Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
25
5つ星のうち4.4
価格:¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年9月28日
lightroom5を主に使用し、最近photoshop ccも使うようになった者です。
改めてレタッチの仕方を勉強をするため購入しましたが、とても内容が充実していて教科書的な本だと思います。
理由は大きく2つありました。
1.理論理屈をしっかりと丁寧に押さえていること。
2.レタッチの複数の方法を紹介し、どの方法がいいかを書いてること。
今まで読んだレタッチを扱った雑誌等は、例題写真に対してのレタッチの方法を紹介しているだけで参考になりませんでした。
が、本書はデジタルの性質や、劣化がなぜ悪いのか等初歩的な所から本書は紹介しています。
また、同じイメージにも仕上げるにも、何パターンかやり方があると思います。(トーンカーブと数値バーどちらを使うべきか、彩度・明るさ・コントラストどれから?...)等、そのオススメの仕方やレタッチの順番なども記載されてるので、自己流でやっていた私にとっては、教科書そのものでした。
自己流の時は感覚でやってた事も多く、このやり方でいいんだろうか?と悩む事があったので、これで解決できました。
また理論的に基礎を知る事が出来たので、納得してレタッチをすることが出来るようになりました。
デジタル写真で色を極めたかったり、質の高いレタッチをしたい人で、基礎の知識を学びたい人にとってはオススメの本です。
0コメント| 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月23日
Lightroom 3を使用しています。本書は、この手のツールを上手に使用するための基礎知識が丁寧に解説されています。今までなんとなく現像していましたが、レベル補正、トーンカーブ、カラーバランス補正など理屈を理解したうえで使用したほうが、仕上がりに対する納得感がぜんぜん違います。お気に入りの写真に仕上げるためにも、基礎知識を身につけてからのほうが上達も早いと思いますので、これから現像にチャレンジしてみようと思っている方、ツールのハウツー本で挫折した方、俺流でなんとなくやってきた方には、本書はまさに、バイブル的な役割を果たしてくれることだと思います。欲を言えば巻末に索引が欲しかったのですが、章立ても秀逸なため、なくても困ることはありません。ちなみに、合成などの加工技術については本書のスコープではありませんので注意が必要です。
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月14日
レタッチやRAW現像のソフトがめまぐるしく入れ替わり、ほとんどの解説本がテクニックの羅列になっている昨今においても、本書は、「10年たっても古くならない」と著者が言っているだけあって、その説明は基本原理・基本方針にもとづいた内容になっている。言い換えれば、各手法のメリット・デメリットが明確に示され、著者の主張が実感として理解できる。

例えば、
・そもそもホワイトバランスとは?
・レタッチにおいて画質の劣化を最小限におさえるには、どのような手順ですればよいか?
・「ヌケがよい」とか「色を濃くする」とは、トーンカーブではどのように表現されるか?
・シャープネスとは、実際に画面の細部において、どのような処理がなされているか?
などなど。

少なくとも、これまで読んだ解説本の中では群を抜いている。

この著者は、電気工学科で計測制御を専攻し、もともとは音楽系のプログラマーだったらしい。どんな人なのか気になるところだが、もしかしたら何事にものめり込む人なのかもしれない。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月15日
現像は単にRAWを整形してJPEGにすればいい、という程度の認識でやっておりました。自分がこれまで基本の「き」も解っていなかったことがよくわかりました。細かな調整以前にカメラの設定を状況に合わせてきちんと行い、仕上がりをプリントとモニター用に分けてTIFFにするというだけで素人の目にも違いが分かるほどの改善が見られました。これからここに書かれた方法の一つ一つを実際に行ってみてその作用を確認していきます。これまで自己流でRAWの現像をしていた人は一読される意味があると思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年3月29日
4年の歳月をかけて本書3冊分の原稿から厳選された300ページ、読み終えて納得しました。厳選されている為か文字数は多くなく無駄が無い内容で分かりやすく納得出来る…最近ではなかった事です。
大事な所に線を引きたくなっちゃって、もう一度読み返すつもりです。
DTP作業中の思考や理論も自分がやってる事や思ってきた事と重なったり参考になったりして、なんかいい先生見つけちゃったなぁ〜って感じです。色合わせ、現像に関して複雑で不安だった箇所が大分埋められると思います。もちろんまだまだ難しい事ばかりですけど。
他の参考書もこんな感じだったらなぁ〜と願います。正直高いだけで内容のない本もたくさんありますからね〜。
著者の桐生さんには有難く感謝します。
内容は他の方のレビューで間違いありません。本書を読み終えてもう一度レビューを見てみましたが、全くその通りです。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月28日
内容充実の一冊
この値段で、この内容、コスパ最高
レタッチに興味のある方にはオススメ!!
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月16日
今までPhotoshop cs~cs5までバージョンアップを繰り返しながら、写真の仕上げ道具として今まで満足に使えていなかった。Photoshopにはいろいろ解説書が出ていますが、そのどれを見ても例題をロボットよろしく操作をなぞるだけで、本当に使いこなすまで至らなかったのです。本書に出会って初めて自分の道具としてPhotoshopを使えるこなせるようになれる気がします。そこが知りたかったのや! という処を丁寧に解説してあり満足しています。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月30日
一通りの事は、それなりに知っているつもりでしたが、
日進月歩、めまぐるしく変わる常識の中で、
新しい情報、新しい解釈はないものかと購入しました。

結果から言うと、目新しい情報は特になく、
自己知識の再確認を行っただけとなりましたが、
時には、そんな時間を設ける事も必要ではないかと思った次第です。

『デジタルで表現する(できる)色』に関して、まだ勉強をしていない方は、
読んで学ぶ価値の在る本では在ります。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月15日
RAW現像の上達を目指して何冊か集中的に書籍を読みましたが、CMYKとRGBの関係、ホワイトバランス、ヒストグラムなど、それぞれの関係やなぜそうなるのかが丁寧に解説されていて、本のサブタイトル通り、他の本に書いていない色に関する基礎知識が得られます。本書を読みながら何回激しくうなずいたか。小手先のテクニックでない決定版理論書ともいえるもので(決して難しくはありません)、これ以上レタッチや現像の本を買う必要がなくなりました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月29日
 フオトショップをCS4.CS5.CS6と更新して一応カメラ店に負けないプリントをする自信はある。
PC画面の表示を見れば、操作してレタッチは出来るが、根本的な理論を学んでいないので、他の操作との関連等を知らずに、「こうすれば,こんなになる」からと、言う具合でプリント作業をしていたが、この本が、ト-ンカ-ブとレベル補正との関係など、分かり易く解説されて、今まで行っていたことは、「こうゆう事だったのか」という具合に解説により納得できる本である。
 CS4、いちばんわかりやすいPhotshop、速効Photoshop、CS5マスタブック、CS6スパ-マニアル等何冊もの解説書を読んで見て操作は理解できるが、その操作についての説明解説は掲載されていない、PC講座を受講せず、(PC講座でもこんな説明はしてくれない)独学でPhottshopでレタッチをしている方は、読んで知っておくと、応用の効くレタッチ操作が出来ると思われ、是非お勧めの書の一つである。
 ☆4つにしたのは、32ビット画像の画像の作り方の説明不足、32ビットが扱える、PCについての記載がないので☆一つ減らしました。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告