Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



VINEメンバー2013年2月2日
会社員の副業でWeb系の個人事業をやっています。
漠然と「いつか、会社としてスタートした方がいいのかな」と思ったりしてた中、本書を手に取りました。
中にチェック項目がいくつかあるのですが、これを見る限り、私の事業は今の段階ではまだ会社にしない方がいいということがよくわかりました。
会社は手間と人出とコストがかかり、これをクリアできる程度の利益がないとメリットが無いことがよくわかりました。
大変参考になったので5つ星です。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月6日
出版より年数が経ってから読み始めたのですが
とりあえずここの評価を見て驚きました。
確かに内容は目的を果たしているかもしれませんが
それでも何度も読み返してしまう程、文章が独特でわかりづらかったです。
筆者が知り合いだったりしたらまだ気持ちよく読めたかもしれません。
客観的な知識や情報を得ようと思ったのですが、
とにかく筆者基準での偏見が織り込まれたような文章には辟易させられてしまいました。
出版に至るまでに様々な方がチェックされているとは思うのですが
この状態で通っていることが不思議でなりません。
説明が必要なところが省かれていたり、
逆に当たり前のことをとてもわかりにくく書いているようなところもあります。
内容に嘘はなく、おそらくこの分野で熱心な方だというのは伝わってくるので
星1にはしませんでしたが、
ちょっと表紙からは想像できない程の癖のある文章表現は自分には合わなかったです。
筆者の個性を前面に出すか、普通の読みやすい文章で客観性を徹底するかのどちらかにして欲しかったです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年10月18日
迅速にご対応いただき、ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年11月20日
今、個人事業か会社設立かを判断するために、このチェックリストを使うととても分かりやすい。

本気で会社設立を考えるときに実践的で役立つ本。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2010年1月23日
個人事業主が会社を設立する為の本なので仕方が無い事かもしれませんが、
個人事業者のデメリットを少し大げさに書き過ぎている感もあり
「その企業ちょっと待った!」的な本やWEBサイトと併せて勉強した方がよいかもしれません。

知らなきゃいけない事の概要位は掴めると思うので、そういう意味で☆4です。
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年6月5日
何冊かこういった会社設立についての本を読んだのですが
この本のように、個人か会社かで、どれだけの得があるのか・損があるのかが
分かりやすく書かれてある本は初めてみました。
特にポイントによって、会社にすべきか個人事業を続けるべきかを、振り分ける
手法が面白い。

これから会社をつくる予定のある人には、お薦めの1冊です。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年5月14日
私も、早速チェックリストをやってみました。
最初はちょっと難しかったので、結論だけ読んで、チェックリストに○をつけてやってみました。
やっているうちに面白くなって、迷っていたのだけど、会社をつくる決心がつきました。
独立したばかりで、まだ会社なんて早いかなと思っていたのですが、この本に出会えて良かったと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年8月28日
この本は、よくある解説本と違い、実務に沿って本当によく整理されています。多くの事例、ポイントになる実務において、個人事業と会社の運営の両方の目線から解説しているのでイメージしやすいのが特徴だと思います。
メリット、デメリット、比較項目の結論が明確で、よく理解できます。
コンサルティングや、セミナー講演などで、様々な資料や参考図書に目を通しますが、
NO1のわかりやすさだと思います。
起業を考えている方、法人化を検討されている方は、是非繰り返し読み込み、経営中もきっと役に立ちますので、
お奨めです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年6月13日
会社にすると車は社用車に?自宅を社宅として購入?電話の契約は変わる?料金は?経費の範囲はどうなる?社会保険?決算広告?
こんなことがあるんだ〜〜ということが概ね分かったのではと思います。さて、それらを実際にどうするかというのは、今後税理士さんと相談します。実際はこうしたほうがよい、というのはやはり経験を積んだプロとの会話です。
しかし、そのひとつひとつを知っているか知らないかでは、税理士さんとのやり取りも変わってくる。経営者である以上は、自分で会社をどうしたいかというイメージを持つべきであり、そのために必要な一冊だと私は思いました。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2010年5月13日
 内容は、まったくタイトルの通り。個人事業者向けの、ダンゼン得する会社のつくり方がよくわかる本です。

 巷には起業を煽る本があふれかえっています。それらの本はメンタル面でやる気を出すのには役立っても、具体的にどういう手続きを踏めば会社を立ち上げられるのかについては言及していない場合がほとんどです。
 この本は、それらの本とは一線を画します。それらの本とは全くの逆の本です。ただひたすら、会社を作るにはどうすればいいのか、どういう条件の人が会社をつくった方が得で損をしないか、会社であることのメリット・デメリットなどが、延々と語られています。
 特に著者の方が税理士なので、税金の面からのメリット・デメリットについては事細かに語られています。

 以上のことから、この本のターゲットは限られます。しかし、そのターゲットである今すぐ会社を立ち上げる人や、現在、個人事業者の人は、絶対に読んだほうがいいです。
 熱意だけでは、会社を立ち上げることはできても、会社をまわすことはできません。会社を立ち上げることすらできないかもしれない。他の本で熱意をたぎらせ、その熱意を具体的な行動に落とし込む、熱意の次の段階で読むべき本。
 また、会社とは何かという問いにも考えさせられます。

 個人の価値観や働き方、生き方などが多様化している時代です。これからは、これくらいターゲットを絞った本でないと、存在価値が薄れてしまう時代に入ってきているのかもしれません。
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告