Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 2,000円クーポンプレゼント 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5


2014年5月20日
内容として、大げさなことが多く、「そこまで考えなくてもいいんじゃないかなぁ」と思わせる箇所が多くありました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年1月13日
想像以上のいい品物で満足しました!
ありがとうございました
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2003年4月23日
とっても興味のあるものからこじつけっぽいものまでさまざまでした。
10人のインディアンの話には、先住民族と開拓勢力との悲しい歴史が
感じられます。 つい先日「大きな古時計」というタイトルの茶色の表紙の本(出版社忘れました・・・)と比較して内容的に後者のほうが信憑性があるように思います。なんにしても童謡も童話も内容的には怖いものが多いですね!民謡民話もしかりでした。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアー2007年3月13日
小さい頃よく童謡を謡っていましたよね。

通りゃんせとか、花いちもんめとか、こごめかごめとか、ずいずいずっころばしとか…

小さい頃は、言語は「音」から入るので、「意味が分からず不思議だな〜」と思っていましたが、その童謡の意味がいくつかの説とともに書かれています。

読んでみると、本当に怖かったです。

しかし、多くの参考文献にあたって書かれているし、読むだけでもこれら童謡ができた江戸時代の文化風習を勉強できる。また雑学も身につく。

単に面白さや怖さのみを強調したものではなく、童謡に込められた意味を知るだけでなく、当時の文化風習まで勉強できる本としていいと思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告


カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック