Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard Drive_Recorder ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 ペットのクリスマス Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
10
翻訳とは何か―職業としての翻訳
形式: 単行本|変更
価格:¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2015年7月13日
翻訳者、翻訳者を目指す方は、一度は目を通したい本です。
一生心に残りそうな本です。翻訳市場、翻訳技術についても書いてあります。
歴史の中で、他文化の技術、知識を吸収するために
翻訳の役割がいかに大き買ったかを、知りました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月14日
翻訳家の仕事の本当の意味、この世界のこと、現状など、幅広く書いてあり、参考になった。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年9月1日
翻訳をされる方には、とてもお勧めの本です。背筋がピンとします。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年4月19日
本書は翻訳を目指す者が必ず目を通すべき本である。
ベテラン翻訳者の山岡洋一先生が、現実の翻訳者の厳しさを書いている。
これを読めば翻訳者を目指そうとする者の99%は翻訳者をあきらめるだろう。
残りの1%が、長年の修行を得て、食うや食わずの、やっと半人前の翻訳者になるくらい、翻訳者の世界は厳しい。
これからもAIの進歩等、不安な要素はあっても明るい未来は考えにくい世界、それが翻訳である。

これから翻訳者を目指すものは、本当に死に物狂いで英語を勉強すべし。英文法は徹底的に研究し尽くすこと。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2001年11月15日
「目次」にあるように全六章の前半は、「翻訳とは・・」から「・・の技術」と、ほかの「翻訳もの」と似た課題を記述している。だが、後半部は翻訳業界、翻訳者、翻訳学校、そして翻訳家をめざす学習者などについて、具体例と数字をあげて状況を説明しており、翻訳を職業の選択肢の一つとして考えている人は必読の書。もし、あなたが翻訳家になりたいと思っているなら、ぜひ、この後半部を読むべきです。
読んだら、あきらめるか、腹をくくって修行に没頭するか、どちらにしても薬得十分のクスリになります。
例えば、現在翻訳予備軍は十万人。一方、生活を支えられる出版翻訳者はせいぜい数十人という現状。しかもその人たちは、ほとんどが最初は翻訳者になるつもりではなかった、という。
0コメント| 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2004年3月14日
翻訳はそれなりに手掛けてきたつもりだが、あくまでも副業であり、翻訳業界のマクロ的な状況に関心を持つことはなかった。そのため、本書を読んでなるほどね・・・と得心する箇所もいくつかあった。しかし、本文中の「辞書の訳語はすべて死語なのだ」といった物言いは、不遜であり、一翻訳家に過ぎない著者の分を超えている。そもそも辞書は、職業的翻訳のための手引書ではない。翻訳家としてこれまで辞書から受けたであろう莫大な恩恵を肝に銘じ、辞書編纂者の献身に対して素直に頭を垂れるべきである。
2コメント2件| 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年5月5日
英語が好き、英語の成績がよかった、専業主婦だけれど翻訳家として社会と接点をもちたい、翻訳学校に行って自分磨きをしたい……。

そういう人は絶対に読んではいけません。

まして、翻訳業とは何ぞや?という興味で読む本でもありません。

七転八倒して、一冊でも翻訳をしたことのある人、あるいは、もしかしたら翻訳業で生計を立てていくことになるかもしれない人(作家になれない、学者になれない、舞台俳優になれない、、、いろいろな諦観をもっている人)、そういう人にとっては、翻訳を生業とするとはどういうことなのか、この一冊を読めば充分でしょう。バイブルとなること、間違いありません。

個人的にもっとも心に響いたのは以下のくだりです。
「原文の表面だけを手掛かりに、表の意味はもちろん、裏の意味、裏の裏の意味まで読み取れるようになる。原文のリズムや細かいニュアンスを……略……ひとりの著者の原文をつぎつぎに翻訳していけば、原著者の微妙な心理の動きや思考の流れを理解できたと思えるようになる……略……原著者になりきって、原著者が日本語で書くとすればこう書くだろうと思える訳文が流れるように自然にでてくるようになることがある」

この感覚に覚えのない読者には、本書の価値はわからないだろうと思いました。
抑えた調子のなかに、熱い思いの込められた、真の翻訳家のためのバイブルです。
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2006年4月7日
翻訳を志すもの、また、翻訳に既に従事しているものにとっても必読の書です。

翻訳市場や、技術、歴史、辞書、翻訳者、その予備軍などについて様々述べていますが、その根底にある考え方は一本です。「翻訳とは執筆」です。筆者の言うように、翻訳は他言語を日本語に置き換える作業そのものではなく(この作業も重要な役割を持っているのですが)、著者の意図を著者が想定している読者に如何に効率的に届けるかという作業だと思います。筆者の専門と異なる産業翻訳にも同じようなことを強く感じます。「裏の裏のまた裏」を読み取り、村田蔵六が蘭書の内容を具体的にイメージしたように「著す」ことが翻訳だと思います。

明快な筆舌ですが、少し書く姿勢に癖があると感じるかもしれません。それでも、翻訳について様々な観点から論じたこの本は、翻訳を真剣に志す人には、色々なことを深く考える手がかりを与えてくれる本だと思います。
0コメント| 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2004年7月3日
企業内翻訳者として金融経済の翻訳に携わっている者からすると、この本に書いてあることは頷けることばかり。ビジネス・経済・産業の分野で唯一ある程度使える辞書(それすら十分ではない)の監修をしておられるのが山岡氏で、現場の人間からすれば辞書の間違いを見抜けるぐらい出なければ仕事にならないというのが本音だ。我々は、明治時代の小説家が新しい口語日本語を創造したのとはまた違う意味で、日々新たな概念と商品が生まれる時代を生きており、伝達可能な日本語の文章を作り出さなければならない。
英語がもてはやされる時代、翻訳学校ビジネスが大繁盛しているというくだりは非常に面白かった。専門知識・英語力・日本語力のうち最低でも1:1:1ぐらいでなければ翻訳という仕事は出来ない。強いて言えば3つのうち最初の2つの比重が8割を超えるかもしれない。
ある雑誌が行ったアンケートで翻訳者の報酬が少なすぎると指摘されていたが、これは副業として翻訳をしている人が一定数いる以上、正業としている人と同列に比較しても意味がないと思った。上記のような事情から需給のギャップも生じているかもしれない。しかし安かろう悪かろうな世界なのだ。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年8月7日
確かに、何様のつもりなんだという読後感が残ります。結局のところ、世に翻訳家を名乗る人間は、初志貫徹できず、紆余曲折の末、翻訳業なる裏方の職業にたどりついたという経歴の持ち主だからでしょう。裏方であることに我慢がならず、一言二言吼えてみたくなるという、一種の屈折した心理が感じられます。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告