Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
449
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年1月22日
標準ズーム一本のところにこちらのレンズを追加してみました。
とにかく〜200まであるというのがこんなに便利とは!
今まで旅行などで「もっと寄りたかったなぁ」という場面は
コレで全部解決といってもいいです。
鳥が撮りたいなど目的がない限りは200で充分。
また、お菓子や食事、小物などの撮影にも◎。

重さはそれなりですが、女性でもそこまで違和感なく
持ち歩ける重量感とボリュームなので
キットレンズで持ち歩ける方なら問題ないでしょう。
AFは純正よりは迷うことが多いですが
動体撮影メインでなければ全然問題ないレベル。

画質云々は出力する訳でもなくウェブ上で楽しむだけなので
あまりこだわりがない目からの意見なのですが、
絵の仕上がりはなんとなくふんわりしてるように感じます。
柔らかい、というよりはちょっとぼんやりというか。
でもちょこまかフィルターかけたり
ソフトで修正仕上げたりするのでそれもそこまで気になりません。
(ただし、最初から模型や金属製品などシャープで
ピリっとした絵が欲しいことがわかっている方は
シグマのレンズとかの方がいいと思います)

単焦点で焦点距離を掴むのも一つですが
これだけ範囲が広ければ自然と18と200での違いがわかりますし
初心者としてキットレンズの次に「とりあえず」
購入して使い倒すにはうってつけの値段と内容と思います。

ついつい高くて良いレンズが欲しくなってしまいますが
そういう高いレンズは、後から欲しい画角や色が見えてから
絞り込んで買う方が安心ですヨ。
0コメント| 255人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月20日
人によってかなり評価が二分されているこの製品ですが、以前から狙っていたこともあり、瞬間的に価格が下がったところでポチってしまいました。ペンタックスK-50に付けて早速評価を兼ねて撮影してきました。

【悪い点】
・確かに言われているようにAFの追従が悪く、行ったり来たりしてなかなかピントが合いません。結果ピン甘の写真が多くなります。全体的にしゃきっとした感じになりません。スポーツなど一瞬のチャンスを狙うようなシーンにAFを使うのは厳しいと思います。
・結構重いです。K-50キットレンズの55-300mmよりも重く感じます。
・これも言われてますが、確かに暗いです。設計の古さを考えると仕方ない面もありますが。
【良い点】
・一にも二にもこの価格です。1万円台で新品の18-200mmが買えるのはこの製品しかありません。他社製品は3万円台後半からですので、勝負にはなりません。現時点で在庫処分のほぼ捨て値だと思いますが、10年前は69,300円で登場したレンズです。
・意外と発色が良く艶っぽい見栄えになります。ピントさえきっちり合えば綺麗に撮れるはずです。
・200mmとしてはコンパクトです。正直旅行ではレンズは1本だけで身軽にしたいです。標準と望遠2本では重いですし、その都度付け替えるのも面倒。この手のレンズはそういう面倒くさがり屋のためにあるようなものです。
・ペンタックスマウントに限る話ですが、ペンタは本体側に手振れ補正が付いているので、この製品にそれが無いことはそれほどマイナスポイントにはなりません。また、最初に書いたようにピント合わせに時間がかかるので、じっくり構図を合わせてシャッターを切る用途であれば、それほど気にすることは無いと思われます。

【結論】
出た当初から、画質に関しては評価は高くなかったレンズですが、元々高倍率ズームは画質的に不利なのは否めないのでそんなものです。またS社の同様の製品の方が設計も新しく評判も良いことは承知してますが、実勢価格で2倍以上の開きがあるので比較にはなりません。ウィークポイントであるAFの遅さもMFを使えばカバーできます。
この製品を求める層は、恐らく私と同様に3-4万円の安価なボディに見合うオールマイティな便利ズームレンズを探しているので、ボディより高価なレンズはちょっと高すぎると感じるでしょう。逆に高価で高性能なカメラをお持ちの方はそもそもこのレンズは選択肢に入らないでしょう。画質性能より使い勝手とコストパフォーマンスを優先させるなら、現時点で選択肢はこの製品しかないと思われます。
結論としてはこの価格に対して意味を見出せるなら最高の製品です。しかしこれが3万円以上になったとしたら私もS社の方を買います。これはそういう製品です。
review image review image
0コメント| 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト50レビュアー2014年8月3日
 発売当初は一世を風靡したズームレンズで、販売価格は約7万円、実売価格は5万円で、当時のカメラ雑誌では推奨されていた製品で
す。
 しかし、新製品の登場で、すっかり旧製品となったため、現在の市場相場が破格の1万4千円代まで落ち込みましたから、これは、もう、
「持ってけ、泥棒!」状態のハイCP製品となり、ズームレンズを持っていない方は、今が入手するチャンスでしょう。

