Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
178
5つ星のうち4.0
夢を売る男
形式: 単行本|変更
価格:¥1,512+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


2017年8月27日
大変テンポが良く、最後まで一気に読み切れました。
文章が夢中になれるような構成の仕方で、読書初心者の私でも中だるみ無く読み切ることができました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月14日
百田さんの作品は4冊めでしたが他の本とはちょっと違って一気に読んでしまいました。編集社の裏側も覗けた様でとても面白かったです。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月9日
百田尚樹とはいってもあまり期待してはいなかったのですが、予想以上の面白さに一気読みしました。

売れる確信をもつならば、そのリスクを負うのは当然ですが、本の出版に関しては、少し違った事情があることがわかりました。

狼煙舎は詐欺的商売ですが、結局丸栄社も似たり寄ったりであり、つまりは世の中の商売は皆同じようなものだと感じました。

如何に自社の利益を還元して、事業の社会的意義の大きさを自他に言い換えるかが鍵であり、ぶっちゃけると多くの事業は詐欺的要素を含むのだと再確認しました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年6月22日
出版業界のイメージが無かったからか、序盤からストーリーに魅せられました。
夢を売る男のキャラクターがすごく立っており、好印象を持つことが出来ました。

作中に、日本人は自己表現したい民族だと出てきますが、拙い文章でもレビューを書いている時点で自分も自己表現したいという欲求があるんだなぁーと恥ずかしながら実感しました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年8月31日
読み始めたら、次の展開が気になって、どーなるの?え!どーするの?あと数ページでこの本終わるのに、え?え?と思ってる間、あっという間に読み終わってしまいました。読みやすく展開も早いので楽しめるお話しです。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月12日
出版ビジネス、賞レース、自費出版、大物作家の雑誌連載の現実が、架空の出版社を通じて展開されていきます。かなり、大胆に切りまくっている感もあり業界の方にとっては当たり前のことでも一般人には知らない部分も多く、脚色されていると分かりながらも興味深く読み進めてしまいました。様々な登場人物がいろいろな背景で自費出版に至るのですが、そこの人物たちが魅力的な反面、出版を決意するところまでしか描かれておらず、やや消化不良な感じがしました。本作の主題が出版ビジネスの今を問う、的な部分なので、そこにフォーカスした印象です。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月19日
私の父が自費出版をしたいと言い出した際にまず、この本を読んでくれと言って渡しました。清濁合わせた自費出版の世界で働く敏腕編集部長の話が面白く描かれています。大手の自費出版社に父と一緒に言った時、この本のかかれている通りに話を進められた時にはびっくりしました。さすがは百田先生、念密な取材を元に本作品を書かれているなと関心しました。父の本は年内に出版されます。これからが大変です。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月5日
皮肉たっぷりの著者が楽しい。
ある意味、コメディです。かなり、笑えます。
百田さんは読み手を楽しませることに徹していますね。
ただ、著者が描いているように、くだらない本が世の中に
多すぎます。意味不明な本、難解なだけの本、書き手の
自己満足だけの本など。しかも、小説を好んで読む人は
少ないと。それらを皮肉たっぷりにユーモア
で切って捨てています。
ただ、ラストは感動しました。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月15日
ある意味、一種の人生指南書(どこにフォーカスするかで変わるが)。

当初、評価☆3でプロット組んで(考えて)いたが、途中で大きな過誤(錯誤)に気付き☆4に変更。

本書を読むと、「影響力の武器」の説明が、よく解かる。

夢も欲望も、叶えるには時間と行動と、お金がいる(原因と結果の法則)。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年5月11日
出版社の裏側を書きたくて仕方なかったという想いを、溢れんばかりに感じました。

自分の思想を素晴らしいと言ってもらえる人には全てを懸けてしまう。
自分を特別扱いしてくれるから、お金を出してでも小説を書く。
これはこの業界に限った事ではなく、例えば宗教、詐欺メールでの妄想恋愛、パートナーなど、、

様々な場合で当てはまる話だと思います。夢とはつまり叶わない妄想であり、叶わないからこそ利用する者がいる。
ぜひ教訓にさせてもらいたいです。

しかし欠点として、他のレビューにもあるように話が現実離れしていて

伝えたい事をオブラートに美しく表現し、読者が様々な解釈で楽しむのが小説だと思うのですが、
時々率直すぎてしらけます。
そこは永遠の0でも感じました、表現が下手です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

カスタマーサービスが必要ですか?こちらをクリック