Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_booksbusiness psm ポイントアップチャンス 事前にエントリー summer_Bike nav_flyout_Music ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 熊本県フェア 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 バチェラー シーズン2



VINEメンバー2012年6月29日
友達が少ない仲間で友達作りをする「残念さ」がウリのラノベ

各種展開を行っている「はがない」ですが、とうとうというか
やっぱり作者が倒れて大変だったというのがあとがきで触れています

この巻は表紙にもあるとおり腐女子、理科が重要な役割をもっています。
とはいえ、これまでのハーレムラノベでなく、初期の「残念」系が戻ってきています。
あらすじは、前の巻の終わりのほうで文化祭用の映画作りの結果から
始まります。当然ながら「残念」な終わり方をしています。
次には「はがない」すごろくってなんか、これまでと同じハーレム系
ラノベで、楽しみな理科の回かなぁと思っていました。
あることがきっかけで唯一の男子である小鷹が生徒会に
逃げを打って、それを理科が追う巻になっています。

これまでのハーレムラノベで、最後の大物の理科の
巻かなぁと期待していたのですが、大幅に方向展開しています。
とはいえ、半分はこれまでの「だらだら」ラノベなのでこれまでの
読者にもやさしい内容になっています。
んが、後半は生徒会に逃げ、それを機会に理科が
マジモードで迫っています。

8巻も続いているラノベでなかなか難しいのはわかるのですが
この突然の変更に驚いている人もいるかもしれません。私も
その一人です。

新しい展開ですが、これまでのこのラノベ次の巻の冒頭を読むと、
いい加減なまとめかたが多いのでその点が心配ではあるのですが
新鮮さをなくさないこのラノベ、評価できるのではと思います
|0コメント|違反を報告
2013年6月23日
ほんとに残念な集団ですが、その想いが色々な形で表現されてて
ほんとにおもしろい。
実際はどう思っているのだろうと思わせる小鷹、正直になれない夜空と人間模様も面白い。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2013年2月22日
隣人部が創設されてから半年は経ったでしょうか。
友達作りを目的とした活動の中に恋愛要素が大きく動き始めました。

今まではどちらかと言えば、それぞれが部活仲間としてしか見ていなかった感じがしますが、ある人物の言葉によって大きな変化が訪れます。

ただ、一部のキャラは主人公を何対象で見ているのかはあまりよく解りませんでした。

また、主人公以外である女子キャラ同士の関係も今後気になるところです。
相性が悪い夜空と星奈。
犬猿の仲である小鳩とマリア。
意外なところで幸村と理科。

更には、生徒会や理事長等が何をもたらすか。

次巻でどのような人間関係となるか、楽しみです。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2012年8月1日
限定特装版、通常版と今までこのシリーズを見てきましたが、第8巻ではこの作品の面白さをとても理解させてくれました。

それぞれのキャラクターの思いをぶつけ、いよいよはがないの本気が確認できそうです。

過去の作品ではストーリーもあまり進まない点もありましたが、それは今回までの伏線に過ぎないかと思われます。

次回への期待を存分に感じさせて終わり、今から続編が気になります。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2013年4月5日
ラストに関しては(ネタバレは避けます)アレですが、これで終わってしまうのかと思うと
なんだか寂しいです。アニメも3期オリジナルでやってくれないかな・・・
アニメから入った作品なので、2期の夜空の扱いがちと可愛そうでした。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2013年1月26日
いや〜…………うんww今回は文化祭の続きから始まるんですけど、とりあえず7巻の理科とのやり取りは序盤ではそれほど変化はありません(小鷹は理科に今のままの隣人部の環境を守りたいとは伝えました)。文化祭が終わり、いつもの残念な日々を過ごす隣人部一同ですがもういきなり爆弾落とされたみたいな展開になります。いきなり過ぎて、一旦本を閉じ心を落ち着かせましたwwそして、ラストの理科とのバトル。理科つえーとか思いながら読んでました。もう理科は隣人部に欠かせない重要人物になりました。ただの変態ではなかったんですねww

もうどうなるか分からない!!小鷹は誰と結ばれるのか。確率的に星奈かなとか勝手に思ってたけどそれすら分からなくなるこの8巻。ぜひ購入してみては?
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2012年6月24日
7巻までは、昨今のラノベ鈍感系主人公が多用することで悪名高い「え? なんだって?」が鼻につく作品で
魅力的なヒロインと付かず離れずフラグだけ立て続けて、有耶無耶のまま終わらせていくのかと思っていたが
ここで一つの決着が付いた形となった。

今までどちらかと言えば影が薄かった志熊理科や楠幸村が、主人公羽瀬川小鷹の意識改革のキーマンとして活躍する。

「え? なんだって?」とヒロインたちの好意を無視し続けた理由や、無視出来なくなる展開が盛り込まれ
この物語の根底にあるものが浮き彫りになっていく。

一つの決着が付いたとはいえ、それは主人公の心理的なものであり
周りの人間に対する決着はこれから。
次巻が待ち遠しくなる締め方で、この作品の今後にも期待出来ると思えた。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2012年6月23日
内容についてはあえて語りません。この巻に関しては、ネタバレ無しで読むのが一番でしょう。
後半の疾走感と展開が最高です!

8巻の注目点は小鷹の心の動きと隣人部メンバーの絆でしょう。平坂読さんは特に小鷹の心の動きについて注意して書かれていたように思えます。

最後に出版が遅れた理由についてです。
あとがきによると、急性膵炎で入院していたためだそうです。救急車を呼ぶのが遅れていたらこの世にはいなかったかもしれないということでした。入院1ヶ月は筆を執ることができなかったほどのものなので相当ですね。

余り実のないレビューとなってしまいましたが、初レビューということでお許しください。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2012年6月23日
この作者の作品は、話が進んでいくと登場人物が妙に醒めたような感じになってしまって、読み続ける気が無くなる事が多かったので、前巻のあたりからこれはヤバイかなと思っていましたが(次巻まで間が開いた事もあって)、むしろ熱い展開になったので良かったです。次からはいよいよ本格的なラブコメ展開になるようなので、どうなるのか期待(半分不安)してます。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2012年6月24日
今巻で人間関係が加速的に変化します。
前半はおなじみのギャグパートで、それはそれで十分面白いですが、後半のシリアスパートではあるキャラクターが爆弾発言しちゃいます。そしてそれに伴い、隣人部にも大きな変化が・・・。

毎回似たようなことをやっているはがないですが、それでも少しずつ話が進んでいました。そして前巻のラストでこの作品が転換期を迎えていることを匂わせていましたが、いよいよ本番といった感じです。隣人部部員たちの心情が掘り下げられており、ついでに前巻で新登場したキャラも活躍しますが、特に今回は主人公小鷹の隣人部への想いに焦点があてられ、彼の成長を促す内容となっています。次巻からの彼の活躍が非常に楽しみです。
そしてこの作品のもうひとつの特徴であるギャグですが、もちろん相変わらずの面白さです。ギャグパートではもちろん、シリアスパートでも随所に笑わせてくれるテキストがてんこ盛りです。

キャラクターたちが成長し物語が進み変化し、それでも持ち味は失われない、いい作品です。
文句なく☆5です。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告