Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 Amazon MasterCard nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
7
世界史劇場 フランス革命の激流
形式: 単行本|変更
価格:¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2015年11月6日
世界史上でも名高い「フランス革命」の経緯を詳細に解説する。

フランス革命は「ベルサイユのばら」の影響か、王妃「マリー・アントワネット」の浪費が原因であるように言われているが、いくら彼女が散財や浪費をしたとしても国家財政を傾けるような程度には遥かに遠く、真の原因は太陽王・ルイ十四世の治世から続く対外戦争での慢性的な赤字による国家財政の破綻である。

絶対王政の全盛だったルイ十四世が崩御し、後を継いだルイ十五世は美男子あったが政治は疎く、対外戦争を繰り返しては負け続けた。
しかも全人口の4%しかいない王族・貴族・僧侶が富を独占し、多くの民衆が重税に苦しんでいた。
当時の民衆の取り分は総収入の10%と言われ、貧困で平均寿命は25歳しかなかった。

戦争に負け続け、女性にかまけ続けたルイ十五世が死去すると19歳のルイ十六世にフランス財政の再建が託される。
だが、このルイ十六世が「優柔不断で決断能力のない男」。臣下の言うままに事を進めて状況に対して無関心。
再建を託された大蔵大臣はいずれも「貴族・僧侶などの特権階級への課税」を進言するのだが、当然に特権階級は自分たちだけが甘い汁を吸いたいがために、大反対。その度ごとに大蔵大臣の首がすげ替えられるが、結局のところ結論は「特権階級への課税」しかなく、遂には数百年開催されなかった「僧侶」「貴族」「平民」の各身分から代表者を選出する三部会を開催されることになる。

しかし、三部会は「貴族・僧侶」の特権階級層と「平民」の対立を明確にし、やがて数の力で議会政治を実現しようとする平民たちを王を抱き込んだ貴族たちが武力で押さえ込もうとして紛糾。「人権宣言」が出されたものの特権階級の数々の権利は保証されるなどして実態は骨抜きだった。
やがて民衆は暴徒と化して各地を襲う。「革命」が始まったことは欧州各国の王家を動揺させた。

ルイ十六世は病的なまでの日和見主義で、革命を潰そうと躍起になったのは王妃のアントワネットのほうであった。
だが、身の危険を感じて逃亡しようとするも失敗。欧州各国と革命軍との間で戦争が始まると王妃は実家であるオーストリアに機密情報を渡して、
革命軍を潰そうと画策する。そういった売国奴のような行為が結局のところ自身に跳ね返ってくるであろうことを彼女は予想することが出来なかった。
王政は廃止され、国王一家は処刑される。けれど財政は火の車であり、対外的には諸外国と戦争。内政的にはまとまらず内憂外患の中で、
堰を切ったように反革命勢力と見なされた人間は逮捕・投獄され、ギロチン台へ送られていく。
ロベスピエールの恐怖政治でそれは頂点に達した。

