Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前半額キャンペーン 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
15
5つ星のうち4.5
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年4月6日
ウルトラ・トレランを中心に月間400キロほど走っているオッサンランナーです。
それなりにトレーニングをしているつもりなのに、大したことのない駅の階段を上っただけで、何故か息が苦しくなることがたまにあり、自分の体に違和感を感じていました。
そんなある日、たまたま病院で血液検査を受けたところ「貧血」との診断。
「え?」「男でも貧血?」「あんなに運動して野菜も食べてるのに?」「自分の感覚では血が余っているくらいなんだけど…」
そうです。ランナーは貧血になりやすいのです。この本を読むまで知りませんでした。
しかも血を作る鉄分は体に吸収しにくく、貧血改善には長期間かかるのだそうです。
さらに私の好きなコーヒー(タンニン)は鉄分の吸収を妨げるとは・・・全く知りませんでした。ショック!
走ることばかりに心血をそそいで、自分の血は薄まっていました(笑)
この本を参考に貧血治して、もっと快適に走れるようにします。食前食後のコーヒーはやめます。トホホ。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月17日
特に不健康な食生活でもないし、トレーニングさえしていればなんとかなるだろう、と軽い気持ちで参加したハーフマラソンでエネルギー不足を感じ、この本を購入しました。
劇的に食生活を変えたわけではないですが、できる範囲で本書の知識を取り入れるようになったら、日々のトレーニングがラクにこなせるようになり、結果もっと負荷をかけることが可能になりました。

本当に食事でカラダって変わるんだな、と実感しました。

本書はカラーで図や写真が多く、気負わずに読み始めることができます。
ポイントが絞られているので、情報量が多すぎる本にありがちな、読了後の「結局何だったっけ?」ということになりにくいと思います。

この本のおかげで食事とカラダの関係に興味をもつようになりました。とっかかりに便利な一冊だと思います。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月28日
走力をアップさせるために、どんな食べ物を食べるとよいか
具体的に書いてあるのが良い。

筋肉にとって大切な栄養素・タンパク質を摂るにしても、
肉から摂る方がいいのか、それとも豆腐から摂る方がいいのか。

肉から摂るにしても、
牛肉がいいのか、豚肉がいいのか、それとも鶏肉か。

仮に、牛肉を食べるにしても、
サーロインがいいのか、ヒレがいいのか。

それぞれの特長を説明した上で、
ランナーの目的に応じて、適切な選択肢を提示している。

とはいえ、ランナー仕様の食生活を送る上で一番大切なことは、
いろんな栄養をバランスよく摂ること。

また、巻末に載っているメニューは、
毎日の栄養バランスを考える上で、とても参考になる。

ただ、メニューには2点ほど注意した方がいい点がある。

・たんぱく質の摂取量が、体重1㎏あたり2gと多いこと
・夕食の摂取カロリーが、“かなり”多いこと

栄養を取り過ぎれば、太る可能性が増すので、
この2点には十分注意を払った方がいいと思う。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月18日
マラソンランナーに対し、栄養補給の重要性とメカニズム、そしてお勧めのメニューが示され、極めて有用な書である。特にパート1(パートは1から4より成る)は、1)カラダづくり、2)運動がもたらす変化、3)必要なエネルギー、4)エネルギー源となる栄養素、など基礎的なところが体系的、かつ、判り易く(図解など)書かれ、ランナーのみならず全てのアスリート、そしてその指導者にとっての必読の書になっているのではなかろうか。
特にこれまで適切な栄養補給を意識してこなかった人には絶対必読!
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月2日
病院に行って採血してもらった結果、
貧血と言われました。

ハーフ大会ではそれなりには
走れましたが。
病院で貧血でよくそこまで走れたと
言われたのと貧血治ればもっと上にいけると
言われたのと、自分で栄養学を勉強しなと言われたので、この本を購入しました。

今まで走り込みのトレーニングをしているのに
鉄分、もしくは他の栄養もちゃんと摂取出来てなかったんだなぁ~とビックリでした。

ランナーには、必要な本だと確信して言える
本だと僕は思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年12月25日
マラソン大会に出ることになったが、体重が標準より7キロぐらい重い。大会直前までダイエットすべきかどうか分からなくなり、この本を読んだ。

直前はダイエットするのではなく、糖質を体にため込まないといけないことを知った。

おかげで30キロマラソン、スタミナが切れることなく完走できた。

ただ、走った後も体重はほとんど変わらなかった。次の大会までには、7キロ減量したい。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月30日
市民ランナーです。
職場の健康診断で貧血気味と言われたのがきっかけで、食事や栄養を気にするようになりました。
本書で繰り返し言われているのは「栄養フルコース型の食事」。要するに、昔から言われているバランスの良い食事そのものです。そこにマジックは何もありません。
しかし実践してみると、これが効果てきめん!ペースを上げても以前より明らかに息が上がりにくくなり、身体にちゃんと酸素が行き渡っているのが実感できるようになりました。
ケガもあってトレーニング量は以前より落としていたので、確かに食事の効果はあったと思います。割と満腹まで食べているのに体重もしっかり5キロ落ち、先日は初マラソンでサブ4を達成(3時間57分)してきました。

「バランス良く」と結論だけ言われても、「そんなの分かってるよ」と思いつつ、いざ実践しようにも「闇雲に何となく、まんべんなく食べる」程度しかできなかったと思います。
本書は「なぜ」バランス良くなのか結論に至る過程(理由)と、「どうやって」バランス良くなのかシンプルな方法が示されているから実践しやすい。まさに実践栄養学です。
だから、レシピ集を見て形だけ真似るのではなくて、応用が利きます。外食やコンビニ食でも、限られたメニューの中からバランスの良い組み合わせを自然に選べるようになります。

なお、SAVAS製品の紹介(宣伝?)が頻繁に出てきますので、その点は多少フィルターを掛けて受け止めておけば良いのかなと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月18日
50代の男性ランナーです。4年ほど前から健康維持目的で走り始めました。スピード目的のランニングでは言わずもがな、健康的に走るにも適切な栄養摂取が必要である事が理解できました。単身赴任中という不利な状況ですが、より一層栄養管理に留意したいと思います。ありがとうございました!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月26日
一般的な事柄が多く目新しい発見はあまりありませんが、教書として日常生活に欠かせない一冊です。
欲を言えば、もう少しトップアスリートの食生活や種目別にどのような栄養素に気を配る(または気をつけている)ことなどを紹介してくれていると参考になるのですが・・・。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年3月16日
東京マラソンまでの栄養管理のテキストとして役立ちました。読みやすい作りになっていました
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告