Androidアプリストア Amazonファミリー 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 DVD ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集  Summer Sale 第2弾 家電 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3



レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年8月17日
手軽で安いewi。その代わり5オクターブ(一番下と上の音階は出しづらいので有効に使えるのは実質3オクターブ)しかないとかパソコンが無いと音が出ないとか制約は有るもののewiを知るためにはこれが一番近道。買って損は無いかと。但し付属のストラップはショボ過ぎなので別売りのバードストラップを使用する事をオススメしたい。後、曲によってはコンフィグでewiusbの音階を変える必要があるのと完全にオクターブの関係上演奏できない曲もあるので予め。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月28日
PCの設定に手こずりましたが、いろんな楽器の音色が出るので、飽きずに練習できそうです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月28日
楽器経験は学生時代にリコーダーのみ(現時点で40歳)。
単純に音を出すだけなら取説通り進めて何の問題もなく簡単です。
Cメジャー『ドレミファソラシド』であればリコーダーと同じ運指で接続直後に出せました。
音源についても付属するARIAだけではなくIFWという優れた音源があります(Facebook等のアカウントが必要)。
私は以前購入したUR22付属のCubase AI 7があり、そこからVSTプラグインとして様々な音源を使用しています。

強いて難点を挙げるとすれば、音を出すだけでもPCが必須なこと、タッチセンサーなのでちょっと指が触れるだけで思った音と違う音が出てしまうことでしょうか。
PC必須の件については、最近のPCであれば起動も高速なので気になる程ではありません。
タッチセンサーについても、逆に考えれば素速い運指ができるとも取れるので考え方と慣れの問題と言えます。

ちなみに今回の購入ではポイントが10%(2,980pt)付いた為、そのポイントでEWI MASTER BOOK CD付 教則完全ガイド 改訂版[USB/4000/5000対応]を購入することができました。
安価なものではないのでこの点は大きいと思いました。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月9日
ヤマハのUD-BT01とUSB接続し、エネループモバイルバッテリーで電源供給すればMac,iPadとワイヤレスシステムを構築できます。USB A-B 20cmケーブルで接続し、バッテリーはEWIにマジックテープで固定すればEWI5000のほぼ半額で楽しいワイヤレス運用が可能です。iOSではGaragebandの設定画面で詳細を選択、BluetoothMIDIデバイスから接続します。MacではAudio MIDI設定からMIDIスタジオを選択Bluetoothのアイコンをクリックし接続します。Bluetooth4.0かつYosemite以降のOSでのみ対応です。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月31日
吹奏楽部でバリトンサックスを吹いていました。これは管楽器というよりもセンサーで音がでる楽器で
リコーダーよりも肺活量少なく演奏できます。管楽器を吹いている人には息を吐きすぎて息の行き場(笑)がなくて最初はある意味しんどいと
思います。口の両端をうまくあけてそこから息を漏らすような感じで吹く、といわれますがやっているうちに加減がわかってきます。
これにはSaxを求めないでEWI、いろんな音で演奏できる楽器、ととらえるといいと思います。
運指もいろいろ設定できますが自宅での管楽器練習の代わりにと考えるとちょっと違うかも。譜読みにはいいと思います。
ヘッドフォンつけてガンガンにふけるので。4000や5000シリーズもあってそちらが欲しかったんですがあちらは安くても5万円以上するし・・
で、USBにしたんですがPCオタクの私には問題なく、わからないことがあってAkaiのサイトからカスタマーに電話で問い合わせても
親切にいろいろと教えてくれました。私は中古で買ったの保証書はついてきましたが壊れたときに使えるのか(お店のハンコがないので)
わかりませんが長く愛用されたい方は中古ではなく保証がしっかりしているところから購入されるといいと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月29日
学生の時にアルトサックスの経験があります。
ただMIDIデバイスや音源を使った演奏・DAWとかの使用歴は一ヶ月もありませんし、そもそもMIDIをどうこうする楽器はこれが初めてです。
家で静かに楽器を吹きたいという目的で買いました。