かくも多くの死者を出したのは、革命の担い手となった人間がいずれも政治家として素人の人間ばかりであったからだ。
これまで支配されていた全人口の96%の平民出では、他よりも優秀であったとしても経験は皆無であった。
軍も実績のある優秀な人間は亡命したり、革命初期の戦いで戦死したりしていて、対外戦争では革命軍は負け続けた。
民衆は明日のことより今日のパンのことしか考えない。これは古今東西を問わないが。
流血が流血を呼ぶという悲惨な毎日が続き、それがロベスピエールの処刑を以てようやく下火になったのは、
あまりにも多くの人間が殺され続けたため、もう殺す人間もいなくなったような状況であったがため。
かくて多大な犠牲の上に革命は第一段階を越えて、時代は英雄・ナポレオンの登場を待つことになるのだ。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年7月30日
『フランス革命 歴史における劇薬』に続く2冊目として読みました。
『~劇薬』では大ーきな地図で俯瞰して、大河の流れを眺めるような説明のされ方でしたが、こちらの『~劇場』だと、マンガ的でミクロ事情が次々と語られます。
タイトルどおり小さなまとまりの「劇場」が次々上演される具合で、飽きさせません。
ページを繰ると、第何幕→第何幕…と展開が早く、一気に読めてしまいます。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月4日
世界史劇場シリーズ、毎回興味深く勉強させて頂いています。しかし、本シリーズは初心者がうかつに手を出すと、そのレベルの高さに圧倒されるのではないでしょうか?ある程度歴史を学んだあとに、知識を掘り下げるには持ってこいですが表紙につられてマンガ世界史のような軽い気持ちで読むような類いの歴史本ではないです。初めて世界史を勉強しようとする方にはあまりオススメできない内容量と濃さです。
受験生が、つまらない授業で頭に入らなかったことが、本書を読むことで歴史を学ぶ楽しさを再認識するためにはもってこいのシリーズです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年3月9日
すごい解りやすかったです。世界史の授業をさらに深く掘り下げて、詳しく解説した感じ。
国民議会→憲法制定議会→立法議会→国民公会→ジャコバン独裁…と政府と年号だけ並べられて覚えるのに苦労した記憶があります。
ですが本書の、まずフイヤン(上流階級)がしくじり、次にジロンド(中流階級)がこけ、最後に山岳派(下層階級)にお鉢が回ってきた。山岳派は革命勢力最後の砦。上中下全ての階級が失敗すれば厭革命気運が高まる恐れもある。絶対に失敗できない。という解説は非常に解りやすかったです。

また、山岳派のやって来たことは野党の立場から与党に常に反対し、口汚く罵り、騒いで、政治に無知なサンキュロットの人気を取っていただけ。
そうした「批判者(野党)」が、いざ「批判される側(与党)」に立ったとき、まともな能力を発揮したことなど無い、という解説も全くその通りだと思いました。
ロベスピエールは理想はご立派だったが政治の才能が無かった。政治ド素人だった。
やることなすこと裏目裏目で、しかたないからスケープゴートを用意してギロチンにかける。
ヴァロワ朝から正統性を継承したブルボン朝ですが、国王を処刑してしまったため山岳派はその正統性を継承できなかった。
正統性が無いため権威も権力も無く、残った手段は恐怖政治(テロル)で人を脅して縛り付けるだけ。
「混乱期には徳よりも才」「政治はド素人にまかせてはいけない」という、フランスだけでなく全世界に共通する教訓を残したのでした。

学校の授業でも予備校の授業でもこんなの習わないですよね。あれはひたすら歴史用語と年号の暗記ですから。神野氏の河合塾は違うのかな?詳しく知りませんが。
しかし読んでて思ったのが、ルイ16世の選択がどこかで一つでも違ってれば、自身も王室もあんな悲劇的な最期を迎えなくて済んだのではないか、と思ってしまいます。歴史にifはありませんが、神野氏の云うとおり悲劇を回避する手段はあった。ただやはり神野氏のルイ16世評が正しいなら、起こるべくして起こり、長引くべくして長引いた革命だったのだと思います。

結構ページ量があった気がしたんですが、あっという間に読み終わりました。心地良い充足感でした。
イラストが要点を抑えてて解りやすいし、さらに注記も付いてるので、世界史を全然知らなくても読めると思います。当然受験勉強にも持って来いだと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月29日
人権宣言における「自由・平等、主権在民、言論の自由、私有財産権」の考え方は、
近代市民社会への影響が大きいですが、第17条の私有財産権の条項は、
貴族が自らの財産を維持することが真の目的だったと初めて知りました。

普通の教科書の記述からはとても読み取れないことを、物語風にわかりやすく
掘り下げており、好感が持てます。ただし、ロシア革命の巻はまだ読みかけのままです。

ナポレオン時代あたりの続巻が早く出るとよいなと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月10日
簡単な知識がある人向けかと思いましたが、相当深く掘り下げた内容なので、通常の参考書を読んでから出ないとは理解できません
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月4日
 著者が革命に対して何の思い入れもないせいか無味乾燥の
カロリーゼロの食べ物を口に入れる感じでフランス革命を
学べます。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告