Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.2
296
5つ星のうち3.2
エディション: 通常版(特典なし)|変更
価格:¥7,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2007年4月15日
1〜3とものすごく好きで、4も非常に楽しみにしていました。

届いてすぐプレイして、先ほどクリアしたのですが、正直ちょっと

がっかりしました。

探偵パートと法廷パートに分かれているこのゲームですが、

まずは探偵パートのほう。

旧作にあった『遊び』がすごく減っていませんか。

証言と関係のないモノをつきつけても、それなりの反応が返ってきて

たり、とかがほとんどなくて寂しかったです。

調べる、も小ネタが少なくなった気がしました。

法廷パートは、新システムの、みぬく、が微妙すぎました。

ゲーム自体の売りであるはずの、相手を追い詰めていく快感が、

このシステムは感じられません。

全体的に、キャラの魅力がさがった気がします。

外見の奇抜さは相変わらずですが、旧作の脇キャラにもあふれかえって

いた個性がない。

会話のテンポも、勢いがない。

旧作と比べてしまうと全然いけていません。

おかげで、旧作キャラが出てくるときだけ嬉しいという、なんだかファンディスク

のような状態でプレイしました。

ゲーム自体のおもしろさは健在なので、余計残念です。
0コメント| 169人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年6月30日
今作4と今までの1〜3では、ゲーム自体が大幅に違います。
「違う」事が悪いわけではありません。「改悪」と言える違いが良くない。

【プレイ感】
前三作:痛快な“逆転劇”を体感出来る爽快感。
逆裁4:モヤモヤする。そもそも“逆転”自体しない。

【被告人】
前三作:親友・ヒロイン・無罪と信じられる、「助けたい!」と思える被告人。
逆裁4:ヤクザ・犯罪者など、助けたいとすら思わない被告人。

【キャラ】
前三作:全体的に“濃い”キャラが多い。(例:小中 大)
逆裁4:全体的に“キモイ”キャラが多い。(例:ガリュー検事)

【トリック】
前三作:奇抜ではあるが、プレイヤーの予想を覆すトリック。
逆裁4:証拠品が出ただけで全部予想がつくチープなトリック。

【ゲーム性】
前三作:必要な要素をきちんとまとめ上げられている。
逆裁4:無駄な要素(手間なだけのカガク捜査等)が多い。

トドメは「裁判員制度」。あれじゃ逆転もクソもない。そもそも「ゲームじゃない」。
キャラ描写も酷すぎる。“みぬきのパパ”は最初と最終話のキャラが違いすぎて、まるで人格崩壊かのよう。
伏線を張るので必死なのか、キャラ描写が薄いままラストで重要キャラに選ばれる人々。全ての話を繋げる為に作られた無理矢理設定の数々。
ストーリーも全く説得力がなく納得行かず、プレイしてる間ずっとモヤモヤさせられる。
そして新システムの「みぬく」は更に酷く、「だから何?」とプレイヤー自身がツッコミを入れたくなるような無理矢理な言い掛かりをつける。
「クセが出た、だから動揺している」・・・まるで説得力がなくて、「みぬく」を使う事自体が嫌になる。

やっててずっと「すっきりも納得もしない」、それがクリア後の感想です。
0コメント| 196人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年4月23日
普通のゲームとしてはまずまずですが、逆転裁判という作品の4作目としては苦く評価をつけざるを得ない、という感じです。

まず、主人公を変えた意味がない。

結局は旧作の成歩堂が出てきて影でゲームを引っ張り、主人公はあくまで新米として詰めの甘い所を露呈。

元弁護士でもない15歳一般人のみぬきにもわかることに気付かない有様です。

全体的に前作よりキャラクターの知能が下がりすぎていています。

わかりきった単純な一本道のロジックにすら行き詰まり、証拠品や選択肢を要求され、

そのために流れが途切れて爽快感を台無しにしてしまう場面もありました。

前作が完璧だったとは言いませんが、それを補って余りあるテンポのよさやキャラの魅力、会話の楽しさがありました。

それが今回はない。だから欠点に目が行ってしまうだと思います。

事件を解決してもすぐに次の話への繋ぎみたいなものが入るので、折角の達成感を味わう間もなくもやもや感が付き纏います。

爽快感やテンポなくして逆転裁判をプレイする価値はあるのかと首を捻りたくなりました。

次作を作っても、主人公を変えない限り改善は不可能かと思います。

主人公オドロキの口調・反応、全てが成歩堂の劣化コピーでしかないためです。

オドロキの姿が法廷でしか見られないので、法廷になってから『そういえばキャラ違うんだっけ』と気付かされるようでは、とてもキャラが立っているとは言えないでしょう。

新主人公にはもっと強いカラーを期待していたので、ガッカリです。

前作通りの面白さを期待していると裏切られるので、あまりお勧めできません。
0コメント| 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年10月31日
全く魅力を感じられないキャラクター達、中身がスカスカなストーリー、爽快感のない謎解き、
全てが傑作だった前作までとは比べ物にならない、最低の作品に成り下がっています。
シリーズのファンだっただけに、この出来には失望させられました。
0コメント| 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月29日
結局1〜3のファンとしてはがっかりとしか言い様のない作品でした。
他の方も書かれていますが、これが外伝的な位置のものであったり、まったく新しいタイトルであったならこれはこれでアリかな、という気もしたのでしょうが・・・。

キャラデザ云々はおいておきます。4でも好きなキャラは居るので。ただ、新キャラでやろうというならば、全員新キャラにしてほしかった。
個人的に言わせて貰うなら、"みぬきのパパ”なんて、もう見てて悲しくて泣きそうになりました。1〜3はなんだったの、と。マッタク別人ならああいう人もいるかな、で終わるのですがね。

