Androidアプリストア Amazonファミリー 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年10月11日
レヴューする耳には自信がありませんが、DACに付属したいたケーブルと違うことは私にも分かりました。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月16日
音楽専用コードってことで気分的にいいかな、ほかのおかたみたく高級アンプでないので違いが判らないが、恐らく、アンプのおまけで付いてきたUSBケーブルに比べ太く電気信号的にはかなりすぐれていると拝察できますね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月27日
以下のレビューはメーカー(FURUTECH)キャンペーン(2015年9月30日まで)に応募して本製品(GT2)を試聴した感想です。キャンペーンの内容はフルテック社のホームページでご確認ください。

正直なところ,デジタルデータの転送を司るUSBケーブルで「音質」が変化するなんてことは半信半疑でした。
「音質」は多分に主観が支配するものですが,本製品にアップグレードした場合と従来品の場合とでは有意な差があったように感じました。とりわけ本製品を試聴した(アップグレード)後に従来品に戻す(ダウングレード)と,先に感じた「音の豊かさと品位の良さ」が無くなり。どこか貧弱で艶やかさに欠けた音のように感じられました。よって一旦でもこうした世界を知った後で元に戻るのは容易ではありません。
しかしながら,逆に従来品からは本製品へと切り替えた場合には,なかなか音の優位性は感じにくかったのは不思議です。音の世界でも「上」を知ってしまうと「下」に戻れないというということなのだろうか,と思ってしまいます。

星4つなのは価格面を考慮してのことです。この種のオーディオ専用USBケーブルには目の飛び出るくらいの高価な製品があったりしますので,これくらいの価格レベルでは取り立てて驚くに値しないのかもしれませんが,音楽好きではあっても音楽マニアでもない身にとっては,正直なところ(つまりはUSBコードに)1万円以上あるいは1万円近くを支出するかどうかは迷います。
目下のところ購入することまでは決めているのですが,本製品GT2にするか,ひとつ上のGT2 Proにするか,はたまたリーズナブルにFormula 2にするか,思案のしどころです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月21日
PC→ヘッドホンアンプ→ヘッドホンで聞いていましたが、更なる音質の向上を考え購入。
PCとヘッドホンアンプを繋ぐケーブルで使用しています。

当初、半信半疑でしたが、繋いでみてびっくり
音の幅が広がり、特に低音が明らかに良くなりました。
今まで聞こえていた音もクリアに聞こえます。

ケーブルでまさかここまで変わるなんて!
ヘッドホンアンプに付いていた、元のUSBケーブルはなんだったんだ…。

満足してるので星5です。
おすすめですよ。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月20日
オヤイデ製ClassBのUSBケーブルがあまり気に入らなかったので、非常に評判のいいUSBケーブルである
GT2を購入し、データ用ケーブル&classBと付け替えながら試聴しました。

当方はカーオーディオ用を目的としておりますが、その環境はノイズまみれで、再生機もサイズに限りがあり
シールドも不十分なことから、USB入力側でのノイズ対策の効果が最も鮮明に分かる分野です。

ノイズ対策といっても、データ化けや転送速度の問題ではなく、USBの信号線と電力線が並ぶことにより、
ジッター増加とGND変動が発生し、再生機に内蔵されている音楽再生用クロック素子に影響。

 USBから送られてくるデータ(デジタル) × クロック素子で時間軸(アナログ) = 出力される音

となりますので、USBケーブルの変更で音が変わります。
データ転送で音が変わるわけが無いと決め付けている人が多く、私もその一人でしたが
実際に音が変わることを実感してしまい、価値観がすべて崩れました。

実際のケーブル比較の感想:
音楽用ではないデータケーブル(シールド付き)では音が不明確でこもった感になりますが、
オヤイデclassBにすることで明確さが増し、低音が膨らみます。

GT2はさらに音の奥行きや、細かい音を鳴らし分け、音にメリハリをつけます。
ClassBでは膨らみすぎていた低音がメリハリをついたものとなり、体感的に大きく感じますが不快ではありません。
やや、高音の伸びが弱いように感じられますが、7000円のケーブルでここまで音が変わるので
大満足です。

ただし、当然ながらノイズ対策がされている環境等でUSBの影響が小さい場合。
その変化を伝えられないスピーカーを使っている、再生する曲は影響が小さい 

等ですべての環境に効果が分かるわけではないです。
USBでも音が変わってしまう可能性がある、ということを教えてくれるよいケーブルだと思いますよ。
1コメント1件| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年1月30日
普段は、ノートPCからラトックシステムの「RAL-2496UT1」をつないで、そこからヘッドフォンで音楽を聴いています。今回その付属USBケーブルを本製品に置き換えました。
音量設定はケーブル交換前と同じですが、いきなりボリュームが上がっていてビックリしました。しかし鼓膜に負担が掛かるような音ではなく、むしろ耳に優しくなったように感じます。
小さな音もしっかり拾って、全体的にも奥行きが増しています。

正直ケーブルに関しては半信半疑でしたが、その認識が見事に覆されました。お薦めです。
1コメント1件| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月15日
KORG コルグ 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10 、との同時購入です。

