Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 9000 Amazon MasterCard Wintertire TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV バレンタイン特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター SING/シング【通常版】(吹替版)



2017年5月21日
レイアウトの複雑な組み方など、一つ一つおぼえることができました。
お勧めです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年10月20日
例えば、段組み、という概念は、本来DTP(電子製版)の分野の言葉ですが、そういったことを交えて平易に書かれています。なので、とても読みやすいです。ただ、HTML5や、カスケーディングスタイルシートに慣れてくると、若干物足りなさを感じるので、例えば、コマンドリファレンスなどと合わせて読むと、応用が利き、一層理解が深まりました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月8日
レスポンシブサイトを作るにあたり、
まだ不安が残るので復習もかねて購入しました。
この本は、HTML5とCSS3をある程度理解したうえで
レスポンシブサイトを作りたい人の為の基礎の本です。

サイトの内容は下記のような流れです。

・floatやcontentをつかったボックスの並べ方、からはじまり
・ブログ風のサイトの作り方、ビジネス風サイトの作り方(HTML5とCSS3の記述もあり)
・トグルボタンの作り方(かんたんなJqueryの記述あり)
・IE8はarticle要素などを認識しないので、IE8に対する処理

本の中ではリンクに使うホームアイコンなどのアイコンは
全てFont Awesomeを使っていますので
Font Awesomeの詳しい使い方はネット等で調べる必要はあります。(さほど難しくないです)

最初の数十ページはひたすらfloatでのボックスの並べ方の解説だったので
買う必要がなかったかなとも思いましたが、後半に行くにつれて
HTMLやCSSの記述もあってサイトの作りの流れをよくつかめました。

見た目とは違いレスポンシブサイトはコーディングがややこしかったりするので
こういう一冊があると安心、というかんじです。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年5月11日
HTML&CSS初心者のため、本屋をねり歩いても、どれから始めれば良いのかチンプンカンプンなので、Amazon様の購入者レビューを参考に購入させて頂きました。これ一冊で全て足りるというわけではないですが、最初の道先案内人の役割は十分果たしてくれました。配達も通常発送でしたが、すぐにご対応頂きました。大変満足しております。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月23日
レスポンシブWebデザインの入門書として、とても参考になりました。このような書籍が増えることを望みます。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月18日
高校の卒業制作のために使いました。
1日かけてさらっと読んで1時間ほどでWebページを完成させることができました。
私はプログラムなどを書いたことがなかったのですが、簡単に理解することができました。
凝ったデザインのサイトを作らないのであれば十分だと思います。
あくまで高校生の課題レベルの話です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年12月23日
結論から言うと、素晴らしく実践的&実戦的なテキストです。

HTML5とCSS3のフォーマットを前提とした、スマホとタブレットにほぼ完全に対応した、レスポンシブデザインを本格的に学ぶことができます。

Chapter6まである中で、そのすべてがレスポンシブデザインのトレーニングメニューになっていて、これでもかというくらい頭と手に叩き込まれます。

また、トレーニングのためのWebページを作っていく過程で、Font-Awesomeによるアイコンフォント、jQuery、clearfix、IE9対応などなど、一定レベルに届くサイトを制作するために必要となる、さまざまなテクニックやTipsをたくさん学ぶことができます。

HTML5、CSS3、レスポンシブデザイン、この三つの習得の必要に迫られていた自分にとって、まさに最高のテキストだったといえます。

ただ一点だけ気になるというか、誤解されるんじゃないかと思う点があります。
本書のタイトルは「HTML5&CSS3デザインブック」なっていますが、あくまでHTML5&CSS3をフォーマットにしたレスポンシブデザインのテキストであり、HTML5&CSS3そのものについては、ほんの少ししか解説されていません。

ゆえに、HTML5&CSS3を基本からじっくり学ぼうという方にはまったく向いていません。
そして本書の前書きにも「本書は、『HTML5&CSS3レッスンブック』を読了された方や、HTML5とCSS3の基本を習得された方が、基本を発展させ、さまざまなレイアウトのWebページを作れるようになることを目的としています。」と書かれています。

私自身もそうしたのですが、同じソシム社刊の「HTML5&CSS3レッスンブック」を終えてから本書に取り組むのが良いと思います。

いずれにしても良書に出会えたことに感謝です。
0コメント| 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月4日
自分のホームページをとにかく早急にスマホ対応したい、と急く気持ちで書籍を色々読みましたが、この本が一番役に立ちました。htmlとcssの概念を大体わかっていれば素人でも問題無く読み進められ、課題になって居るページを順に作っていけば、レスポンシブデザインの概要が掴めます。個人や商店、SOHOなどのサイトを手っ取り早くスマホ対応に作り替えたい人には最適だと思いました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年4月27日
この本は、HTML5、CSS3対応で良い。レイアウトの概念で、箱を左上から、右下に並べていくのが特に良い。
しかし足りない情報もある。そこは、少し古い本でHTML5、CSS3には、非対応の部分もあるが、
初心者向けにJavaScriptの絵本と言う本を一緒に購入されることをオススメします。
相互補完になると思いますよ。
ブログを作るには、他の本でPHPとWordPressも含めた本を購入されると良いと思います。
ただし、アメリカなど海外では、Pythonと言うプログラム言語が、ブログや、Google、Youtubeのサイトや、NASAで採用されて一般的で、有名です。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年5月15日
 本の通りに順に読み進み、実際にHTML、CSSを描いてゆくと、よく理解できました。たいへんわかりやすい構成になっており、HTMLやCSSの編集をやったことがあるレベルの人ならば、その通りやっていけば、とりあえずモバイルフレンドリーで、レスポンシブな最新のHTML5+CSS3仕様のホームページを作成することができます。名著だと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告