Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Importsale ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

漫画版『デビルマン』について、そしてその派生作品たちについて、
多岐に渡って記述されている本です。
アニメ版については、ほとんど触れられていません。
しかし文章よりも、ビジュアルに重きを置いている印象です。

私はオリジナルである漫画版『デビルマン』は読んでいましたが、
その他の作品についてはほとんど読んでいませんでした。
他にはTVアニメやOVAなどを観ていたくらいです。
それらを含めたデビルマンワールドをまず知るのに、非常に良い本でした。

ひょっとすると、濃いデビルマンマニアの方には、
ほとんどが知っている内容ばかりで物足りないかも知れません。
しかしそんなに知識のなかった私には、
広く浅く、しかしきっちりと要点を押さえられた、各作品の紹介文はとても読み応えがありました。
カラーイラストもふんだんに掲載されていますし、永井豪先生のインタビューもあります。
表紙を合わせて132ページ、オールカラーで紙質も良く、印刷も悪くありません。
何より1000円を切っているこの値段で、この充実した内容ですので、
とにかく私には大満足な一冊でした。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
私の世代はアニメ・アニソン・漫画単行本、「デビルマン」の影響大。
思春期の頃「ハレンチ学園」から始まって、「手天童子」その他に至るまで、
大胆な構図・色彩・物語を存分に楽しんだ。
自分の中の正反対のもの、せめぎあいを持て余しかけている時、
いちいちぐれて暴れなくても、この手の作品を読めば解消されていたということもある。

悪書として評判の悪かったものも、私達には心理的に良書だった、
その代表的なデビルマン。
善悪の価値観が逆転する世界観は新鮮で心に染みた。
お値打ち価格ですもの、ついつい買ってしまっても仕方ないでしょう。

というか、最近はこの手の本が沢山出てきて懐かしくて欲しくて困ってしまう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
 サンエイムック、日本の名作漫画アーカイブシリーズ 今回は、永井豪誕生70年記念として「デビルマン 大解剖」です!!
 「デビルマン」は、テレビ放映のために、「魔王ダンテ」をベースに「週刊少年マガジン」(1972年25号~1973年27号)に全53話連載され、
 永井さんのマンガ家としての運命を分けた文字通りの大傑作です!!
 本書では、マンガ版の「デビルマン」を多面的に取り上げて、その魅力を存分に浮かび上がらせています。
 本書で目玉となるのは、やはり   1:永井豪直激インタビュー   2:原画で読む!!最終回 ということになると思います。
 1:内容を少し紹介しますと、永井さんのマンガのエッチなシーンや過激な描写は、
 なんと当時の貸本漫画の「忍者武芸帳」(白土三平)の影響なのだそうです。
 また、「デビルマン」は、聖書、そして、黙示録の知識がなければ描けないと思いますが、そんなのものは、読んだことがなかったのだそうです。
 そして、最終シーンの多数の天使たちは、神の軍団を意味し、これからデーモン軍団と神の闘いが始まることを暗示しているのだそうです。
 2:細部まで描きこまれた見事な原画です。感動します!!
 しかし、このラストシーンは何度見ても感動的です!!
 また、「デビルマン」は偉大な作品ですから、様々な作品に影響を及ぼし、スピンオフ作品、トリビュート作品も多数あります。
 スピンオフ作品としては、AMON デビルマン黙示録(衣谷遊)、デビルマン対闇の帝王(Team MOON)、等があり、各々解説があります。
 また、永井さん自身の関連作品としては、魔王ダンテ、デビルマンレディ―、バイオレンスジャック・・・正体は誰か、ご存知ですよね!・・・、
 新デビルマン、そして、現在連載中の「デビルマンサーガ」!!
 最後にチラッと「サイボーグ009vsデビルマン」のことが出てきます。
 「デビルマン」ファンにとっては、「デビルマン」そして、様々な関連作品のカヴァー画、扉絵を見るのもまた楽しいものです!!
 既知のことが多いとは思いますが、カラー画がふんだんに使用されていて、「デビルマン」ファンなら持っていて損はないと思います!!
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月10日
 連載終了後から40年以上を経った現在でも日本のみならず海外からもカルト的人気を誇る伝説の漫画『デビルマン』!

