Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
24
Lif-e-Motions (DVD付)
形式: CD|変更
価格:¥3,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


VINEメンバー2006年2月15日
6年ぶりのニューアルバムは文句無しな出来!

「これぞTRF」という音もあれば、「新しい音」も入っててとても楽しめる。

DJ KOOと元FODの山田亘氏とのユニット「WILL」としての曲も収録されています。

TKから離れ、まだ3枚目のアルバムですが、まだまだTRFは走り続けられると確信できる音になってると思います。

トリビュート盤は予想できた出来もあれば、意外な収穫の曲もあります。

YU-KIつながりの「工藤夕貴」と「岸谷五朗&寺脇康文」の曲は

結構よかった!

特に「工藤夕貴」の「マスカレイド」はミュージカルを彷彿とさせます

中でも「伴都美子」の「TRUTH」はなんとジャズアレンジ!

かなりかっこいいです。

それとは反対に「KEIKO」の「EZ DO DANCE」は小室の自慰的な音&処理なので

とてもガッカリでした…。

DVDは正味100分!!!!!これだけでも大満足でしょう♪
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月5日
時代が変わっても古臭さを感じさせない楽曲。
衰えることを知らないYU-KIさんの歌唱力はやはり凄いの一言です。
老若男女誰からも好かれるには訳がある。
軽快なダンスビートはドライブミュージックにもってこいの一枚です。
review image
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年10月6日
盛り沢山の内容で、買って損はしませんでした。感想は『とにかく良かった!』この一言につきます!
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年1月9日
trf楽曲のavexアーティストによるカヴァー作品…

・KEIKO「EZ DO DANCE -meets KEIKO-」
(作詞・作曲・編曲:小室哲哉)
・T.M.Revolution「Silver and Gold dance -meets T.M.Revolution-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:西川貴教・Satoru Suzuki)
・BoA「survival dAnce 〜no no cry more〜 -meets BoA-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:Nao Tanaka)
・伴都美子「Truth '94 -meets Tomiko Van-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:sin)
・AAA「CRAZY GONNA CRAZY -meets AAA-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:Jiro Miyanaga)
・工藤夕貴「masquerade -meets Youki Kudoh-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:yuk)
・岸谷五朗 & 寺脇康文「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜 -meets Goro Kishitani & Yasufumi Terawaki-」
(作詞・作曲:小室哲哉、編曲:yuk)
・浜崎あゆみ「teens -meets AYUMI HAMASAKI-」
(作詞:前田たかひろ、作曲:小室哲哉・久保こーじ、編曲:中野雄太)
・Every Little Thing「BRAVE STORY -meets Every Little Thing-」
(作詞・作曲:小室哲哉&前田たかひろ、編曲:Yasunari“nam-nam”Nakamura)
・倖田來未「JOY -meets Koda Kumi-」
(作詞:YU-KI・工藤順子、作曲:原一博、編曲:Tohru Watanabe)

…がDisc 2に収録されています。とても、レアな音源かと思われます。

アムバム収録曲(Disc 1・2)の作曲者は、JUNKOO・松田泰典・原一博・関淳二郎・飯田建彦・成瀬英樹・島野聡・WIL・Rio from SaGa・YU-KI・DJ KOO・小室哲哉・久保こーじです。

又、Disc 3(DVD)のこれまでのMusic Videoダイジェスト、「TRF & Collabo Artists Special Interview」(各人インタビュー(小室哲哉・DJ KOO・SAM・ETSU・YU-KI・CHIHARU・岸谷五朗・寺脇康文・倖田來未・伴都美子・工藤夕貴・持田香織・伊藤一朗・西川貴教))も見物です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年2月15日
Disc1は、TRFのオリジナルアルバムとして十分堪能できます。

往年のTRFって言葉がピッタリだと思います。

過去のTRFのアルバムには、TRUTH'94などのバラード曲も多いですが、今回はダンス曲がメインだと思います。

なんと言っても、1枚で1時間以上の大ボリュームです!!!

Disc2は、TRFのトリビュートアルバムです。

中でもオススメなのが、TMRが唄う「Silver and Gold Dance」です。

正直言って、TMR自体は、あんま好きじゃないんだけど、彼の歌声の力強さが、とてもマッチしていると思います。

さらにDVDまでついて、このお値段。まぢオススメします
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年12月25日
もう5年も待っていたから,5枚くらい買う予算は余ってるので,5枚買います(笑)。

そう言いたくなるくらい,胸が高鳴る内容です。

新曲「Where to begin」で,早めのBPMでアッパーなノリで勝負してきたことが,何よりも嬉しいし,アルバムも当然楽しみになりました。

そして,トリビュート盤がまた嬉しい内容です!

