Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車



2015年2月17日
勉強がてら購入。
よく理解できましたし、マインドコントロールされた人は本当にこの本に書かれた通りに行動するので驚きました。
かけられた人を助けたかったので勉強しましたが、かかった人をどうこうするのは難しかったです。
マインドコントロールは恐ろしいです。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月13日
一時はTOSHIさんと敵対していたのにトシさんを許して
トシさんの弁護をする…この人を許すという事を本当に学びました。
最高の弁護士の本です…洗脳に興味がある方は読まないと損します。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
殿堂入りベスト10レビュアー2012年6月4日
やさしく書かれており簡単に読める本だ。また、要点が太字になっている。マインド・コントロールについて説明した本。著者は弁護士。

なぜ人はマインド・コントロールにはまってしまうのか。特に女性がだまされやすいのはなぜか。被害者に対して自己責任という言い方をすることがなぜおかしいのか。洗脳との違い。例えば国民全体がひとつの価値観に偏りがちな傾向のときとマインド・コントロールは何が違うのか。日本でマインド・コントロールの被害が多いのはなぜか。欧米ではどのような対策を行っているのか。日本では今後、どのようにしていけばいいのか。

実際に家族がマインドコントロールの被害にあったら、力ずくで対応するのはよくないという。また、特定の宗教宗派の教えを背景にした価値観の背骨になるようなものが社会的になく様々な宗教に寛容なことが、日本でカルトが流行る土壌になっているという指摘もある。だから、統一教会は欧米では異端視されて相手にされないが、日本では被害者が多く出た。

また、オウム真理教が社会問題となるまで、日本では裁判でマインドコントロールの違法性が直接認定されたことはなかったともいう。ヨーロッパの「無知・脆弱性不法利用罪」をはじめとする各国の法律の話も出てくる。確かに、日本においても法律面での整備を行う必要があるように思われた。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月20日
自分が担当した統一教会やオウム真理教、法の華などの手口や占い師の手口は参考になりました。
チベット仏教の「死者の書」を読んだことがあるのでまさかオウム真理カルト(アレフ・光の輪)が悪用しているとは知りませんでした。
でも、今私が直面しているカルトに対する記述がなかったのが残念です。
脱会カウンセリングなどは参考になりました。日蓮系のカルト団体もたくさんあるのでそれも書いてほしかったです。
巻末には「マインドコントロール」本の文献がたくさん載っててこれらをなんとか全部読もうと思いました。
無理やり本人を説得するのは不可能だと書いてました。
本人が気付くまで待つしかない。
しかし、彼は日本にはまともな宗教がないと書いてるけど日本には日本神道、古神道などまともな神社があることを理解してません。
それに、スピリチュアルや心霊に関する理解もないのが残念です。
私は聖書もチベット仏教も古事記も読んだので、これはカルトじゃないので安心だと思ってます。
そして自分は後遺症のカウンセリング受けてないということでなんとかしなければと思ってます。
すべてのカルト団体を紹介してほしかったです。
カルト団体はなぜ名前を変えてまで金儲けのために騙し続けるのか呆れるばかりです。
K会とか、S会も犯罪を犯してるのでこれも書いてほしかった。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト1000レビュアー2013年4月6日
霊感商法を行うカルト団体は、脱会にかかわるカウンセラーが、
「金のために活動している」と信者に信じこませています。

こんなウソを信じていること自体が、
マインドコントロールにかかっている証拠です。
カルト側が出す「ウソの情報」を盲信しているのです。

その実態について、筆者はよく知っているので、
(そして私自身も、直接よく知っています。)その記述は正確です。

188ページ。

「脱会カウンセラーは基本的にボランティアで、脱会カウンセリングで稼ぐ発想はありませし、そもそも稼げるはずもありません。受け取るのは交通費や宿泊費用などの経費と若干の謝礼くらいです。依頼される事件や問題はたまにしか起こりませんから、彼らは脱会カウンセリングでは食べていけず、それぞれの教会や寺から主たる収入を得ています。統一教会側は「脱会ビジネス」として、ありもしない幻想で誹謗中傷を繰り返していますが、そんなビジネスが成り立つはずもありません。(p188)」

