Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
4
魔法少女なんてもういいですから。(2) (アース・スターコミックス)
形式: コミック|変更
価格:¥648+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

VINEメンバー2016年11月29日
アニメ化第二弾も放送中ですが、まずもってこの話は台詞回しが絶品です。
「キミ達は知らないから落ち着いていられるんだ。この箱の恐ろしい本当の用途を」
「僕が敵役で僕がやられ役で僕が後始末役で、僕の得られるものは何だい?」
読んだ瞬間に、吹き出しそうになりました。あ、そう言えばミトンの名台詞率高いですねw
それだけでも★五つに相当しますが、まさかのいい話が二連発で入っています。

★五つ。皆さんにお勧めします。特に1巻を買った人は是非どうぞ。
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年2月24日
本作は“魔法少女”に対する皮肉感
だけで構成されていると思っていたが
本巻の最後に収録されている話を読んで
その考えについて考え直させられた

職業には“定年”が付き物だ
その職を適正に行えなくなったとき
次の世代へと“席を譲る”

それはとても難しいことだと思う

人が日々社会活動を行うに当たって
一生懸命していたことを
ある日突然「もうやらなくても良いよ」と
辞めるように促される

人によっては楽で良いじゃんとか思うだろうが
その働きが「生き方」に直結している人からすると
それは生き方に対する「終わり」を意味するのだ

物事には必ず終わりがやって来る
それが日時として認識出来たとき
初めて人は“残量”に目を運ばせる

物事は有限なのだ
私が読むことの出来る作品数も同じように
数多くの面白い作品と出会える数と日時にも
限りがあるのだ

そういった「残された日々の切なさ」
それを上手く切り取ることの切なさ
そしてその生き方を報わせる想いの行き先を
とても感動的に表現した本作は大変素晴らしい
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年1月28日
はっきりと迷惑そうなゆずかとちや。空気を全く読もうとしない、
読んでも自己を曲げないミトンは、現実にも多いタイプです。
ゆずかはちやと協同して、魔法でこのミトンを駆逐した方が
手っ取り早いと思います。そうなると連載も終わってしまうので
痛し痒しではありますが。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月16日
魔法少女の日常がテーマになっていますが、ゆるすぎないところがいいです。一巻では、魔法少女の能力の秘密が少しずつ明らかになっていきましたが、この二巻でもミトンの過去を知る人物が現れたり、まさかの戦闘シーンがあったりと、展開がしっかりしているため退屈しません。日常パートも丁寧に描かれていてゆずかとちやの所属する読書部のエピソードが特に気に入りました。

そして、最後はちょっぴり感動するお話で終わります。あまりにも綺麗にまとまっていたため、ひょっとしてこれで完結なんじゃないかと思ってしまいましたが、デジタル版コミックアーススター(無料で読めます)での連載を再開したようです。

次回以降の展開によっては急につまらなくなってしまってもおかしくない流れだったので、作者の双見先生も慎重にストーリーを練っておられたのでしょう。最新話も面白かったです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告