 子どもの頃、平日の夕方再放送で『デビルマン』をよく見ていました。主題歌やエンディング(夕日の沈む東京タワーの一角で佇んでいるデビルマンのカットは印象的!) も好きで劇中でもヒロインの美樹ちゃんやその弟で怖がりでいつもオモラシをするタレちゃん、そしてなんといっても私のお気に入りは主人公・不動明の通う学校の担任であるアルフォンヌ先生とポチ校長だ。
 本作ではデーモンが人間を襲う場面で緊張感があって子供心に怖かったのだが、アルフォンヌ先生が現れると必ずその場面がギャグになっていて、毎回決まってコメディリリーフの役割を果たしてくれるので怖さが半減してその場面は見ていて楽しかった。

 その後に原作を拝見したが、原作はアニメとは全くの別物で特に後半の展開は衝撃的でデーモンたちが次々と無差別に人間を襲撃して恐怖におののいた人間たちが自分たちで悪魔狩りを始め、無実の人間たちを次々に捕らえて拷問にかけ(美樹ちゃんの両親も犠牲になる)、それまで人間を守るために命がけでデーモンと戦っていたデビルマンがショックを受けて「お前らこそ悪魔だ!」と言い放ったシーンは衝撃的でした。
 その後に悪魔狩りの犠牲にあうタレちゃんや特に美樹ちゃんの惨さを象徴するカット(少年漫画史上、これほどヒドイ目にあわされたヒロインもいないだろう。当時としても少年誌でよくこれがOKできたものだと感心する)がものすごく強烈で子ども心にトラウマになった人は多いハズ…(このあたりの舞台裏についてはぜひ『激マン! 』を読まれたし!)。

 原作も今でも語り継がれる名作であり、今回の特集にしても人気が凄いのがよくわかります。本書では原作を基(ベース)に語られた内容となっている。

 当初はアニメの企画ありきで始まった連載(『マジンガーZ』『キューティーハニー』も同じ)だが、連載を始めるにあたって子ども向きのアニメとは違って、当時は大学生や社会人も読んでいた『週刊少年マガジン』だったのでその差別化を図る意味でも読者年齢層を高めにして始まった連載だが、物語が展開していくうちに自分が考えていたモノよりも思いもよらない方向に進んでいき、自分では制御できなくなって、自分の考えていたモノとは全然違った方向に物語が進んでしまったという挿話が印象的でした(よくいわれる挿話だが、クライマックスの時には永井先生自身がトランス状態であった事は有名な話だ!)。

 魅力的なキャラクターも多く、特にデーモン族のなかでは最も人気のあるキャラであり、デーモン族最強の刺客である妖鳥シレーヌは私にとっても大のお気に入りでデビルマンとの死闘の最中で瀕死の重傷を負ったシレーヌと助っ人として現れたもう一体のデーモン族であるカイムとのシーンは本作屈指の名場面だ。

 他にも食べた人間の苦痛と憎悪に満ちた顔が甲羅に浮かび上がる巨大ガメの姿をした魔獣ジンメンも強烈だったし、先にも述べたクライマックスの暴徒化した悪魔狩りのシーン(美樹ちゃんの無残な姿)を目にして絶望と怒りに震えるデビルマン(不動明)の表情も印象的でした。

 『デビルマン』の最終回の生原稿が収録されているのも貴重でラストシーンも初見では意味がわからなかったが(これはファンの間でもいろんな見解が述べられた)、今回永井先生のインタビューを読んで、そのような意味があったのかと納得しました。