これが、私が直接知る実態そのものです。
ビジネスとして成り立つ道理も実態も無いのです。

教会の牧師と寺のお坊さんが同時に協力しあう場面も多く、
「脱会させて、自分のところの信者を増やそうとしている。これは宗教戦争だ。」
というカルト側の主張も、荒唐無稽な誹謗中傷でしかありません。

(そもそもカルトを脱会した人は、脱カルト側の宗教には入りたがりません。
 普通に考えれば、それが当たり前のことです。
 仮に入信を希望しても「もう少し頭を冷やしなさい」と叱られるでしょう。)

よくあるのはカルト側が口裏あわせをして出す「虚偽情報」です。
(保護説得中に自分で勝手に断食して痩せた写真を、
 カルト側病院と結託して<虐待写真>として紹介する悪例すらあります。)

だからといって強制的な保護説得が許されるはずもなく、
著者は、第4章「脱マインドコントロール」の手法、
<「引き離し」を強引にやってはならない理由とは?>で
そのことを説明しています。

長くなるのでこれくらいにしますが、
カルト側にいようと、脱カルト側にいようと、
皆、一人一人は良い人なので、是非、幸せになって欲しいと心から願っています。

拙文、失礼。
0コメント| 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー2012年5月31日
霊感商法やカルト教団による被害者の救済・支援に第一線で取り組んできた弁護士が、マインド・コントロールの基礎知識、およびその対策をとても丁寧かつ平明に解説してくれる新書本である。啓蒙書であるとともに、実用書であるもといえるだろう。直近のオセロ中島をめぐる騒動やX JAPANのTosh1の事件などメディアで大きな話題となった事例を主に取り上げながら、マインド・コントロールの何たるかについて説明し、霊感商法やカルト教団による被害の実態をふまえながら、異様な現象のように思えながら実は素朴に有効なテクニックをいくつも巧みに駆使して行われているこの心理操作の手法(詐術)の内実を警告的に語ってくれる。
「日本には宗教のオーソドキシー(正統的な信仰)がない、つまり基準となる背骨のような宗教がなく、信教の自由の幅が大きいために、カルトを問題視したり監視したり批判したりすることが少ないのです。だからカルトが繁栄してしまいます」と、欧米との比較において日本社会におけるカルト対策の困難さを指摘しているところなど、現場での実践経験と社会分析が組み合わさった鋭い発言が多々なされており、学問的にもたいへん興味をひかれる。最後には被害を減らし防いでいくための具体的な提言もなされており、ひとりひとりの市民による自覚だけでなく、制度的な対策のうてる政府や教育機関、伝統的な宗教団体やマスメディアが今後どうしていったらよいかも論じられており、説得的である。とにかく国民的な議論が必要なテーマであることが明確にわかるというわけだ。
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月4日
マインドコントロールに関する本といえば、真っ先にイメージするのは心理学的な解説ではないかと思いますが、この本は弁護士さんによるものです。よって、マインドコントロールの仕組みを詳しく解説するよりも、「どうやって被害者を奪還するか」に比重が置かれています。難しい専門用語や理論などをなるべく省き、マインドコントロールから自分や周りの人を守るのに必要な知識だけを端的に、短い文章で要点のみをポンポンと書いているなぁ、という印象で、専門家でない私たちには、このくらいシンプルなほうが分かりやすいです。
内容は、私たちが知っている有名人のケースから始まり、問題があるとされるマインドコントロールと教育との区別、その手口、防衛方法や被害者救済の流れ、犯しがちな失敗パターン、社会への提言、等などになります。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年9月21日
 「市民の立場から、一般の消費者被害はもちろんのこと、宗教やインターネットにまつわる消費者問題、被害者の人権問題、児童虐待問題などに精力的に取り組んでいる」紀藤弁護士の本。(裏表紙カバー見返しより)

 「もくじ」を見ると章立てが非常に細かくてびっくりしたが、いろいろなことが簡潔に説明されるので本文は大変に理解しやすい。また、大事なところや強調したいところ、まとめにあたる部分が太字で書かれているのも理解を助ける。

 プロローグ「マインド・コントロールはワイドショーの中のことではない!」
 第一章「マインド・コントロールとは何か?」
 第二章「「霊感商法」のマインド・コントロールの手口」
 第三章「「カルト」のマインド・コントロールの手口」
 第四章「「脱マインドコントロール」の手法」
 エピローグ「「マインド・コントロール被害」を減らすための提言」

 冒頭では、ある芸能人が、自称「占い師」からのマインド・コントロールを受け「被害者」となる一方、その人自身も別の人にとってはいろいろな意味で加害者となってしまった、比較的最近起きた事件を例として取り上げる。なぜだまされるのか。なぜそんな状況に陥ってしまうのか。どうすれば防げるのか。

 マインド・コントロールをしっかり定義してくれるのもありがたい。もっとも、これは「定義が難しい」と言ってその問題自体を「ない」ことにしたいカルトなどの言い訳を許さないためのものでもあるのだが。

 マインド・コントロールが何かを知らないが興味を持っている人にはわかりやすい入門書になると思う。実はマインド・コントロールは遠い世界の話ではなく、自分のすぐそばにある。また、マインド・コントロールについてよく知っている人にも、具体例が満載なので、問題を整理するのに大変有効だと思う。

 エピローグにはマインド・コントロール被害を減らすための具体的な提言が5つある。

 一.市民活動の支援制度を充実させて、社会的規制を強めよう
 二.心の問題に対処する法的規制の議論を広げよう
 三.学校でも宗教のリスクについて教えよう
 四.既存宗教は、魂の救済にコミットしていないことを猛省しよう
 五.政府は総合的な対策を講じ、メディアはそれをチェックしよう

 わたし(僧侶)としては、四つめの提言には「……ハイ。スミマセン。」としか言いようがない。紀藤弁護士がこんなに頑張ってくれているのだから、わたしたちももう少し頑張らないといけないと思う。

 で。

 この本は、完全無欠のカルト対策なのです。

 藤倉善郎『「カルト宗教」取材したらこうだった』と併せて読んでいただけると嬉しいです。
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年5月30日
「2時間でいまがわかる!」という宣伝文句に偽りはありませんでした。

カルトが生まれた背景、沿革、手口などが実に分かりやすく、かつコンパクトにまとめられていると思います。

前半部分はマインド・コントロールについての説明。

「コーチに心酔するスポーツ選手」
「教育ママによって勉強するように操られている子供」
たちとカルト教団が操るマインド・コントロールとは、どこがどう違うのか?

またマインド・コントロールの6つの原理である
1 返報性
2 コミットメントと一貫性
3 社会的証明
4 好意
5 権威
6 希少性
は一般的なビジネスの場でも使われているものの、カルト教団が使うこれらの6つの原理では、豊富な資金力を背景に手間暇いとわず、襲いかかってくるために「強迫観念」と「依存心」という感情を生み出させてしまう、としています。

マインド・コントロールを使い霊感商法で数多くの被害者と巨額の被害金額を出した教団を例にとって、単に悪徳商法の域を出なかった本覚寺・明覚寺グループとの手口の違いを読んだ時には、思わず背筋が凍りつくような感情に駆られました。

カルト教団が大学生などの若者を最初に引き込むにはそれなりの理由があるとのこと。

「少額のお金しかないのに」と私達は思いがちですが、お金を巻き上げたあと今度は無給かつ体力のある労働者(奉仕者)に変身させ、高齢者をあの手この手で勧誘させる。

そしてその高齢者の資産を徹底的にむしりとると、その高齢者は用無しとばかりにポイ捨てされるというくだりには、カルト教団に対して激しい怒りを覚えました。

世界的には、こういったカルトに対しての法整備がされつつあるそうですが、日本も早く急がねば、まだまだ被害者が増えそうな気がします。
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月9日
紀藤弁護士がこの本で語られている内容は表面的な内容が多く、この手の本を出版しないと生活できないのかなと感じた。
M字ハゲも進行されているようでお歳を召した印象でした。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告