使っているパソコンのメインOSがUbuntu(14.04)なので、そこらへんの使用感について。
□DAWでサウンドフォントを使うプラグインを通すと普通に音が出ます(LMMSとRosegardenを使用)。噛む強さ・ピッチベンド・息の量も反映されています。
 (ただしLMMSでは息の量による音の増減が反映されなかった)
□目立った遅延がないのでASIOなどの追加インストールはしなくてもいいです(もともと入っていたのかも?)。
■Rosegardenでフォントを鳴らす時、ブレスコントロールで小さい音→大きい音にすると音が波打って聞こえ、逆ではプツプツと切れるような音になります(他PCや機器でもそうなのかは不明です)。
■ARIAがVSTプラグイン?として使えるそうですが、読み込むと「ファイルが見つからないので再インストールしてください」といったメッセージが出て使えません。ファイルパスがうまく変えられればまだ希望はあるかもですが、そこまで詳しくないのでパッと見では使えないです。
■マルチブートさせているWin7でARIAを入れましたが、Wineでは起動しない+Windowsフォルダにある設定ファイルは参照されていない、ので運指の変更やセンサーの細かい設定はUbuntu自体に詳しくないと多分無理です。偶然アルトサックスと同じ運指だったので助かっていますが・・・。

Windowsに比べれば欠点のほうが多い気もしますが、曲作りやライブ演奏が主な目的ではないので、鳴って静かに吹けるというだけでも自分としては十分です。
逆に、これらを直すのを機に色々詳しくなれたらソレはソレでいいと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月3日
レビューコメント欄を眺めてみたが、情報が混乱しているようなので整理します。

本楽器は「MIDIコントローラ」と言って、外部の音源を使って音を出す楽器です。
つまり、EWI USBは外部音源を接続しなければ音を出すことはできません。いわば「ウインドMIDIコントローラ」。
内部音源を持たない「MIDIキーボード」と役割としては同じものです。
MIDIキーボードは鍵盤を押すことでMIDI信号を音源に伝えるのに対し、EWI USBは吹くことでMIDI信号を音源に伝えます。

対してEWI4000S、EWI5000は「ウインドシンセ」。
これはEWI自身が音源(シンセサイザー)を内部に持っているので、EWI単独で音を出すことができます。
(シンセサイザーはMIDI信号を外部に出すこともできるので、EWI USBと同様に外部の音源を使って音を出す、MIDIコントローラとしても使うこともできます。)

よって本製品について「音の良し悪し」を評価するのはあまり意味がありません。
コメント欄で言及されているEWI USBとしての音の評価は本製品に付属する外部音源ソフトウェアである「ARIA」の評価でしかないからです。
ARIAはそれほど悪いソフトウェアではないと思うのですが、これの出音でEWI USBを評価しても意味がない。

例えば、IFWというウインドMIDI用のシンセサイザーを外部音源として使えば、音は自由に変更できます。
この音源を使えば自由度はEWI5000より高くなりますし、出音も全く異なります。
また、お値段の高いトランペット専用音源を使えば、トランペットの音も自然なものが使えます。

なので、評価するならウインドMIDIコントローラというハードウェアとして操作性などになります。

結局のところ、EWI4000S/EWI5000は本体に音源を搭載しているので、外部音源がなくてもどこでも音が出せることがメリットとして大きく、吹きたくなったらぱっと吹ける、なので練習の敷居が低いところが最大のポイント。そのままライブでも使えますし。
ただし、音源を本体に持っているので、重量は重い。
また、EWI4000S/EWI5000の音源だけで出したい音が出せるかというとそういうわけでもないので、結局音に音にこだわるならPC用の音源を別途用意することになります。

