真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
29
5つ星のうち4.0
価格:¥7,980+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年5月8日
二重人格、人格変化の鍵となる『ミコシサマ』といった独自の設定がとても興味深く、面白いです。
しかしこの人格チェンジが面倒。せめてパパッと自在に切り替えられたらだいぶ快適だったでしょうが。
そしてフラグ立てが従来以上に複雑。優、翔、さらにミコシサマを手放した優でしかクリアできないイベントもあります。設定は面白いのですがちょっと面倒にしすぎでは…。どれだけ時間かかってもいい!という猛者でなければ、素直に攻略情報見て謎解きより物語を楽しむ感じでプレイすることをおすすめします。
今回のメイン追跡者っぽくパッケージなどを飾っている、チャプター3で登場する才堂さんですが、ゾンビの方が出番多いので彼は忘れた頃にひょっこり出てくる感じです。
その登場が(笑い声が聞こえてくる千夏や、律儀にBGMで予告してくる2のシザーマンと比べて)ぱたっと開いたドアからぬっと出てくるので、結構びっくりしますけど。ゾンビはダイナミックにバーンとロッカーぶち破って登場するから、こっちは知っててもびっくりします(笑)
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月18日
日本版クロックタワー。
ホラー系は基本的に苦手なのですが、これはけっこうハマりました。
翔という残虐非道な男の人格を持つ優が主人公です。
ゲーム全般を通して襲ってくる敵は主にゾンビで、あの異様なハサミ男ほど恐怖は感じませんでした。
ただ、前半に登場する千夏はかなりコワイです。
ミコシサマというお守りを持っていない時に敵に襲われた場合や、強制イベントによって翔に入れ替わることがあります。
優と翔ではそれぞれ使う武器やできることが違うので、その辺りはプレイヤーがうまく使い分けなくてはならないのですが、これもやってみるとけっこう面白いです。
エンディングは何と13個もあり、すべて見るには攻略本が必要かもしれません。
役に立つ裏技やかなり笑える裏技もあり、ミニゲームやおまけもあって色々楽しめます。
翔はけっこうカッコいいです。見た目は女の子だけど。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月31日
エンディングランクは13種、シナリオ全貌が見れる最高ランクでクリアしてもかなり説明不足のまま終わる
しかもそこに至るまでのフラグ立てが異常に大変
同じ場所を行ったり来たりのいわゆるお使いゲーで、他のゲームの様にこの鍵を開ける事によって先に行けるという判りやすい展開だけでなく、あるリアクションした事で道が開けてたりといった感じにフラグ立てが判りづらかったり、これをやっておかないと後に影響してしまうといった場面もある
尚且つ二重人格を使い分けて行く為更に面倒な事になっている
これを的確に選択して行かないとエンディングランクが下がる為製作者の用意した行動をしていかなければならない

頻繁に登場する敵も出会すと逃げおおせるという事はほぼ無く倒すまで延々と追われる為、特に銃の使えない優しい人格で対峙した場合は武器として使える場所まで戻っては倒し、を繰り返す事になるのも面倒

攻撃的人格の銃アクション以外はクリックと連打のみで面白みもほとんどない
面倒さ、これ自体を楽しめる人じゃないととてもじゃないが勧められない自分はもうやりたくない作品
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月4日
あまりに突っ込みどころ満載、釈然としない部分があり、想像の余地がありすぎて、ここまでくるともう妄想しちまえばいいのさ、と開き直れます(笑)なので、おそらく、プレイする人によってそれぞれのストーリー補完が行われ最終的に、素晴らしい作品になるゲームだと思います。
作り手とプレイする側が共同で作り上げる作品だったのかと(笑)
できれば、今の技術で作りなおしてほしいと無理な願いをもつほど、魅力的な作品です。
操作や人格入れ替わりなど、魅力的で面白い要素はたくさんあるので、作り直されるときはストーリーをもっと突っ込んで作ってほしいな~と思います。
クロックタワーがお好きなら、是非是非、お勧めです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この作品では主人公がふたつの人格をもっていて、そのときの人格によってイベントが変化していく
というような設定でした。このゲームの場合クリック方式で主人公を移動するんだけど、これが興ざめ。
いわゆる指令方式というやつなんだけど、やはり主人公を直接操作できるようなシステムのほうがよか
ったかもしれない。

ただ恐怖の演出のしかたが、二重人格、デュアルショックによる振動、立体音響などよく考えられてい
たと思う。それと今作では比較的能動的な要素が盛り込まれていて、従来に見られた逃げるだけという
ような印象ではなかったところもやる気がおきました。また二重人格という設定がゲームを奥の深いもの
にしていました。

