Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
8
5つ星のうち3.9
価格:¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年11月1日
以前から宮崎監督のインタビューなどで「暗い」「救いが無い」「ダイスが黒い」などと書かれており、いささか腰が引けていたのと探しても見つからず忘れておりましたが、先日amazonプライムビデオで久々に通してみて、そういえば原作は…と思って探すと新装版が復刻されていたので読んでみました。
以下ネタバレ的にアニメ版との対比など。
アニメ版ではハイハーバーに津波が来る回(19回)がありますが、この本はそこで終わっています。
「いうほど暗くない」というのが正直なところで、暗さを感じるとすれば登場人物が鬱な人ばかりで「なにかやってやる」じゃなくて「何かしなければならない」という強迫感にとらわれている感じだからでしょう。それとアニメ版が能天気に明るいのでなおさら暗く感じるのかも。
・コナンはアニメ版ほどスーパーマンではないけど…監禁された部屋の扉とか簡単に破壊してしまうし、喧嘩をすれば簡単に相手をのしてしまう。
ほとんど泳ぎません。戦災で孤島に流れ着いて5年も一人で暮らしてたという設定
・ラナは小説中ではずっとハイハーバーに居てコナンとは最後にやっと対面する。(ただし、旧知)
・ロー(ラオ)博士は逆にほとんどコナンと共に行動している
・ジムシィはハイハーバーの浮浪児でコナンとは全く絡まず
・ダイスは小役人的に悪いけど我欲はあまり無い感じ
・マンスキー(モンスリー)は戦争で子供を亡くした中年のおばさん。
・レプコ(レプカ)はちょっとしか出てこない
・テリットはアニメ版の方がムカつくキャラ
・戦災から5年しかたっていない難民キャンプみたいな、ハイハーバーはあんまり理想郷ではない
・インダストリアは中年と老人ばかりで子供はいない

読むと、このお話しと登場人物をアニメ版に組み替えた宮崎監督の才能はすごいよなあ…と思うことしきりです。
そういう意味で原作として過大に期待するとガッカリするでしょうが、「逆・どうしてこうなった」的な面白さはあると思うのでアニメ版を見た方は読んでも損はないと思います。
ただ、作品単体としてはあまり面白くはないですね。読まれる方はアニメ版を見てからのほうがいいと思います。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 児童文学という事ですが内容はとてもハードです。「未来少年コナン」の感覚で読むと打ちのめされます。
 新社会と呼ばれるインダストリアの監視社会・密告社会ぶりもそうですが、アニメと違ってダイスの黒さにはびっくりしました。ハイハーバーでも大きな犠牲を強いられ、ラストも決して、めでたしめでたしとは言えないものです。
 文明が崩壊し人類がほぼ死滅した世界で人間が生き残る為には何をすべきなのかが問われているようでした。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月12日
子供の頃、NHKで放送されたアニメ“未来少年コナン”の原作と知り購入。
テイストは違うが、この原作がコナンを生み出す切っ掛けの本だと思うと感無量です。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年6月19日
 言わずと知れた1978年春にNHKで放映されたアニメ「未来少年コナン」(宮﨑駿の初監督作品)の原作である。ただしアニメのノベライズを期待していると肩透かしにあう。原作はジュブナイルではあるが、もっと重く、シリアスな内容だ。Wikipediaによれば原作の設定や登場人物ではアニメにならないと判断した監督の宮﨑駿が活劇風にアレンジしたということだ。確かにアニメではコナンやジムシーの食事、疾走、跳躍、大暴れシーンが強く記憶される。(個人的には、後で民放に売却した場合にCMを入れるためのインターミッション部分で流れたパタパタアニメも印象的だった)
 この原作ではコナンを中心とした脱出劇が中心で、コミュニケーターであるロー先生(アニメだとラオ博士)と共に、創意工夫して危機を乗り越える過程で子供から青年へと成長していく姿が描かれる。最後のシーンは、ネタバレになるが、原著タイトルでもある「大津波」が登場し、その後に新秩序の到来を予見する形となっている。
 アニメ版を見たのは遥か昔で、大切にしているVHSの録画も見直していないので記憶も断片的だが、原作を読むとどのような設定やシーンが活かされたのか、監督がどういうメッセージを追加で織り込んだのかが分かる。原作では「生きのびることの重要性」を説くシーンが印象的だが、アニメでは文明を再生するために資源としてプラスチックを回収するという先見性の高い設定が画期的だった。(この辺りが後の「風の谷のナウシカ」での「失われた機械文明の維持・再生=悪の再来」「自然の一部として共生するべき人類」というような思想に繋がるのかと思われた) 素人にもそう思わせるぐらいなので、多くのジブリファン、宮崎ファンにも有用な内容だと思う。子供向けの体裁だが、読んでおくべき本だと思う。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月14日
「未来少年コナン」の原作ですが、まったく別物と思って読むのがいいと思います。

大津波によって水没してしまった未来社会は、文明をかろうじて維持する程度で、未来観はなく、牧歌的な子供たちの世界を描いた・・・15少年漂流記のような、児童文学です。未来なのかなんなのかわからないけれど、唐突に存在するテレパシー能力が、さらに子供向けの印象を強めます。
テーマは昔ながらの、帝国主義的な侵略的進歩史観か、牧歌的農場的清貧の世界か、(当然、後者が是とされる)みたいなところで、新鮮さもありません。

復刻されたのは有り難いことですが、「未来少年コナン」の原作ってこうなんだ~、という興味以外に読む意味はないと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年7月19日
アニメ「未来少年コナン」の原作本。原作はSF児童文学書になります。しかしアニメとは設定が異なります。コナンのじいさんはいないし、すでにラナとは知り合いで、相棒のジムシイはラナの友達という設定。しかもコナンやラナ、パッチ先生は超能力でテレパシー交信し、神の声のお告げを聴きます。ドクター・マンスキーとダイスのラブラブもなく、飛行艇ギガンドも出てきません。当然、オチもアニメとは異なり別物となります。違いを楽しんで鑑賞しましょう。(笑)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月29日
未来少年のコナンの原作。やっと買えました。30年前には買えませんでした。
本当に感謝です!。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月4日
前に買おうとしたら絶版で売ってなくショックでした。久しぶりに検索したらまた発売になっていたので即買いました。私より子どもが先に読んでしまいましたが。。。私は今読んでいる最中です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告