Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
2,532
5つ星のうち3.0
エディション: 通常版|変更
価格:¥5,280+ 配送無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年1月2日
12章まで進めました。が、そこからやる気が起きません・・時期も大事なので今レビューします。

本作はシナリオを前面に押したFF10と似たようなタイプです。
しかし、FF10のほうが格段に面白かった。それはRPGとして不可欠な街の探索などの要素がきちんとあったから。
その自由な探索などのRPG要素が今作には一切ないです。

そのRPG要素の欠如が、前面に押し出しているシナリオにも悪影響を与えています。
一番致命的だと個人的に感じたのは、NPCとの関わりがないこと。

街を探索して、主人公たちが助けようとしている世界で生きる人たちと
関わりを持つことがないため、すごく壮大な物語なのに世界が窮屈に感じます。
また、そういった世界の人たちとの関わりの中でキャラクターの心理描写をほんのり出していけばいいのに、
途切れ途切れあるムービーだけでキャラクターに全部をしゃべらそうとしているので
他の人たちが書かれてるようにセリフが臭いのです。全部が決め台詞の劇を見ている感じです。

シナリオやグラフィックに凝っても、上記のような理由でプレイヤーがその世界に浸れないため感情移入できません。
表情の作り込みとかすごいのに、表情など全くないFF7の方がまだ泣けました。これは大きな問題です。

いい所もいっぱいあります。
ロードがほとんどなくスムーズ
革新的で奥の深いバトルシステム
トロフィー対応のやりこみシステム
美麗なムービー
いい音楽

これだけ、よく作りこまれたゲームでありながらRPG本来の自由度が欠如していることに悔やまれる。

すごいゲームではあるが、
楽しいゲームではない。 

よって評価は☆3楽しさ2です。
16コメント16件| 1,760人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年2月17日
ムービー、グラフィック、音楽について
素晴らしいです。
ロードに関してもストレスにならない程度に抑えてありますし
ムービーはシアター要素がないのは残念。12章の始めに流れるムービーは必見ですね、ヤヴァイです
バルトアンデルス以外のボス戦の音楽がいまいちなのは残念だった

メニューについて
レスポンスは快適そのもの
ステータス画面でキャラのムービーが一瞬流れる演出は素晴らしい

マップについて
11章までは一本道なのであまり使いません
□ボタンですぐに開けて確認できるのは便利
地図上のマークが色や形が似ていてぱっと見わかりずらいのは駄目だった
右上に表示されるミニマップは隠し通路や敵の位置も容易にわかるので便利
しかしこれを見ながらだと移動はほんとただの作業になる
SERECTボタンで消せるから消したほうがいいかも

ミッションについて
移動が実にかったるい。
ミッションの内容を確認してあっても受注するにはわざわざその冥碑のところまでいかなければならないし、
テレポートできる冥碑も少ないためとにかく走りまわされて馬鹿みたい
オブリビオンみたいなゲームが2007年に出てるわけだしそういうのを参考にして欲しかった

バトルについて
最初の洗礼がオーディン、ここで詰む人がいてもおかしくない
後半は敵のHPがやたら多くなってラッシュアサルトとフェニックスを交互に使うなんて単純な戦い方ではシ骸になってしまう
そこで効いてくるのが補助魔法。このゲームでは非常に有用でヘイストはもちろんブレイブやフェイス、ウィークやダルなど
を駆使すればラストダンジョンの敵でもフルボッコにすることが可能。
いろいろ頭を使って楽しめるが逆に言うとしんどい。雑魚でも油断できないから非常に疲れる。
時折どうやってもうざったい敵とかいてそいつの姿が見えると今日はもういいやとセーブして終わることも

ストーリーについて、これに一番期待してたんだけどなぁ…
まずキャラクター、ほとんどが見た目通りの性格といった感じで意外性に欠ける
ライトニングは猪突猛進で早々に心が折れかけるし(召喚獣が登場する)で萎える
ロッシュやらシドやらみなさんコクーンをなんとかしようと頑張ったり
いろいろ演説してくれるんですが、コクーンに住む様々な人々の生活、営み、ファルシによる恩恵等々
肝心要の部分いまいち見えてこない、街もないので人々の普段の会話も聞けないし
だから感情移入ができないままエンディングを迎えてしまった
神話やら何やらと色々細かい設定はあるんだろうけどそれが面白さに繋がっていない
シナリオ担当の人はもう二度とFFに関わらないで欲しい

最後に、つまらない映画があったとしてそれは誰の責任だと思いますか?
たいていは監督か脚本に責任があると思いますよね
ゲームも同じだと思います
このゲームのディレクターとシナリオはえーと…
10コメント10件| 469人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月9日
クリアした所でレビューします。
クリア時点で、総プレイ時間は約53時間。
MGS4以来、久々にやるPS3のゲームです

