Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 今すぐエントリー nav_flyout_biss B07B53H89P ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア・キャンプ用品 ドキュメンタル シーズン5



2018年2月19日
全体的な内容は、これからネットショップを始める方に向けた心構えと予備知識の本でした。ただし、要点が明文化されているので、経験者でもハッとさせられる部分があります。具体例として上がっている企業や情報がやや古いので、改訂版で最新情報を載せてもらえると嬉しいです。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月31日
具体的な事例がとても豊富です。難点をあげるとすれば本のサイズが少し大きいですね。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年6月25日
わかりやすくて参考になりました。
参考にさせていただいて、やってみたいと思います。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年10月23日
この本は、本当に教科書です。ネットショップだけではなく、商売をするうえで考え方や方法などがとてもわかりやすく書いて有ります。ネットショップを運営する方は是非この本を読んだ方がいいです。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年2月19日
ネットッショップを開業するにあたってのの心構えに重点を置いた内容になっております。
開業前にその会社が提供できる唯一のユニークなものは何か?と構想を練る段階から、購入された後に行うべき行動まで
始めから終わりまで丁寧に書かれているなと感じました。
一貫して述べられていることとしては、商品を売るというのが商売の基本ですが、この情報・商品過多の時代において生き残っていくためには
お客様のコミュニティ(場)をいかに提供することができるかということにかかっているということでした。
そのための具体的な手法などについてはあまり書かれておらず、あくまで心構えという印象を受けたためしっかりとメモをしなければ
ならない本というよりはさっと目を通せる類の本と感じました。
お客様が自社のHPにいかに来てくださっているかを知るためのツールとしてgoogle analysisというものがあることを知らなかったため
今後の経営において一つのヒントを提供してくださったので感謝しております。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年9月14日
読んでネットショップ運営に役立つかどうかと問われればYES。

良い本だと思います。

書いてあることで、まだ取り組んでないことも多いので、やれるところからやっていきます。

どうでもいい話ですが、p68の商品の四分類は数年前、木坂健宣さんが今、日本で売れている商品の四つの特徴というテーマで話をしていたなぁと思いました。

また、p173からの第10章は新田祐士(みんてぃあ)さんが「新世界」で語っていたコミュニティ論と酷似。オープンとクローズドという表現なんかはそのまんまって感じ。

著者は彼らと深い関係があるのかな?

まぁ、ネットビジネスやアフィリエイトの知識はネットショップにも当たり前に応用できるということなんでしょう。

ネットビジネス、情報販売を囓ったことがある人は多分同じ印象をもたれると思います。

でも、知らない人は全く気にならないでしょう。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアー2014年6月4日
ネットショップ運営のための本にも色々あります。
でもどれも「ネット周りの技術に特化」だったり「ほっこりかわいい系のイメージの作りかた」
だけであったり、サイトオーナーへのインタビューだけの「憧れを煽る系本」だったりで
「いざ本当にやってみよう」と考えたときには物足りないものが多かった気がします。

しかし、この本はこれ一冊でネットショップを思い立ってから実際売り始めるまでの
あらゆる方面で「ショップオーナーが考えておくべきポイント」が書かれているのがよかったです。

何回かショップも作ったことがあればわかるような当たり前のことでも
はじめてお店を出すなら気づけません。そういった「ノウハウ」を得られる部分でこの本は
確かに「教科書」だなと思いました。

内容は
・商材やサービスの選定の仕方
・モノへの付加価値の作りかた
からスタートしているので、漠然と「何かショップを始めようかな」という人も
読むことができますし。ネットショップ運営スクールのテキストにもなりそうだなと思いました。

基本的なこととしての
・開業までの実務
・配送業者の選び方 考えられるトラブル
・模範FAQ/アクセス解析/HPに必要な要素

まさにノウハウの
・開店直後の品数等事業戦略
・集客あれこれ(広告やSEO、プレスリリース)

などが載っていました。

新しい本なんだなと思えたのは、スマホ対応ページについてが載っていたところや、
Yahooショッピング出店料が無料化された今、大手モールに入る意味を
小さなショップはどう考えたらいいか、などにしっかり紙面がさかれていたところです。

手に取るまでは、ネット周りの部分の技術的な話だけが書かれている本かとおもっていましたが、
実際は配送時の注意点や顧客フォローなどまで網羅されていました。
文字での説明の後には、実在するネットショップの画面キャプチャをサンプルに具体的な
解説があったり、まじめにネットショップを考える人にはかなり使えると思います。

この本と、ショップオーナーへのにインタビュー形式の本(苦労話や、実際の運営コストなどが
書いてある本)の二冊があれば、完全自力での開業もできそうです。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年12月13日
書かれていることはもっともだと思うものの
なぜか机上の空論というか、著者の体験から語られている熱さが伝わらず、いまいち著者に信頼がおけない。
付箋を貼ろうという箇所がなく、何度も読み返そうとは思わない。
他にもっと良い本がありそうだという気になる。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年3月27日
読んで感じたポイントは二つ。

1)準備編がとても良い

ネットショップの成功は商品や差別的優位点の選択できまる、という点がとても良かった。
いまネットショップを運営する方に一番莉佳して欲しいことです。
メーカーや小売りではなく、アフィリエイターとして幅広い商品を見てきたからこその視野だと思いました。

2)テーマが幅広い

ネットショップの運営がどんどん難しくなっています。
かつてのような、検索対策一発で売り上げ倍増、というのは無くなりましたね。
いまネットショップを運営するなら、このくらい幅広い知識が必要になる、ということが良くわかります。
多くの方にネットショップの運営を俯瞰する意味で読んでいただきたいです。
ただし、テーマが幅広く、一つ一つのテーマについては内容が少ないので、より詳しいことは他の書籍も必要になると思います。
すでにやっている人も、準備編だけでも読んでください。
ここだけ読めば十分元が取れると思います。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年10月15日
Kindleでは文字調整が出来ないので、読みにくくて仕方ありません。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告