 現在もいろんな形で派生して作り続けられる『デビルマン』ですが、やはり初期のオリジナルである『デビルマン』が最も強烈でインパクトを与えているように思います。
 『あしたのジョー』を描いたちばてつや先生もそうだが、クリエイターである漫画家人生の中で最も旬の時期(永井先生自身が20代の最も脂の乗った時期)に本作と出会い、その才能がスパークされた作品が『デビルマン』であり、だからこそ40年以上経った現在でもあの作品が多くの人々を惹きつけてやまない名作であるのだ!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
デビルマン‥‥永井豪先生のその後の漫画人生を決定づけた名作中の名作。最終回の天使たちが迫り来る様子は何を意味するのか?永井先生自ら説明しています。それにしても、連載終了から40年以上過ぎているのに、いまだにこの様なムックが発行されるとは‥改めてデビルマンの偉大さを感じます。中身も充実しており、お買い得の一冊です。
0コメント| 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月28日
レビューがいいのでつい購入してしまいましたが、上級者には目新しいところはないかと。。。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月7日
私はこの原作のデビルマンはほとんど読んでいません。私の子供の時にはアニメが放送されており、本放送ではなく再放送で観ている。
原作を知ったのは中学生になってからで、マンガ好きのクラスメートが持っていたものを少し読んだ程度だ。内容が衝撃的で怖かったので、それ以降も読んでいないのだ。
作品には熱狂的なファンがいて、子供向けのアニメは邪道だと考えてる人もいるかもしれない。そんな作品をこういった形でまとめあげたというのには驚かされた。なかなかここまでのものを出版するのは大変だったのではないかと思った。
原作本はたびたび再販すれば新しいファンが増えるであろう。ただ読んで終わりになってしまいがちであるが、こういった形で残したら、これを見たあとでまた(最初から)読みたくなるのではないか。そんな気がする。
 
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月19日
みなさんが書いておられるのに同感です。
まさか今になってこんなすばらしい一冊に出会えるなんて。
小学校の時に父にマガジンを買ってもらい読んでいたデビルマン。
単行本も繰り返し読んだためぼろぼろになってしまい、そんな時に
完全復刻版が出て買いなおし…。
その後、いろいろな版が出たものの、永井先生には悪いのですが
描けば描くほど悪くなっていく感じでした。
009とのコラボ映画が出来たと聞いて、ひょっとして何か
出るかなと思っていた矢先のこの一冊。
やられました!
気絶ものです!
当然すぐに購入しましたが、今は保存用に何冊買うか検討中です。
最終回の原稿、感激でした。
もし可能なら原稿だけの『デビルマン原版』を出していただきたい…。
以前より「デビルマン」をペンネームにしてきました。
今その名前でこのレビューを書けることをうれしく思います。
とにかく、本当に感動の一冊でした!
0コメント| 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月24日
まあまあでした。もっともっと原作の扉絵、
カラーイラストがあるかと思っていたが、
やはり食い足りない。多くの人が感じている
だろうが、後発のデビルマンの絵は、決定的に
面白くない。当時の作者の力量は、本人を超えた
神がかり状態だったのだろうか。石川 賢の存在
もすごかったのだろう。Sgt. Pepperを出した
ビートルズに近い雰囲気を感じる。
中身ですばらしかったのは、{神}の存在の説明
である。連載中に明らかにされていなかった
神の仕業について、納得のいく解説がされているのが
すばらしい。永井 豪はもっと深い終末感をもって
いたのを発見してしまったのである。よかった、よかった。
review image
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月15日
書店で立ち読み、パラパラと見て即買いました。絵が多くて字が少ないのが良い、少ない字で内容が濃密です。永井豪先生が現役バリバリなのがわかってうれしい。牧村家のお母さんが悪魔特捜隊本部に吊るされている絵は40年前大変ショックを受けました。原案はさらに過激(胴体まっぷたつ)と知って驚きです。こういう絵は現代の放送コードに引っかかると思うが本はええのか、おかまいなしの多数掲載、原作のムードを損なわず大変良いと思います( 「おれは!」「おれは!」「悪魔人間だ!」のデビルマンの絵が原作ではないのが不満と言えば不満ですが)。
しかし、(デビルマンの版権もつ)講談社ではなく三栄書房がこのクオリティのムックを出したことに現代の出版業界の不自由さが感じられる。三栄書房って今までこんなムック出してましたっけ?とにかく素晴らしいし安い、買って損しません。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告