 個人的には50年来のPENTAX党で、天体写真撮影では複数の単焦点レンズを使い分け、重量級の機材を持参していますが、旅行や山岳
トレッキング等での気楽な撮影行では軽量なPENTAX K20Dボディに、この18-200mmズームレンズ1本を取り付けています。何と言っても身
軽なのがこのズームレンズの身上でしょう。

 このズームレンズ自体に手ブレ補正機能は有していませんが、特筆すべきは、PENTAXの一眼レフではボディ本体に手ブレ補正機能がある
ため、このズームレンズも手ブレ補正が有効となり、PENTAXファンにとっては安価で有用なレンズといえます。
 これ1本でオールマイティに撮影出来るため、Wズームレンズを携行したいとは思いません。

 レビューで目に付くのが画質の甘さの指摘ですが、単焦点レンズでは設計がそれほど難しくないのですが、ズームレンズ、こと11倍もの
ズームレンズとなると全ての焦点距離で満足させなければならず、その設計は極めて困難になってくるため、この製品に限らずズームレン
ズは単焦点レンズより画質は当然甘くなるのはアマチュアカメラマンであれば常識のことです。

 ズームレンズの使用に当たっては、昼間ではF値を16位に絞ると画質が劣化することはありません。
 また、オートフォーカス時の迷いについてですが、どんなレンズでも強拡大に耐えられる写真を得たければ、オートフォーカスは使用せず、
マニュアルフォーカスでじっくりピントを追うのが常識です。
 個人的には、このズームレンズを使用して写真コンテストに何度か入賞していますから、いかにズームレンズを使いこなすかというところで
しょう。

 このズームレンズ1本で35mm版に換算すると28〜300mm相当になりますが、仮に28mm、50mm、135mm、300mmの単焦点レンズを買
い揃えるとしたら、かなり高額な出費となりますし、それだけのレンズを携行するとなると相当な重量となってしまいます。

 今では小学生でもデジタル一眼を持つ時代になりましたが、個人的には、安物カメラで撮影しフイルムの皿現像からスタートしたのが小三
の時で、以来、カメラを楽しんで約56年となりますが、今のカメラは全自動で、ただ、シャッターを押すだけできれいに写りすぎてしまい、創作
の楽しみというものがありません。
 カメラの基本を学ぶためには、在庫切れとなる前に、今が買いの、このズームレンズを入手し、じっくり楽しむのも一方法かと思います。
review image review image review image review image review image review image
0コメント| 190人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年6月26日
今までは同じタムロンの28-300mmを20Dに装着して使っていましたが、どうも300mm側では画像が眠くなるのと、もやがかかったように感じることが多いこと、さらに、28mmはデジ一眼では44mm相当のほぼ標準域に入ってしまうこともあり買い換えました。
200mm側でも画像はきれいですし、タル収差や糸巻き収差もまぁ実用内に収まっている感じです。
なんと言っても約10倍にも及ぶズームによってほぼこれ1本で普通の撮影はOKではないかと思います。
このレンズを核にして、明るいマクロなり、超広角なりを加えながらレンズシステムを構成していくといいと思います。
ちなみに、私はトキナーの12-24mmとタムロンの28-70F2.8キャノンの70-200 F2.8 IS を使っています。通常はこの18-200を装着していて、気合いを入れるときには他のレンズに交換します。
でも、通常の使用に関しては非常に便利なレンズであることには間違いないですね。
0コメント| 220人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月8日
シグマの18-250mmと迷いました。結果、値段だけでこちらを選びました。そもそもCanon用と書かれてはいるけど自分のCanon kiss7で使えるのか?と思う程のド素人です。問題なく使えました。当たり前でしょうね笑" 子供の行事でダブルズームキットを購入して使っていましたが、運動会などではシャッターチャンスを逃すことが多々あり・・・今回購入しました。ド素人なので、細かいことはわかりませんが撮れます。私は綺麗に撮れてると思います笑"
確かに若干重いかもしれませんが、レンズを2本持ってあれこれ付け替えるなら、コチラの方が私には向いてます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月3日
広角側は主に夜間撮影に使っています。その他、イベントでのスナップなど、気軽に使える万能レンズだと思います。
review image review image
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月1日
18-200mm、35mm換算で27-300mm程度の画角を1本のレンズで賄うことができる点で旅レンズは素晴らしい
この1本は手振れ補正を搭載しないことで価格も非常に安く、頻繁にレンズ交換ができないシチュエーションでは重宝するだろう
広角レンズの遠近感の胡蝶も、望遠レンズの圧縮効果もこの1本で扱うことができるのだ。

