Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
20
5つ星のうち4.9
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

このところ多く出されている野鳥の本ですが、正直、お金を
出してまで買いたい本ばかりではありません。
でも、この本は出版のニュースを聞いたときから、とても発売を
楽しみにしていました。
何故なら、きちんと鳥のことをわかり、識別眼を鍛えている方々が、
ご自身の経験を踏まえて編集をされていることがわかっていた
からです。

手にとってみて、写真図鑑として、写真が妙にシャープじゃないのに
まず、好感が持てました。シャープな写真だと、色に偏りがあって
かえって識別しにくいこと多々ありますが、この図鑑は、フィールドなら
こんな感じでみえるなぁと思える写真ばかり。
また、特徴的なポーズも掲載してあり、見ごたえがあります。

そして、解説は、普段観察会を多くされている方々ならではの
端的なわかりやすい表現で、とても読みやすく親しみが持てました。
本文以外では、コラムあり、見つけるポイント解説ありで楽しめます。

掲載種は324種とのこと。
これだけ頭にきちんと入れておけば、フィールドで鳥と出会った時に
戸惑うこともないでしょう。スマホと連動して声も習得できます。
いまは双眼鏡も図鑑も持たずカメラだけでフィールドに行く人も
多いと聞きますが、やはり、良い図鑑を持ち、鳥の習性を知ってから
出かけて欲しいものと思います。

初心者の方が、ハンディ図鑑から一歩前にでたいというときに
最適の良書、大切にしたい一冊です。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月12日
週一ご近所単独行動お気軽(お気楽)バードウォッチャ―です。夏羽/冬羽、飛来する季節と地域、雌雄の違いなど、基本的な事項はしっかり押さえてあり、かつ平易な解説文。近似種の見分け方のイラストページもあり、うたい文句の、「ぱっと見分け観察を楽しむ」の通りの一冊です。自分は、居住地が半市街地、水田も畑もあり、近所に一級河川有りなので、けっこうたくさんの鳥を見られます。各ページの写真も生息地の背景がわかり、実際に双眼鏡で観察する時には役に立ちます。もう一つ、この本には掲載種すべてに、和名(当たり前か)、学名、英名、漢字表記(これは嬉しい!)が記載されているのでいろんな意味で勉強になるし、いい読み物になります。自分は子供のころからの生き物好きで生物部出身なのですが、納得の一冊に出会えました。また、これからお気軽鳥見を始めたいという方にもお勧めしたいです。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2016年12月27日
大型書店の野鳥図鑑コーナーであれこれ品定め中に、こういうのがあったら助かるんだけどなという私の思いが見事に実現されている図鑑に遭遇し、嬉しくなりました。

『ぱっと見わけ 観察を楽しむ 野鳥図鑑』(樋口広芳監修、石田光史著、ナツメ社)の何がそんなにいいのかというと、それは3つに絞ることができます。

第1は、鳥の写真そのものに見分け方が書き込まれている点です。例えば、マガモの雄は、頭部は「光沢のある緑色」、「嘴は黄色」、首には「白い羽がリング状に生える」、尾羽は「2本がカールする」といった具合です。

第2は、雄と異なる場合は雌の羽色、夏羽と冬羽の羽色、幼鳥の羽色の写真も掲載されている点です。

第3は、特に見分け難いケースは、改めてイラストで違いが示されている点です。例えば、「カモ類のメスでよく似ている種の見わけ方」では、オカヨシガモとマガモ、キンクロハジロの嘴基部が白いタイプとスズガモが比較されています。「カワウとウミウの違い」も分かり易く説明されています。「シラサギ3種の見わけ方」、「ツミ、ハイタカ、オオタカのメスと幼鳥の見わけ」も役に立ちます。

324種が収録されている本書は、明日からのバード・ウォッチングに欠かせない必需品になりました。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年9月4日
単なる図鑑ではなく、生態等も丁寧に書かれていて、勉強になります。
少しかさばるので持ち歩きには不便ですが、持っていて絶対損はないと思います。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月24日
ずっと読んでいて飽きません。どれもかわいく見えてきて、野鳥に愛情を持ちました。大きさも散歩に携帯しても大丈夫ぐらいのサイズです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月20日
初心者にバードウォッチングを時々教えていますが、一般の図鑑ではなかなか探し出せず苦労しておられます。
この図鑑は見易さでは一歩先を行っています。初心者に勧めたいと思います。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年1月15日
野鳥撮影後に鳥の名前を探していたのですが、どうしてもわからない鳥が何種類かいました。
分類別の中から当たりを付け該当ページで確認することを何度か行い、わからなかった鳥の名前を確認できました。
くちばしの色や雄雌の違い、またイラストだけではなく写真もあるため、確認する際に大変参考になります。
写真がさらに多くあると良いのですがページ数、コンパクトさを考えるとこの程度がBESTなおかもしれません。
おそらくこれに載っていない鳥に遭遇することはないのではないかとおも思えます。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年5月19日
滅多に見られない珍鳥はそこそこに、可能性の高い鳥にしぼって手厚く見分け方を解説し、それがまたきわめて実用的かつプロ的。良い書籍です。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月10日
特に鳥を観察する趣味はないですが、庭に来た鳥や、ちょっと遊びに行った先で見かけた鳥を確認するのに重宝しています。写真もきれいで見やすいですし、説明も簡素ですがわかりやすいので、フル活用させて頂いております。お勧めです。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月27日
これまでにない精緻な解説イラスト‼必携の一冊になりそうな図鑑です。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告