Androidアプリストア Amazonファミリー 2017年本屋大賞 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard nav_flyout_biss TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 父の日特集 梅雨対策特集 キャットフード・猫用品 5,000円以上購入で1,000円OFF Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO ドキュメンタル シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
15
5つ星のうち3.9
価格:¥1,280+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

Never7、Ever17、Remember11からなるinfinityシリーズ。
そのinfinityがさらに進化を遂げてintegralとなって登場しました。
全エンドコンプリートまで大体20時間程度とプレイ時間としてはそこまで長くはないですが、とにかく情報量がものすごいです。
良い意味でぎっしりと詰まっているシナリオ。そんな印象を受けました。
「真実」が次々と塗り替えられていくのでついて行くのが精一杯でしたが、大量の伏線が貼ってあるにもかかわらずきちんと回収されていくのでプレイしていて気持ちが良いです。
またinfinityにはなかった戦闘シーンによって緊迫感やかっこ良さまで演出されており、(次回作があるとして)このintegralシリーズではこのスタンスは継承されていくと思うと非常に楽しみです。
こんなに中身のある作品をプレイした気分になったのは久しぶりな気がします。是非オススメします!
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月25日
初めてこのシリーズを遊びましたがとても面白かったです。
ラストの謎が明かされていく怒涛の展開は止め時が分からず
画面に釘付けになりました。
また作画が安定しないアニメのようなイラストなのですが
それすらも利用したトリックはなるほどと思ってしまいました。

ただシナリオは説明的なシーンが多く難解な部分も有ります。
とんでもない理論をサラッと受け流さないと訳が分からないかもしれません。

攻略サイトを見ながらでも総プレイ時間は20時間以上掛かり
そこそこボリュームは有りますが分岐等があまり無く基本的に一本道に近いので
バッドエンド等は有りますが、ギャルゲーのような個別エンディングは有りません。

でも謎やトリックは良く出来たゲームだと思います。
もし買うならネタバレ等を見ないようにして遊んでみて欲しいですね。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年3月17日
過去三作の『7』『17』『11』と比較すると…

全体的な世界観というかトリックイメージは『17』に似てたかな?…と。最後で上手い具合に話がまとまっているのは流石です。(一部『説明し忘れてるだろ!』みたいな所もあったケド)
ただし、個人的な意見としては『17』の方が僅差で上手な感じでした。

真ルート解放までの道のりは、思ってたよりも手間がかかりませんでした。上手く行けば一周目で真ルートが解放されます。

ただ、過去三作のファンでないと、少々敷居が高いと思います。難しい専門用語が随所に出てくるので。初心者の方は、まず過去作をやることをオススメします。

あ・それから。
ファンの方には今更ですが、ギャルゲーの要素は薄いですよ。W
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年8月20日
(総合6/10点)

 音声無し/完全攻略までの所要時間:17時間59分

未完の処女作「infinity」に始まったインフィニティーシリーズの
Never7、Ever17、Remember11から続くインテグラルシリーズ第1弾にあたるのが本作

自我と無意識下との時間、感覚の隔たり
それを理的、哲学的に紐解き、SF作品として昇華させ、
巧妙に練りこんだ物語展開は圧巻。さすが打越鋼太郎、恐るべし。

前作「Remember11」がゲーム本編外での
謎解き(2次的)遊び、考察を目論んだややとっつき難い挑戦作だったためか、
本作はプレイヤー主観のトリックと時間、空間が絡み合い、
幾星霜変わらぬ愛する人への想いを詰めた謎解きの爽快さが特出しており
EVER17ファンには待ちに待ったよだれものシナリオに仕上がっています。

個別ルートでは正直ワケがわからず、退屈でしたが、
最終ルートに突入すれば、その理由に驚愕、愕然とすること必至。
完全攻略後にもう一度個別ルートを辿ってみると面白さ倍増です。
しかし難解な用語の連発なので理解するのも一苦労。

また「MemoriesOff#5」「Remember11」とほぼ同等の快適な「KIDシステム」で
ストレスなくプレイ可能です。既読率表示を廃したことで穴埋め作業が
不要になったのは嬉しい所です。

