Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire さあ、楽器をはじめよう ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
32
5つ星のうち4.5
価格:¥4,300+ 配送無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年3月22日
読んでくれる人がいるかどうか分からないが・・・

これはナムコの「グランツーリスモ」への挑戦である。

ナムコはPSで毎年リッジを刷新していた。
だが、このR4だけ遅れに遅れて発売されたのだ。

ナムコはR4をグランツーリスモに対抗しうるドライブゲームに仕上げたのである。
数あるリッジの中でこれだけが傑出して完成度が高いのはその為だ。

当時、私はサターンのセガラリーに夢中で、リッジなどバカにしていた。

しかしこれは別だ。

レイジレーサーまでは全て中古で売り飛ばしていたが、これだけは今も持っている。

そしてこれを超える「リッジ」は未だ現れない。

ゲームはハードの性能ではない。

情熱を持った人間の作るプログラムにこそ真価がある。

「サターン版セガラリー」と「R4」は永久に私の最高のドライブゲームだろう。
(難を言えばビハインドビューが往来のリッジのままであることぐらいかな。)

その後のリッジは他のレースゲームと対決することを諦めてしまった。

挙動も初代リッジの嘘くさいのに戻ってしまった。

ロンチのベンチマークツールに成り下がってしまった。

R4を作ったスタッフは今のナムコにはいないんじゃないかな?

ナムコが妥協だらけのリッジを作り続ける限り、この古いソフトの価値は輝きを増し続けるだろう。
0コメント| 148人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年6月28日
このゲームのおかげで車好きになった。それくらい面白い。是非一度はお試しあれ。(音楽、グラフィック、共に最高のレベル。今やれば粗く見えるが、当時では最高=そう考えれば今見ても最高)

今のリッジレーサーに欠けているものが、このR4にはある。
0コメント| 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月23日
最新のリッジと比較して思う。余計なものがない。

上位機種に移植されたR4のコースで走っても、このゲーム程洗練されたカッコよさがない。
技術的に欲張って、色々詰め込んでしまっているのだ。

操作は方向キーとボタン一つ。
グラフィックは綺麗だが、リアルとも違う。見て愉しむ分には必要ない所が削ぎ落とされていると言うべきか。
音楽も曲数は少ないが、後続の作品でも度々登場することからも、その質の高さは伺える。

後継作では新たにニトロシステムが採用されたことを筆頭に、やれること、ボリュームは確実に増えているが、ただレースをする、という楽しみとは別物であるように思う。
美しい景色の中を、愛しい音楽とともに、ライバルと走る。そんな、レースの喜びが詰まった作品である。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年7月28日
現在は7まで出ているリッジレーサーシリーズですが、私はこの『R4』が一番だと思います。PS最高のグラフィックといっても過言ではありません。
まぁ、今見れば汚いと思う人も多いでしょうが、リッジの挙動を考えると逆に45フレームの方が違和感がなくていいです。レイジレーサーの失敗から学び、この『R4』に活かしています。60フレームの7がすごくリアルなミニ四駆(笑)と言われているのはそのためではないでしょうか。
そして、同梱のリッジレーサーハイスペックver.も当時のナムコの気合いを感じることができます。
最近はロンチでばかり発売してますが、この『R4』のように次回作は試行錯誤してがんばってほしいですね。
0コメント| 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年11月3日
昔ハマっていたこのゲーム、久しぶりにやってみたのでレビューでも書こうかな、と
ただ単純にそれだけだったのですが、自分以外にも似たような人がいるようでビックリしました

この『R4』やっぱり面白い
遊びやすいし背景も綺麗
もちろん「グラフィック」という事ならその後に出た続編の方が綺麗なんですけど
「綺麗」と「面白い」は全然別問題です
本当に不思議です
こんなに昔のゲームなのに
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年6月2日
技術が進歩し、グラフィック面が格段に上のレースゲームが
出ている昨今ですが、この作品以上の「レースゲーム」は
僕の知りうるかぎりほとんど出ていません。
よく出来たシュミレーターは出ていますが、ゲームという観点では
はたしてどうなのでしょう。
音楽やその他の部分でのセンスもとても素晴らしいです。
0コメント| 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月24日
グランツーリスモやフォルツァモータースポーツなど、ドライビングシミュレーターとして非常に優れたソフトは沢山出ていると思います。

でもあれらは正直言ってゲームソフトでありながら中身はゲームではないです。

もちろん上記に挙げたソフトはリアルさを追求しているという点では非常に面白いです。

しかし、レーシングゲームとしての楽しみを考えるとリッジレーサーtype4というこのソフトのほうが優れているのではないかなと私は思います。

今見れば確かに荒いグラフィックですが、それでもPSの性能を限界まで引き出している、当時の開発スタッフの懸命さが伝わってくる、そんなソフトです。
0コメント| 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年7月11日
今でも見劣りしないグラフィック
本当にこれがプレ1で動くのか!?と自分も思ってしまいました

ゲームとしては、神の領域で、メインのグランプリモードではストーリーを楽しみつつリッジレーサーの特徴である爽快な走りを楽しめます

対戦モードは2分割画面で対戦ができますが
ハード同士をケーブルで繋げば最大4人対戦が楽しめます
テレビと機械が二台ある人は体感してみてください

ちなみにこのゲームで自分が気に入ったところは
個性豊かなマシンとBGMです
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月5日
BGMが最高にかっこいいゲームだと思います。

今やると画像の粗さとか、車のデザインのチープさとかがどうしても気になっちゃいますけどね。

でもそんなこと関係無しにドリフトが楽しいし、荒唐無稽なマシンやありえない挙動が最近のレースゲームにはない楽しさを与えてくれます。

全体の構成がクールで忘れた頃にまたやりたくなる作品です。

個人的には5よりも4が好きで、もちろんサントラも買いました。

4のサントラを聴きながら運転する方はくれぐれもスピードの出しすぎに注意!!
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年10月27日
小学五年生の冬。
テイルズオブファンタジアをとあるゲームショップで購入した際、レジの横にゲームの試遊台があった。

そこで流れていたオープニングムービーに釘付けになった。頭を横から叩かれる衝撃が在ったのを覚えている。

生まれて初めて聞いたあまりにもクールなハウスミュージック。
ヒールアンドトゥーで三速⇒二速に落としてから、RTSカラーのビゾンテがドリフトを決めて立ち上がるシーンのリアルさ。
美女を助手席に乗せ、トップでチェッカーを受けるラスト。

コントローラーを手に取ってスタートを押すと、光の筋が幾重にもバックに映るメニュー画面に入る。
グランプリモードを選択すると、MCが説明を行う。REAL RACING ROOTS '99で優勝する事。それがプレイヤーの目標。
一次予選、二次予選、決勝を勝ち進む事でその栄光を手にする事が出来る、と。

4つのレーシングチームのオファーに1つだけ応え、シーズンが始まる。
黄色と黒を基調としたシンプルかつスタイリッシュなインターフェイス。あちらこちらに見受けられる英文の数々。
アーティスティックなキャラクターグラフィック。計算されたタイムラグで移り変わるキャラクターの表情。
4つの自動車メーカーからマシン供給を受けるらしく、それも選択する。コーナリング特性もこれで決まるらしい。

横浜、福岡、ニューヨーク、ロサンゼルス。光と影が支配する市街地コースの数々。
ハウスミュージックとMCのアナウンスをBGMに、派手なカラーリングのマシン達が一位を争う。
ヘッドライトやブレーキランプが美しいラインとなってリプレイに花を添える。
そのレースの結果を一癖も二癖もある監督やオーナーと噛み締め、次の予選、そして決勝に向けてマシンをグレードアップする。

そう、このゲームは本当の意味での『レースゲーム』なのだ。
ただ作業的に一位を取るだけでは無い。勝利を監督役のテキストボックスに無下に求められる訳でも無い。
世界一シビアなグランプリを戦い、七人のライバル達の一番前でチェッカーを受け、監督・オーナー達の其々の『人生』と言うドラマを分かち合い、前に進んでいく。
レースと人間ドラマ。ゲームで表現されたのは『R4』が初めてなのでは無いだろうか。
そしてそれを伝え切ったのが、当時のナムコの非凡なセンスと情熱を持ったクリエイター達である。
筆舌にし難い、余りにも愛おしい人々の輝きの数々が、この作品には詰まっているのだ。

13年の時が経っても、この傑作は決して色褪せず、脚色されず、今も私の胸の内で光を放っている。

PLAYSTATION Storeのゲームアーカイブスでも配信されている為、皆さん是非プレイしてほしい。
絶対に、損はしない。
1コメント1件| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥4,853

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック