Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2015年1月23日
自分は、内向的で人見知りが激しく、話をしてもすぐに終わってしまう人です。
評価が高かったので購入しました。

【よかった点】
・コツはたくさん書かれているので、全てでなくてもいくつかは参考になる。
【よくなかった点】
・話が数回で終わるのを長続きさせる方法が書かれていない。
・人見知りだった作者が書いたとなっているが、話ができる人が書いている感じがした。
 話ができるようになって変わったのではないかと感じた。

自分には参考になる情報はほとんどありませんでした。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年1月19日
いわゆるコミュ障なのですが、少しくらいはマシになりたくて本書を購入しました。

この本で印象に残ったのは以下のようなトピックです
* 内容よりも表情やしぐさが大事
* クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの使い分け
* 話題のインプット量を増やす
* ほめ言葉は出し惜しみをしない
* 相手が興味をもっている部分に着目して話を広げる
* 自己開示をする
* 「もしも質問」や「正解の無い質問」をあらかじめ用意しておく
* 男性は能力を認めて欲しい・女性は個人的に愛されたい

この本を読めばすぐに会話上手になれるのか、というときっとなれないのではないかと思いますが、自分の取っつきづらさが「話題のインプット量」や「自己開示が苦手」なことにあるのではないか、という気付きが得られたのはよかったです。

このような本を読み、実践し、少しずつ改善して行くことで、「一緒にいたい」「一緒にいると楽しい」人になれると良いですね
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月28日
読んで驚いたのは、出し惜しみをしていないことです。
心理学などを背景にしている貴重なスキルの数々を、わかりやすく具体的な例で紹介しています。
そしてスキルのバックボーンには、愛情と思いやりがある。
会話で悩んでいる人の力強い味方になる本です。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年1月25日
この本の内容はコミュニケ―ションに関する本ですが、本の内容は「人生を生きるための知恵」が盛りだくさん詰まっています。特に私が参考になったのは「話していて楽な人、疲れる人の違い」「また逢いたいと言われる人の共通点」等人間関係に悩んでいる人などには「目からうろこ」の内容が満載です。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年12月28日
どこから読んでも、サクッと読めます。
これを読むと、コミュニケーションにおいて、
自分が、いかに損をしていたか…、どうすれば良かったか…
わかりました。
実践すると、幸せになれそうな気がします。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年1月21日
各章のながさが程よく、読みやすかった。
一ヶ月かけてゆっくり読むつもりが内容が面白く続きを
読みたいと思わせる書き方であっという間に読み終えてしまった。
具体的な言葉の表現が多く書かれていて是非実行してみたいと思う。
「電話の20秒」だけが納得できなかったので四つ星にした。
それ以外はボリュームも内容も価格相応で満足五ツ星である。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年11月19日
参考になる本でした 楽しく読むことができました 応用してみたい1冊でした。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年2月13日
読みやすいです。
なるほど、そう考えればよいのだと思う
後は実行有るのみです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年8月30日
★概説★
親しい間柄ではなく、初対面や浅い付き合いなどの場面において、
何を発したら良いのか、言葉が湧いてこなくて悩んでいる人向けの本です。
話の取っ掛かりの作り方から、広げ方・盛り上げ方などの実践的な会話の進め方と、
その前提となる思考が記されています。

★論理概要★
人は誰しも、話を聞いて欲しいという欲求があると記述されています。
これは多くの人たちが同意するところだと思います。私もそう思います。
それは単なる欲求などというレベルではなく、文中の言葉を引用すれば、
「燃えるような強い欲望!」ということであります。

その相手の欲求(欲望)を気持よく引き出して差し上げるために、
まずはこちらから喋り出して、次に今度は相手に喋ってもらい、
適宜、合いの手を入れて話を広げ、盛り上げる。
一言で言いますと、相手に気持よく喋ってもらう、ということだと思います。

即ち、相手が喋りたいことを気持よく喋らせることが、
さしあたっての目標到達点になると思います。
そうすることで結果として、図らずも自然と相手からの信頼をも得ることが
できるというメカニズムと理解しました。

もちろん相手と自分は相対的な立場ですから、
お互いにこれができれば言うことなしですね。

★技巧的な話法とリカバリー思想★
このプロセスには、技巧的な話法を用いるのですが、
その前提としてのリカバリー思想があると思います。

それは、

⇒1.臆さずにチャレンジしよう!(=笑顔で挨拶して話しかけてみよう!)、

⇒2.(例えばそこで仮に自虐ネタで)スベったら、

⇒3.こう言えば、フォローできる!

⇒4.もしフォローもできなければ…

⇒5.全ての集団に受け入れられる万能人間など存在しないので、
うつむかず、また前を向いて次に行けばいい!

というようなものです。
どの段階にもフォローが用意されていますが、最終的には 5. が用意されます。
このリカバリー思想ですと、
もうどう転んでも悲観的な状況になるという思考がないのです。
だからこそ臆さずに何度でもチャレンジできるとも言えましょう。

★全章に横断的な前提★
この著書にもまえがきがありますが、後から読んだ方がいいかもしれません。
まえがきが全体の内容の総括になっていますので、
読了後に全体像を理解した後に読むことによって、
まえがきの主旨を理解できると思うからです。

どの章、及びどの段階においても必要なのは、広義で愛、
つまり相手に対する気遣いです。
これが無いと、どんな技法と思想も意味を成しません。
気遣い、しかし迎合とは違う。
そこが難しい。

★構成と対象読者層★
7章以降は強いて言うと
「どう行動すると相手から信用を得られるか」に視点が移っていて、
相手から信用を得るには?の比重が大きくなっていると思います。
この観点は特にビジネスに応用できるものだと思います。

男女別(男性脳、女性脳別)のテクニック的な話法と会話の視点も紹介されています。
著者が男性だけに、女性相手の有用な話法と視点の記述の方が僅かに多いです。
全体を通してみても個人的には、やや男性向けかと思います。

しかしながら読者からは実際に、明るくなった、話題に事欠かなくなったや、
対人関係のストレスが減ったとういう女性の声もあるようなので、
性別・年代を問わず活用できる実用書になっていると思います。

★レビューを書き上げる迄の所要時間で計る本書の有用性★

私が一冊の本を読み、レビューを書き上げる迄の時間は、おおよそ6時間です。
しかし本書に限っては、数週間を要しました。

どうしてそんなに時間を要したのか、私なりに解釈を試みますと、
私のような普段から独演的な会話を展開している者にとっては、
本書はすーっとは頭に入らない、分かっていても心からは解らないからです。
そのため読了後、何回も何回も何周も読み、反芻しないと解らない。
心の抵抗値が大きい。今でも真髄は解りません。

ですから本書は、それだけ相手に対する気遣いができる心が在ることを
前提とした会話術であり、また思想であると言えると思います。
相手を気遣えるようになるには、ただ表面上の言葉だけでは駄目で、
そのような人間になりたいと心から願い、
自分自身の根幹を変えないとできないと、一応の理解をしました。

私の本書に対する心の抵抗値の大きさ。
このレビューを書き上げる迄にかかった時間の量こそが、
逆説的に考えて、本書の有用性を示していると考えます。

★最後に★
この本に記述されている知識を必要としている人ほど、
なかなか解らないという、ジレンマ…

そしてやっぱり、「愛」や「気遣い」。
しかしそれは迎合とは違う。
そこが難しい…

解らない…
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月16日
会話にたいして、苦手意識とうまく話すというプレッシャーを自分にかけてました。気持ちを軽くして、話せそうです。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告