Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年2月13日
キーをスコスコッと押しているという実感があるのに、
軽くて打ちやすい、打っていて気持ちいい、不思議なキーボードです。
列によって角度を変え、三次元的にも打ちやすくする「ステップスカルプチャー」も備え、
タッチタイピングや高速入力の際に効果を実感、よく出来てるなぁ…と感心します。
打ち心地とあいまって、キーが指に吸い付くかのような打ちやすさです。

配列も実に素直で、テンキーレスでコンパクト。マウスのスペースの邪魔になりません。
派手なデザインではありませんが、無駄の無い形と艶消しマットでサラサラなキー、
そしてこのタイプの特徴でもある黒刻印は、洗練されたデバイスであるというイメージをより強めます。

その黒刻印ですが、タッチタイピングが出来なければ入力に差し支えるほどに黒く、見づらいです。
(目を凝らせば普通に読めるのですが、タイピング中などの瞬間的な視認はほぼ無理でしょう)
しかして、自分はそれを望むところと購入し、ひと月かけずにタッチタイピングを身につけました。
前述した打ちやすさ、打ち心地、キー配列などがその一助になったのは言うまでもありません。

普段使うものにこそお金をかけるべきだ、というのが自分の持論なのですが、
さすがにキーボードに2万出せ、と他人に強要するわけにはいきません。金額が大きいですし。
とりあえず良いと思ったところを書き連ねましたが、そこに2万の価値がある保証は出来ません。
"操作感"はどこまでいっても、主観で書く事しか出来ないので。

ですが、最高峰のキーボードである事は間違いありません。
テンキーレス・黒刻印・等荷重45g、この条件でお探しなら、是非にご検討を。
まずは身近なお店などで、リアフォシリーズの試し打ちをしてみてはいかがでしょうか。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月4日
当方東プレ91UBKからの買換えになります。91UBKとの大きな違いは、キーの印刷が91UBKがレーザー印刷なのに対し、こちらは昇華印刷になっており、キーの荷重が91UBKは変荷重なのに対し、こちらは45gで統一されています。
それに加えて91UDK-GにはDIPスイッチが付いており、色違いのキートップとキー引き抜き器具が付属していました。キートップは青紫色をしており、白のキートップに近い触り心地になっています。FPSユーザー用のものです。FPSをやる私としてはありがたいですが、触り心地が違うので、キーを打つときにすこし違和感を感じました。

東プレのキートップは白(その他の替えのキートップ)と91UBKのレーザー印刷のキートップ、UDKの昇華印刷の墨色モデルで打つ感覚が変わります。白のキートップはツルツルしており、滑らせて入力する方向け、レーザー印刷のキートップは指に吸い付く感覚があるので押し付けて入力する方に向いていると思います。UDKのキートップはサラサラしており、その中間くらいでした。 打ち心地は是非、店頭で試しうちをしていただきたいです。

同じキーを連打する方、ゲームユーザーの方は個人的にこちらの商品をオススメします。押し心地が統一されているので、軽いキーを押したときの違和感がありません。逆に文字起こし、タイピングメインの方は変荷重の方をオススメします。指の疲れ具合が通常のキーボードと全然違います。疲労感を全く感じません。

最後に注意点として、レーザー印刷のキートップは汚れが目立つうえに、印字が消えますので、気になる方はこちらの商品か、白色のキートップの商品をおすすめします。それにこちらの商品は印字の視認性が悪いのでブラインドタッチをできない方にはあまり向かないかもしれません
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
純粋にテンキー部分のみを省いた使いやすいキー配列
静電容量無接点方式の心地よい打ち心地
早い応答速度に高い耐久性とゲーマーも納得のスペック
Nキーロールオーバーの同時押し(USBなので実質6キーまで)
かな無しのシンプルな印字&ブラック筐体のクールなデザイン
とここまではRealforce91UBKと同じですが、

変更点はディップスイッチによるCtrlとCpaslockの入れ換え等の各種キー設定が可能になった事、
キーの重さが変荷重から全キー45グラムの等荷重になった事(これが一番うれしいですね、変荷重に違和感を感じる人におすすめ)
キートップの印字が昇華印刷になりデザイン性&耐久性が向上、キートップ自体の質感もつや消しで肌触りの良い素材(PBT)に変わっており、シックで高級感があります。
印字とキートップの色合いが似通っているので視認性は若干落ちますが、タッチタイピングをマスターしている人ならば全く問題はないでしょう。
あとはおまけにWASDの替え用キーとキー引き抜き工具がついているといった感じです。

