Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIYはじめて講座 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
202
5つ星のうち3.8
色: ブラック|変更
価格:¥1,610+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年3月22日
2014年11月半ば購入、使用頻度は月数回。
購入当初から、相当呑んでるのに0.15、0.25等低い数値が出る。
タニタのHC-206では0.45とか出ていたくらいの飲酒量。

これは二日酔いだなという朝に0.00が出る。
それほど呑んでない翌朝(飲酒終了から約10時間後)、快調だなぁと思っていても0.20。

現在、ビール500ml、チューハイ(7%程度)を約1,000ml程度の飲酒で3回計測。
おもいっきり腹式呼吸してセンサーに口をほぼくっつけ、指でセンサー周りを囲み大量に息を吹き込んだ状態で、
1回目0.15、2回目0.20、3回目、0,10。
説明書通りの距離を取り測定すると何度やっても0.00。因みに一口呑んだ直後に測定しても0.05.

ご判断は各自で。
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月12日
会社でも飲酒運転厳罰化が実施されています。
このことは当然なのですが、次の日に残っていないかが心配になり、保険に、という気持ちで購入。
購入当初はビールを飲みながら「ふーっ」とやるとだんだん数字が上がっていき、ちゃんと検出できていました。
ただ、説明書にも使用期限:1年と表記がある通り、1年を過ぎるとビールを飲みながら試した際にも「0.00」と表示されるようになりました。
使用する場合はきちんと1年毎に新品に交換したほうが良さそうです。
使用期限通りなので一応[★★★(普通)]の評価です。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月17日
アルコールチェッカーはセンサー部が1年限りの商品、安さとお手軽さが必要かと。
交換できるタイプはとても高いし、気軽に測れて飲酒運転防止に役立ちます。
やはり3次会午前様は、朝飯食べても、30分くらいすると、さすがに朝0.1~0.15mmgくらいは呼気に残ってます。
しらふでも、事故起こせば0.15mm以上は犯罪ですね。
1年消耗でも1545円ならコストパフォーマンス抜群、これまでも2000円程度のものを毎年購入
製造中国でもTANITAなら信用ありますし。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月14日
どの程度こういう機器が信用できるのか、同程度の価格帯の代表的な他の機器2機種と比べてみました。
結論からいいますと、私はこの機器の数値は信用しません。
以下 実際にお酒を飲んで他の2機種と比較した数値です

缶チューハイ350ml(アルコール度数9%)を飲んで時間の計過と実際に出た数値です。
HC-213Sを A とします
他の2機種ををれぞれ B 、C とします。

00:00(飲酒直後) A:0.2ml(アウト)   B:0.690ml(アウト)  C:0.4ml(アウト)
00:30(30分後)  A:0.2ml(アウト)   B:0.500ml(アウト)  C:0.34ml(アウト)
00:50(50分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.275ml(アウト)  C:0.26ml(アウト)
01:10(70分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.230ml(アウト)  C:0.22ml(アウト)
01:30(90分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.000ml(セーフ)  C:0.18ml(アウト)
01:50(110分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.000ml(セーフ)  C:0.14ml(セーフ)
02:00(120分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.000ml(セーフ)  C:0.11ml(セーフ)
02:30(150分後)  A:0.00ml(セーフ)  B:0.000ml(セーフ)  C:0.03ml(セーフ)
  
これを見ると、Aは50分後にアルコールの数値が0になっているが、他の2機種はそれぞれ0.275ml
と0.26mlで、これは完全にアウトの数値です。
だからこの機種でアルコールの数値が0だから安心だと思って運転したらやばい事になる可能性がありますね。
もちろんAもBもCも警察が使ってる本物と比べたわけではないので、どの数値が正しいかは分かりませんが、
自分ならこの3つの中でどれを信用するかと聞かれれば、一番最後までアルコールを検知し続けたCを信用します。
Cで測って0なら運転しても大丈夫かな?と判断します。

ということで、自分はこのスティック型の検知器は信用しませんし、目安にするのも危険だと考えます。
もちろん飽くまでも私見です。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
使い始め当初は、一口飲んですぐ数値に出てました。
段々鈍くなり、明らかに残ってるなーって日でも0.00の数値でした。
やはりその日は会社の機械では反応ありました。
タニタでもちょっと信頼できない物だと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月20日
2年前の夏にHC-206を購入したが、最近は感度が低下した。(カタログ通り)結構正確に表示していたので、重宝していた。
ほとんど毎日飲酒するので、万一翌朝に残っていないか確認するには適当な値段です。
今回は、キャップを押し上げるとスイッチが入る様に改善されており(前回は、都度ビニール袋に密閉していた)便利になった。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年1月24日
飲んだらすぐにMAX値までいきます。0〜MAXまでの値が狭すぎに思います。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月13日
酒気帯び運転に対するモラルが厳しい昨今、職場で同型のものが支給されるようです。運の悪いことに、そのことが伝わる前日にamazonから品物が到着しました。(T_T) -2は使用方法の説明がわかりにくいこと。説明の1~3は一つにまとめて説明しないと時系列的に混乱します。もう一つは測定結果の信頼性です。明らかにまだアルコールが残っている状況にもかかわらず何度試しても0.00表示。まずは、参考程度のモノであると考えた方がよさそうです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月3日
呑んだ直後でも0・00
電池を替えても駄目でした
1コメント1件| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年5月11日
最初のうちは使えましたが、2ヶ月ほどでなんど測っても0という結果しか表示されなくなりました。
1年ないし500回とありますが、どちらにも達していないうちに壊れたので信用できません。
計測機器メーカーのタニタだからと、信頼して購入したので残念です。
0コメント| 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告