■プレイする上での、敷居の高さ
発売前の前情報で見た小難しそうな専門用語や、難解なイメージのあった戦闘システム。
実際は、序盤にほぼチュートリアルの章があり
物語を追いながら見ているうち、馴染んでいけるので予習する必要や心配は無用と思います。
ただし、その導入部分は長く続くので、気が短い人にはだるい

セーブポイントが多く設置されているので、
あまり時間がとれ無い人でも比較的手を付けやすい、とは思う。
いちおう章区切りにはなっているが、区切りを感じさせない流れ方ではある

■「1本道」論について
「広大なフィールドMAPはあるけれど、行ける所は初めは限られている」
というパターンは過去作のFFでもありましたが、
・物語がいわゆる逃避行的な流れにあり、雰囲気的に余裕をもって遊びづらい事
・コクーンにはフィールドMAPの概念が無い為、閉塞感が強い事
・街などの中継施設が無く、基本走りっぱなしの展開にある事
などなどが、今回よく批判される要因なのかもしれない。
レベリングして難易度を調節できる箇所こそ幾つかありますが、
一部を除いて殆どが自由に出入りできる場所ではないので、
折角の世界観をじっくり堪能できる余裕が無く、物足りなさを感じてしまうのは残念

11章に入ると今までの舞台(コクーン)から一旦脱出し、
フィールドMAPのあるグラン=パルスへ舞台がうつります。
ここから、若干は羽を伸ばして遊べる雰囲気になると思います。
物語を先へ進めても、最後のあたりでここに戻ってくることができるので、ご安心を

■戦闘など
プレイヤーに作業させる要素は徹底して省かれている。
・戦闘終了後、PTメンバ−のHP全快
・MPが廃止され、魔法やスキルに消費という概念がない(TPスキル除く)
・敵との遭遇はシンボルエンカウント制で、殆どは回避可能

好意的な解釈としては、スピーディにプレイできる工夫をしていると映る。
その一方、一般的なRPGで当たり前のようにある「数字の維持作業」を強いられる仕様に慣れていると、
「やりごたえが減った」という意見もでてくるかもしれない。
(私個人は、戦闘終了後に回復魔法を連打したり、
 ボス戦までMPは温存して・・・とかいうのは煩わしかったので、歓迎だが。)

敵のHPは高い数値に設定されており、殆どはブレイクさせるのが前提のバランス。
オプティマを工夫しないと、歯が立たない戦闘もザラ。
総じて戦闘の難易度は高めで、試行錯誤が伴う。

こういった性格から、既存のRPG通りではやってられないという事情もあるだろう。
「リーダー一人のみを操作し、仲間二人はオートで動く」という仕様も、
プレイヤーの負担を減らす意味では自然な形

■総評
過去作にも増して人を選ぶ作品。
過去作のFFが好きでも、本作は受け付けられないという人も居るかもしれません。
今回もご多分にもれず、賛否両論が強く出る作品になっている

最後に、日本中のゲームと比較できるほど
沢山のゲームをプレイして言っているわけではありません、あしからず。
私を含め人にはそれぞれ好みや価値観がありますので、参考程度に
0コメント| 187人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月16日
今クリアしました
タイトルにもあるとおりムービーは素晴らしいです。そして中学生レベルのシナリオ展開にびっくり、他にも、いたずらに複雑な固有名や設定。無駄に多い素材アイテムやアクセサリー、広いけど楽しくないMAP等本当に残念なゲームに仕上がってます。
あとスクエニには鳥山求の名前は大きく取り上げてほしいですね、回避する大きな要素になるので
15コメント15件| 334人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月6日
クリアして思ったのは、「もうFFはゲームじゃなくなったのだな」という事だった。

そもそもゲームには、他のエンタメ媒体にはない課題があると言われてきた。
プレイヤーに依存するが故に、開発者の意図する感動が与えにくいという点だ。

かっこよく登場した敵があっさりやられてしまっては興醒める。苦戦し、できればギリギリで乗り越えてもらいたい。
でも、本当にギリギリのバランスにしたら、誰もクリアできない。どの程度の選択肢を許容すべきか?という命題に突き当たる。

この命題に対し、FF13は「選択肢を与えないことでプレイヤーを思い通りに動かし、想定通りの感動を与える」ことにした。

寄り道のできない一本道の展開も、パーティーメンバが固定されているのも、強さの上限が設けられた成長システムも、全部そのためだ。
決められた手段、決められた強さで、決められた答えを出すしかないようにしたのだ。

であれば、確かにそうなるだろう。全てのプレイヤーが、開発者の意図した程度に苦戦し、想定した通りに乗り越えるだろう。

でも、それなら。プレイヤーなど必要ないではないか。

物語に触れたいなら小説を読めばいい。映像と共に堪能したいなら映画を観ればいい。ゲームである必然性とは何なのだ。

プレイヤーが必要ないゲームなど、ゲームではない。
FFは、ゲームじゃなくなる道を選んだのだ。
3コメント3件| 485人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月7日
今クリアしました。
事前にAMAZONのレビューを見ていたので、それほど期待を裏切られた感は無かったのですが、一言でいうと「プレイ時間で割って、1時間あたり約100円って考えると、ま、こんなもんかな。」という感じ。
でも、ゲームってもっと面白くなると思うんだけどな。

過去のRPGは様々な制約が行間を生み、それがプレイヤーの想像力をかきたてていたのに対し、制約がなくなったことが返ってプレイヤーの想像の幅を縮めてしまったことは自明なことだと思います。
けれど、それを疑いなく受け止めて、ムービーを垂れ流し(ムービーは本当に綺麗なんですよ)、そのストーリーをポーズメニューで語り、補完する手法は間違っているのではないでしょうか。(「クリップ」やロード画面の文章のこと)

宮崎駿はゲド戦記の感想で、「作意に満ち、簡単に言葉で抜き出せるものは疑わしい」と言っています。命の大切さを語るのに、主人公に「命は大切だ!」と言わせてはいけないと。FF13の脚本家もこの意味を慎重に考えてみるべきです。プレイヤーに「奇跡」を感じさせるのに「これが奇跡だ!」と説明してはいけないのです。

60時間以上プレイし続けられたのは、言わずものがなグラフィック、BGM、バトルシステムなどが秀逸だったから。しかし、スクエニさん。もう少し、ゲームは「物語」をもっと大切にしていくべきではないでしょうか。ゲームはもう、大人がやる時代になってしまったのですから。
10コメント10件| 518人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月16日
FF10は知らない世界に来てしまったというキャラがメインで、何も知らない状態のプレイヤーにも解るように話を聞いていってくれるので、世界観や用語などの部分が解り易かったように思います。
13はキャラ同士が世界を理解している状態なので、自分だけが知らない話でストーリーが進むというおいてけぼり感があります。徐々に明かされては行くのですが、謎が明かされて可も不可も感じなかったのは初めてです。
システムが面白い、ストーリーが面白い、キャラが好き、どれかあれば苦行にもなりにくいとは思い慣れと展開に期待して進めた結果、私はどうしてもどこにも魅力を感じられずに手放しました。
新しい街で装備を整えたり(お金が足りなかったら戦闘作業したり)、ボス前にHP・MPを確認したりと、仲間の面倒を見たくなってしまいます。

スキルシステムも、10の時にキマリを魔法系にしてしまって惨事が起きたので、もうそういうミスはしないぞと意気込んだのに、育て方はさほど自由度が有るわけでもなく杞憂でした。
お話の都合上、街をウロウロするわけにはいかない、住人と会話をすることが難しいというのはわかるのですが、それならそのようなお話を操作して進める媒体のシナリオにするのはどうなのかと悩ましいです。ムービーは非常に綺麗です。

お話を魅せたいのなら、キャラが言葉でプレイヤーに伝えるのではなくて、行動でプレイヤーに感じさせてほしいと思いました。セリフが少々安っぽく感じられて恥ずかしいのです。
そして一つの事を理解をする前にムービーが進むと素直に楽しめません。いかに自然にプレイヤーを誘導できるかもゲームとして大事だと思います。

辛口で申し訳ありません。とても綺麗で”凄い”とは思いましたが、これに時間を費やすほど面白いかと言われたら面白さは感じませんでした。
戦闘システムは斬新ではありますが、もっと仲間と助け合いながらリアルタイムに戦うゲームは有りますし、スピーディで緊張感というにはコンティニューができちゃったりするので特に私は惹かれませんでした。
瀕死状態で街に帰還する途中にランダムエンカウントに遭う方が、よほどハラハラする。
もう、世代が違うのかなと思わされるゲームでした。
0コメント| 354人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年8月19日
このゲームの手順は、
1.イケメンとガリガリ美女が、臭い台詞と意味不明な専門用語を交えた芝居を見せられる。
2.男女がイチャついてたり、超人的な動きをするキャラのアクションムービーを見せられる。
3.無駄に広く一本道で、無駄にHPが多い雑魚敵(しかも序盤に登場した敵の使い回しばかり)とほぼ強制的に戦わせられるダンジョンを歩かされる。
4.無駄にHPの高いボスと長時間の戦闘(長時間戦っててもリーダーが死んだらまた最初からなので相当なストレス)
1〜4までを50時間程繰り返すゲームです。 本来のRPGの醍醐味は皆無と言って良いでしょう…
0コメント| 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2010年11月10日
トロフィーコンプまでやりました。
映像はきれいで戦闘はそこそこ楽しめましたが、シナリオの内容やボリュームの少なさ、世界の狭さなど、FFにとって重要なポイントに悪い部分が多いです。

一般的な用語を使えばいい所を、全て似たような紛らわしい造語にしているために
「パルスのファルシにルシにされてコクーンのファルシにパルスへパージされる」
などと分かりにくさを揶揄されたりしているFF13。

分かりにくい造語は覚えれば済みますが、問題はシナリオが破綻している事です。
前提条件を奇跡の一言で何度も反故にしてみたり、
キャラクターの行動と発言に一貫性がない薄っぺらいシナリオです。

シナリオを何とか我慢するためには、設定を読んでかなり好意的に、お話を妄想する必要があります。

その上、終盤までマップが一本道で引き返すことが出来ません。

昔のFFは良いシナリオを楽しみながらドッド絵のキャラで、想像を膨らませることが出来ましたが、
FF13は想像の余地のない映像を見ながら、シナリオのほころびを体感することになります。

力のいれどころを間違ってると思います。
0コメント| 635人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年11月20日
遅まきながら1500円の中古で購入し、プレイして一応クリアしました。

結論を言いますと、
この作品の新品に9000円は出せません。
しかし、1500円でなら十分楽しめると思えます。
これが率直な感想です。

<良い点>
・グラフィックですが、PS3というハードをうまく生かしており、現段階でも高水準です。
岩の壁などにハリボテ感があり、最高とまでは言えませんが、FFの名に恥じない素晴らしい出来です。
ガプラ樹林やグラン=パルスの大平原は見てるだけでも癒されました。

・音楽は聞くと「おお!」と鳥肌の立つようないわゆる神曲や名曲はないですが、全体としてゲームの世界観を損なわない良曲がそろっています。

・バトルシステムも斬新で、それぞれのキャラが状況に合わせてアタッカーやヒーラーといった役割を設定したオプティマを使い分けて、チェーン>ブレイクを狙うのは、飽きはきたものの楽しかったです。また、敵は雑魚でもかなり強いですが、リスタート機能のおかげでセーブ地点まで戻らず、戦闘直前からやり直せました。おそらくこれがなければ途中で投げてたと思うほど、大きな機能です。

・商品として当たり前ですが実現が中々難しい、システムの大きな不具合がないということも良い点です。

<悪い点>
・まずは、シナリオ(キャラ)
評価を下げた9割がこれです。
RPGには多かれ少なかれテーマがありますが、今回のテーマはなんでしょうか?
元々ないのか、あってもまったく伝わってきませんでした。
人々から忌み嫌われる存在となった主人公たち、どうせならそれでも人々と諦めずに関わり、見る目を変えさせ、差別から解き放たれるほうが、感動できた様な気がします。でも、実際は主人公を排除しようとする存在から逃げ続け、町に入っても人と関わらずに隠れる始末。ラストまでいっても、彼らが故郷を救おうと思った動機づけが希薄で、感動できませんでした。それどころか、何でこのボスと戦わなくちゃいけないのか疑問に思いながら、ボタン押していました。
それでも、キャラの軽妙なやりとりでもあれば救われたんですが、残念なことに会話にユーモアは感じられず、終始決め台詞のオンパレードで、「前を向こう!」といわれてもどっちが前なの?という感じでした。「ユーモアとジョークのない洋画」と「センスばかりで人間味のない邦画」がハイブリッドして、そこから生まれたようなキャラに共感できませんでした。
更に、走りっぱなしのキャラについていけない私を、複雑な造語の数々が、置いてけぼりにしました。シナリオには期待できません。他の部分を楽しむのが賢いかもしれません。

・後半の雑魚のHPが数十万〜数百万あって、ゲーム時間の2/3が戦闘と移動。
一部の敵が堅いのはいいですが、ほぼすべての敵が堅いです。そういうのはオンゲーだけで十分です。

・防具がなく、武器強化のシステムも×。
素材アイテムがいっぱいあるのに、用途もポイントも代り映えがしないため、素材を選ぶ楽しみがない。

・キャラが成長出来るようになるまで2〜3時間(それまでは敵を倒しても成長しない)行く場所やオプティマの本格的なカスタマイズが出来るようになる自由度が出るのが終盤、つまりは窮屈。

以上
色々と書きましたが、全くダメなゲームでもないです。
FFだと期待せずにプレイすれば案外楽しめるのかもしれません。
2コメント2件| 226人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,346

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック