Androidアプリストア クリスマスプレゼントおもちゃ特集 クリスマス特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick お歳暮・冬のギフト 大掃除特集 高評価アイテムセレクション Kindle Amazon MP3 ゴルフ初心者ストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
77
5つ星のうち4.2
価格:¥94,080+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年5月5日
一部の出品者が、正規品でない商品(パルク品や転売品)を新品と偽って出品しています。私は騙されてしまいました。
悪質な業者とのやりとりにうんざりしましたので、被害者を出さないように情報共有したいと思います。

まず、この商品はアマゾン以外にもマーケットプレイスの出品者から購入することが出来るようになっています。
マーケットプレイスの出品者の一部は、本来であれば新品として販売することは出来ない商品を新品として販売しています。
具体的には、白箱品、パルク品や転売品がそれになります。

これらの商品はアマゾンの規約上は「中古品」として扱われる商品になりますので、これから購入される方は、まずご自身がどこのショップから購入されるのか、その商品が「新品」であるのかご確認されることをお勧めします。

また、既に新品として購入したのに、白箱品、パルク品や転売品が送られてきてしまった方は、商品の返品、返金を求めることが可能です。

尚、良識の有る出品者は、「中古品」カテゴリーにそのような商品を出品していますので、そのような商品でもいいという方は、そちらから購入されることをお勧めします。(そちらの方が安いですし、そもそも良心的な出品者から購入したほうがトラブルが起きにくいかとおもいます。)

ご自身が購入された商品が騙されたかどうか、確認するん方法ですが、まず商品の化粧箱の有無を確認してください。
白地の箱、あるいは箱が付属していない場合は、間違いなく違反商品です。また、説明書がついていない場合は同様に違反商品です。

アマゾンの規約では、新品未使用であることはもちろんですが、化粧品箱や本来の付属品が全て付属して初めて「新品」として販売できます。一つもこの条件に合致しないものは未使用であっても、アマゾンの規約上の「新品」ではありません。

出品時のコメントに何と書いてあったとしても出品者の違反行為です。悪質な業者が、出品コメントでごまかそうとしている姿勢にも、怒りを感じます。業者がなんと言おうとも、アマゾンの規約違反ですので、アマゾンに申し立てれば、返金してもらえます。開封後であっても可能です。

アマゾンへの申し立て方法は、アマゾンマーケットプレイス申請をして、返金をしてもらうことをお勧めします。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201443240

また、これ以上の被害者、不快な思いをする人が少なくなるよう、悪質な業者には、評価1をつけておくことをお勧めします。
2コメント2件| 256人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年12月8日
重箱の隅をつついていけば、このレンズの粗が見えてくると思います。
一部の上級者からは、Lレンズではない等、厳しい評価もありますが、使ってみればわかる良さ。
色乗り、抜けの良さ、安定感はLレンズと言えるでしょう。
私がこのレンズを勧めるのは、何年もの間、私が最も使用頻度の高かったレンズだからです。
L単もあれば、一部焦点距離の重なる24-70F2.8も持ってはいますが、それぞれ特別な目的がある
とき以外はこのレンズで間に合います。
また望遠端が105mmというのも描写性能が犠牲になるギリギリのところまで伸ばしている点。
とても便利です。

何よりも開放F4からキレのある絵をだしてくる信頼感。そして強烈な手ブレ補正。
どこにいくにも、1本だけカメラにつけて行くとき、私はこのレンズ以外で迷ったことが
まったくないのです。
最初、違うレンズを持っていって後悔して以来、ここぞ!のとき、失敗が許されないとき
旅行やスナップなど用途が時に決まっていないとき、このレンズがあれば風景からポートレート
商品撮影なんでもできます。

Canonフルサイズユーザーなら、持っておかないと損すると言っても過言ではないと思います。
0コメント| 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2011年9月1日
同じくキヤノン24-70mmF2.8と併用して、標準域レンズとして使っています。

利用頻度から言うと、圧倒的に24-105mmF4を持ち出すことが多く、8割はこちらを手に取ることになります。
やはり、レンズ自体のコンパクトさ、ISが付いているため屋外では撮影を制限されることのない撮影可能能力など、気楽さを感じさせる要素を備えていることが大きいでしょう。
その点、大口径レンズの24-70mmF2.8は、24-105mmF4との重量差以上に重く感じられ、持ち出すのには正直少々思い切りが必要になるくらいです。

描写自体も、24-70mmF2.8には厳密に比較した際、負けてしまいますが、通常の記録写真用途と、高レベルでの解像感を必要とする作品用途以外では十分活躍できるほどの実力を持っています。
もちろん、24-105mmF4も24-70mmF2.8も使いやすさの面ではかなり優秀で、キヤノンらしい心地良い撮影環境を提供してくれるという意味ではお気に入りのレンズといえます。