しかしこのズーム倍率を達成するためにかなり光学系で無理をした構造のようで、画質の方は期待できない。
ワイド端で絞り解放時の周辺画質はトイカメラ並みで、流れや色収差は目も当てられない。
テレ端はF6.3と暗い上にコントラストに掛ける写りが気になる。
このレンズを使う時はなるべく、F8〜F11で使うように心がけている(気休め程度だが)

とはいえ、やはりコンパクトカメラのようなズームを1万円に毛が生えたような値段で手に入れる事が出来るのは大きな魅力だ。
スキー場や旅行での撮影では何本もレンズを持ち込むことが困難なうえ、レンズ交換もしにくい。
そんな時、このレンズがあれば非常に助かるのは言うまでもない。

個人的には18-270mmで手振れ補正もついているような、旅レンズの中でも一番良い物を買うことをお勧めしたいが、
この値段でこの使い勝手の良さ、画質はさておき、安く多様な画角を手に入れたいならこのレンズは買うに値するだろう。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月8日
NikonD5500に使用しています。新品なのにリーズナブルな価格で買えてびっくりです。純正のレンズを痛めたくない環境などでも割と気軽に使えます。

使用感は、夜景の撮影は手持ちでは厳しい、と思います。このモデルはレンズ自体暗いうえに手ぶれ防止機能が搭載されていないので、手持ちでは手ぶれしてしまいます。昼間、十分な光のある環境だったら、レンズも200㎜まで伸びるし、使い勝手は良いです。なんといっても軽さ&コンパクトさが魅力ですね。

価格相応として、コストパフォーマンスの良い商品でした。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月20日
 格安で購入出来る事を知り、ポチりました。

 Wズームキットの焦点距離レンジがこの一本でカバーでき、なおかつ手持ちのおにぎり型カメラバック(レンズを付けた状態で一眼レフを下向きに収納出来る速写型?という感じのバックです)に収まるというだけで自分にとっては満足な商品でした。

 さて、肝心の『写り』ですが、他の方々のレビューを拝見しているとやや甘めの描写で、湾曲収差も若干気になる…という内容が、厳しくも、妥当な評価かと思われます。高倍率ズームの宿命として避けられない課題ではありますが、問題はその課題が自分にとって納得できるレベルに収まっているかどうかを実際の撮影や使用感により得られた結論が商品の満足度に繋がるワケでして。

 届いて早速撮影しましたが、結果的には大満足です。使用感については、用意していたカメラバッグに収まった時点で何も言う事が無く、描写性能については『数撃ちゃ当たる』的に撮影した中で、確かにピントが甘めかなぁ~とか、結構、歪むのね…といったカットも見受けられましたが、この価格を考慮すれば、私にとっては良い商品でした。

 レビューをご覧の方に参考になるかは不明ですが、遠景・半逆光・望遠側・光量不足(カメラボディ手振れ補正ON)の条件で撮影したカットを添付いたします。
review image review image review image review image
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
18-200mmのズームとしては、軽くてコンパクト。
そして破格と言っても良いほどの値段。

確かに安いなりでAFは遅く、そして煩い。
手ぶれ補正も搭載されていない。

でも各カメラメーカー純正であれば、付属のレンズ18-50mmですらこれより高いものも多く、そういうレンズも写りはそれなりです。

最初にデジタル一眼買うなら、好きなメーカーのボディとこのレンズ買えばいいんじゃないですかね。

高価なレンズ向けの高価なフィルター程の価格ですから。

自分は以前α65用として買いました。
これを購入する前にも、購入した後にもズームは買いましたが、今でも時々使います。

残念ながらレンズは価格と写りがほぼ比例するので、これでハッとする様な写真を撮るのは多分それなりの腕が要ります。

しかしながら、写りの良いこのズーム域のレンズは大概が重くてデカく、慣れないと運用が難しい。

作品用としてではなく、記録用としてならこのレンズ申し分ないと思います。

手ぶれ補正は内蔵されていませんが、ボディがソニーAマウントであれば、ボディに手ぶれ補正機構があるので問題ありません。
お子さんの運動会でも、徒競走以外ならなんとかいけると思います。

ちなみにソニーEマウントではSONY マウントアダプター LA-EA2を使用してもAFは使えません。
設計が古い類に入りますので仕方ないですが。

これくらいのズームを持っていなくて、取り敢えず欲しいと思うのであれば、買って失敗しないレンズかと。
このレンズと同じズーム域の3倍の価格以内の他の候補があるのなら、そっちはやめてこれを買い、差額を単焦点などの他のレンズに回すことをお薦めします。

コストパフォーマンスだけでも星5で。

参考になればコレ幸い。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)