既にTRFを聴いて音楽やダンスを始めた人たちが第一線で活躍しているし,

TRFの曲に励まされて青春を送った人たちの多くは,社会人として活躍しています。

僕も,12年前に聴いた「WORLD GROOVE 3rd. chapter (main message)」がきっかけとなり,今まで頑張って来れました。

TRFの楽曲は,是非若い人たちにも歌い継いでいってもらいたい。

鮮烈で,希望に満ちた曲の数々。今の世の中だからこそ,励まされる人はきっと多いことでしょう。

永く愛されるアルバムになることを,祈っています。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年12月13日
コラボやトリビュートの収録に参加するアーティストに浜崎あゆみ、Every Little Thing、伴都美子、倖田來未、BoAその他が一緒に!これは楽しみですね。

現役TRFのパワーがいっぱいの集大成!

2006年の活躍が期待される一枚になりますね。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年2月19日
TRFのアルバム、TRFの久々のリリースということもありますが、個人的に注目したのが、他アーティストとのコラボレーション!!名曲「Silver and Gold dance」を、西川貴教がカヴァー。ロックテイストでめちゃよかったです☆「EZ DO DANCE」は、KEIKOカヴァーのTKがリミックス担当ということで、原曲が消滅しちゃってました。これでは、楽しみが・・・
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2007年1月4日
久々のアルバムというコトで、それまでの長期に渡る期間に

ファンが募らせていた、TRF欲的なモノをキチンと満たせてくれる

ようなモノなのかとてもドキドキでしたが、

それはこのアルバムをプレイヤーにセットしたと同時に

ドキドキは安心感に姿をかえ「あ、待っててよかった」

という気持ちがすばやく芽生えました。

そうつまり要は相当さいこーっ!

こんな傑作いきなり出してダイジョブ?って感じ。

曲やボーカルの質を置いとくとしても、アルバムの空気全体から

滲み出てくる、どうしようもない勢いや言葉にしがたいエネルギが

あふれてあふれて興奮せずにいられまい。

1曲目から↑age age↑なgood day,sunshineで幕をあけ

全体的には上げ上げながらも、メリハリを効かせて

ヴァリエーションとトータル性を兼ね備えていまして

そこにはyu-kiのボーカリストとしての器用さと技量が

そうさせているのだと思います。

歌詞や曲など、他のライターが手がけているモノが殆どですが、

それでも間違いなくコレはTRFのアルバムだ!といえる一枚です。

そして気になるDISC2ですが、質が高く面白い試みも見られます。

浜崎は普段の鼻につくvocalは抑え目でなんとも言えずかわいい☆

AAAは若さを全面に押し出して、キラキラ感と若々しい勢い

を感じさせるかなり軽快でアッパーなナンバー。原曲よりキーが

低めなのでカラオケ用にもおすすめ。しかし8人組の割りには

メインの男子女子1名ずつの存在感しかかんじれずに、

その点では微妙かも。

伴ちゃんはしっとり、こうだくみは粘りつくようなハスキー声が

際立ったシンプルなバラッド、ボアはノリノリだし。

地球ゴージャスはちょっとお遊び感覚が強くて、ちょっと。。

TMRはなんとなくモノ足りない人選のなかでいい具合に主張。

とにかくそうとう↑あがれるので↑、聴いちゃって☆
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年2月15日
一曲目から、TRFさ満点ですね。

一番脂の乗っていた『dAnce to positive』あたりを彷彿させる

曲順の心地よさに、安心して、時間を忘れて聴き込む事が出来ます。

個人的には、KOOちゃんが手腕を発揮した#8から、

TRFの7年間の悩みと新たな決意を表した名曲#9への流れが心地よいです。

あと、先にシングルカットされた楽曲の#3もオススメ!

典型的なTRFの楽曲で、心底楽しめます♪

トリビュートに関しては、本当にTRFと付き合いのある方々や

昔からファンの方々が参加されているようです。

Disc1収録の#12は、TRF初のセルフカバー曲で、

この曲からDisc2に移行すると、ストーリーは完全に繋がります。

DVDも、『Where to begin』のダンス教室の続きが収録。

他にも、Disc2に収録された楽曲のPVが1コーラス収録されています。

全てにおいて、オススメです。待っていた甲斐がありますヨ!

また、新たにTRFが気になったと言う方にもオススメです☆
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告