それにしても自分がパニックに陥ると、思った行動が取れないなんてちょっと不自然さを感じました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年12月6日
私は、ゴーストヘッドから入ったのですが、
1や2よりも断然好きです。
ただ、他のシリーズと違うところは、
逃げるだけではないということです。
か弱な優と、残額非道な翔。
この二つの人格を操りながら進めていくのですが、
ミコシサマという、超重要なアイテムが必要になります。
それを使い、人格交替させるのですが、時にめんどくさくなることも・・。
ストーリーも多少無理があるものの、最高に面白いです。
また敵に追いかけられるのが怖い・・。
ただ、残酷なシーンもあるので、子供にはちょっと・・ですね。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月22日
これまでに少なくない量の和製ホラーゲームをプレイしてきましたが、私の中の「記憶に残る作品」として五指には入るかと思っています。

まず、主人公である優(女子高生)がごく普通の人間ではなく、二重人格の持ち主である(なおかつ過去、そのことによって自身が加害者となる事件を起こしている)、という少しエグい設定が斬新。
同じ人間と会話するにしても、人格を切り替えることによってまったく違った反応(あるいは、結末……)を楽しむことができるので、プレーヤーを飽きさせません。
ちなみに、切り替える必要があるのは優・翔の2種類だけだと思われがちですが、実は「“ミコシサマを持っていない”優」も含めて3種類の切り替えが必須であり、これはゲーム内で入手できるヒントの中でも暗示されています。これからプレイされる方は、このことを覚えておくと良いかも。

ゲームの難易度は高いほうです。謎解きが難しいとか、敵が強いっていうことではなく(むしろ謎解きや敵とのバトル全般に関しては、これより簡単なホラーゲームを探すほうが難しい気がします)、クリアするためのフラグ立てが複雑だったり、非常に不親切で理不尽だったりするため。
例として、最初のチャプターでは限られたタイミングに、ある行動をしておくことが全クリの必須条件となっており、それを怠ると最終チャプターにて強制的にバッドエンドが決定します。せめて、その時点でそれがわかるようにしてくれれば、やり直しもできるのですが、チャプター1・2と普通に進行させておいて(泳がせておいて)、終盤まで来ていきなりバーンとゲームを打ち切るやり口がとっても汚いですね(笑)
しかも、バッドエンドになってしまう必然性が全くなく、理解不能でしかないというオマケ付き。

そういったものも含め、設定がガバガバ、という意見は多いですし、それ自体は正論だとも思いますが、私個人の意見を言わせてもらえば、ホラーゲームに理屈っぽい設定なんかいらないんです。だってどのみち「ありえないもの」を描くのがこのジャンルでしょう。むしろ、無駄に複雑で、作り手の自己満足になってしまっているようなものよりも、今作の清々しいくらいのプレーヤーへの丸投げっぷりは、よっぽど好感が持てる。

B級感に富んだ音楽(BGM)に関しても、ゲームの世界観とよく調和していて、私は大好きです。最終チャプターのゾンビ出現時のBGMが特にお気に入りで、今でもときどきYouTubeで聴いています。

まだゲーム業界が商業主義に振り切っていなかった時代の貴重な作品。プレイステーションネットワークにてダウンロード購入することもできます。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年2月27日
実際やってみると楽しいし、ハラハラワクワクするのですが、
操作がやはり、難しいですクロックタワー2はそんなでも無いのですが…
でも、他のゲームとは違うオリジリティがあり、他では無い展開が面白いです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年4月3日
毎度おなじみのクリック方式のホラーアドベンチャーの日本版です。
クロックタワーシリーズをやってきた方ならわかると思うのですが、今回もなかなか操作しづらいですね(笑)
ですがそれがまた恐怖を引き立てるというか絶妙なバランスでGOOD。

ストーリーは優と翔という二つの人格をもった女の子が主人公です。
その主人公が新しくお世話になる家に来る所からストーリーは始まるのですが・・・とにかく説明がない!
優の二重人格の原因こうで、この鎧怪人が出た理由はこうで、こうなってしまった原因はーなど説明されない事が多い。

かといって全く説明されないわけではなく、ユーザーに考察する余地をあたえうすぼんやりと全容が見えてくる・・・
この説明の少なさや、漠然とした不安感がジャパニーズホラーの王道を行ってるような気がするのです。

今プレイするとポリゴンの荒さや操作性など荒が目立ちますが、それ以上にキャラが立っておりホラーゲームとしても高い水準にありますね。

そして最後にこのゲームをプレイされる方はOPをよく見ておく事をおすすめします。
OPで翔の表情などを見ていると一番難しいGOODENDを迎えた時に、ジャパニーズホラーお約束のモヤッとしたものを味わう事が出来ますので是非。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年3月15日
 人格交代は正直、体力減らないと出来ないから嫌だったけど、それを抜けば出来は良いかな。話も突拍子な感じはしたけど。ある事をすれば、ガイドブックが出るので、ある程度の内容補足にはなります。

 でもパッケージに出ている才堂の出番がラストしかないのは、寂しかったですね(素顔も判らずじまい)。Gファンタジーでは漫画やっていたそうですが(かの有名な高河ゆん先生がコミカライズ)。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥741-¥44,980

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック