Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 9000 Amazon MasterCard Wintertire TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV バレンタイン特集2018 コンタクトレンズストア インテリアスタイルガイド Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター SING/シング【通常版】(吹替版)



2009年7月8日
こちらのテキスト、ゼミ、出題パターンの3冊を使って
独学で勉強しました。
こちらは、単元ごとに、
平易なものから始まり、
少しずつ難易度を上げていく形で問題が配されています。
演習用として適切だと思います。

ゼミの問題で間違った箇所を
テキストで再度確認していくとわかりやすいです。
終始同じイメージ画を使って解説しているので、
シリーズで使った方が頭に入りやすいのではないでしょうか。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年6月10日
とおるテキストで学習して指示どおりこの「ゼミ」で問題を解いていくと本当に理解が深まります。他の方のレビューを参考にしてテキストと一緒に購入しましたが大正解でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年11月16日
とおるテキストゼミは以前から購入したかったので 今回がんばりたいと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年9月23日
はじめにゼミだけを買って勉強をしていました。

ある程度他の本でも簿記について勉強していたので、ある程度問題を解くことも出来たのですが、しっかり頭に入っていなかったこと、あいまいに覚えたいたことは、問題を解けず理解できませんでした。

アウトプットの訓練としては十分ですが、理解をさらに深めるにはテキストが必要だとかんじました。

それ以外は、問題の解答用紙もつけてくれているので、繰り返し問題を解いていく練習になったのですごく助かりました。

まだ勉強中ですが、完全な初心者より中級くらいの知識がある人に理解度を確認する、弱点をみつけるにはいい教材だと感じました。

インターネットのフォローもあるので大変よかったと思います。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年8月1日
日商簿記3級「とおるテキスト」と1対1に対応する問題集。「とおるテキスト」に比べてかなり分厚いが、問題が前の半分、解答・解説が後の半分、という構成になので、問題量はさほど多くない。過去問題集や模擬試験問題集だけでも十分かとは思うが、1級・2級試験のことまで考えるならば、一応本書の問題も解いておいた方が、後々になって役に立つことになるだろう。
3級に限った話ではないのだが、「とおるゼミ」の唯一の難点は、「とおるテキスト」の章構成と1対1に対応させているがゆえに、章番号や問題番号の後に「ここでは何が問われるか?」ということ(項目名)が堂々と書かれてしまっていることである。例えば「手形貸付金と手形借入金」と書かれている問題であれば、それが「手形貸付金」「手形借入金」の勘定科目を使って仕訳すべき問題であることが、問題文を熟読しなくてもすぐにわかってしまう。そのため、問題文を慎重に読み込み、この問題では何が問われているのか、どのような勘定科目を用いてどのように仕訳をすることが求められているのか、という判断力を養う訓練が疎かになってしまうのである。この点はどうにかならないものか、と感じた。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年9月16日
必要な説明をせずに問題を解かせて答えでようやくまともな解説が入れるようなことが多々あり、この本とセットになっているとおるテキストと連動しているページが解説のページでようやく明かされたり意地悪な設計をしている

とは言っても解説はまあまあわかりやすく、まだ利用したことはないがインターネット上の掲示板でページ数を指定して質問すればわからないところを教えてもらえるので出鼻を挫くような設計以外はいい問題集だと思う。
おそらく解説しても眺めてるだけではわからないから、解きつつ答えを見て理解しろという意図があるのだろうが一通り解き方がわかってからの本当にわかってるかの確認問題がないのかはわからない。

それととおるテキストにも解き方が書いてないのは少々やりすぎでは
答えを見ないと解けないのでいまいちやる気が起きない
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年11月26日
 「簿記て、何?」状態の人が、日商簿記3級検定試験に挑戦する際に頼りになる基本知識の確認のための問題集です。
 姉妹篇のテキストとの併用により知識の確認と定着を図る構成になっています。
 本書を使用したネット上のライブスクールが用意されています。
 本書の著者は、有名大手簿記学校の教科書の編集や予想問題作成に手腕を発揮し、独立後、書籍とe-ラーニングの立ち上げに挑戦し、成果を上げています。 また、「簿記を社会人の教養に」「簿記を社会インフラに」と壮大な目標に挑戦中です。
 応援してみたくなる著者の思いが詰まった一冊と言えるでしょう。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告