そういったことから、標準域で24-70mmF2.8の描写や明るさがどうしても必要な方以外は、24-105mmF4を購入した場合の方が、撮影に出かける機会自体も増えるでしょうし、それでいて撮影で困ったという状況に遭遇することも余程のことがない限りないでしょう。
やはり、24-105mmF4は優秀なレンズとしておすすめな一本です。
0コメント| 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月2日
旅行などに持っていく場合のことを考えて記載します。ただし私自身カメラを握って半年ほどの初心者の視点ということをご理解ください。多くの方が、このレンズとCanon EFレンズ EF24-70mm F2.8L USMのどちらにするか迷うと思いますが、F2.8Lではなく本レンズを選択したのは下記の理由からです。

1. F2.8が必要か
明るい方が良いと思いますが、F2.8で撮影する状況はあまりありません。暗い室内ぐらいでしょうか。F4でも十分綺麗に映ってくれるのであと10万弱出してF2.8を購入する必要性が感じられません。
2. ズームの範囲がこちらのほうが広い。その分望遠レンズを持ち出さなくて済みます。旅行の際はなるべく身軽にしたいので。私はEOS7Dで使用しているので160mm程度まで撮影できるので助かっています。
3. 軽い。F2.8より一回り軽い印象を受けます。旅先で振り回しているときにこの差は大きいと思います。
0コメント| 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月6日
7Dmark2と合わせて使っています

10年前のモデルといっても、さすがのLレンズです

装着した瞬間にカメラの迫力がかわります( ̄▽ ̄)

いろいろとLレンズではないのではなどと評価が出されていますが、アマチュア目線・アマチュア技術の範囲なので使っていて何も遜色ないのいいレンズだと思います

高価な品物なので買って後悔するかもと思っていましたが、それは全くの思い過ごしでした

メインレンズとして使っていきたいと思っています
review image
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
6Dのキットレンズとして入手。
EF24-70mm F2.8に対する憧れもありますが、このレンズ以上のサイズと重量だと旅行とかでは少し大変そうかな、と思います。
24-105mmという便利な焦点距離も相まって、旅行などの用途ではF2.8などを差し置いて活躍するレンズなのでは?

このレンズのライバルはやはりEF24-70mm F4でしょうか。あちらはコンパクトさと0.7倍マクロが便利そうですね。
海外サイトによる検証では意外にも解像度はそれほど差はないようなので、105mmまでのズームを取るか、マクロ機能を取るかで決めてしまって良いと思います。

私が大いに気に入ったのはなんといっても防塵・防滴構造。雪国在住なので防滴がないと冬場はおっかないです。
そして雪が降っていたらレンズ交換もなかなか出来ないので105mmまでズーム出来るこいつは頼もしい限りです。
24-70mm F4とかなり悩みましたが、私の用途ではこっちにしておいて正解だったかなと思います。

ちなみにAPS-C機につけると換算38-168mm相当でしょうか。
広角端は狭めですが、私が初めて買ったコンデジが換算35-105mmズームだったので、それを思い出して意外と違和感なく使えました(笑)
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年1月13日
5DmarkIIIのキットレンズとして購入しました。
以前、オリンパスE-3/E-5で標準ズームは
ZD12-60SWD/2.8-4(フルサイズ換算24−120)を使っていました。
望遠側がやや短くなった(120→105)とはいえ、
やはり24ミリから100ミリ超まであればメインレンズとして
スナップ、風景系ならこれ一本でかなりの所迄使えるのがいいですね。
F4固定はバランス感覚としても非常にGood!だと思います。
(ZD12−60はF固定で無かったので特にそう感じます。)
AFも爆速とは思いませんがストレス無く、
また5D3ボディ装着時のバランスや質感も優れていると思います。

前方に向かって鏡筒がやや太い為(フィルターサイズ77mm)
前玉がもう少し小さいとスマートに見えるかなあ?とか、
小三元F4シリーズでフィルターサイズが揃うといいのに、(愚痴です)
フードの脱着がややきつめかなぁとか
もう少しマクロ的に寄れるとモアベターと思った事もありますが、
そんなに欲張ってはいけませんよね。

ちなみに私の購入時には無かったEF 24-70/4Lが先日発売になりました。
購入がもし今だったとしでも、私は使い勝手重視でこちらをセレクトします。

目の肥えたユーザー諸氏には
歪曲とか逆光に弱い、ゴースト&フレア、ボケとか一部厳しい評価も有るようですが
残念ながら私の目はまだそこまで見極められません。
これ以上を望む方は自分の好む焦点距離、絵作りに一家言お持ちの方でしょうから
そういった方は24−70/2.8なり単焦点をセレクトされるでしょう。
ちなみに個人的にはゴースト&フレアも大好きなんで気にしません?(すみません)
その事以上に発色やキリッとした写りには大変満足しています。

