Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya 9000 Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray SW-AD 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 コンタクトレンズストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2016年2月9日
やるべき仕事は、常にただ「1つ」だけ…。
その「1つ」を見つけ出し、そこに集中して取り組めば、あとはドミノ倒しのように目覚ましい成果がもたらされます。
この書籍で集中するべき「1つ」の見つけ方と攻略法を学び、実践すれば素晴らしい成果が出ることでしょう!
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年8月24日
書いていることは単純で、一つのことをやりなさいということである。

あたりまえ、だが、できている人はなかなかいない。

それは、当たり前だと思うあまり、自分の中での優先順位が高くないからだ。

一つのことは常に頭においておくことが重要だ。

本書では、至るところに一つのことという文字が出現する。

あまりに出現するので、そのうち嫌になるがそのときには頭から抜けなくなる。

そうなると、普段の仕事でもふと、一つのこと、が浮かんでくる。

この本はそういう意味で役に立つ。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年7月1日
元上司に推薦されて読みました  名言集にあるようにひとつことに集中することの大切さが道理として説かれています
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年11月30日
表現は違えど、知っていることも多少あり。
でもやはり、一点集中は大事だなと。
それも、環境、状況によるということ。
いろいろと、再確認できました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年8月21日
教える事が生業でないから本当に簡単なコツが書いてありました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月12日
これまで仕事ではより多くのことを
こなせる、マルチタスクが良いと考えていました。
しかし、重要なことや緊急のことは
結局そのひとつに集中しています。

勉強では自分で段取りが組めてしまうので、
あれもこれもと手を出し、あるいは
気になり、効果を得られてなかったように思います。

これまで何度か、ひとつのことをマスターしてから
次のことへとアドバイスを耳にする機会がありましたが、
本書で、その意味がストンと自分の中に理解できました。

また規則正しい生活が必ずしも良いことではないという
現実的なアドバイスもなるほどと思いました。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年7月9日
一点集中が重要だとわかりました!
いますぐマルチタスクをやめたいと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年2月16日
マルチタスクが苦手な私にはとても良い内容でした。
集中して一つのことをやる効率は物事を同時並行して行うよりも作業効率が良いとの
研究結果も出ているらしいです。
ただ社会の流れとしてマルチタスクが求められていたり、同時に物事を行わなければならない状況が
多々ありそういった環境下ではどうしようもないと思われます。
マルチタスクが非効率的であり、好ましくないと世間に知られれば良いと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2015年8月3日
マルチタスクをこなせる方が優秀なのだと思っていた私にはけっこう衝撃な1冊でした。

自分の目標を突き詰めていくやり方、そして、自分に投げかける質問の重要性など、実行することはとてもシンプルなのだけどこれができていないがために前に進めないのだということもよくわかりました。

あれこれと手をつけてしまい、結局何をやったらいいのかわからなくなっている人や、物事の優先順位をつけるのが苦手な人に向いている1冊だと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年4月26日
 現代では多忙な日々に追われて疲弊したり、やるべきことが多すぎて収拾がつかなくなってしまうといったことは珍しくないですが、本書では限られた時間のなかで目覚ましい成果をあげ、充実した生活を送るための方法として、「一つのこと」に的を絞ることの重要性について述べられています。
 的を絞って行動するのが大切だというのは当たり前のことかもしれませんが、著者はほとんどの人が仕事の重要度を厳しく選別せずに等しく重要なものであるかのように取り組んでいると指摘します。そして、こうしたやり方ではいくら時間があっても時間は足りなくなり、成功もおぼつかないと述べます。
 一方で成功者は、「ある程度時間をかけて何が重要かを見きわめ、その重要なことを軸に一日を進めていく。(中略)成功者ははっきりした優先順位にもとづいて働くのだ」(p.38)と著者は説くのですが、では、どうやって重要な事柄を選び、こなしていけばいいのか、ということが問題になります。
 本書では、的を絞り込むための質問の仕方、成功の習慣の身につけ方、優れた答えの見つけ方、優先順位に従って生きること、生産性のあげ方、生産性を奪う四人の泥棒(1.「ノー」が言えない 2.混乱を恐れる 3.不健康な習慣 4.後押ししてくれない環境)への対処の仕方など、「一つのこと」に的を絞って生活するための方法について、順を追って解説されています。
 また、著者は「成功を妨げる六つの嘘」として

1.すべてのことは等しく重要
2.マルチタスクは効率的
3.規律正しい生活が必要
4.意志の力は常に万全
5.バランスのとれた生活が肝心
6.大きいことは悪いこと

といったことを挙げていますが、それらについての著者の意見、たとえば「適切な習慣を身につければ、他のことではそれほど自分を律する必要がなくなる」(p.63)、「私たちはしょっちゅうバランスについて耳にするため、いつの間にか、それこそが追求すべきものだと考えるようになる。だが、そうではない。目的、意味、意義――これらこそが人生を成功させるものだ。そしてこれらを追求していけば、間違いなくバランスを欠いた生活を送ることになる」(p.80)などといった記述は、私たちの発想をよい方向へ転換してくれるユニークな考え方ではないかと感じられました。
 目的を持ち、重要な事柄で成果をあげたいと望む方にとって、本書は有益な一冊になると思います。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告