Androidアプリストア Amazonファミリー ビジネス書大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 硬式テニス HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
64
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年5月16日
トレッキングバイクのタイヤを、セミスリックからこちらに交換。タイヤ重量も減少したこともあり、走りが格段に軽くなりました。
室内保管で趣味のサイクリングに使用し、2年ほどで数千キロを走りましたが、パンクは一回もなし。ひび割れ等も確認できず、耐久性は高そうです。雨上がりの濡れた路面でもスリップ経験はなし(慎重に走っているのもありますけど)。砂利道でもそこそこ行けます。
走行路面の95%がアスファルト舗装路という方には、大変おすすめです。特殊な断面形状ですが、特に不安を感じたことはありません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月11日
ブレイスXLのノーマルタイヤ1.5からの変更です。
パンクしづらいタイヤを探した結果、リブモPTにたどり着きました。
使用感は細くなって接地面積が減りペダルを漕いでいないときの減速が遅くなりました。(細い+尖ってます)
そして、通勤の敵パンクの心配が大幅に減らせたことが嬉しいです。
少々高いですが、パンクの心配とパンク修理代、パンク修理の時間を考えればとても安い買い物だったと思います。
review image review image
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月3日
26×2.0ブロックタイヤからの履き替え.
明らかに軽量化した.自転車置き場が高い位置に有り,前輪を高く持ち上げる必要があるが,その際に軽量さを体感できた.
ただし,走行時に主観的な違いは体感できなかった.今回,前輪のみ26×1.25に履き替え,後輪は26×2.0のままであることがその原因と思う.主観的には違いが見いだせなかったが,巡航中にGPSをみると巡航速度は2-3キロ程度上がっていた.
26×2.0ブロックタイヤは2万キロ程度の耐久性を持っていた.今後,同じ乗り方でどうなるかレポートしたい.

購入後約3ヶ月,1,500kmの走行においてパンク無し.
雨の日のグリップにも特に不安無し.
(0~3ヶ月の走行条件:サイクリングロードを約22km/hで巡航,雨天も走行)
(0~3ヶ月の管理条件:パナレーサー サイクルチューブ [H/E 26x1.25] 仏式バルブと組み合わせ,(体重52kg)空気圧650kPa(空気圧は2週間に1度チェックしている),自転車置き場は扉無しの屋内(直射日光および雨はあたらない))

購入後約6ヶ月,3,000kmの走行においてパンク無し.
雨の日のグリップにも特に不安無し.
タイヤ中心部の肉厚部分は摩耗して無くなった.すなわち断面形状は円に近い状態となったがそれによる性能低下は感じられない.
(3~6ヶ月の走行条件:サイクリングロードを約25km/hで巡航,雨天も走行)
(3~6ヶ月の管理条件:パナレーサー サイクルチューブ [H/E 26x1.25] 仏式バルブと組み合わせ,(体重51kg)空気圧700kPa(空気圧は4週間に1度チェックしている),自転車置き場は扉無しの屋内(直射日光および雨はあたらない))

購入後約11ヶ月,5,300kmの走行において初パンク.
信じがたいがくさび形の小石(全長2ミリ程度)が刺さってチューブにピンホールを開け,スローパンク.
タイヤ中心部のトレッドがそろそろ無くなる(まだある).走行性能低下は感じられないが肉厚が薄くなった分,くさび形の小石によるパンクの確率は増えた.雨の日のグリップにはまだ不安無し.
(6~11ヶ月の走行条件:サイクリングロードを約25km/hで巡航,雨天も走行)
(6~11ヶ月の管理条件:パナレーサー サイクルチューブ [H/E 26x1.25] 仏式バルブと組み合わせ,(体重52kg)空気圧650kPa(空気圧は4週間に1度チェックしている),自転車置き場は扉無しの屋内(直射日光および雨はあたらない))

購入後約14ヶ月,7,000kmの走行
タイヤ中心部のトレッドが部分的に消えているところがでてきた(もう少しいけそう).走行性能低下は感じられないが,小石の突き刺さりによる長さ1-2ミリ程度のき裂が接地面に増えてきた.雨の日のグリップにはまだ不安無し.
(11~14ヶ月の走行条件:サイクリングロードを約25km/hで巡航,雨天も走行)
(11~14ヶ月の管理条件:パナレーサー サイクルチューブ [H/E 26x1.25] 仏式バルブと組み合わせ,(体重51kg)空気圧650kPa(空気圧は1週間に1度チェックしている),自転車置き場は扉無しの屋内(直射日光および雨はあたらない)
パンクを未然に防ぐ為以下の管理を追加した.
 ・砂利道は降車して歩く
 ・片道約13キロの通勤後毎回必ず接地面を1-2分観察し,突き刺さっている小石を取り出す)

購入後約24ヶ月,9,370kmの走行
トレッドは消えた.通勤でないならまだいけると思う.通勤の場合,信頼性をお金で買う必要があるため新品に交換することにした.このタイヤは比較的高価だが,信頼性と耐久性の値段と考えれば納得できる.次も同じタイヤを購入した.
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月14日
クロスバイクで使用。乗り心地が硬いタイヤなので6BARくらいに設定している。転がりがやや重いが、これ以上は空気圧を上げる気にならない。コーナーリング時の倒れこみ時にややクセがある。グリップ感はやや薄いが特に問題とは感じない。走行後にトレッドを点検すると、尖った石やガラス片などがゴムに食い込んでいたり、何か鋭いものを踏んだような傷がついていることはあるが、貫通する気配はなく、2500キロ以上走ってパンクゼロ。ビードが嵌めにくいとのレビューもあるが、HE26に関しては全く問題なく、むしろ組み付けは楽な方だった。
余談だが、丈夫さが気に入ったので、後日、同銘柄の700Cを買って、他の自転車に付けてみた。こちらは噂通り?ビードが異常な程に入らない(たぶん小さめに出来ている)。パナレーサー製の樹脂タイヤレバーが折れてもやむを得ないか、というほど力をかけてようやく装着完了。外す際も同様に悪戦苦闘する羽目に。丈夫なタイヤなので滅多にパンクはしないだろうとは思うが、「万が一、出先でパンクしたら..」と考えただけで、冷や汗が出ます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月23日
個体差があるのかもしれないが慣らし走行をしても微妙によれている感じがとれない。
ホイルにバランサ(釣用重り)をつけて様子見をしています。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月25日
以前に日常使用していた、マウンテン改の我流クロスバイクに入れていました。

通勤がメインだったので、車道と歩道の段差を気にせず行きたい為、

エアーボリュームを落さず、転がり・グリップ・ウエット・耐パンク性能を重視して探したところ、これに至りました。

当初は、2incを入れて楽しいでいました。重量は思ったより重めでしたが、ノーマルのKENDAよりは軽いので良しとして使っていました。

2incの幅なのに接地面積が極端に狭いので、漕ぎがしなやかで、衝撃急性性がとても高いです。ウエットグリップもとても良いです。

転がりはノーマルのKENDAと変わらないと思います。

1万キロで1度パンクしましたが、トレッドの横部分に画びょうが刺っていたので、しようが無いでしょう。

その頃にはリヤが半分減っていたので。F,R共に1.75に入れ替え、チューブもダイワ精工の物に変えました。(パナのサイクルチューブより少し軽かった為)

1.75にしたら、重さが違うためか直径が小さく成ったためか、漕ぎがかなり軽くなり、1.5にすれば良かったと思ったのを覚えています。

その後、5000km走ったところでパンク。鋭く尖った小石を帰宅中に踏んだ気がしたのですが、その時は何事も無かったので帰宅。

次の日タイヤが潰れていました。良く見たらバルブが緩んでいたので締め直して、確認の為に空気を入れ直してみたところ、半日で半分抜ける感じでした。

良くタイヤを観察してみたら、尖った何かが刺さった後が有りました。

小さなピンホールだったのでしょうね。あの時にパナのチューブにしておけば、多分パンクしていなかったかも?

で、今は重量無視でパナのサイクルチューブに入れ替えて有ります。

パナの方がしっとりしてるぞ。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月26日
MTBにブロックタイヤから付け替えました。
100km程度走行の感想です。

このタイヤ独特の先が尖った形状で、太さの割に接地面積が小さく抵抗が少ないため、とにかく漕ぎ出しが軽い!
なかなか速度が落ちないので、いつもの調子で漕いでるとグングン加速します。
平均速度が+5kmくらいは上がるイメージです。
アスファルト、平地、無風なら座って30kmも苦ではありません。
接地面積は小さいですが、グリップ力も相当なもの。なかなかロックしなくなったのでブレーキが効かなくなったのかと思うくらい(ブロックに比べれば当然ですが)で、街乗りでも安心です。ウェット路面でも乗りましたが特に不安に感じることはありませんでした。
重量のわりに剛性は高く、低めの空気圧でも乗れそうです。またPTシールドというのが入っているので、パナレーサーのラインナップの中でも高い耐パンク性能があるようです。タイヤを裏から見ると繊維の網が見えて強そうです。

特殊な形状は反面、少しハンドルがクイックになりますが、ロード寄りになると思えばそんなに違和感はありません。

このサイズを買う方はMTBが多いと思いますが、ブロックからの乗り換えなら断然おすすめです。
値段分の性能は発揮します。
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月22日
マキシス オーバードライブエリート1.75が廃盤のため交換しました。
雨の日に車道から歩道へ乗り上がれずスリップし転倒しました。
注意されたし。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年8月24日
MTBのブロックタイヤ2.1との比較ですが、
MTBだからブロックタイヤにこだわっていたのですが、
サイクリングロードで走るのに、どうして転がり抵抗が気になったので、
これに履き替えました。
接地面積が小さいため非常に転がり抵抗が小さく結構高速巡航が可能です。
ロードレーサー比−3km/hくらいで巡航可能です。
乗り心地も最高です。
タイヤの表面を見ると傷が無いので(1,000Km走行)やはり
対パンク性能は高いものと思います。
やや価格は高いですが、その価値は確実にあると思います。
太さもMTB装着で、ギリギリ違和感の無い範囲と思います。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月19日
昨年6月に同じものを購入して1年で約6000km走りましたが、フロントはまだ排水溝が見える状態ですがリアは排水溝が無くなって接地幅も10mmを超える状態になり、トレッド表面に細かなひび割れが生じサイドのゴムもクラックが生じはじめ、そろそろ限界かなと思った矢先に初めてのパンクに見舞われ、違うタイヤも考えましたが26incのロード用タイヤは種類も少なく、この1年の良い思いでから同じものを注文しました。

ゴム質はロングライフを謳っていますが、雨の日でもなかなか良くグリップしてくれますし、峠の下りコーナーでもすべる事もありませんでした。(独特の山型形状の為、倒しはじめは違和感を感じますが・・・)

新品状態で、空気圧6barでフロントの接地幅は5mm程度、リアは7mm程度です。(搭乗者の体重にもよりますが、わたしの場合)

某販売店専用モデル(26X1.5)と同じカラーバージョンが出ると良いのですが・・・  Amazonさん、オリジナルモデル発注しませんか?
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)