Androidアプリストア おもちゃ 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 出前特集 暑さ対策アイテム特集 ホームギフトストア Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ 君の名は。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
15
5つ星のうち4.7
価格:¥5,800+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年11月12日
KIDではEver17が有名で評価が高いですが
それに匹敵する(もしくはそれ以上の)名作。
人工生命ものという独特なテーマですが、
この作品でしか味わえない感動がある理由は、それだけではないと思います。
特にMaybeのリース、穂乃香、隠しヒロインルートは心に残る最高のシナリオの一つ。
松岡由貴さんの演技も最高です。
面白いのはMaybeなのでそれだけでもプレイする価値有り。
メモオフシリーズやinfinityシリーズに比べて知名度が低いのが残念でならない…
ものすごく好きな作品なので、いまさらながらレビューを投稿させて頂きました。
もう十年以上前のゲームなんですね。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年10月29日
 メモオフ、インフィニティ、そしてマイメビ。
 これがKIDの三大作品ですが、一番世間の認知度が低いのは悲しい限りです。
 今作は1と2の二作をプラスした上でプロローグ、1&2の中間のお話、そしてエピローグが加わった完全版(あとアドベントシナリオとか)。
 ただ惜しむらくは1&2の中間シナリオを2の前にプレイすると2の「ドキドキ感」が9割がたダウンしてしまうのに1が終わると其のシナリオを出現させるようにしているらしい事ですね。
 私の場合1&2両方のセーブデータがあったのでソレを読み込ませてからプレイしたので確認はしていないのですが、プレイする人は出来れば中間シナリオは見ずに2をコンプリート後に読んでいただきたい。
 そして1&2をプレイしている人にとっては遂に残されていた数々の謎が明かされます。
 必見です。
 近未来を舞台にした悲しく切ないこの物語を是非プレイしていただけたらいいな。
 そして続編が開発されれば嬉しいです。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月25日
■「レプリス」という人ならざるものを描いた異色のADVです。
「My Merry May」とその続編「May Merry Maybe」がセットになり、3本のオリジナルストーリーも追加されている仕様となっています。

まずは「May」の感想を。

シナリオB+ 音楽C キャラA システムA

シナリオ…楽しい会話の部分もシリアスな部分も丁度良くミックスされている感じで、シナリオとしてもそれなりに読み応えがあります。
キャラも立っているので最後まで飽きずにプレイすることが出来ました。

音楽…悪くはないんですが…良くもないですね。
それ以上言うことはないです。

キャラ…キャラデザはとても良いですね。
中学生〜大学生まで幅広いですし。
ただ榛名ひとえなんかの声優さんの演技はそれほど上手いとは…。

システム…流石はKIDといったところでした。
かなり使い易かったです(※3年前にプレイした時点での感想ですが、今プレイしても特に問題ないと思います)

総評…面白い、けれどもう一歩といったところでしょうか。
ただ、「結城みさお」の"あのEND(「C」エンドのラスト)"の"意味(レゥ)"にはそういうことだったのか、と鳥肌が立ちました(まぁ後で分かったことなのですけど)。

個人的主観点数…85点

シナリオ…S 音楽…A キャラ…S システム…A

シナリオ…謎が謎を呼ぶストーリー。
先が読めない等、前作より遥かにパワーアップしています。
凄く読み応えのあるしっかりとした物語でしたが、はっきり言って暗い場面が多い(EDもシリアスなものが多い)ので人を選ぶ面はあるかも。

音楽…「into void」のシリアスさを表現するBGMが素晴らしい。 この一言です。

キャラ…「May」と同じくキャラの表情や仕草のパターンが豊富で見ていて飽きませんね★
因みにお気に入りは隠しキャラ(?)のライカです(因みに「May」は結城みさお)。

システム…実は「May」の方でもそうだったんですが、各キャラにA,B(もしくはCまで)EDが用意されていて、Aエンドでも決してハッピーエンドとは限らないというのが凄く印象的でした。
あと擬音まで細かく表現されていたのが何気に気にいってます。

総評…特にストーリーは一見の価値あり。

個人的主観点数…100点(自分が初めて100点を付けたコンシューマー作品)

P.S.因みに他の方も述べられていますが、「with be」で新たに加わった「May」と「Maybe」を繋ぐ「中間」のストーリーは出来れば最後(2作品のプレイ後)に回した方が賢明かと。
何と言うか「Maybe」プレイ時の緊張感が薄れてしまう印象があるので…。

