Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
56
5つ星のうち4.4
価格:¥4,212+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2010年5月31日
ゴムハンマー、他社製ハンマーを経由して結局PRO.Sにたどり着きました。

使い勝手は最高で、特にソリッドステークを打ち込むと心地よい反発感とともにグングン地面に吸い込まれていきます。
PRO.Cの方が確かに当たりが柔らかいのですが、一日中ペグを打っているわけでないので(笑

趣味性意外でPRO.Cを買う理由が見当たらないのです。

このハンマーとソリッドステークで、ペグ打ちが楽しくなりました。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年6月16日
Pro.C、Pro.S、両方使ってみた感想です。
正直違いがよく分からない。
逆にPro.Sの方が、軟らかい銅ヘッドのPro.Cよりもしっかり打ち込める感じで好感触。
銅ヘッドの減りを気にする必要もありません。
ペグの引き抜きも非常に楽。
コスパはこちらのが断然上かと。
0コメント| 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月14日
いろいろ迷いましたが、今後長期間安心して使いたいならこの商品でしょう。
あまり、値が張る商品には否定的なのですが、この商品に限って言えば質実剛健で良いということでしょうか。

おそらく予備でもう一本用意していくこともないので、柄が折れず、品質が劣化しにくいものが希望でした。
極端ですが、たとえば100均のハンマーの柄は金属製ですが、中身は低ランクのスチールもどきのため簡単に折れてしまいます。
じつは本商品のように木の方が丈夫で、使用の際は粘りもあり、軽くて手触りも良いので疲労感も違うはずなのです。

ハンマーはアウトドアで色んなシーンに活用されます。
ヘビーデューティとまではいかないまでも、しっかりした物を持っておくのが一番確実だと思います。
そういった意味で安心して使用できる本商品はおすすめです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年8月29日
キャンプを重ねるたびテントに付属していたペグもだんだん痛んできて
使えるペグの本数が減ってきていました。
また、湖畔や川原での設営では地面に砂利が多くプラスチックやアルミでは
すぐに欠けたり曲がったりとやはり使い物にならないペグの本数が増えるばかり・・・。
そこで購入するペグはソリッドステークタイプのペグにしようと思い、
せっかく買うのであればということでスノーピークのペグを購入しました。
で、抜くときに役立つ引っ掛かりもあり便利だなと思い追加でこのハンマーを
購入したのですがそれまで使っていたハンマーが重かったこともあり
正直、軽いかなと最初は思いました。が、使ってみると絶妙な重量で非常に使い易いものでした。
そして、今まで聞こえていたキャンプ場で響いていたあの音がこのハンマーから
聞こえてきたときには「この音だったのか」とニヤリ顔になっちゃいました(笑)
持ち手の紐はちゃんと手首に通さないとハンマーを打つときにペグと一緒に叩いてしまい
傷つけてしまい易いので注意です。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月26日
S(鉄)とC(銅)、両方使用しているので比較を

使い勝手は正直分かりません。
形も一緒ですし。

ただ、当方は毎回30本程度ペグ打ちをしますが、
最初から最後までSの時は、若干手が痺れるかな?くらいです。
C はヘッドが柔らかい分、痺れた?という感覚がそもそもありません。
(30本の内半分は40cmのソリステ、残りは30cmのソリステです)

しかし、30本のペグ打ちをされる方がどれだけいるかと言われると・・・
S でいいかも。となります。

C のほうのレビューでも書きましたが、所有欲を満たす目的以外で
C を買って良かった思う部分が見つかっていません。。。

ただ、あまり知らない人は C のほうがカッコイイと言って
使いたがります。
(潰れたヘッドが職人のハンマーっぽいそうです(笑))