ただし、文章の流れの起承転結の「承」が欠落している点が多々あり、
まるで場面や人物が瞬間移動でもしたような不可解さを覚えたのが残念でした。
また、二人の原画家がそれぞれ描いている同様のイベントCGもあり
画力の違いが歴然と見えてしまい、かえって興ざめしてしまった点など
急ピッチ開発の凡ミスがありありと見えてしまい、
ややまとまりに欠ける印象を受けました。まだまだ改善の余地ありです
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月1日
トリックものの作品として楽しめました。

never7のように驚くこともなく、Ever17のように感動するわけでもなく、Remember11のようにスリル感があるわけでもなく。

それぞれの作品の中間のようなもので、良くもなければ悪くもないといった作品でした。

ただ、このてのクソゲーに比べれば、はるかにましです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年2月5日
大味でも明快であれば良い、という方には手放しにお勧めできる。
しかし、必要最低限以上の(つまり、ほんの少しでも)辻褄を要求する人には全くお勧めできない。
設定の役に立っていない無駄に複雑なだけの擬似科学理論、大嘘に依存しながら全く辻褄の合っていないトリック、薄っぺらくて魅力に欠ける登場人物達、極めて幼稚な陰謀等、褒める所が全く無くても明快でさえあれば良いという方は楽しめるだろう。

擬似科学理論を導入したのは、現実に実現不可能なΨと呼ばれる能力を作品中で実現可能にするためのはずである。
もちろん、作り話なのだから、擬似科学理論を導入するのは差し支えない。
しかし、その擬似科学理論は、全くΨを実現可能にしていないので、何の為に導入したのか分からない。
しかも、その説明がやたらと複雑で難解すぎ、それを解読すると理論と現象が全く一致しないことが分かる。
そして、Ψを実現可能にする擬似科学理論は最後まで出て来ない。
それならば、最初からメカニズム不明で押し通した方が遥かにマシだ。
原理設定の複雑さは何の役にも立っておらず、まじめに解読にしようとすると馬鹿を見るだろう。

また、最大の見せ場となる天気予報の日付トリックについても、携帯電話の所持者の辻褄が破綻している。
しかも、このトリックは物語の骨格部分の嘘(2点間の時間のズレ)に依存している。

ヒロインや主人公の人柄が最低で感情移入ができない。
また、ずっと忘れていて再会後1日くらいしか経ってないのに大声で愛を連呼したりするなど薄っぺらい行動が目立つ。
物語の背後にある陰謀に至っては、あまりに幼稚な計画すぎてギャグとしか思えない。
結末が明快であること以外に褒める所が全くない。
過去の打越作品と同等の作品を期待したらガッカリさせられるだろう。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年3月17日
結論から言うと大変面白かったです。
まず、CGや立ち絵に関してはアドベンチャーとして平均点以上の出来でした。また音楽に関しても、阿保さんのBGMが大変素晴らしかったです。そして物語に関しては前作リメンバー11ではラストが残念な感じでしたが、今作は謎が徐々に明らかになりトゥルーエンドですべてを回収するので流石打越さんの作品だなぁと思いました。
気になっている人は買ってみてはどうでしょうか?
きっと損はしないと思います。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年11月10日
雰囲気が凄く好きです。謎だらけでわくわくします^^
あまり書くとネタバレになりますが…。
ただ、クリアした後に良く考えてみると
「あれは反則じゃ??」とツッコミたくなりました。笑
それに、歴代インフィニティーシリーズと同じ仕掛けを使っている場面も。
だからプレイされた方はちょっと気づいちゃうかも。
あと、絵が雑??プロの方とは思えない物も^^;

細かいことを気にしなければ、面白いと思います♪
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年4月2日
途中までの展開や、謎が謎をよぶ展開は興味をそそるものだったのだが、最後までプレイしての評価は、「苦しい」である。トリックというか伏線回収とかちょっと「苦し過ぎ」ではないだろうか。
これでは、赤貝ネタがわかる大人は騙せまい。

たしかにわたしはこのシリーズの最新作を待ち望んだ者の一人である。
しかしだ、なんだか全体的にやっつけぽくて少々残念であった。

話が密に繋がっているわけでないので従来のシリーズのように単体で楽しめるのだが、まったくオリジナルのアドベンチャーゲームとしてみても、このやっつけ仕事は、お勧めできないかな。

ファンであるがゆえ辛口御免。
次回作に期待したい。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年1月16日
また再延期ですね。
自分はかなりショックでありつつ、少しホッとしています。
理由は、公式サイトでの情報が少なかったからです。
ストーリー、キャラクター紹介、ムーピー 主題歌、
ゲーム公式サイトにあるはずの情報がなかった、 雑誌掲載にはあると思いますが…
自分はこの作品、面白い作品だろうと思います。
実際、打越氏と若林氏のコメントと読んだら期待させられますし
でも、きつい言い方かもしれませんが、その根拠となる情報を公式で見せて欲しい。
ファンの方、読まれて不快な思いをしたらすみません!
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,760

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック