Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.1
33
5つ星のうち3.1
価格:¥1,300+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月27日
 しばらく前に、同じ本体でラインと糸巻きが付属した「レスキューテポドン」と言うものをAmazonで購入し、その時すぐに霞ヶ浦に持って行って4回の根掛かりのうち3回無事回収できてびっくりしました。
 それまでは緑色のクランクベイトみたいな形の回収機を使っていましたが、回収できたのはほぼ皆無。あのタイプはラインに吊り下げる本体が、根掛かったルアーより当然下に来ますし、本体が重くてどうしてもラインを張っても本体は下がり気味になり、その上で本体よりチェーンはさらに垂れ下がるのですから、ルアーにチェーンが絡まないのは当然でしょう。ルアーに本体を押し当てて衝撃で外すならともかく、物理的に難のあるチェーンに絡めるタイプのものは信頼できないので、ちょっと高価な筒型のものも検討しましたが、デザインがどうもスッキリし過ぎていて本当に絡むのかどうか心配になり、それも回避しました。
 それで、前述の「レスキューテポドン」にしたのですが、実際に使ってみるとかなりの回収率に驚いていました。しかし、付属のPEラインのような糸が3回目の回収時に岩でこすれて多少ささくれ立って、4回目に使った時にしっかり根掛かりしたルアーに絡んでくれたのに、もう一歩のところで回収用PEラインがぶっつり切れて、ルアーともども水底に沈んでしまいました。本体はこの「レスキューロボ」そのものだったので、今度はこれを購入しました。
 この回収機は、一応針金状の金属棒の先端のフックにスナップ/スイベル等の穴が引っ掛かり、その状態で引き抜けば回収できることになっていますが、小型ミノーやバイブレーションプラグが、レスキュー・ロボ本体の籠状になった金属棒の中に入り込んだり、スナップがその棒と本体のオモリとの間に挟まったり、フックがこの棒に絡まったりと、様々な形でルアーと絡んでくれました(商品画像にアップしておきました)。その後の釣行での回収は100%成功とは言わないまでも、3度のおかっぱり釣行で1個ロストするかどうかと言うくらいに根掛かりから救われるようになりました! 「レスキューテポドン」の時と合わせて、8-9割は回収できています。どう言う訳かこちらでの他の皆さんの評価は低いのですが、自分で使った具合順調に回収していますから、根掛かりを恐れずに底や障害物の周辺を大胆に攻めることもできるようになりました。それに、格安でコンパクトなので本当に重宝しています。

【追記】 使い方ですが、後ろの「4」字のように折れ曲がったところにロッドの根掛かりしたラインを引っ掛け、前部の「U」字を逆にしたようなところにもラインを掛け、間には本体に溶着された爪と触れないように(←ここが重要)スムーズに本体がライン上をすべるようにしておきます。ロッドは立て過ぎると本体がラインから外れる可能性があるので、60度程度までが良さそうです。ラインに乗せたらドラグを締めてラインをできるだけ弛まないように張っておき、レスキューロボ本体を軽く送り出すようにライン上を滑らします。回収用の糸はあらかじめ出しておきますが、適当に地面に出した糸を置いておくと絡まったり、地面の小さな突起に引っ掛かったりするので、回収機を送り出す際の抵抗になる可能性があります。送り出す分の糸を水面に浮かべておくと有効でした。糸の出が止まったら、これを少し手繰り寄せ、手応えがあれば根掛かりポイントに達したことになり、これをぐいっと引き抜けばOKです。手応えない場合は再びやり直しで、もっと竿を立てるとか、止まったところから竿をゆすってみるとか、色々やってみて下さい。
 ルアーのフックをひん曲げて根掛かりから外すには、回収用の糸が問題になります。あれやこれやと試行錯誤した結果、釣竿のガイド等の取り付けに使う「イカリ印」の「竿巻糸(中)」に落ち着きました。強度的にはこの糸で全く問題なく、太い4番フックを曲げてルアーを回収できました。岩と岩にルアーが挟まったようなどうにもならない根掛かりでは、もの凄い力を掛けて引っ張ったら、なんとルアーの頭が引きちぎれて、歪んだスナップともども先っぽだけ引き抜いたのには驚かされました(ルアーはラパラDT-4)。本当にもの凄い力に耐えてくれることを証明してくれる出来事でしたが、その時の様子をアップした画像を載せておきます。
http://www.amazon.co.jp/gp/customer-media/permalink/mo383224IIIMHCN/B000AQXX0I/ref=cm_ciu_images_pl_link
その後も、友人が1ozの大きなルアーを根掛かりさせ、レスキュー・ロボで引き抜くと、針が曲がらずもの凄く重いものが上がりました。何かと思ったら、なんと土嚢で、袋の布に両フックが引っ掛かっていました。布やロープなどの柔らかいものにルアーのフックが引っ掛かると、引きちぎれるならともかく、そうでない場合布の柔軟性のためにフックは伸びてくれませんが、まさか土嚢を引き上げるほどのパワーに耐えられることには驚きました。自分では1m四方の厚手のテーブルクロス(当然水や泥まみれ)を引き上げた時もその重さに負けない強さに舌を巻きましたが、この回収機はそんなものでも引き上げる力を持っています。しかし、沈んだ枝等に引っ掛かった単純な場合でも、ラインの通り道に別の枝等の障害物が手前にあると、それに邪魔されてレスキュー・ロボが根掛かりポイントに到達しないことも時として起こります。ですから、100%回収できる訳ではありませんが、1年以上使ってきた経験から言って、間違いなく8割以上の回収率はあります。ただ、大きな石を詰め込んで金網で覆ったブロック等に前後フックが引っ掛かったようなどうしようもない根掛かりの場合、強引に抜こうとして、もの凄い力を掛けることで、レスキュー・ロボが回収ひもから外れて水中に沈んでしまう恐れもありますから、そうした場合は竿を上下させて、レスキュー・ロボをわざとルアーのスナップから外して、紛失を回避させることも必要でしょう。どの辺りでこれ以上力を掛けるか、それとも外すかは、使う人それぞれにゆだねられますが、一般の根掛かりなら土嚢を持ち上げる力くらいなら平気ですよ。
 ちなみに、「レスキュー・ロボ」の価格は「釣具のポイント」で1230円(増税後少し値上がりしました)、「イカリ印」の竿巻糸(中)は200円ちょっとなので、懐に優しいですよ(^∇^)v
 なお、イカリ印の竿巻糸の換え時ですが、やはりナイロン繊維が擦れてささくれが進んできたら当初の強度は保てないものの、多少なら問題はまずないです。ただし、糸の途中で編まれた細い糸が傷付いてほつれたようになった箇所が見えたら、糸全体を巻き直して前後を入れ替えるか、スッパリ諦めて新しいものに取り替えるかするべきでしょう。
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月13日
バス釣り、野池にて。まだ二回しか使っていませんが、二回とも回収できました。
D社のルアーキャッチャーでは、一度も回収できたことがなく、こちらの商品もダメもとで注文したのですが、吉と出ました!
ラインを二箇所のフック(下側のフックは外れやすい)に掛けて、根がかり部分に届きさえすれば、かなりの確率で回収できると思います。
星五つは今後の期待も込めて。ただし、オカッパリなら高さがある場所から、7、8メートルが限界かと、、、。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月1日
このレスキューロボを使って何度もルアー回収できましたので、2回目の購入です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月3日
エギが根がかりしたので早速ラインにセットしようとていたら…