そして大逆転の裁判。
みぬく、に面白みを感じられませんでした。言葉の端々に矛盾を見つけてそれを揺さぶっておいつめていくというのが逆転裁判の醍醐味だったはずです。
それがどういうわけか、腕輪の力に導かれるまま、犯人が動揺した仕草を見抜く・・・?
捜査の時点でやるならまだわかります。2,3であったサイコロックにかわるものだと思えば。でも裁判パートに入ってから、アレは逆に裁判パートのテンポを悪くしているようにしか感じられません。また、あれが決め手になるのも意味が解りません。

4からやる人には、まあオススメできなくもないです。
1〜3やった人には、私はオススメしません。まったく違うゲームだと割り切れる人なら・・・やってみてもいいかも。
0コメント| 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年4月19日
今までのシリーズ全てやってきて、この4の発売を心待ちにしていました。

しかし、なんか違うんですよね…。

新要素の「みぬく」も前作のサイコロックの方が良かったし、ストーリーやキャラも前作の方が上回っていたと思います。

何より残念だったのは、ナルホド君、キャラ変わりすぎてないですか?

いくら年月がたって色々な事件があったとしても、私はあのナルホド君と同一人物に思えないのですが。

決して面白くないという訳ではないのですが、4という事で今までのシリーズとどうしても比べてしまいますし、

期待が大きすぎたという所でしょうか。
0コメント| 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年8月16日
と言いたい気分
誰ですかあのダルダルニートニットは…
ナルホドくんという人間を殺して都合良く別キャラにしてますよね
逆転裁判やってきた人って絶対ナルホドくんに感情移入したり好きになったり何かしらの思いがあると思うんですよ
なのにそんなファンのことを考えずにこんなクソキャラにしたスタッフは万死に値します
熱く優しい弁護士ナルホドくんがニートになるのって、ポ●モンでいったらサ●シくんがポ●モンマスターを目指すのを止めてだらだらしたニートになるのと同じくらい嫌です

あと全体的にストーリーや謎や裁判がモッサリ
面白さがないわけじゃないけど逆転の快感がありません、とにかくモッサリなんです
みぬきの父親はあれ人格破綻者だよね?スタッフこれちゃんとストーリー見直したのか?
人物関係とか性格に矛盾を感じてならない
みぬきパパだけじゃなくラミロアとかも
オドロキやみぬきにも魅力を感じられないし、あのハツラツとして可愛かった茜は「刑事なんかなりたくなかった」と言い出してグチグチ言うわ証言にもやる気がないわで本当にイライラする
茜が悪いんじゃなくてスタッフが悪いんだけど

もうダメですね…このキャラ達では5出せないんじゃないの…
0コメント| 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年8月13日
<Xタッフのほぼ総替えと言う事前情報からも、期待はしない、別物として考えると思ってやりました。
正直、こんなにつまらなくなっちゃうんだ……と思いました。
熱血真面目弁護士VS熱血真面目検事。楽しくも何とも無い。
キャラがデザインも性格も薄い(ハミガキ除く)。
「1〜3をやってなくても大丈夫です」どこがだ!
今まではアップになる度に「おお!」と思っていたのが、今回は「うわあ……」。
初登場時の御剣もかなり嫌なキャラでしたが、ガリュウ検事は単に鬱陶しい。
前々から、この話(トリックや犯罪理由)って元ネタ、アレだよな……と言うのがありましたが、今回は酷すぎる。

そして何よりも、絶対見たくなかったナルホド君……。

他の方が書いておられましたが、このキャラで男性は面白く感じるのか?と思っていたら、案の定苦痛だったようで。
私は女性ですが、やっぱり苦痛でした。

この方針で続けるようなら、次は買いません。
0コメント| 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月17日
もう表題のとおりなんですよ。変わりはてたナルホドに非難轟々ですが、おそらく彼は元々最初の企画書では登場する予定はなかったんじゃないですかね。真宵ちゃんはいないし、御剣も登場しない。多分制作段階で無理やり登場させられたような気がします。そのためかシナリオが中途半端でクリエイターが嫌々ゲームを作らされた印象をプレイしてみると受けました。愛着がわかない仕事をクリエイターにやらせたカプコンにはクリエイターの気持ちが判らないし、面白いゲームを求めるユーザーの気持ちが判らないのかもしれません。
0コメント| 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年2月23日
今回キャラクターがイマイチだと思った。
逆裁1〜3が面白かったのは、ストーリーや
推理ゲームとしてのトリックよりもキャラクターの魅力が大きかったのに。

主人公ナルホド君が依頼人を信じきって失敗しても真っ直ぐ突き進むところ
家族をなくしても明るく強いマヨイちゃんやハミちゃん
ゴドー検事が抱えてた悲しみと後悔
他にも、ミツルギ、メイ、イトノコ、おばちゃん、ちなみ・・・
キャラが立っていて、魅力的な彼らにゲームする自分も影響を受けた

今回の作品は作者が変わったのかな?と思ってしまうほど
キャラも話もあっさりしてた。
最後の章にたどり着くまでの前置きが長いわりに、
最後の章の真犯人の動機が驚くほどしょぼかった。

最後にオドロキ君の事をやっと少し知る事ができた
から次回作からの序章なのかな?

新システム「見抜く」はいけてないと思う。
ただの間違い探し。ハミガキをスミからスミまで見るのは
拷問・・・

逆裁をこれから始める人には1、2、3とやるのが断然おすすめ!
0コメント| 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック