Androidアプリストア おもちゃ 157回芥川賞直木賞 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 福島県フェア 暑さ対策アイテム特集 ホームギフトストア Kindle Amazon MP3 マリンスポーツ フェイス サイバー犯罪特捜班

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
20
5つ星のうち4.2
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,337+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月13日
だんだん速読ができるようになってきました。

この書籍でもゴールの大切さがメインとなっています。

だんだん「時間は未来から過去に流れている」という言葉が
身についてきている気がします。

どんなにクロックサイクルやグレインサイズを上げても
本当にしたいことをしてなかったら
何の意味もありません。

むしろどんなに作業が遅くても
したいことをしているなら時間を生きていて
プラスだけど、
Have to の時間は死んでるのと同じ。

本当にゴールの大切さがわかる画期的な本です。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月9日
YouTubeのお話しより薄い内容で残念です。買う人をバカにしないと、こんな薄い内容の本は書けません。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月24日
今までの著書では、いかにゴールを設定し、
それに向かって、どう取り組むかという視点でした。
今回の著書では、同時進行で複数のプロジェクトを
動かしている人の、仕事の仕方等を説明しています。
いくつもの案件を抱えても、無意識の意識に落とし込めば、
並行業務がいくつでもできるという説明です。
最近の著書は、ゴール設定の方法が続きましたが、
本書では、実践という意味で、
これまでの著書から一歩進んでいます。
一度読んでも理解は出来ますが、何度か読み返すことで、
より実践できると思います。
私は通勤時間に、何度か読み返しているうちに、
理解が深まり、効果も上がりました。
無意識の意識は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。
(「無意識の意識」を意識してしまうと、
「無意識の意識」ではなくなってしまうので。)
それから本書のコラムで書かれている事は、
読み手、立場(現在の地位など)によって、
意見が分かれる内容だと思います。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月26日
多忙な生活を極める(他人からはそう見える)苫米地氏ならではの時間活用術が、「タスク処理」や「クロックサイクル」といったコンピューター用語になぞらえて提唱されています。

本書を理論書として読む分には、「うんうん、そうだよなぁ、仕事中のホウ・レン・ソウ(報告、連絡、相談)なんて、ムダだよなぁ・・・」と、思うのですが・・・
ではいざ、本書に書かれている事を全て実践して、「2倍の処理スピード×2倍のタスク処理量×2倍のフレームサイズで、今日から8倍速の俺様♪」なんて生活を想像できるかといえば・・・

正直、「そこまでスピードアップしなきゃいけないほど、多忙な生活はしていない」というのが実感です。

それこそ、苫米地氏自身が普段から言っている「臨場感」が伴わなければ、どんな時間活用術も「ただのセカセカした奴」で終わってしまうでしょうから、ひょっとしたら苫米地氏は、読者に自分の臨場感世界を見直してもらう為の一つの契機として、本書を書いたのかもしれません。

まぁ、仕事中の「ホウ・レン・ソウ」が、支配者達によって構築された「大衆管理システム」なのは間違いないでしょうが。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年7月13日
頭の使い方として、クロックサイクル(時間の使い方)、並列度(同時に一つ以上)、グレインサイズ(扱う物事のとらえ方)について読めてよかった。クロックサイズは武道の技の鍛錬に通じると思った。並列度については、なるほど、鍛えれば、いろんな「~しながら、~をする」ができるようになり、沢山の仕事が短時間にできるのだと思った。
グレインサイズに関しては、同じ仕事でも、その仕事をどんな立場でするかによって、その仕事をとらえる枠が違っているんだと気づき、おもしろかったし、世界をより深く広く見る目をもてる糸口だと思った。
最後のモチベーションに関しては、そのとおりと思っても、そこには心理的というか感情的な障害があると思う。まとめ的な内容にとどまっていると思ったので、星は4つに。
でも、普段、どう頭を使ったらいいか、どう心がけたらいいかがわかる本だと思いました。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月16日
タイトルの10倍はいくらなんでも大げさ?と思いそうですが、読んでみると納得です
本の同時読みは私にはそこまで必要ないかもと思いましたが、クロックサイクルを上げる、並列度を上げる、グレインサイズを上げる・・は具体例もあり分かりやすかった
時間は未来から過去に流れている・・・は衝撃的でしたが、理解できました
これが分かるとすべての悩みは無くなると思います(^ー^)
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月8日
時間の使い方、という意味では、苫米地流の良書ではあるのですが、相変わらずタイトルが大げさに過ぎるという感じは受けます。それでも脳の専門家だけあって、それだけのウンチクはしっかりあるので、読んで損はしない本です。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年7月11日
 脳の処理スピードを上げるための方法を、クロックサイクルを上げる、並列度を上げる、グレインサイズを上げるの3つの観点から説明している。それぞれの観点について、具体的なトレーニング方法が記述されているので、気に入ったものを生活に取り入れていきたい。
 後半は、ゴール設定とモチベーションを高めることに関する記述である。コラムで日本の会社のムダについて触れており、自分が常々感じている感覚に近い。
 最後の章は、他の著書でも説明されていた、時間は未来から過去に向かって流れているという考え方に関する詳しい記述である。凡人にも将来に明るい展望を持たせてくれる、良い考え方であると思う。
 ものすごい勢いで出版されているが、私は、著者の講演を聞いているつもりで読んでおり、それが1,500円前後なら安いと思っている。
0コメント| 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2010年3月20日
20代の頃は時間を大切にするという発想が希薄であったが35歳を超えた頃から人生の残された時間というものを意識するようになった。
このため、一日24時間という縛りがある中でそれをどう有効に利用するかということについては非常に興味深く本書を手にとった。
本書の発想には共感できる部分が非常に多く、読前よりもさらに時間を強く意識するようになった。
こうした意識を持っている状態と持っていない状態では、この先の人生で雲泥の差が生じるような気がする。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年8月6日
「時間脳」ということをテーマに、
苫米地氏が独自の視点でそれを解説しています。

苫米地氏の本はかなり読ませていただいているので、
斬新さはあまり感じませんでしたが、
ゴール設定というところから始まり、時間そのものの概念
を見直すことができました。

苫米地氏の入門書としては、大変読みやすい内容だと思います。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告