Androidアプリストア Amazonファミリー nav_flyout_bookshonya psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 父の日特集2018 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 ドキュメンタル シーズン5

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
18
はじめての福島学
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2016年8月19日
「県内の人口問題は流出入の地域間格差」「コメの14年度全量全袋検査で基準値超えは0袋」「求人倍率は高いが職種にミスマッチ」「双葉郡の中間貯蔵施設の収容量は東京ドーム約15杯分」。一貫してデータを示して説明する姿勢に説得力。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2018年1月13日
原発事故以降の福島の現在がバイアス無しで理解できる良書。
オシドリマコとかきつこ、山本太郎みたいな人物にこそ読んでほしいが、絶対、読まないだろうという確信はある。
彼らのことを信じているが、本当にそんなに酷いことになっているのかと、若干、疑問に思ったら読んでほしい。
|0コメント|違反を報告
ベスト1000レビュアー2016年4月12日
 「福島を応援したい」「福島の農業の今後が心配だ」「福島をどうしたらいいんですか」といった問に対して「『とりあえず、このぐらいは知っておいてもらいたい』ということを一冊にまとめた(p.388)」書だという。「福島を知るための25の数字(pp.2-3)」を手がかりに、福島の復興、人口、産業(主に農業)、雇用・労働、家族・子ども、これからについて解き明かしていく。同時に本書は「俗流フクシマ論(p.412に「間違いだらけの『俗流フクシマ論』リスト」がある)」への鋭い批判の書でもある。
 「『避難』『賠償』『除染』『原発』『放射線』『子どもたち』の6点セットをあえて外し(p13)」、「データと理論を用いながら (p.14)」語るというのが著者の一貫したスタンス。前者は、「『いかにも福島らしい』特殊な問題の背景……にある、日本全体、世界全体に通じそうな普遍的な問題をあぶり出す(p.14)」ことにも通じてくる。
 また、福島をめぐる問題への判断や主張について著者が提唱するのは、「科学的な前提にもとづく限定的な相対主義(p.227)」である。
 著者は、本書の最後で、「福島を応援したい」と考えている人へ、消極的には「迷惑をかけない」こと(p.405に「福島へのありがた迷惑12箇条」がリストアップされている)」を、積極的には「買う・行く・働く(p.401)」ことをアドバイスする。
 著者の「俗流フクシマ論」への批判は、時に「惨事便乗型知識人(p.61)」など罵倒に近いが、よほどその種の言動に辟易したのだろう。アグレッシブな言い回しはあまり好きではないが、主張そのものは全くその通りと思う。
 残念な点ひとつ。
 25兆円規模の復興支援施策が、福島が「平常運転」へ戻ることにどのくらい寄与したのかについて(本書では)分析されていないこと。
 「ハッ」とした箇所ふたつ。
1 避難指示解除後の住民の選択肢について、「帰還」「移住」とともに「『今は決められない』という人の立場も保護していくことが重要 (p.355)」という指摘。
2 「中間貯蔵施設の問題は場所よりも『輸送』(p.378)」という指摘。
 本書は、著者の刊行の意図とは別に、社会学や批判的思考の良質な教科書としても読めるのではなかろうか。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2016年8月31日
数ヶ月前から、福島県から避難して来た方々と関わる仕事をしています。
福島のことをきちんと知りたいと思い、
「やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識」(田崎晴明著)
「知ろうとすること。」(早野龍五 糸井重里 共著)を読み、
最後にこの「はじめての福島学」を読みました。
そして、仕事を始めた訳ですが・・・。
県外避難者自身が、この本の巻末に掲げられている「俗流フクシマ論」みたいなことを
口になさるのにびっくりさせられています。
「除染作業をしていたら、防護服の中で汗をかいたところがただれたそうだ。
放射線のせいだ」とか、
「〇〇(福島県内の地名)では奇形児がバンバン生まれている」とか、
「若い人がどんどん心筋梗塞で死んでいるそうだ。放射線のせいらしい」とか、
どう考えても「デマ」としか思えないようなことばかり・・・。
(でも、もう誰にも反論出来ない雰囲気なのです、残念ながら)。

皆さんの元には、避難元の自治体から沢山の資料が送られて来ますが、
ほとんどの方は毎度そのあまりのボリュームにうんざりしてしまっていて、
「郵送物を開封せずに捨てる人も結構いる」(某自治体職員談)のが実情。
そういう中で、クチコミによる出所も分からない怪しい情報に、
表現は悪いですが「踊らされている」ようにしか見えない方も、
実は相当数いらっしゃるようです。
そういう認識のまま福島へ戻り、周りの人達とトラブルになった方も
多い(特に母子避難者)と聞いて残念に感じています。

この本は、福島県を離れて県外で避難生活を送る方たちにも
是非おすすめしたい一冊です。
正しく「福島の今」を知ることは、
漠然とした不安を払しょくする役に立つと思いますので。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年11月17日
読みやすい表現だが、文章は諄い。しかし、確かな内容で良かった。
|0コメント|違反を報告
2016年11月24日
1度読んで、時間をあけて2度目を読んで、どちらとも納得できたので良書かと。
福島の現状や1F原発事故や放射性物質の拡散についてネットや報道で多くの情報を目にします。それに対して、発信者の感情とそれを読んだ受け手の持ちたい感情がいかにデータに基づかないものかという事を教えてくれる本です。
ただ、ネットで検索すればすぐにデータにたどり着ける世の中なのに、検索というひと手間をかける方がどのくらいいるんでしょう。やはり、流れてくる感情だけを拾って福島について語ってしまうというのはある意味自然な流れのようにも思いました。この時、だからと言って知らないのに何を語るのかという自分への問いが欠けてしまってます。そこに気付かせてくれる本かとも。
難点は普段、本を読まない素人にも読みやすいように書いてあるのですが、それが逆に読み辛くなってる所も。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2017年3月29日
311から月日が過ぎて、フクシマは非常に複雑な状況になり、報道もされにくくなっている。そんな状況で、推測でフクシマを語る人、考える人も多くなっている気がする。今一度、事実関係をきちんと把握してフクシマについて語らないといけない中で、それを支える一冊になる本だと思う。
ただし、マスコミで報道されなくなった今のフクシマには思想や物語が必要になってきている。そのような取り組みをありがた迷惑として拒否する著者の考えには同意できない。著者は決して311の被害者ではないにも関わらず、被害者ズラして語っていると見えなくない部分は残念でしかない。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年10月8日
複雑系の問題を客観的事実に基づきとぉほぐす姿勢に交換。特定の主張に流さらないのも良。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年7月26日
地元では当たり前の事、聞きたいけど聞きにくい事、いっぱいあると思います。定期的に、その二、2016年版とかを企画してください。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告
2015年7月21日
今の福島を知ってもらう25の数字は納得できました。

立場や思想の違う人々との議論、討論を数多くした経験に裏打ちされています
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|0コメント|違反を報告