Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter アナログレコードストア ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おせち料理特集2017 大掃除特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
299
5つ星のうち4.2
スタイル名: 4切替 スライドスイッチ|変更
価格:¥1,845+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2005年12月18日
 パソコンを2台以上持っていてUSB機器を共有したい場合、LAN経由よりも直接的に切り替えた方が安定した性能が得られます。プリンターなどがその代表例ですが、本スイッチの使用目的のほとんどがこのプリンター切換ではないかと思います。私もプリンター切換用としてこのスイッチを買いました。

 切換ボタンは自照式のスイッチになっているので、導通状態が一目で分かります。真っ赤な明るいLEDなので少々まぶしい感じです。中味はUSBバスパワーを使った電子スイッチなので比較的安価で、機械スイッチ式の切換器のように経時変化の心配もありません。しかも1.5mの長さのスケルトンタイプUSBケーブルが2本付いていてこの価格というのはすごいものがあります。CPの高さで強くお勧めします。

(電子式スイッチなのでOS上からはスイッチ自身がデバイスとして認識されます。このためWindows以外のOSをご使用の方、または多種のOS混在環境では多分使えません。そういった場合はごく普通の機械式スイッチ、例えばアーベルのACSUSB3 USB切換器などの使用をお勧めします。)
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年3月29日
当方PCとPS3を1つのモニターで使っているため
キーボードを使用する際いちいちUSBを差し替えるのが面倒だったので購入しました。
PS3で使えるか不安でしたが期待通り切替スイッチにて切り替えることができました。
不具合もなく大変重宝しています。
付属のUSB-Aオス〜Bオスのケーブルが2本付いてるので
使用の際新たにケーブルを購入しなくていいので親切仕様ですね!
さすがエレコムさんです。
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月30日
17インチと20インチの液晶ディスプレイを並べると間口ほぼ一杯のパソコンラックの両脇にPowerMacG4 MDD(OS9,OSX DualBoot)と初代MacProを置いています。同時に使うこともあるのでUSBキーボードとマウスを2セット置いていましたが、あまりに狭すぎるためキーボードとマウス1セットを2台のMacで共有しようと購入しました。
少し前に購入したELECOM USB2.0手動切替器 USS2-W2は「データ転送中にうっかり切替を防ぐロック機能」が邪魔をしてか、操作していなくても通電中は切り替えることが出来なかったりしますが、その点こちらはスライド式スイッチなのでいつでも強制的に切り替え可能です。その際認識しないなどのトラブルは今のところ一切ありません。
また、スライドテーブルの裏(見えない位置)にマジックテープでくっつけているのですが、スライド式スイッチは手探りでも操作しやすく、どちらが選択されているかの確認も触るだけで楽に出来ます。
☆4つなのはデザインがもう一つ私的にはしっくりこないというだけのこと。それ以外はとてもシンプルで満足しています。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年11月30日
2台のPCと1台のプリンタを繋ぐために購入しました。
機械式スイッチなので、確実で良いです。
USBコードが2本入っているのもグッド。
安価でちょっと便利になったので、嬉しいです。
みなさんのレビューを参考にさせていただきました。
特に、ソフトスイッチの同等品の不便さが分かり、
こちらの機械式スイッチのモノにしました。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
エレコムさん、よくぞアナログ切り替え方式で作ってくれました。
デジタル式だと1台のプリンタと本器を介して2台のPCをつないだときに、
もう1台のPCが電源が切れていると切り替え器が使用できないということがありえます。
このアナログ切り替え器では、もう1台のPCの電源が切れていても問題なく切り替えて使用できました。
地味ですが現場のことを考えた本当にすばらしい商品です。
ケーブルが2本付属(USBケーブル:1.0m×2本)というのもすばらしい。
なんと4台切り替え用のT4にはUSBケーブル(1.0m)が4本ついているそうです。
良心的ですね。このエレコムというメーカーは。
ありがとうエレコム。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年6月21日
購入しました。全部キーボード使いますし。
使用キーボードはMicrosoft Wireless Keyboard 6000です。
Microsoft Wireless Keyboard 6000(J9C-00004)

上位機種USS2-W4も検討しましたがボタン式による切替時のレスポンスに
不安がありましたのでよりハード的に単純なこちらを選びました。
USBケーブル(1m)が4本ついてくる点もよかったです。

キーボードが使用できるかは博打でしたが動作に問題はないようです。
レスポンスも早いです。都度、ケーブルの繋ぎ換えが億劫な方にお勧め。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月8日
キーボード切替に利用しています。
2台のボタン式からこれに変更しましたが切替が非常に難しく腹が立ってどうしようも無いです。
もう少し柔らかく簡単に切替ができれば良いのですが、手加減が非常に難しい!!
使いものになりません!! 右端と左端だけなら良いのでしょうが
はるかにボタン式の方が良いです。
最初は殆どの方が、2番目と3番目にスイッチング出来ないと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月7日
元々無線LALと有線LANの併用でMac-(OS9+OSX10.6)とWin(7+10)mのOS&バージョン違いで使用していましたが、
プリンターの調子が突然おかしくなり、以後LAN使えなくなりました。ソフト&ドライバーも入れ替えましたが?でした。

簡単で、お値打ちな商品と思い、今回機械式のこの商品に切り替えに変えました。
簡単で、お値打ちでとても重宝しています。 購入して本当に喜んでいます。
切り替えスイッチも特に問題なく使用しております(^^)v
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年1月24日
個人の主観が結構入ってるので参考程度に。

常時2台が稼動している状態ならLANケーブルの一本でも買ってLANを構築して
キーボードとマウスの切り替えにはS-Changerなどのフリーツールを使えばいいし
正直そっちの方が安上りなのですが、LAN設定が面倒くさい私は金で解決しました
U2SW-T2も考えましたが将来PCが増える事も考えてU2SW-T4を購入、値段差も数百円程度ですしね

・使用感
安い割になかなか使えますねコレ
ダウンストリームポートにUSBハブを繋げて、
そこにキーボードとマウスとSDカードリーダー/ライターを接続し、
アップストリームポート2つを付属のケーブルを使って、それぞれ2台のPCに繋げてますが
切り替えスイッチでどちらのPCでもちゃんとUSB機器を認識してくれてます

キーボードとマウスの1セットで2台のPCを操作出来るので利便性がかなり上がりましたし
SDカードリーダー/ライター経由で少量のデータ転送も楽になったのはありがたいですね
(大量のデータを転送したいならUSB転送ケーブル買うなり、それこそLAN構築した方がいいでしょうけどね)

個人的に唯一の難点は本体が軽い事ですね(ぐらぐら動く)、仕方ないので両面テープを使って固定してます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年11月23日
プリンター切り替え器として2つ購入し、
使っています。
切り替えがスムーズで重宝しています。

また、機器との接続用のUSBケーブル(長さは1mくらい。)が4本入ってますので、
USBケーブルも必要という方には、
割安感があります。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)