Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 怪盗グルーのミニオン大脱走(吹替版)



VINEメンバーベスト500レビュアー2016年11月15日
前作「喜びから人生を生きる!」の内容を更に深める良書だと思います。
前作はスピリチュアルという言葉に関係なく、もっと多くの人が読めば世界は変わってしまうだろうなと思えるくらいの衝撃を伴った素晴らしい内容でした。
本書では前作を出版後のエピソードを含め、彼女が体験したことへの理解の更なる深まりが伺えます。

本書は前作の内容を前提に書かれています。
できれば前作「喜びから人生を生きる!」を先に読むことをお勧めします。
前作はKindle Unlimited 読み放題の対象となっているので、お試し会員になってでも読んでみるといいかもしれません。

前作と本書、素晴らしい本に出逢えてほんとうに幸せです。
すべての方に読むことをお勧めします。
0コメント| 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月2日
前作がめちゃめちゃ良かったので、2冊目の内容がそれと同様、または上回ると思えず(アニータさんごめんなさい)なかなか手に入れないでいました。一冊目を何度も読み返していて、ここ数日で「もっと自分を愛することについて詳しく知りたい!」と思い始め、購入しました。そうしたら、一章ごとのストーリーに感動しっぱなしで、自分の人生で体験してきた深いところにある愛のようなものに触れまくり、まるで感動する映画を見たような、泣いたあとの爽快感がありました。
知りたかった自分を愛することについても何度も繰り返し書いてあり、徐々にそのことが分かってきたように思います。
自分を愛するとは聴き飽きるような言葉ですが、これを実践するには思った以上にとても勇気が入ります。それくらい私たちは、自分自身を他人の評価、世間の常識に明け渡してきたのだと思います。私は人から責められることがとても怖いため、他人を優先し、自分を抑圧しまくってて生きてきました。おかげでやりたいことがない、何が好きかもよくわからななってしまった。。ずっと真実を求め続け頑張ってきたのですけどね。それでは救われない、変われないのですね。
各章ごとにヒント、エクササイズ、自分への質問という項目があり、これがまた、実践的で、自分を大切にしてこられなかった私には目からウロコの質問もあり、あ、こうやって考えたら良いんだ!と思いました。
20年近く、心理学、スピリチュアルの分野の本を読んできましたが、ここ最近でやっと自分は神様と同じくらい大事ということが分かり、それでは今度は、自分を大切にするというほんとうの意味での実践を始めているところです。
知っている(聴いたことがある)と、そのように生きている、とは全く違うし、真の意味を知るのはあちらの世界へ行った時なのでしょうね。
それにしても、アニータさんのおかげで死後の恐怖がなくなったことは本当に良かったです。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年11月11日
処女作、“喜びから人生を生きる!”が、あまりにも素晴らしい作品であったため、アニータは、これ以上の本は書けないと思っていた。
ところが、今回の著書は、その思い込みを見事に打ち破ってくれた。
アニータが、臨死体験で得た深遠な知恵をどのように日常生活に生かしているか、他の人々が直面する困難に、どのようにアドバイスしているのかが、わかりやすく書かれている。
誰にとっても、人生の指針となる名著だ。
すべての人々に読んで欲しい。
そしてアニータの一連の著書を見出し、翻訳し、日本に紹介して下さった奥野節子様に、心からの感謝を捧げたい。
また、これらの本を出版して下さったナチュラルスピリット社にも感謝したい。
0コメント| 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月7日
前作での気づきのシェアも素晴らしかったですが、今作でも、さらに具体的に、いくつもの疑問に答えてくださっています。

各章の終わりに、まとめのような質問であるとか在り方の可能性であるとかが書かれてあります。

素晴らしいです。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月4日
天国とは、どこか遠くにあるのではなく、心の在り方なのだと感じました。

病気で臨死体験をし、瀕死の状態から生還したプロセスを記した前作から、今作は一歩踏み込んで、新たな人生を歩みだした著書の心の軌跡がつづられています。

前作で一躍有名人になり、世界中を巡ることになり、香港からアメリカに住居を移し、様々な人たちの相談に応えながら、自身の体験談を通して、人の心に寄り添うことの大切さを説いています。

そして、どんな人も無条件に愛されており、死後に審判などはなく、たとえ重罪を犯したような人でも、本当の意味ではゆるされているということ。

この本を読んでいる最中、たまたまテレビで死後の世界の特集をしていて、臨死体験をした脳外科医や、前世の記憶を持つ子供たち、亡くなった愛する人からのメッセージが紹介されていました。この世には、目に見えない世界、科学では解決できないこと、全ての人が深く愛されていて、なんの心配もないことなどを教えてもらいました。