また本製品に別途メタルカスタムキット改を装着して使用していますが、
アルミ製筐体による高級感あふれる質感
全体的な剛性が増した事による安定感と打鍵感の向上
一体型パームレストがついた事による打ちやすさ
とまさに完全無欠と言っても過言ではないキーボードになりました。
値段は高いですがそれに見合うだけの製品だと思います。
Realforceを触った事がない人は店頭で見かけたら是非試し打ちをしてみて下さい。その次元の違う打鍵感に感動すること請け合いです。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月2日
タイピングではなくゲームを主な目的として使用しています。
打鍵感は申し分なく、押し圧も軽いので疲れず大変満足です。
さらに打鍵音もそこまで大きくなく、きになりません。
また、コードも3箇所から出すことができて無駄なスペースを取りません。

これは自己責任ですが、タイピングをするときはキーを見る必要がないので印字が見えずらくとも全く問題ないのですが、FPSなどでWASDに指を置いてる際、KやJなどを押すときにとっさに反応できないので、印字が見えづらいと押し間違いなどがあり少し不便だと感じました。
ゲームをされる方は昇華印刷では無いモデルを購入されることをオススメします。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月3日
東プレのキーボードの黒には2種類ありまして
・俗に言う 「黒」 レーザー印字 (黒塗装にレーザー刻印の金色文字)
・俗に言う 「墨」 昇華印刷 (濃いグレーに黒の文字)

レーザー印字の物は文字の色を目立たせる為にわざわざ表面を塗装してそこにレーザー刻印をしています
なので、キートップの耐久性=塗装面の耐久性、刻印が消えると言われているのもこのタイプです
東プレの黒(レーザー刻印)は表面加工が特殊で手にまとわりつき、手脂が付きやすいです
艶消し塗装なのにピアノブラックのように指紋が付きまくり、油まみれになります
気にしない人も居るようですが、買って後悔するより昇華印刷を買った方が良い

昇華印刷は刻印が見辛いという話がありますが、墨色の地に黒色の文字、コントラストが弱いので、ある意味当然
ですが、明るい部屋なら目を凝らさなくても見える程度です、普通の明るさだと・・・微妙かも
私個人は無刻印を目指していた時期もあるので薄暗い部屋で無刻印に見える状態ですが問題無し
自分で納得できているので充分に対応出来てます

東プレには変荷重と等荷重がありますが、変荷重に慣れると他のキーボードを触った時に小指がキーを押しきれない事態が頻発します
等荷重だと違和感少なく作業出来ます、小指を甘やかしても良い事はありません

荷重45gについては一般的なキーボードと同等といえるでしょう
私は変荷重の一部である30gしか知りませんが、早打ちするとキーの追従が悪い感じがしました

コレもそうですがゲーム用という宣伝文句で売っているキーボードがありますが
個人的にはストロークの中間に接点があるタイプがゲームに向いているとは思いません
向いてないとも言いませんが、そこを期待するとガッカリするかもしれません

.

という事で黒系が良いならコレ(昇華印刷)がベスト、白でも構わないなら白を買いましょう
メーカー自身も黒と墨を混同しているようで、BK=黒、DK=墨、で区別できたのは昔の話
今は無理なので、黒系を買う時は印字方法を確認し、昇華印刷を選びましょう

変荷重か等荷重で迷うなら等荷重にするべきです
キーボード自体が高いので、後で「やっぱり等荷重に」なんて事になったら・・・
等荷重でも東プレらしさは充分に味わえます
一日中、文字だけをひたすら打つ人じゃない限り等荷重にした方が良いでしょう
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月1日
とにかく気持ちいいです
これに尽きます
All45g 墨 テンキー無し 自分にとってはベストチョイスでした

All45gのフィーリングとしては軽いですが驚くような軽さではなく
とにかく軽さを重視する方は30gの方がいいと思います
私には充分軽く長時間使用しても全然疲れないどころか気持ちよすぎて
もっと打っていたいと思うくらいです

墨に関してはサラサラで感触バッチリ
キーの文字は見づらいですのでキーボードを見ながらタイピングする人には向きません
見る必要がない人にはおすすめです
実際目の前で見ると質感がよくかっこいいです

テンキー無しとてもいいです
何気にこの選択はとても重要だと思います
テンキーを使わない人はテンキー無しを選んだ方がいいです
使わないならスペース的に邪魔になるだけです
思い切ってテンキー無しにしてよかったー

何度も言いますが気持ちいいです
おすすめです
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月15日
当方50代半ばにして突然キーボードに目覚め、4月にマジェスタッチの茶軸を買い、この年でタッチタイピングの練習を始めました。今月はボーナスですし、思い切って以前から目をつけていた本機を注文。2時間ほど前に到着したばかりですが、打てば打つほど良い!皆さんが絶賛するだけのことはあります。

メカニカルに比べると音は静かです。打鍵感を言葉で言うと、「軽いのだが芯がある」という感じ。職場で使っているFilcoのエクセリオライトの、ストロークを深くした感じが近いかなと思います。ただ、エクセリオライトよりも打ち出しは軽いと思います。

あまたあるリアルフォースの中で本機を選んだ理由は以下の点です。
・変荷重は不自然、等荷重がいい。
・机が狭いので、テンキーレスがいい(マジェスタッチもテンキーレスです)。
・白は、経年で黄色くなりそう。
・本機は、黒地に黒文字なので見ずらい。そこがいい。玄人っぽいし、嫌でもタッチタイピングせざるを得ない。
・以前に比べて安くなっている。

マジェスタッチの、ちょうど2倍くらいの値段ですが、十分にその価値はあると思います。もっと早く買えばよかった。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月28日
主にゲーミング用途に使用しています。

以前からパンタグラフのキーボードを使用していたのですが
非常に気になるために購入しました。
荷重が45g均一でテンキー無しのモデルは
この製品のみだったのでこれにしました。
パンタグラフのような浅いキーボードを使用していましたが
そこまで違和感無く移行できました。
スコスコと気持ち良くタイピングできます。
入力に関しては言う事無しです。

★4つの理由は、使用者を選ぶ事ですね。
ブラインドタッチを使える上級者向けな気がします。
キートップが黒字で、手の影になったりする場合に
どれがどのキーか直ぐに認識できません。

某ゲーミングキーボードのような文字のLED発光や、
USBポートを搭載したモデルを出してほしいですね。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月14日
サイズ、重さ、見た目、質感、感触 
値段は高いけどもどれをとっても支払った価値はある商品
コレを使っちゃうと他のキーボードはオモチャと思ってしまうレベル

ただ注意しないといけないのが、金属プレート
隙間から見える位置で入っていて防サビ加工もしていないから
ホコリが溜まる→湿気を含むとすぐにサビちゃう('・_・`)
エアスプレーでのメンテは必須
それ以外は文句無し ああ値段くらいw 
今時いい商品作って売るには仕方ないかな

プレートはいい加減、防錆加工かステンレス製にでもしてほしい
まあサビが酷くなったら自分もスプレーでペイントして直すかな?
って思えるほどに長く使いたい最強キーボード
無骨なデザインにこの黒く渋く劣化ゼロの昇華プリント文字
(さすがに自分は文字無しキーボードを使える程の実力は無いけど憧れるから
 正規のハゲる黄色字よりこの黒字の方がビンゴ)
PCゲーマーには嬉しい紫キーの選択も出てオシャレでいう事無し!
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年12月20日
以前から欲しかった91キーボードですが、東プレから新製品が出ましたので、早速チェックしました。
均一な加重ですので、ノートパソコン(会社用)に慣れているため、とても打ちやすいです。
東プレのREALFORCEシリーズは打ち疲れないという評価が多いですが、当製品もその通りだと思います。
Webサイトの更新等で大量の文章を入力しても指の疲れはほとんどありません。
手首を支える方が先に来ますので、パームレスト等を利用するとより便利になるかと思います。

問題点としては、キーボード自体が重く、特にPageUPキー等のある右側に加重が掛かっていますため、移動させるときには注意が必要です。
私は2度ほどぶつけました。
あとは言われていることですが、値段ですね。
使ってみたら他のキーボードは使えなくなるほどの打鍵感ですので、よく打つ作業のある方は買ってもまったく損は無いと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)