Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
149
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2004年10月24日
個人的には非常に素晴らしい作品です。
音楽、雰囲気、物語やグラフィックは素晴らしいです。評価が別れるとしたらゲーム性でしょうか。
ただ、全体的にややシビアになった印象はあります。そこを面白いと感じるかストレスと感じるか別れると思います。
前作のように一人で大活躍と言う形ではなく(まあそれでも一番働いてるのは自分ですが)、僚機と共に活躍していくという感じ。
前作ばりのワンマンで行こうとすると簡単に弾切れします。そういった意味ではリアルになったとも言えるかも知れません。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年10月26日
最初のムービーから洋画の予告編を思わせる見事な演出です。思わず繰り返し観てしまいました。
戦闘機の種類の多さも相変わらず。4までの作品も素晴らしかったですが、5で特筆すべきはやはり僚機の存在の大きさではないでしょうか。
絶えず飛び交う無線、刻々と変わりゆく戦況。操作性も抜群です。
映画を一本観た様な満足感があります。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年10月25日
他の人のレビューで見かけたのが
「弾数制限が厳しい」というもの。
これは第5作が第4作の続きだと思い込んでいる人の感想だと思います。第4作をやったことがあるなら、たしかにこの弾数に違和感を覚えるかもしれません。しかし、第4作と第5作を比較するなら
第4作
・プレイヤーは一機で一個編隊相当の作戦遂行能力という設定
・一人でどんどん撃墜できる爽快感
・仲間はいてもいなくても変わらない孤独感
第5作
・プレイヤーは編隊の隊長という設定
・一人では弾数が足りない。作戦遂行が難しい。
・仲間とともに戦っているという感覚
第4作と第5作では「面白みのポイント」が違うということです。
また第5作でも一人で戦うアーケードモード「オペレーション・カティーナ」が用意されています。
これは第4作と第5作あわせて購入がいいかもしれませんね。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年10月25日
3から始め4もかなりうまくなるまでやったと思う。
しかし5。む、難しい...。エースパイロットだった
このわたしがっ!気が付けばミサイルが無くなり、
いままで地上物攻撃ぐらいしか使わなかった機銃を
多様。しかも敵機に何度か衝突。
でも楽しいじゃないか!まだやり始めたばっかだけど
、きっと今までのエースコンバットの中で一番だ。
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
今作は過去のエースコンバットを含め最高傑作と呼んでよい出来です。
仲間とともに作戦遂行していく楽しさは過去作にはなく、新しいエッセンスとして、
非常に良い味でした。
映像とストーリー性が充実し、エスコンの本質部分の空戦も最高です。
人によっては仲間との会話や指示出しが煩わしいと感じるかもしれませんが、
エースコンバットの集大成と呼べる一品かと思います。
やらないと損するゲームですね!
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年10月29日
エースコンバットは1から全てプレイしてきた。
その中で私がシリーズ中、世界観もセンスも最も「最高傑作」と呼べるのは
「2」だった。
「3」は正直な話、私の求めるエースコンバットの姿が残念ながらそこにはなかった。
「4」は初のPS2作品となりグラフィックや処理面において大きな期待が持てた。
世界観やシナリオも2ライクに戻り申し分なかった。(実際にシナリオは好きだ)
ただ、大きくして残念なのが大半のミッションが規定ポイントクリア性に
なっており、そして私が一番楽しみにしていた空中戦と呼べるものが、
「ソラノカケラ」ただ一つと言っていいほど、空中戦ミッションが少なかったのが、
私の中で「2」を越えられていない要因だった。
今回登場した「5」、本当に楽しみにしていた。心底期待した。
そしてそんな私の祈願をほぼかなえてくれた作品だった。
たしかに機体のスタイビリティなどは「3」に近いゲームに特化した感のある
挙動である。
これは賛否が分かれることは想像には難しくは無かった。
しかし、エーコンシリーズに「リアルっぽい」操作感を求めるならば十分な
レベルではないかと思う。
そこまでリアルなフライトシムをやりたいならば今ならベスト版で
「エアロダンシング4」が出ているのでそっちを勧める。
(正直な話、リアルすぎて洒落にならない難易度である)
「5」のシナリオ、演出は語るまでもない。
シューティングゲームの演出でここまで目頭が熱くなるゲームは過去を置いても
これを入れて2作でしかない。(最初はサンダーフォースV)
確かに、このゲームにフライトシムとしての価値を求めると厳しいかもしれない。
しかし、ドッグファイトシューティングとしてみた時、私はこれを超越する
ゲームを知らない。
エースコンバットとしては、現時点で紛れもなく、最高傑作である。
そしてそれは同時に、まだまだエースコンバットが進化する可能性を秘めた
作品であるので,今後に期待したい。
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年12月29日
第一印象は「AC04の続編(AC最新作というより)」といった感じです。
戦闘中に指示を出せばそれなりに働いてくれる僚機システムも、(結構裏で頑張ってるんですが)アクセントどまりで要はいつものACかな、という印象。
ただ前作に比べキャンペーン・アーケードともに(補給が出来ないのもあって)難度が上昇し、良い意味でより"ゲームしてる"感が強まりました。スコアを狙うとあんまりぼんやりしてもいられず、焦るとあっさり落とされますが、やられて悔しくてもリトライする気にさせる匙加減が絶妙です。
「キルレート」獲得による後継機の登場等も相まって前作に比べやりこみ度アップ。全難度オールSを目指してちくちくやれば、かなり長いこと遊べますよ。
ただ前作よりも更にストールしにくいので毎度のことながらフライト「シミュレータ」を望む方にはお勧めしかねますけど。これは3Dシューティングです。
仲間をストーリーの軸に据える辺りはAC3(最終面の無線は結構ぐっと来ます)、隠し機体に懐かしのADF-01(AC2最後のライバル機、本作ではFALKEN)、アーケードモードはAC04の後日談とシリーズの面影を散りばめつつ、全てをいい形で纏め上げ、昇華させた本作はまさしく「集大成」と思います。
次回作はAC5を超える作品にまたなってくれるのでしょうか。
非常に楽しみです。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年8月31日
04から確実に進化していると感じます。

