Androidアプリストア Amazonファミリー 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

子供の時分に先々代の元祖カセットケースサイズSW20を愛用していまして(お年玉を握りしめて家電店まで走ったなぁ)、半ば懐かしさだけでこの後継製品を購入してみました。
実物を手にしてビックリしたんですが、基本的なデザインはもちろん、操作感まで全く同じ!
中身についても部品構成や回路に至るまで殆んど同じ!

何十年も進化してないのか?!・・・と不安になったのですが、使ってみて安心しました。

チューニングダイヤルの高い質感、
切り替えレバーやスイッチ類の節度ある感触と反応の良さ、
何よりサイズを越えた基本性能の確かさ。

進化していないのではなく、1989年のあの時点で完成していたのだ、と。
変える必要がないから変わらなかったのだ、と。
・・・妙に納得した自分がいました。

最近では手軽さから中華DSPラジオを多用しています。
中国製ラジオの近年の進化は凄まじい物がありますが、あらためて日本製ラジオを触ると、「そう、これこれ!」という嬉しさを覚えます。

「指で周波数を探る」ということの楽しさ。
見た目の質感だけでなく、丁寧な作り込みと、操作の心地よさ!
「心地よい製品」というのが昨今なかなか無いのですよね。

この心地よさまでも性能と考えるならば、大変コスパの高い製品ということが出来るでしょう。
懐古主義というなら、それはそうかもしれません。
でも、「カネを払う価値のある懐古」です。趣味の世界ならそれもアリです。

※あえて変化と言えば、SW20の金属製スピーカーグリルはボディ一体成型になりました。変形や劣化の原因にならないので歓迎です。
が・・・経年で塗装が剥げ始めたグリルも味があっていいんですよね(^^ゞ
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月11日
聴くのは主にNHKのAMラジオです。感度はふつうだと思います。他のラジオに比べて違いはそれほど感じません。なお短波は我が部屋では受信しづらいらしく聴いていません。
エネループでも鳴ります。電池ボックスの蓋が安っぽいのにはちょっとがっかりです。そして私の個体はチューナーの針金が微妙に斜めに付いているようです。実用上問題はありませんが。
外国製ならばこれより低価格のラジオが他にもある中で日本製のラジオということで敢えて購入しましたが、割高感は否めません。
耐久性に期待したいところではあります。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
数年前,盆地に住んでいてAM放送がまともに受信できない時に「短波なら盆地でも入る」と言われて買いました。自宅の書斎でFM放送を聞くときはまともなサウンドシステムを使いますが,それ以外はこのレシーバが出番です。AM放送もサウンドシステムの方がまともな音のはずですが,こちらのレシーバの方がなんとなく聞きなれた音です。もちろん,短波はこのレシーバでないと受信できませんので活躍しています。
・一番印象に残ったのは意外に音がよいと思いました。もちろん大きなスピーカーを持つシステムと比べるのはかわいそうです。同じ大きさの千円とか二千円とかのラジオに比べると作りが良いように思えます。
・電池の持続時間を測ったわけではありませんが,電池の寿命が長い気がします。
・ダイヤルが小さく,電波の弱い放送を受信するときに合わせにくい気もしますが,その気になればできないわけではないみたいです。私みたいにそれほど意気込みがないタイプは微弱な電波を懸命になって拾うわけではありませんので,この程度で十分です。
・携帯には便利で出張や旅行には持っていきます。いろいろな放送が拾えるのでどれかは聞きたくなる場合が多く,愛用しています。

より高性能な商品もあるかと思います。しかし,それほどこだわらない私には携帯に便利で値段も手頃であったこの商品がぴったりだと思います。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月26日
サイズ的には、ホームセンターなどにある安物のラジオと大して変わらない。
「カセットケースサイズ」という表現があるが、ケースを二つ重ねたくらいのサイズしかない。

それほどのサイズのため、遠目から見て受ける印象はそれほどいいものではない。
まあ、普通に聞けるかな、という感じのラジオ。

ところが実際にいじってみると、この認識は間違いだったとすぐにわかる。
まずケースの作り。カッチリした作りであり、バンド選択ボタンやチューニングダイヤルの作りはかなり良い。
手に持ってみるとサイズから受ける印象よりは重量感があり、これも作りの良さを感じさせる原因になっていると思う。

さらに受信性能。このサイズの安物のラジオとは全く比較にならないほどクリアに聞こえる。
チューニングダイヤルがかなり重めで、微妙な調整が簡単に行えるので、触ってて信頼感がある。
AMに関しては、東京都の北の端からラジオ日本(横浜)が昼間ハッキリと聞こえる。他のラジオだとほぼ全滅だ。もちろんFMも問題無い。しかもロッドアンテナはほとんど収納した状態でも綺麗に聞こえる。
しかしこのラジオは、短波受信で本当の力を発揮すると思う。
一昔前のデカい短波ラジオよりはるかにクリアに入り、もちろん時間帯やその日の電波状況にも左右されるが、これほど小さなラジオでこんなに短波が綺麗に聴けるとは思わなかった。

このラジオは相当長い間販売していたモデルが改定されただけ(アナログテレビ終了に伴うテレビチャンネルの表記の削除)だが、オリジナルは30年近く前のモデルだそうだ。いかに基本設計が優れていたかという証拠だろう。