自分や他人を責めることなく、自分のハートの声に従って行動することが、何より大切なことなのだと学びました。

本を上梓したことで、著者は古い価値観や伝統文化に傾倒する人たちから批判も浴びたようですが、その勇気は称賛に値すると感じました。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月10日
エゴとは、その存在ゆえ苦悩も発生するのだが、この世では生きていくのに必要不可欠なものであること。人はありのままで完璧であるということ。死後はすべての人が天国に行けるのだということがわかりました。講演会でアニータさんに子供を亡くされたばかりの女性が質問をしたとき聴衆が期待するようなありきたりの慰めの言葉をかけずただ悲しみを共感されたことが特に印象的でした。ネガティブなものも含めてわきあがってくる感情を大切にすること。それこそが自分をありのまま愛することなのだと感じました。
0コメント| 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年12月29日
第1章-誤った社会通念-したことが自分に返ってくる
第2章-誤った社会通念-自分を愛することは利己的である
第3章-誤った社会通念-真の愛とは何をされてもゆるすこと
第4章-誤った社会通念-自分には問題があり、あなたにも問題がある
第5章-誤った社会通念-ヘルスケア制度が健康管理をしてくれる
第6章-誤った社会通念-それは単なる偶然だ
第7章-誤った社会通念-死んだら自分の罪を償う
第8章-誤った社会通念-スピリチュアルな人にはエゴがない
第9章-誤った社会通念-女性は男性より弱い
第10章-誤った社会通念-いつもポジティブでなければいけない
-----------------------
前作「喜びから人生を生きる! 」がとても素晴らしく、彼女の経験を通して多くを学ぶことができました。
2冊目の本書も通読しましたが、前作ほど目からウロコが落ちるような発見はありませんでした。
私の場合、ウェイン・ダイアー氏や数多くの著書・各ワークなどで、固定観念も随分剥がれ落ちた後なので、
今の自分には物足りない感じがしました。もちろん以前の私だったら、本書を手放さなかったでしょう。それだけ当然のことがかかれています。
しかし、この本は前作同様、我慢を重ねて生きてきた人、道徳心が強い人には、特に読んでいただきたいと思います。
私が彼女を知ったきっかけはYoutubeでしたが、とても素晴らしいお話をされているので(Wダイアー氏との共演もあり)そちらもぜひご覧ください。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年2月3日
アニータの2冊目の著書を読むことが出来て、嬉しくまた感謝しています。
彼女のメッセージを受け取ることは重要であり、そのタイミングもベストだと思えます。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月1日
私はずっと自分のエゴについて悩んでいました。でも本の中にエゴも思考も必要なものでそれがなければ物質世界を生きていけない、重要なシステムという所を読んだ時ホッとしました。それも含めての私でいいんだ!って思えました。ありがとうございます。大好きです。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年7月9日
同じ著者の方が何冊も本を書かれると、内容が被ったり
してるのでは…なんてことを思うものですが、
(アニータさん自身も、前作で言いたいことは言い尽くした
つもりで、新たに本を書く気は無かったようです)

こちらはアニータさんが周囲に向けてご自身の体験を
伝えるうち、世界中から寄せられる数々の手紙やメール
を通して伝わってくる人々の苦しみに対して、なんとかして
手を差し伸べたいという想いから生まれた本です。

彼女が日本に講演にいらした際にも、とても親身になって
質問者に応対されていましたが、一人で世界中の人の相談に
乗るのは難しいですからね…

アニータさんの体験したお話を交えながらワークショップを
受けているような感覚の本です。個人的には第8章「スピリチュアルな
人にはエゴがない」で語られていた内容にとても共感を覚えました。

ともあれ、本の内容を要約していると思われる言葉は最初の
方に書かれていて、それは彼女が繰り返し語っていること
でもあるのですが「あなたが唯一すべきことは、自分自身を愛し、
自分を尊重して、その自尊心や自己愛を体現することだけです。
そうすれば、あなたは愛そのものになるでしょう。それこそが、
自分や周囲の人たちへの真の奉仕です」というものです。

あちら側の世界に行ったら全てが一つで、わたしたちは
神の一側面として生きてるんですものね…

アニータさん、ありがとうございます!
0コメント| 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告