ハードに同梱のUSBケーブルで接続するよりも、本製品で接続するほうが、
はるかに、音の密度や音空間の広がりが増すことが、実感され、驚いています。
やはり、PCからは、音を乱す微少電流があって、そうとうの影響を与えているのでしょうか。
 本製品の、シールド機能に、脱帽します。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月22日
他の方のレビューに「今時USBケーブルを介してファイルコピーをしただけで、データー化けしたら大変ですよねw」とあるのですが、私は金額に見合った満足が得られました。
PCのデータ転送でデータ化けはしなくとも大容量のデータを転送する時間はケーブルのグレードと長さ、電磁波ノイズの大小に影響されます。
デジタルケーブルなんてみんな同じだなんていう人はUSB1.0と2.0の規格の違いを知らないのでしょう。当然USB2.0の方が圧倒的に転送時間が早いです。
又、USB2.0の規格ギリギリの転送速度のケーブルもあれば、余裕でクリアする製品もあるわけです。
(LANケーブルも主流はカテゴリー6から7に高速化しつつあります。)
PCとUSB−DACの接続に使う場合はリアルタイムでどれだけデーターを転送できるかが大事です。
転送しきれなかったデーターは削られて再生されます。
生配信の動画を有線LAN環境で見るのと無線LAN環境で見た場合の画質の違いを経験した事のある方にはよくわかるはずです。
24bit/192khz等のハイレゾ音源はCDの16bit/44.1khzより大きなデーターを同じ時間で転送する必要があるので違いが判りやすいでしょう。(中級機以上のCDプレーヤーなら24bit、32bitへのbit拡張再生が当たり前になってきてます。)
細部のニュアンスの再現性に差がはっきり出ます。
又オーディオメーカーは接点に厚めの金メッキやロジウムメッキで接触抵抗を軽減しています。USBケーブルLANケーブルにはナノカーボン等の接点改善剤を使えないので(接点の間が狭い)この点も重視すべき点でしょう。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月6日
みんながいい、いいって言うので、買ってみました。
環境はPC→CARAT-TOPAZ Signature→ATH-A900Tiです。
プレイヤーはuLilithで、WASAPIで64bit出力で聞いています。
TOPAZ Sigの付属ケーブルは、プリンターやUSB接続のHDDなんかで
見かける普通のありふれたUSBケーブルで、コレとの比較になります。

音の変化を箇条書きにします。

●初めはケーブルで変わるのかと半信半疑でしたが、接続を何度も
変えながら同じ曲を比較していくと確かに変化はありました。
他の方も言われているように、ベールを剥がしたようなという感じで、
もっと具体的に言うと、ライブ盤などで観客の声援が入っている時、
曲が盛り上がるとよく分からなくなる声援が、曲と分離してはっきり聞こえます。
さらに驚いたのは、編集で声援が曲の中盤で意図的にフェードアウトし、
曲の終わりで再びフェードインしてくるのまでわかります。
TOPAZ Sigはとても分離が良く、音楽が立体的に聞こえるのですが、それが一層
顕著になります。

●今までのUSBケーブルがイメージ的に20Hz〜20kHz位を出してたとすると、
GT2は5Hz〜50kHzくらいだしてるような、音域の広がりを感じます。
FLACで聞くと、分離がいいことと合わせて、本当に音の洪水と言っていいほど
情報量が多くて、こんなに情報が入ってたことに驚きました。

●音のスピードが速いです。曲によっては「あれ?こんなにノリノリな曲だった
かな?」と思うくらいです。
自分が感じたスピードというのは、一つ一つの音が本来の残響時間で鳴っているな
という感じで、TOPAZ Sig付属のUSBに変えると妙な付帯音を伴って鳴っているような、
本来の残響時間より長く音が鳴っているような感じがしました。
GT2が余韻や響きがないというのではありません。

●ボリュームによる音(質?)の変化が少なくなったと思います。
ボリュームを小さくしても全体的に音が聞こえ、以前だったら耳が痛くなるほどの
ボリュームでも耳が痛くならなくなりました。

いいことばかり書いても良くないので、自分が感じた悪いことも書きます。

まず、音の洪水にさらされるため、J-POPなどであまり音一つ一つを聞かせようとして
作られてない曲ではバランスが変わって聞こえます。
自分はちょっと聞きたくない音まで聞こえるようで、曲を選ぶなと思いました。
逆に、ヒーリングやクラシック、ジャズの名盤ように音一つ一つまで堪能できる音源では
むしろ幸せな洪水にひたれるでしょう。
GT2のピアノ曲は個人的に最高でした。

あと、音域が広くなったようだと書きましたが、特性がフラットではないようです。
曲によっては低音高音の音成分が増えたせいで相対的に中域がわずかに引っ込んで聞こえます。
よーく聞くと中域のボリュームは決して引っ込んでいるわけではないのですが、
曲によって低音のドスつきが強すぎたり、高音のシャリつきが気になったりします。
ボーカルメインの曲で前よりフラットに聞こえる曲もあるので、ドンシャリというよりは
フラットでミドルを少しカットしたイメージでしょうか。
と言っても極わずかなので、たぶん長く聞いてると慣れるレベルだとは思います。

試してみないとわからないもので、ケーブルだけ変えてここまで変わるとは思いませんでした。
自分は、音楽を聞くときは表題のとおりのスタイルで聴くので買って良かったと思いました。
値段的にも、青天井のオーディオ機器の中では比較的入りやすいのではないかと。
ただ、何かしながらJ-POPを聞き流すようなスタイルには向いてないなと思いました。
いやでも集中力が音の洪水に飲まれてしまうので。

最後に、60cmは意外と短いです。
劣化を考えてできるだけ短くと思いましたが、このケーブルはかなり頑丈にシールドされて
いるので、取り回しに苦労するくらいなら1.2mをオススメします。
このケーブルはしなり方向には柔軟なのですが、ねじり方向には相当硬く、
取り回しに苦労しました。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月12日
USBDACの付属ケーブルの代わりにと購入しました。素人耳の自分でも音の違いがはっきり分かりました。なかなかの高級品ですが買って良かったと思います。ケーブル一つでここまで変わるもんなんですねぇ
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)