SAO Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Fine_Writing Amazon MasterCard nav_flyout_biss chizu ファッションサマーセール Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV ふくしまプライド。体感キャンペーン 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 水泳・スイミング用品 バチェラー シーズン2

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
18
余命3カ月のガンが消えた1日1食奇跡のレシピ
形式: 新書|変更
価格:¥1,188+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


10件中1 - 10件目のレビューを表示(星5つ). すべての18レビューを表示
2017年11月17日
大変参考になることが、たくさんあって詳細に良く書かれていて良かった。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年4月18日
家内を乳がんで亡くしました。抗がん剤などでの化学療法で大変な苦しみでした。当初から化学療法に疑問をもっていたのですが、この本がもっと早く出版されていたらと思います。知人でガンの人がいるので、ぜひ知らせたいと思います。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年10月30日
とても参考になっています。
あそこまではストイックにはできませんが、考え方が身に付きました
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年7月27日
自分が癌になり、勧められて読みました。
マクロビオティックもしていたので、食い入るように読みました。実践もして手応えも感じています。とても参考になった本でした
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年10月22日
不食系の本は前に読んで知識はありましたが、やる勇気はありませんでした。しかしこの本を読んで、体温が低かったからかもと今までの不調の原因に気づき1日1食ならず1.5食をはじめました。今の所順調ですし、体も軽く朝の目覚めもすこぶる良い。旅行に行っても、パーティーにおよばれしても体重変動がなくなりました。人参ジュースと生姜湯で更年期障害が消えました!常夏のシンガポールに住んでいて、体調不良は気候のせいだと思っていましたが低体温と食事にあったかもしれません。きっかけをくださりありがとうございました。
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年2月26日
本人か本当にあったことを書いているので、説得力半端無いです、壮絶感も半端無いですけど、圧巻でした!
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年6月10日
がん患者にとっては本当に勇気と方法を見つけられる一冊です。
読んでいて楽しい本です。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年1月19日
毒出しの経過が興味深かったです。
脂肪肝という病気もあるほど肝臓は処理しきれない脂をため込む臓器ですが、著者の肝臓がんが治る過程で、箸も滑り落ちるほど全身から脂が出たり、長年ため込んだ脂の毒を排出しようとする身体の力はすごいと思いました。
東洋医学では肝臓と目はつながっていると言われますが、目からも脂が出てくるとは。
著者はマクロビの元祖の米国のクシインスティテュートに習いに行った程、マクロビにも造詣が深かったようですが、肉・卵・魚などの動物性食品や控えるなど食事内容を気を付けていても、1日3色プラスおやつで食べ過ぎだったために体に負担がかかり、癌になったようです。
食べる内容に気を付けていたらお腹いっぱい食べてもよいのではないかと思ってしまいますが、マクロビは万能ではないし(マクロビに限らずですが)、食べる量こそ重要であると思います。
石原メソッド実践後は、陰陽やマクロビにこだわらず、食べる量に気を付け、体が欲するものを小食にしながら食べることで、肝臓がんは治ってしまったたのですから。

○○メソッドとか小食で癌が治ったとか言うと反発を感じる人もいるでしょうが、
自分の内臓が(本当の意味で)消化可能な量以上を食べない、というのは健康の基本な気がします。

そして、消化可能な量というのは、ボリューム(量)を抑えて消化に負担をかけないという意味でもあるし、肉や添加物や砂糖などの消化が大変なものの処理で臓器に負担をかけないという両方の意味で、消化可能な量を自分で判断すべきなんでしょうね。
生まれもった肝臓・腎臓(毒出しの中心となる臓器)の強さ、子どものころからの食生活、病歴、薬歴等によって、身体の消化のキャパシティーは異なるでしょうから、自分の身体の声を聞いて各々が判断していくのが健康への道ですね。
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2014年9月19日
現代人は食べ過ぎが原因で病気になると良く聞きます。
ムラキテルミさんの本は病気の人も参考になりますが、今、健康な人も勉強になると思います。
プチ断食が流行っている昨今 この本は参考になると思います。
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2014年11月19日
わたしはがん4期の患者です。石原医師の提唱する食事療法を自宅で実践する人にとって、石原医師の著書が「教科書」なら、ムラキテルミさんの著書はもっとも優れた「副読本」だといえるでしょう。

教科書が記すのが「原則」、副読本は、より原則への理解を深めるための「読み物」と位置づけられます。石原医師のクリニックやサナトリウムに通えない人にとっては、そういった副読本は貴重です。本書には、石原医師から直接きいたアドバイスに基づいて、ムラキさんが自分で実践した、かんたんで、かつ、おいしそうなレシピがたくさん掲載されています。

たとえば石原医師の本では、ジュースの材料は、りんごとにんじんとされています。私はこれを、果物はりんごが推奨、という意味かと捉えていました。マクロビを勉強されたムラキさんも、生の果物は身体を冷やすからよくない、と考えていたそうです。けれどもムラキさんは石原医師に、りんごに限らず食べたいものを食べていい、とアドバイスをもらい、果物はなんでも食べるようになったとか。ささやかですが、こういった知識を得ることを積み重ねて、私たちは、自分の身体や生活スタイルに合った食事療法を、自分で体得していくことができるのではないでしょうか。副読本の役割には、大きなものがあります。

ご本人の治癒に経緯も一緒に記されています。壮絶な排毒の記録です。自分の身体に生じた、普通であれば他人に話すことなどないであろう現象をここまで詳細に記してくださった、その勇気に拍手を送りたいです。

もちろん万人には当てはまる治療法などありません。石原医師の食事療法を自分で実践したいと思う方には、ムラキさんの実践の記録は、治癒の旅のよいお供になってくれると、私は思います。私はこの教科書と副読本から学んだやり方で、とても元気に過ごしています。
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告