。特に、日本語配列キーボードをメインとして併用したい!という方。他の方のレビューや検索サイトを参照してください。
既にUS配列キーボードを常用していて過去に設定に苦労した私みたいな人たちであれば、すぐに使えます。

ペアリング済みなのに間違ってペアリングボタンを押してしまった場合、点滅しているうちに電源をOFFして、数秒経ってから再びONすれば問題ありません。ペアリングしなおす必要はありません。

付属のレシーバは若干感度が悪いんでしょうか? USB延長ケーブルを使ってPC本体から離すことで若干よくなりましたが。しかしiPhoneよりも使える距離が短くてペアリングにもよく失敗するのはちょっと・・・。

タッチパットは慣れていればさほど問題ないと思います。
レーザーポインタは私には使い道がないと思っていましたが、飼い猫がかなりの食いつき様でしたので、いずれ動画サイトにUPしたいと思います(絶対に眼にポインタを向けないでください。失明してしまうかもしれません)

バックライトは真っ暗なところ専用といった感じの明るさですが、文字が浮き出すので視認性に問題ありません。

iPhoneでは、sshアプリなどを使用しながらでも音量調整や再生のコントロールが可能なので、けっこう便利です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月1日
 他の方々の書き込みにもありましたが、随分しっかりした作りの本体(ついでに言うと、随分しっかりした箱)でした。
ただ、受信用ドングルがついておらず、直ぐに連絡をしたところ直ぐに発送いただけ、使えるようになりました。
 販売元の方の対応が早く助かりました。

 元々はANDROIDで使うつもりで買いましたが、Windows(7・XP)で先ずは動作確認を行い問題無く使えました。
 (確認しようとしたANDROIDが不調だったので)
キーボードはSPACEキーを小さくしてでもENTERキーがもう少し大きいと使い勝手が良いかも
とは思いますが、簡易的に使うには全く問題無さそうです。
 またポインティングデバイスも、皆様の書き込みでは不評だったので、期待していませんでしたがそれほど使い勝手
の悪い感じではありませんでした。
 PC側での感度設定は必要なのかもしれませんが、主入力機器じゃなく、寝転がって使うなどの簡易使用では、非常に
便利な機器だと思います。
 電池の使用時間は判りませんが、一回の充電で3日間は使えました。
 これは使用時間にもよりますし、使用時間として使いっぱなしではなかったのであまり参考にならない数値だと思います。

 機能的には、BT接続でのキーボード、ポインティングデバイス、レーザーポインター の3機能なので、ANDROID
よりはPCで使用し会議等の席で使うと便利なんだろうな、と感じました。
 
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月19日
iPhone4でメールを打つ時に、本体のタッチキーでは打ち辛く外部キイボードを探してました。
そこでアマゾンの購入者レビューを参考に各社の製品を検討してましたが、その中で高評価の本製品を購入しました。
早速本製品を使用をしましたが、レビューが高評価の様に確かに品質が十分な製品でした。
以下に私なりの評価をまとめました。

良い所
1,全体の作りがしっかりして品質感が高い。
2,キイボードにクリック感があり、私的には好みである。
3,両手でキイボートが打てるサイズに収まってる。
4,キイボードのバックライトが意外と暗い所で便利。
5,タッチパッドが付いてるので、iPhoneでは使えないがパソコンで使用時は意外と便利。
6,購入した製品は英字キイボードで英字だけで大きく、老眼の私には見やすくて便利(笑)
7,iPhone4とのペアリングを一度行えば後は必要なく、電源を入れれば直ぐに使用出来る。他社の製品では電源を入れるたびとか、休止状態から復帰時もペアリングが必要になり不便な物が有るようです。
8,ファンクションキーにミュージックとかビデオの操作機能(動画再生/停止、音量、ミュート、スクリーンショット)が付いてて便利。
9,レーザーポンターが付いてて、パソコンとプロジェクターを使ったプレゼン時にパソコンの遠隔操作と共に直接スクリーンにポイントが出来て便利。
10,内蔵リチュウ厶電池に充電時にLEDランプが点灯し、充電完了時に消灯して知らせてくれる。
11,ブルーツースインターフェースの無いパソコン用に、USB用ブルーツースチップが付属してくれてる。それもキイボード本体に収納され、またインストールCDも付属され至れり尽くせり感があり驚いた。
12,携帯で大事な事だが、本体が軽い。

考えて欲しい所
1,キイのクリック感が少し硬いような気がする。私的にはもう少し軽い方が早く打てますが、これは私感です。
2,タッチパッドは便利ですが、少し狭いようです。しかし製品コンセプトからするとしょうがないですね。
3,電源スイッチはスライドの機械式ですが、少しか弱い感じがします。押しボタンの様なスイッチが希望です。
4,バッテリーは内蔵の充電式リチュウ厶電池ですが、劣化した時にはどうなるのでしょう。まあ、劣化するまでに新しい製品に目が移り買い替えるでしょうけど(苦笑)

以上、短い期間ですが私なりの私見を交えた評価です。
本製品は海外メーカー製で、値段の割には良く出来たハイコストパフォーマンスな製品だと思います。
購入時に日本製を検討したのですが、値段が高い割にレビューの評価が低く、またその内容を見ますと製品コンセプトは良いのですが慌てて製品化しか感があり、明らかに製品の作り込みが不十分なまま市場に出てると思います。
電子製品の機能寿命は短く、特にIT製品のサイクルは早いので製品メーカーは営業的にもひとつの製品にそうは資源を使えないのでしょう。
ですが作り込みの出来てない製品を乱発しても、消費者はおのずと離れて高い品質を求めて行くと思います。
良い物はいつまでも使えます。きちんと物作りをしてるメーカーは、国内外を問わず評価すべきでしょうね。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月10日
bluetooth説族ができないのでおかしいと思い型番を確認したらRT-WMK01でした。箱にはラベルを上から貼ってRT-WMK02と表示されていましたが、ラベル以外は箱も中身も説明書もRT-WMK01のものです。詐欺に遭った気持ちなので抗議の上返品します、
1コメント1件| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月17日
マストアイテムと言っても差し支えないかもしれません
なんといってもこれがあればキーボードとマウスを
持ち歩かなくても良くなるのが非常に助かります。
個人的にはちょっと前に流行ったリナザウのキーボードを
彷彿させるつかいごこちに近いでず。
タッチパッドについてはさすがに小さいです。
しかし自分の持っているウインドウズタブレットには必須の
入力手段なので非常に助かっています。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)