Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
100
5つ星のうち4.6
価格:¥14,905+ 配送無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年1月3日
1年ほど会社で白のフルキーボードタイプを使っており、
使用感、耐久度など、満足したので、家用にと思い、購入しました。

机が狭いのでテンキーのないタイプを選び、
一台目が白だったのと、値段が安かったことから、黒を選びました。

打鍵感は、RealForceなだけに、素晴らしいです。

が、少々、不満があります。

白と表面の加工が違い、滑らないようにやや吸いつくゴム感があります。
これが結構気になります。
好みもあるでしょうが、私は白のツルツルした加工のほうが打ちやすかったです。

また、キー表面の印字は、暗い黄土色です。
画面のバックライトと、本体の黒色の差から、明るい場所から急に暗い部屋に
入ったときと同じような効果があり、使用中の印字の視認性は見た目以上に低いです。

あと、細かいことですが、白にはキーを引きぬく器具と、CAPS CTRLの入れ替え用のキーが
付いていましたが、本品にはなにも付いていません。

どの問題も、致命的ではありません。基本的に素晴らしいキーボードです。
が、白と単に色が違うだけではありませんでした。

見た目で選ばれる時は、お気をつけください。
0コメント| 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月1日
 Realforce と他社製品との比較は、他の方が十二分にされていると思いますので、Realforce 内での製品比較をしてみたいと思います。
職業柄、文書作成の他、数字も扱います。
この利用状況を前提にコメントさせていただきます。
これまで下記ア〜オを使用してきましたが、最終的に現在は、ア91UBKとオ23UBの組み合わせで落ち着きました。
まず108ではなく91に落ち着いたのは、91はコンパクトで、Pageup・downキー、Home・Endキーが右端に位置することから操作し易く、しかも23UBを使用することにより、テンキー位置を自由に決められる、という理由からです。
次にUBK-S、UDKではなくUBKに落ち着いたのは、UBKもUBK-Sも荷重は同じであるにも関わらず、UBKの方がキーの沈み方がスムーズであるという理由からです。表現するのが非常に難しいのですが、UBK-SはUBKに比べ摩擦係数が高く感じられ、その分、スムーズさに欠ける気がします。またUDKはALL30gであり、正直、軽すぎる感じがあるからです。
これまで、作業効率を上げるべく、Realforceに限らず他社製品も使用してきましたが、現在の環境がベストであると自負しております。
以上、これまでの使用実績に基づく個人的な意見ではありますが、ご参考にしていただければ幸いです。
アNG01B0 Realforce 91UBK(変荷重)
イSJ08B0 Realforce 108UBK(変荷重)
ウNG01BS Realforce 91UBK-S(変荷重)
エSJ38C Realforce 108UDK(荷重ALL30g)
オWC01B0 Realforce 23UB(テンキー・荷重ALL45g)
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月26日
翻訳業にはあまり必要がなく、机で場所を取るテンキーがない点と打鍵感(店頭で確認)で、これを選びました。
3年半使用しましたが、コーヒーをこぼしても(!)、カバーとキーを外して掃除すれば治りました(ブラックコーヒーだからでしょうか?)。
文字が消えにくい昇華印刷とありますが、3年半も使うとOKMNのキーが消えかかっています。
写真には写っていますが、実際はもっと消えています(手元を見て打たないので気にはなりませんが)。
3年半、メイン機のキーボードとしてフルに使っていますが、文字消え以外に不具合は一切なく、耐久性には満足しています。
打鍵感は、ピッチが深いので、モバイルPCの浅いピッチに慣れている人には打ちづらいかも知れません(できれば実機を試打してからお求めになることをおすすめします)。
快適に使うには、写真2のように、パームレストを併用なさると疲れにくくて良いと思われます。
review image review image
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月10日
5千円以下のキーボードを10年ほどで6台使用した後にこちらを店頭で試打した。
そのときはまぁこんなものか。評判いいみたいだけど思ったより普通かな。
こう思ったのだが評判の良いキーボードが欲しかったので購入。

自宅でいつもと同じ姿勢で使うとビックリ!こんなにも違うのかと感動。
慣れるまでの間、爽快さに驚きと感心の連続。

慣れた頃に以前のキーボードを触ったら
あれ?こんなにしょぼかったっけ?とまたビックリ。

無駄に光ったり、余計な機能をつけるそういったことは一切なし。
キーボードとして役割を追求しつづけ王道を突き進んだ結晶の塊。
私はこういうのに弱い。

値段がもう少し安ければ文句なし。
高くても良いものを使いたい。そう思うならRealforceはピッタリ。

追記
スリープモード(C3)だとキーボード操作では復帰できない。
メーカーに直接問い合わせた結果、仕様とのこと。
似た形状で基盤が違うNG02B0は復帰可能になっている。

マウスで復帰できるので慣れれば問題ないが、私が使っているPCは復帰後すぐにパスワード入力があるので少し煩わしい程度。

使用環境によっては特に気にする必要はないが
この仕様を事前に知ってから購入して欲しいので注意喚起を込めて☆を減らした。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月30日
やわらかいタッチはソフトタクタイルを謳っているだけあります。軽いというレビューが多いですが、すこし癖がありますね。というのは、キーストロークが4mmあり、オペレーティングポイントは2mmで、底打ちせずに軽く入力できるそうなのですが、私の場合、実際はタクタイルによって底打ちさせられてしまい、粘土を触っているような独特の重さを感じてしまいました。ひとによってはしっとりとした柔らかさ、確かな打ち心地、などと表現するのかもしれません。素直な荷重特性(リニアなもの、赤軸とか)が好きな人にはあまりお勧めできないでしょう。耐久性については、約2年つかっておりますが、現時点で特に支障はありません。一度ラーメンのスープをこぼしてしまい、キー入力が狂って、だめかと思って放置しておいたら治ったということがありました。おそらく乾燥で治ったのだと思います。個人的な体験なのであくまで、参考程度に。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月8日
元々コーディング業務に従事していた時に愛用していました。
私物ですが、現在はコーディング担当の同僚に貸与しています。

キーボードを買い集めるのは半分趣味なのですが、この製品は、マニアックなキーボード偏愛者、
実用重視のプロフェッショナルユーザーのいずれの期待にも答える逸品と言えるでしょう。

キーピッチ、キーごとに荷重の設定された静電容量無接点のキー、
軽くソフトなキータッチ、静かでいて上質なタイプ音。
重量感、堅牢性。

しっとりと指先に吸い付くような質感は好みの分かれるところだと思います。
確かに、さらっとしている方がいいかもしれませんが、
しっかりキーを打っている、という満足感が得られます。

国内外、旧来のキーボードを見渡しても、これほど完成されたキーボードは滅多に無いでしょう。

タイプ音は静かな方だと思いますが、オフィス使用などで気になる方は、静音モデルRealforce91UBK-Sという選択肢もあります。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月10日
RealForceシリーズの中で、なぜか実売価格が一番お安いので購入しました。

皆さんのレビュー通りの印象で、キー表面の加工には独特の感触があります。
ですので、実際にご自分で触ってみてから購入しても、遅くはないと感じます。

とは言え、高級キーボードへの移行に踏ん切りがつかない人にとっては、
このモデルが現時点では一番安いので、価格コムの値段推移なども参照して、
グッと安く売り出されている時に、サッと買ってしまうのもありかなとも思います。
----------------------------------------

私は長年HHKB Lite2使いでしたので、下記に個人的な比較点と、
Win7で必要だった作業の、覚え書きを残しておきます。

■不満点
1. CtrlとCapsLockの切り替えがハード的にはできない。
2. USBハブがついていない。

1については、ソフト的に解決できますが、それなりに手間が必要です。
2はマウスを短いケーブルでコンパクトに使いたい人にとっては残念です。

■利点
1. 明らかにタイプ音が静かになった。
2. 明らかにタイピングしやすくなった。
3. 表面のシットリ感も、他の高級グレードを知らないので、すぐに慣れて気にならなくなった。
4. HHKB Lite2の3倍程度の価格でしたので、元が取れそうな気がする。
5. Ctrlキーが一般的な位置なので、職場で別の人が触っても混乱しなさそうな気がする。

4, 5が結構、私的には重要です。
職場で私物としてわざわざ使っているので、
壊れるとまた実費なので、何となく凹みます。
その点、静電式は丈夫らしいので、元が取れそうな安心感があります。

また、HHKBの配列では、まれに誰かが私のPCを使うと、
配列の違和感で、かなり驚かれてしまいます。その点、RealForceならば大丈夫そうです。

■Win7で必要な事
ネット上に分散していた情報をサラッとまとめておきます。
目的:CapsLockをCtrlキーにしてEmacsキーバインドを使う&左下のCtrlはWin標準キーバインドとして残す。

手順1:XKeymacsをインストール後
→キーボードレイアウトを開き、CapsをCtrlにリマップ
→重要■左下のCtrlをRCtrlにリマップ
→プロパティ→詳細タブ→その他→C-→現在のキーからRight Ctrlを除く。
→プロパティ→詳細タブ→その他→Pass Through→新しいショートカットキーの入力にRight Ctrlを入力。

つまり、CapsLockはEmacsキーバインド用として利用しますが、
左下のCtrl(RCtrlにアサイン済)は何も介入せずにスルーする事で、
Win7標準のキーバインドとして利用するわけです。
これで、まれに他人が触っても、極端な違和感を与えないで済みそうです。

手順2:重要■レジストリに反映させる
→プログラムとファイル検索→regedit→
¥¥HKEY_CURRENT_USER¥Keyboard Layoutの中にあるScancode Mapのバイナリデータをコピー
¥¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥Keyboard Layoutに、新規バイナリ値Scancode mapを作成。
バイナリデータの修正を選んで丸ごとペースト→再起動

これでようやく目的が達成できます。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年9月22日
これまで使っていたdellPC付属のキーボードとはまるで異次元の世界です。

初めて触った時に感じたのは、本体の「重さ」でした。
私が以前使っていたキーボードは軽かったため、無意識にキーボード本体をずらしながら使っていたのですが、この91UBKでそれが出来なかったときに初めてそれに気が付きました。
このキーボードは本体の重量がかなりあるために、滅多なことでは動きません。
軽いキーボードでは、本体が微妙にずれてしまって微妙なストレスにになっていたことに改めて気が付きました。

実際に使い初めて見ると、画面に「aaaaaaaaaaa」などと勝手に表示されて何事かと焦りました。
私は以前のキーボードのクセで、常に[a]キーに指を置いていて、いつでも[a]キーを押せるように準備していたようです。
小指で操作する[a]キー等は非常にキータッチが軽く、そういった悪いクセが残っているうちは誤まってキーを押してしまうことが多々ありました。

とにかく打鍵感が素晴らしいです。安いキーボードだと、キーを入力するたびに「ぐしゃっ」と曲がる感じがしたあとにスイッチが押される感覚があるのですが、このrealforceでは、「スコッ」と一直線にキーが入ります。
キーのエッジが若干鋭いので、すべらせる入力をする方には向いていません。
私は滑らせずにピアノを弾くのと同じ感覚で叩いて入力するほうなので、このエッジがあるおかげでブラインドタッチ中でも手の位置がわかりやすく、むしろ自然にタイピングできています。

デザインも完璧です。私はPCゲームが趣味なので、ゲーム用キーボードも考えていましたが、ゴテゴテしたデザインのものが多く、気に入るものがありませんでした。
91UBKのデザインはシンプルで主張しすぎず、作業に集中できるので大好きです。
caps lockのランプすらないというシンプルさがクールです。
ただ、油が付きやすいので必ず手を洗ってから触るようにしています。
キー配置が標準であることも高評価のポイントです。

ゲームが以前と同じように出来るかが心配でしたが、FPSなどのゲームをやっていても特に違和感は感じませんでした。
コンパクトキーボードなのでデスクが広く使え、マウスが近いことも操作性向上に一役買っています。
ただ、ゲーム用ではないですね。このキーボードの素晴らしさを実感するときは、やはりプログラミングなどのタイピング時です。

どうしてもPCゲーでこのキーボードの素晴らしさを実感したいなら、「Hackers Evolution」というPCゲーをおすすめします。91UBKを使っているなら間違いなく楽しいですよ(笑)

1年迷っていましたが、最高の買い物をしました。
正直言って私の想像をはるかに超えていました。
「最高級キーボード」の名に恥ない素晴らしい出来です。
キーボードに触れる度に素晴らしさが実感できます。
職場にも同じものを購入する予定です。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2012年1月3日
108キーの他社のキーボードをしばらく使っていたのですが、机が狭くテンキーをあまり使うことがないので、91キーで配列が正統派なものということで、FILCOのMajestouchと迷った末、こちらにしました。
更に黒と白(91U)で迷ったのですが、仮名なしキーに妙な憧れを抱いており、91UBKに。
ずっしりとした安定感と無駄なものを省いたシンプルさ、長時間打っていても疲れにくい、掃除で取り外す際キートップが壊れにくい等、期待通りの満足できる製品だったのですが…ただひとつ気になることが。

他の方のレビューにもありますが、91UBKはキートップに特殊な表面加工がされており、使っているうちに手の脂が染みてくるのがやたらと目立ちます。私はそれほど神経質ではないと思っていたのですが、こういうのは気になりだすと落ち着きません(苦笑)別売りのカラーキートップセット(昇華印刷)を買ってやっと落ち着きました。
表面加工の砥石のような感触も嫌いではなかったのですが、手を洗って使用していても避けられないことだったので、汚れが目立つのが気になる性質だという方は、白い91Uか、黒でも昇華印刷のタイプを選ばれたほうがいいかもしれません。(黒いキーに黒印字なので殆ど見えませんが…)

カラーキーに取り替え、黒一色に渋い金色の印字という独特の雰囲気はなくなってしまいましたが、昇華印刷タイプのキートップの使い心地がとても気に入ったので結果オーライといいましょうか。人とは違ったものを持ちたい私には良かったかもしれません(笑)

Realforceの魅力は、疲れにくさと頑丈さだと思います。長く使うのならばとても優れた製品です。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月22日
このキーボードのキートップは、強いつや消し加工がされている。
使いはじめると、指先のあぶらがキートップの表面ににじむようにひろがっていく。
あまり気持ちのいいものではない。

つや消し面はざらざらしているので、キートップの側面にほこりがひっかかりやすく、エアダスターで吹いた程度ではおちない。
雑巾でふいても、いつまでもほこりがひっかかっていて、なかなかきれいにならない。

このキーボードは、きれい好きの人には苦痛かもしれない。
白い製品のキートップは、つや消し加工ではないようなので、このようなことはないだろう。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)