映画っぽい演出に鳥肌が立ちました。

この演出は映像の美しさがあってこそでしょう。

5でこれだけきれいな映像ですから、この先はいったいどれだけリアルになっていくのだろう?と期待できます。

補給はできませんが、慣れてくればミサイルが足りないということはないと思います。

無線で僚機に指示をだして、一緒に戦うというのは新鮮で楽しいしです。僚機が役に立つかどうかは別として。

僚機はもう少しキビキビ動いてくれるとよかったかと。

音楽も非常によく、戦闘を盛り上げてくれます。

私はサントラ買いました。

ゲームのサントラを買うことなどまずない私が5サントラを買ったのは、それだけエースコンバット5の世界に魅了されたということだと思います。

自分が少しずつ上手くなっていくのを感じることができるゲームですから繰り返し遊んでも面白いですよ。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年10月4日
レンダリング済みのムービー再生ならともかく、リアルタイムでのPS2がもつ描写力ってこれほど凄かったのか、と思わされた一作。
空戦中に、全方位に視点を移動できる機能や、ミサイルの軌道を追跡した視点からの描画がリアルタイムで可能なことには本当に恐れ入った。この作品には、空戦の醍醐味を味わう為の仕掛けが随所に施されている。
ストーリーも綿密に仕組まれており、プレイしながら徐々に物語りに引き込まれていくことに気づく。RPG系ならともかく、単純なアクションメインのゲームをここまで上手く肉付けしていることにも感服した。
個人的には、戦闘機ごとに搭載できる装備が選択できたり、装備自体のバリエーションを楽しめればさらに良かったと思が、ここは次回作に期待するとしよう。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年4月7日
個人的に言えばシリーズ最高傑作。
シナリオもよく出来ているし、音楽も素晴らしいです。
また、「エース」シリーズでもこの作品しかない「機体進化システム」はかなり面白かったです。
「次はどんな機体だ?」みたいな楽しさがありました。
個人的に一番感動したのが、ムービーではありましたが空母の甲板にデッキクルーが居たこと。
今までのゲームではありそうでなかった事でした。
僚機が次々と発艦していき、次はプレイヤーの番。
スチームカタパルトの巻き上げる蒸気のなかカタパルトに誘導されていき、シャトルとノーズギアが接続される。
そしてシューター(発進の合図をだすクルー)の指が艦首を指し発艦!
この一連のシークエンスが再現されているゲームはコンシューマーでは初ではないでしょうか?このムービーを観ただけでも買った価値がありました。
また、登場機種のラインナップは割と手堅いのですが、そのなかに知る人ぞ知る機体、ファントムファミリーの異端児「F-4X」が出てきます。
これには私もビックリでした。
ほかにも、今作の隠し機体「ファルケン」のコクピットに「3」との繋がりを思わせる「コフィン・システム」が採用されているのも嬉しかったです。
とにかく面白く、やり甲斐があり、音楽も素晴らしい「エースコンバット5」。
ぜひシリーズのファンでまだプレイされていない方、ファンではなくてもまだプレイされていない方、プレイしてみてください。
また今作は声優陣も豪華で、声優ファンの方もやってみる価値のあるゲームです。
余談ですが、今作は発売が5年近く前の作品で、まだ「F-22」が「F/A-22」と呼ばれていた頃でした。
決して間違いではないのでツッコまないで下さい。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告