Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FM/JMSale 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
3
トンネルズ&トロールズでTRPGをあそんでみる本
価格:¥2,000+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

2016年12月8日
T&T完全版の発売を記念しての特集本。T&Tを初めて遊ぶ人、完全版を遊び倒す気マンマンの人、完全版を買うかどうか迷っている人、少年時代に本が擦り切れるまでソロ・アドベンチャーをやりまくった人(もちろん今でもやりますとも)、そんな全ての冒険者に。内容は冒険企画局及びグループSNEの豪華執筆陣によるコラムをはじめ、トロールワールドの完全版地図や歴史、T&Tの歩みを振り返る年表及び総覧、小説、リプレイ、シナリオ、杉本=ヨハネ氏作のソロ・アドベンチャー等と充実の大ボリューム。ウォーロック14号掲載のロードス島戦記のT&Tリプレイもまさかの再録!5版ソロ・アドベンチャー世代の私には北沢慶氏の短編小説「運命の審判と乙女の決意」がネタ満載で面白かった。ところで、オークが「ウルク」、ホビットが「ホブ」、バルログが「バルルク(コーター)」とかいう名称変更はどーゆーこと?7版からそうなったの?トールキンの著作権管理者からクレームでも入ったんですかね。ラルフ大陸も「ルールフ」大陸になってるし、5版しか知らないオールドファンにはかなり違和感が…。まあ、それはともかくシンプルで豪快でユーモアとアイデアに富んだT&Tの世界をもう一度遊ぶならこの一冊。これでもくらえ!
0コメント| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年7月14日
冒険企画局とグループSNEがタッグを組んだT&Tの解説本といえば、雑誌「ウォーロック」の復活を期待するでしょうし、実際こういう内容になってます。
この本はウォーロックが63号で休刊せずに、このまま2016年まで続いていれば、どんな風にT&T完全版を取り上げるだろうかがコンセプトになっている気がします。(この点が初期のウォーロックの復活とそこからの発展をコンセプトとしただろうTtTマガジンと少し違う)
当時のウォーロックでは予算や紙幅の都合でできなかっただろうカラーページを使った職業や種族、世界観の紹介。イラストレーターやライターを贅沢に使ったさまざまな形でのT&Tの紹介。ウォーロック14号掲載のロードス島コラボリプレイも再録しており、最後はウォーロック同様に近藤局長によるロビー(編集後記)で締めてます。
ただ一つ残念な点といえばT&TのイラストといえばNikovさんなのに、連絡が取れなかったのか一つも載ってなかった事です。これで表紙がNikovさんの書き下ろしだったら最高だったのに。(だから表紙が完全版の写真になったのかもしれないが)
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月13日
完全版から詳しいルールを除いた廉価版のような物で、重複する内容がかなりあり、もちろんこちらの方が質量共に少ない。
完全版にはないものもあり、T&T遊び方解説漫画、小説、リプレイ、ソロアド、ミニシナリオ、コラム、は頁の都合上短いのを承知の上ならそれなりだが、雑誌の記事ならともかくわざわざ購入理由になるほどの魅力はないだろう。

これらはまだしもリプレイ「帰らずの森のフェアリー」は特に出来が良いわけではない、と言うかはっきり言って山無し落ち無し意味無しの無味乾燥リプレイだし、ロードスリプレイ集に収録されているので貴重なわけでもないし、そもそも旧版のリプレイをわざわざ載せる必要がどこにあったのだろうか。表紙に水野良の名前を使いたかっただけでは?商業的には正しいかも知れないが…なんだかなぁ。

魔法の解説はつまらないを通り越して不愉快。脳味噌スイーツ女キャラが口語調で魔法について解説するという、読んでる人の頭の方が痛くなる出来。悪ノリが過ぎるのでは?若い人にはこういうのが受けるのかも知れないが…。

本の題名に反してT&Tが関係ない物もあり、コスプレの勧めやライブRPGの解説はなぜ入れたのか理解に苦しむ。

特に酷いのは五竜亭で、もともとこのシリーズはクイズとは名ばかりでお題についてキャラが駄弁るだけで個人的に大嫌いだったがなぜT&Tに出張ってくるのか。せめてお題がトロールとか変な武器とかT&T特有のものならまだしも何の関係もないお題で、たまにT&T要素に少し触れる程度。それでいて一番頁数が多く二十頁もあるのでうんざりする。相変わらずのしょうもない内輪受けのノリも腹がたつ。わざわざT&Tの本に出さないでほしい。

本の題名からすると新規向けに思えるのに旧T&T関連の内容も多く、懐古向けなのか新規向けなのか、おそらく両方だろうがその分どっちつかずで両方薄くなっている気がする。新規層なら詳しいルールが載ってないから結局完全版を買うしかないし、懐古目的で買うにはそこまで内容がいいわけでも無い。
T&Tを今さら遊ぶつもりはないけど世界設定等には興味がある、でも完全版は高くて買いたくないと言う人には、世界、地図、歴史、役割、種族、モンスター、都市、等が少しずつだがまとまっているので良いかも知れないが、完全版を持っている人はいらないだろう。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)