フルサイズスタートされる方の標準ズームとしては
単品購入よりキット購入がお値打ちですから
マクロ的な使い方も考慮するのか、利便性重視で検討して
どちらを選んでも納得出来るチョイスだと思います。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年6月24日
Canonフルサイズ用の標準ズームはやっぱりこれ。
出てくる画像はそつなく粗さも無く、かといって極精細というわけでもなく、程よい感じの線をなす画像です。
色合いもどちらかというとあっさりしたものだと思います。
特に不満がない画質であって、その分現像時の幅が広がるわけで、先に味付けされているものよりは自分にとってはちょうど良い。
USMはそこそこ速く、ISもこの焦点距離ならなかなか効果的です。
6Dにほぼ付けっぱなしで撮影しています。
旅行その他で持ち歩くとき、やっぱり記録的な要素を考えたら70mmまでよりは105mmまでの方が断然イイですよ。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月8日
中古でしたが程度は良好でした. ズームレンズは他に3本もっていますが.このズームが1番使いやすく.使用する範囲も巾広く使えるので重宝しています.手のおさまり感も良く常に持ち歩く方には最適だと思います
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月5日
フルサイズ機向けのスタンダードなキットレンズ、標準ズームとしてキヤノンLレンズ群の中でももっとも多く目にするこのレンズを、
先日たまたま入手する機会がありました。そこで手持ちのEOS 7Dで日常使いのレンズとして付けっぱなしにしてみました。

APS-Cとの組み合わせではもちろん広角側が不足することになるのですが、35mm指標付近をメインとして使えば換算50mm台、
標準域の画角となりますので普段使いにはそれほど問題なく、いざとなれば168mm相当で切り取ることもできると考えています。
多くのAPS-C用標準ズームでは物足りない中望遠域+αをフォローできるようになった、とも言えるでしょう。
フルサイズでこのレンズを使った場合のウィークポイントとして挙げられる周辺光量落ちも、APS-Cなら大きく緩和されます。

絞りについては、自分の撮影ではF5.6〜F8での撮影がほとんどですが、この領域では充分に安定した画質が得られます。
屋内で暗いという意見もありますが、フィルム時代と違い高感度を気軽に使えることに加え、このレンズのIS機構は公称値以上に
粘るように思えるので、パッと見の印象以上に「使える」と言えます。

APS-Cで使っていても気になる明確な欠点としては、時として周辺部を派手に彩ってくれる激しい色収差でしょうか。
実際、手持ちのとある安価なサードパーティ製標準ズーム(新品の実売価格で1/4!)にこの点では明確に負けています。
これはRAWで撮影することにより、キヤノン機付属のDPP等のRAW現像ソフトで概ねフォローできますが、JPEG撮って出しを重視
する人にはかなり辛い特性なのは間違いありません。実売10万円前後のレンズとしては厳しい部分です。

あとは些細な部分ではありますが、メーカー指定の花形フードがフルサイズでの使用を想定しているため浅く、微妙に不格好です。
APS-Cですとより深いフード(EW-83Jなど)を使えますのでいずれ導入する予定です。
また、他のIS搭載レンズと比較するとISの動作音がかなり大きく感じられます。ISはシャッターボタンを押し込んだ時、離した時と
頻繁に動作と停止を繰り返すのですが、その際の砂を噛むようなノイズがとりわけ目立ち、いささか耳障りかも知れません。

そしてAPS-C用の高価格帯標準ズームとしては、ほぼ同価格帯のEF-S17-55mm F2.8 IS USMがあり、実際に写りのシャープさ、
明るさでリードしています。これに対し当レンズは色乗りで一歩勝っているというところでしょうか。
一方で防塵防滴構造による造りの差とLレンズらしい操作フィーリング、手にとっての満足感では大きく勝り、また中望遠域で切り
取るという使い方が可能ですので、自分がどのような撮影スタイルなのかをいま一度考えながら選ぶ楽しみはあると思います。

そしてこれは勝手な見方なのですが、ハイアマチュア層は今後さらにフルサイズに移行する傾向にあり、メーカーもそれを目論んで
いるのではないかと考えます。
いまAPS-Cを使っていてもいずれはEOS 5D MkII、そしてMkIIIへのステップアップを考えているのならば、このレンズを先んじて導入
する意味も充分にあるでしょう。実際、先日発表されたMkIIIのキットレンズとしての続投も決まりましたので、後継レンズはしばらく
出てこないように思われます。
おかげで当レンズはいまも「買い時」のままだとも言えると思いますので、その点ではある意味安心といえるかも知れません。
0コメント| 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)