S はヘッド交換も必要ありませんし、使い勝手も一緒、
手が痺れるほどペグ打ちが必要な人も希少。となるとコストパフォーマンス勝負となり、
S の圧勝でしょうか。

※ハンマー自慢したい人は C を買ってください。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月30日
エリッゼステークを購入した際、ハンマーも必要と思い購入しました。
エリッゼペグハンマーやsnow peakペグハンマー PRO.Cも検討しましたが、値段を考えてsnow peakペグハンマー PRO.Sにしました。
何度か使用した結果、十分にペグを打ち込めますし、このハンマーで必要十分だと感じました。
PRO.Cだと打ち込んだ際の衝撃を和らげてくれると聞きましたが、このハンマーでも全く問題を感じません。
ハンマーはペグを打ち込めればそれで良いと思っており、その他に拘りは無いので、購入して正解でした。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月26日
他の方も言っておりますが、価格以上のパフォーマンスの持ち主です。確かに安いとはお世辞にも言えませんが、一度思い切って買ってしまえば永く使用できる位置付けの物ですので、一念発起して購入しましょう。使用感は、最高です。これまで100均ゴムハンマーや、連れのコ◯ルマン パワーマスターSH等を借りたりしましたが、別の連れのPRO-Sを借りた時に直ぐに「欲しい!」と思ってしまいました。重さといい、バランスといい、ペグの抜きやすさといい余りにも使いやすく、冗談で連れに「欲しい!(^_^)」と言ってしまいました。プライスだけを見てしまうと「う~ん」と躊躇してしまいがちですが、手にして損はないと思います。そしてプライス以上の価値はあると思います。永く愛用したいと思います。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年6月26日
確かに、ホームセンターとかで売ってるハンマーに比べれば、何倍ものお値段がします。
ですがその分、素材、作りとも、細部にわたって考え抜かれており、決してぼったくり商品ではないと思います。

自分も最初は、テント付属のプラハンマーとプラペグでキャンプしていました。
打ち込みにくい地面に悪戦苦闘し、指をハンマーで叩いて涙したりした経験を経て、このハンマーとソリッドステークにたどり着きました。

どちらも決して安い買い物ではありませんでしたが、実際に使ってみて、買ってよかったと満足しています。

少なくとも、いままでは苦行ですらあったペグ打ちが楽しくなりましたから...

そのペグ打ちも、最近ではすっかり息子の役割です。
キャンプではお父さんが隊長で、子供達にいろいろ役割を振るのですが、ちょっと軍隊っぽく命令口調ですると気分が盛り上がるようで、張り切って作業してくれます。

このハンマーとペグも、雰囲気出すために、米軍払い下げの弾薬箱に入れて使ってます。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月31日
スノピのハンマーで銅ヘッドの物があるみたいですが、こちらで十分。
ソリステが傷まないように、あえて柔らかい銅なのでしょうが、普通のキャンプ場では そこまで地面は固くないとおもわれる。

よって、多くの人はこちらのハンマーで十分ではないでしょうか?
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月30日
ホームセンターで購入できるものと変わらないという方は
ソリッドステークと併用されているでしょうか?
ペグを地面にたたきつけるだけなら、ホームセンターの金槌で十分でしょうが、
実際のところ、このハンマーの真価が発揮されるのは、【ペグ抜き】です。

ソリッドステークですと、地面に対して本当に深く強くささります。
特に、タープ等を張る際には30サイズ以上を使用すると思いますが
ガッチリと地面に刺さったソリステを抜くためには、
ソリステの頭の穴にこのハンマーの尖端部を差し込み
持ち手の赤い紐を手首に巻いて引っ張るのですが
いともたやすく抜けてきます。
この先端部がなければ、ペグを抜くことに四苦八苦する場面も出てくるでしょう。
つまり、このペグの売りは、その「尖端部」と「赤い紐」なわけです。

ですので、テントに付属の棒ペグやプラペグを使用するだけで
事足りるキャンパーにとっては、このハンマーは不要でしょう。
しかし、ソリステ(もしくは同等の強度を持つ品)を使用しなければ
ペグをさせないようなところでテントやタープを設営する方にとっては
必需品となるはずです。(差すのに苦労したのなら、抜くのも苦労しますから)

自身の経験と照らしあわせて言わせてもらえば
キャンプ用品は、【値段なり】です。
値段の高いものは作りがしっかりしているので壊れづらいですし
その分長く使えます。さらに、SPで言えば、アフターサービスがしっかりしています。

これから先、しばらくアウトドア生活を楽しみたい方は
こちらの商品を購入しても、絶対に後悔はしないと思います。
そして、できるなら、ソリステとセットで使うことを強くオススメします。

*ソリステの20サイズのものは、頭の穴が小さくて、
ハンマーの尖端部が引っかかりません。
ただし、僕の使用しているハンマーは10年以上も前のモノだと記憶しているのですが
ひょっとすると、最近のモノは改良されているかもしれません。
この点のみ、相違ありましたらご勘弁ください。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)