単3電池2本で駆動するが、電池の持ちはかなり良く、カタログスペック通りの性能を示すといっても過言ではない。

もちろん良いところばかりではない。
一番の不満は電池の蓋。かなりキツく入っており、非常に閉めにくい。しかも安物のラジオでさえ見られる電池蓋と本体とを結ぶリボンなども付いていないので、この部分だけ異様に安っぽく見えてしまう。全体の作りがとても良いだけに、電池蓋だけは大きな不満が残る。
要望としてはライトとスリープタイマーがあれば文句無しだが、次にソニーがこのラジオの後継機を作るかどうかは疑問だ。

最後に、このラジオは秋田県の十和田オーディオで作られているOEMであり、まぎれもない日本製のラジオという事も指摘しておきたい。

価格が1万円近くし、同様の中国製ラジオに比較すると基本設計は古く、見た目も小さくていかにも頼り甲斐が無さそうに見える。
価格相応の価値があるラジオには見えないのだ。
しかし使ってみれば、その価格に見合った価値観を感じられる。もちろん基本設計が古いので派手な機能は何も付いていないが、気持ちの良い操作性と相まって深い満足感と信頼感を得ることができると思う。

羊の皮を被った老兵の狼のようなラジオだ。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月14日
ICF-SW22のマイナーチェンジ版である。
SW22からTV1〜3の表示を取り去っただけのようで、他には違いは見つけられない。

本機で受信できる短波は放送バンドのみと狭いが、ICF-SW7600GRと聴き比べると、感度や選択度はほぼ同等に思える。

チューニングダイヤルは、バックラッシュは少ない。
しかし、径が小さく、あまり減速されてないため、弱い電波を探し出すには微妙な操作が必要。

スピーカは小さく、音質は期待してはいけない。
出張や旅行用の携帯ラジオとしては許される範囲かもしれないが、家で長時間聴くには苦しい。

底面の電池ケースの辺りを押すと凹むような感触と同時にギシギシと音をたて、SONYらしからぬ出来である。
ストラップは取り外し不可。

確かに小型で高性能ではあるが、頻繁に持ち運びしないのであれば、もう少し奮発して上位機種のICF-SW35を選んだほうが賢明と思う。
0コメント| 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年11月21日
たまたまこちらがついていなかっただけかもしれないが、
携帯用として某国から輸入した短波ラジオが購入後まもなく立て続けに壊れ、かの国の製品に少なからず不信感を持った。
そこで後釜としてアナログ式に不満があったものの、アフターケアの面でも安心できる本機種を購入した。
しかし使ってみるとこれがまた楽しい。
周波数直読は無理なため指先と耳を頼りに聴きたい局を探し当てるしかないのだが、感度も良く、混信に強いデュアルコンバーション回路なるものを搭載しており、
その一見頼りなげな外観とは裏腹に微妙なチューニングで電波をはっきり浮かび上がらせてくる様子は、何か長いこと忘れていたラジオ受信の醍醐味のような物を感じさせてくれた。
不満な点は放送バンドで、星一つ減らした。SW22からのマイナーチェンジに際して、13mbと16mbはいらないから、60mbと41mbを聴けるようにしてもらいたかった。
またバックライトと簡単なスタンド、スリープタイマーもあれば有難かった。
0コメント| 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月1日
やはりソニーだ。これで十分OK 昔 高校時代使用していたドデカいラジオと遜色なし。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月13日
数あるワールドバンドラジオ、SONY製ではICF-SW07、7600GR共に使っていますがICF-SW23も文句なしに良いラジオです、このサイズで感度、選択度共に申し分ないです、外部アンテナがロッドアンテナ+ロングワイヤーしか使えませんが、PCはじめ室内のノイズ源をシャットすれば問題ない、サイズから音だけ少々不満ですがむしろこの手のラジオはイヤフォンで聴くのがよろしかと、バックラッシュのほとんどないチューニングは昔のラジオそのものそれでいて近接局もしっかり分離してくれるとこは素晴らしい、こういうラジオは今後も生産してもらいたいですね。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年1月16日
 ホームセンターでも買える2000円クラスの短波ラジオを使っていたが、FMの感度が悪いがゆえに購入した。

 正直言って短波はラジオNIKKEIが聴ければいいのでオーバースペックかもしれないが、AM、FMはいい感度である。
 AMでは同調ランプがしっかり点灯するので県外の放送局を聴くのに役立つ。

 なんと言っても日本製の安心感。
 アナログチューニングゆえ、エネループを電源に使うと非常に電池の持ちがいい。
 この2点は力説したい。

 サイズが大きくなってもいいからスピーカの径がもう少し大きくなること、ACアダプターが使えればさらにいいのだが。
 
 
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年3月4日
第4世代からのipodユーザーです。ここ数年、好きな場所で、好きな時に自分のライブラリーを聴く楽しみを享受していました。でもいつの間にか、自分のライブラリーしか聴かないようになっていました。改めてラジオを購入してみると、その放送が新鮮です。ネットラジオという媒体もありますが、あえて電波をひろって聴くという行為そのものも楽しい。目には見えませんが、遠い地球の裏側で発信された電波が自分の部屋に届いているという事実!やっぱりすごいと思うのです。
アラフォー以降の世代で理科と音楽が好きだった方!もう一度ラジオを聴いてみませんか?ipodユーザーの方!すごーく大きなライブラリを抱えたipod-shuffleだと思って買ってみませんか?
これからはipodと併用だぁ。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)