EWI USBの方は音源が内部に無いので、はっきりとEWI4000S/EWI5000より軽い。
ただし、吹きたいときにすぐに吹くことができません。
(iPhoneやiPod、iPadとつないでGarageBandで音を出すといった手もありますが、いずれにせよ一手間あります。)
宅録メインなら音源はPC側で用意するので音は結果として自由ですし、持ち出す必要がないので、軽いしUSB一択かと思います。
運指や反応はUSBでも5000でもほぼ同じなので、軽い方が扱いやすいでしょう。
0コメント| 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月17日
以前から気になっていた楽器でしたが、ついにAmazonさんで購入させて頂きました。
注文日の翌日には届きました。
よく誰でも簡単に演奏出来るかとありますが、私には簡単ではないですね。音は確かにすぐ出せますが。
いま簡単な曲で練習をしていますが、ひける様になると楽しいですね。
EWIUSBそのものは素晴らしい楽器と思いますが、取説があまりにもチープなのには驚きました。口コミなので良く音が出さない等と見かけますが、取説だけでは素人には理解できないと思います。私も別に教則本を購入しました。
メーカーはもう少しユーザーの事を考えて、誰でもひけるような取説を作る義務はあるかと思います。安くないお金払って買ってもらってるんですからね。
あと首から下げるストラップは使い物になりません。
楽器の重さが原因なのか、すぐに緩んで下に下がってしまいます。
楽器以外のところで客に対するAKAIの姿勢に疑問を感じました。
楽器は悪くないと思いますので残念ですね。
以上の事から星は3つです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月7日
円安の今となっては、こちらを選択するメリットはなさそうですが・・・。

環境:
iMac OSX 10.8.2
ARIA 1.0.6(最新は別途ダウンロード)
・接続(必ずマニュアルの指示に従うこと:ネット上に日本語マニュアルがあるので必ず読みたい)
・USB未接続にして、まずARIA起動。
・ARIAのConfigurationのセッティング(最低限、
 MIXのchannel,音源(default=empty)
 Configurationの
 SettupControlsのBreath Gain,Bite Gain,Bite AC Gain(Default=0)
 PerformanceControlsのTranspose(Default=C),Fingering
・USB接続(EWIの緑のLEDが点灯しなかったら、EWI側のコネクタを入れ直す)
・接続時は、キーとマウスピースには一切手を触れない。
・再びARIAの今度はPreferenceで、Akai Professional LLC,EWI-USB(IN,OUT)の2つのみチェックを入れる。
・以上で接続完了
・(設定の保存と読込は動作しない・・・)
・終了時は逆に、ARIAを落としてから、USBを外す。

・Garagebandとの連携は、音源の編集で、ジェネレータがドロップダウン中のEWI USBに設定することで行える。
所感:
・キーはメカニカルに押し込むのではなく、触れるだけで音が出るので注意。運指以外のキーに触れてしまうと音が変わる。
・実際のサックスなどのリップでのオクターブのコントロールは、EWIでは左手親指で4つのローラーの上を辷らせてコントロールする。2つのローラーを同時に触れている状態もあり得るので、少し微妙。(リップでのコントロールよりは格段に簡単だが)
・マニュアルの運指が間違っている箇所有り

・最初、マニュアルをよく読まずに、接続の手順で、はまった。指示通りにしないと、ARIAが頻繁にフリーズして往生した。
・akaiの電話サポートは親切です。(B♭で音を出す方法を教わりました)
1コメント1件| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月6日
ピアノ歴30年ほど、管楽器はクラリネットを5年、サックスを2年くらいです。
DTM用に購入しました。

本当は鍵盤かUSBにつなぐブレスコントローラーだけ必要だったのですが現在国内では入手困難なようなので
こちらを代替品にするつもりでした。

付属の音源はまぁおまけ程度ですが、samplemodeling社の音源とこのEWIの組み合わせは本当にすばらしく、
管楽器経験者でも打ち込みとはにわかに信じがたいレベルです。
またその他のソフトシンセもブレスコントロールをCC#11,エクスプレッションに設定し直すことで自然なダイナミクスが得られて
手書きするよりいい結果が出ます。

もともと制作以外の用途で使うつもりはなかったのですが、想像よりもよいパフォーマンスなので、ライブで使えるようにノートパソコンを
買ってしまいましたw
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)