爪が一本、根本からポロリ。

溶接が雑過ぎて使用前に壊れてしまいました。

全く力いれていないのに、残念。。。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月11日
エギ回収でしかつかっていませんが、いままで3回回収機を使いましたが、一番回収率が高かったです。

ただ、仕方ないのですが岩にひっかけてしまうと、回収機自体も引っかかってしまうことがあり、注意が必要。

5回ほど回収成功しましたが、岩に引っかかり回収機ロストしてしまいました^_^;
もうちょっとコストパフォーマンス高ければまたつかいたいです^_^;
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月16日
造りは雑な感じだが、これは使える!回収率は90パーセントだがコツは必要。ミディアムライトのベイトロッド、ラインはナイロン16ポンドを使用していたが、回収は出来た。ロッドが柔らかく、ラインが細いとうまく落下しないと思う。5~6Mくらいの距離なら何とか対応できるがそれ以上はたぶん無理だろう。レスキューロボをそのままぶん投げて葦の根に引っかかっていた別のいいルアーを2個も回収!思わぬ収穫(笑)
今までいくら分のルアーを水の底に沈めただろう...もっと早くこいつに出会っていれば...
こいつは壊れても安いからすぐに元は取れるし、また買えばいい。高価なルアーを回収したければ絶対持っていたほうがいい!
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月13日
回収率はピカイチ
だが。。爪の溶接部分が弱すぎて何度か使っているといつの間にか爪が無くなっていることがある。

自分のはハズレだったのか?
次はハズレじゃないことを願いたい
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月17日
おかげさまでロスト率が激減して怖がらず投げられるようになりました
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月30日
バサー暦13年です。

根掛りは ラインを切るしかないのですが、
悪あがきできるかと思い購入^^;

約10回利用中、成功は2回(ほぼ5m以内。スナップ着用)
ボードを利用して真下にある根掛りもダメだったときには愕然としました。
商品上部のルアーを引っ掛けるフックの角度が悪いのかとペンチで試行錯誤しましたが引っかからず回収できず。。
ライン(ルアー側)を強く引っ張ってる状態で発進させてもダメですね。
他のレビュー者通り、
本体の回収部の金属フック部がお粗末で・・
PEラインなどで強く引っ張れば間違いなくパキっと折れそうです。

う~ん・・ 回収できる見込みはありますが欠点が多いです
・時間(そう簡単にひょいっと回収できません。何度も根気よくレスキューを落とさなければ。。)
・労力(片方のルアーラインを強く引っ張り続け、もう1つのレスキュー側ロッドで回収作業が大変)
・明らかにバスを散らす
・スナップ、アイなどルアーに金属部品を増設しないと回収率が極めて低いので、着用必須です
・クランク、スピナーベイトなど障害物の下に潜り込みやすルアーは回収しづらい(というか出来ませんでした)
・ワーム全般、ワッキー針、オフセットフック全般は回収できません
・5m以上だと回収できたことがありません。ボートなら良いですがおかっぱりだと厳しいです。

購入するか悩んでいる場合はオススメできません。
現地で時間と労力がもったいないと感じました。
今は持っていくことすら無くなりました

それとレスキューロボを使うには太いラインとロッドが別途必要です・・邪魔です。
高級なハードルアー、ビックベイトを使っている方には最終手段としてオススメします。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月7日
他の回収機に比べれば、回収率も良く活躍してます。ただ、先端側の糸の引っかけ部分がすぐに外れます。あと、もう少しスムーズにルアーまで届けば良いんですが…。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)