あとこれも他の方も言われていますが、KIDの3大作品と言われるのが「メモオフ」、「infinity」とこの「マイメリ」シリーズですが、確かにこのシリーズ(2作品)だけ知名度が比較的低く、埋もれている印象なのは残念だと思いますね。
個人的には「Maybe」はコンシューマーのADVで今も変わらず最高傑作です(「May」からプレイしてこその「Maybe」ですけどね)。
一般的な学園ADVに飽きてきている方なんかにも激しくオススメですよ(ただ、現在出ている機種で最新のPSP版は「音質が悪い」との評判なので、出来るだけこのPS2版をプレイされることを推奨します)。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年8月3日
My Merry May と My Merry Maybeが一本になりさらに+αのシナリオが3本ついたMy Merry May with be。
もう文句なしの作品です。
My Merry Mayは主に成長を、My Merry Maybeは生命と魂の物語です。
この命題に真正面から取りくんでいます。
この命題への取り組みも非常に面白いのですが、なによりも面白いのがこの二つの作品のつながり。
My Merry Mayのあるシナリオの完全な続編であるにもかかわらず、Maybeの作品中にMayの主人公、恭介はまったく出てきません。
Mayのヒロイン、レゥはMaybeの主人公と一緒に恭介に怒りを覚えながら待つことになります。
なぜ、恭介はレゥの元にこないのか。この作品において恭介はどのような位置づけなのか。
そのことを考えながらぜひプレイしてください。
両方ともプレイしたことがある人もMayとMaybeの間に何があったのか、これが描かれているのでぜひ堪能してください。
楽しめると思います。
ムービーとかも一新されて、またMayのシステムも改善されていていいと思います。
ぜひやってください。
プレイ時間も50時間以上とボリュームもたっぷりの作品です。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年2月20日
メモオフ、マイメリ、Infinityこの3シリーズがKIDの主な作品でしたが・・・

いかんせんこの作品だけ知名度が低すぎると思います。
当時のKIDからすると明るいOP曲

特殊な世界観

PS2作品二本入った凄いボリューム(with be)

全体的にオススメできるところしかありません。

声優でも松岡さんの最大一人三役がかなり目立っています。

今でも楽しめると思うので評価は☆5です。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年12月7日
1と2の間が追加されたので謎が全て解けてよかった。出来れば1のキャラクター妙さんやひとえ、操が恭介の真実を知ったのかどうか恭介がいなくなったあとどうなったのかをのせてほしかった。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月23日
今更ですが…。発売されて時間が経ちますし、主要なレビューも出ていますので、率直な感想のみを。
ただの擬似恋愛ゲームではないことは確かです。プレイして損はないと思います。
しかし私個人としては心に響くようなメッセージや感動はありませんでした。

一番印象に残ったのはbeの主人公のバカさ加減。もうイライラして何度も放り出しそうになりました。とにかく相手の言っていることを一回で理解できない。
必ず質問に質問で返す。例えば…「話をしないか?」→「話ですか?」相手に質問されて「それで?」と答えて相手に「それでとは?私が君に訊いているんだよ」と言われたり。また「質問に質問で返さないでよ」とヒロインにつっこまれる場面もありました。それがなければ☆5のシナリオだとしたら、私としてはそれだけで☆2に評価します。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年6月4日
My Merry MayとMay Beの二作品がセットになって、さらにアペンドシナリオ付きというアドベンチャーゲームとしてはかなり長大なゲーム。他のレビュアーの方が述べる様にシナリオはすごい良作。メインヒロイン、レゥちゃんのヒロインとしての魅力は文句なし。レプリスと言う人工生命体であるレゥちゃんの人間の様な明るい部分と、レプリスであるが為の弊害と苦悩がよく描かれてると思います。ただ、一つ不満なのは、もう一人のレプリス、リースちゃんの扱いです。彼女は特定のルート以外は全く登場せず、しかも全エンディングコンプリートの際に出現する全員集合のCGにも唯一人登場しないという、待遇の悪さがどうしても気になりました。彼女の扱いがあまりに不憫です。個人的にはレゥ、リースの二人は大好きなだけに、尚更です。そこだけもう少し改善されてれば良かったのですが。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年3月30日
私はこのゲームを正直ナメてました、ほんの軽い気持ちでプレイしてみたら、ヤラれました、生命、因縁、繰り返される罪、そしてその贖罪、純粋すぎるが故に傷付く事、まだまだ沢山ありますが、なんと言っても最大のテーマは渡良瀬一族の過ちの歴史です、人を愛する事が出来ない不器用な性格ゆえにこんな事になろうとは・・・後はみなさん是非プレイしてみて下さい
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年11月22日
有機生命体レプリスである『レゥ』を中心としたストーリー。

My Merry MayとMy Merry Maybe 同封させたソフト。それに今回は+αのシナリオを組み込んでいる。

KIDお得意の通常キャラクターを攻略すればトゥルーシナリオが発生するタイプで、My Merry May beを真に楽しむならMy Merry Mayの攻略は必須。感情移入度が全く変わります。元作は完全に別個の作品として発売されたが、2本まとめても全く違和感の無い完成度、システム、シナリオには特筆すべきものがあります。

シナリオ的にMy Merry Mayの場合は、主人公『レゥ』と、トゥルーシナリオ以外はオマケ的なのが残念。My Merry May beでそれは少し解消されたものの、キャラによってシナリオのボリュームに若干差がある気がしました。しかしMy Merry May→My Merry May beへのシナリオの収束は絶品で、この作品は2作収録で最初から発売すべきだったと思えるほど。溜まりに溜まった複線が一気に消化される感じです。

声優陣では『レゥ』役の松岡由貴さんに尽きます。百聞は一見にしかず。このキャラにはこの人しか考えられないほどはまっています。

最後にこのwith beの為に収録された+αの部分ですが、こればかりは嫌な予感が当たってしまった部分。やはりキャラの演技(録音?)に本作とのズレが見られます。しかし本作中ではテキストでしか表現されていなかった部分が映像化されていますので、それは納得出来る部分ではあります。この部分は新規シナリオではありませんので、それを期待している人は注意して下さい。

KIDには名作が他にもありますが、この作品もそれらと同等の作品ですので、まだ未プレイの方は是非。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,080-¥4,000

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック