Androidアプリストア クリスマスおもちゃ特集 クリスマスに贈りたい本 psm Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray FM/JMSale 2018 ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 大掃除特集 DIY・ガーデニング 大掃除特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンター HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4



2015年4月22日
実際に これで治った人がいるならば、これもありなのではないでしょうか。正しい 間違いの基準は、その人によって違うと思います。
○か×ではなく、合うか合わないか で判断したいです。
選ぶのは 全て自分ですから。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月14日
九州がんセンターのホームページみて驚きました。
購入して積ん読状態でしたが。。。
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2015年4月13日
著者は「元国立九州がんセンター医師」という肩書きでこの本を書いていますが、九州がんセンターはHPで関係を否定しています。
このような経歴を詐称する著者のいう事は信用に値するのでしょうか?

『国立がんセンターあるいは九州がんセンターの名称をかたった書籍タイトルの監修本について』
[...]
株式会社「史輝出版社」から刊行されている「元国立がんセンター医師が実証!ガンを攻略するフコイダンの威力」また、「青山書籍」の「元がんセンター医師が実証!!ガンを直接攻撃する!このフコイダンの凄い力」という書籍について、その内容は九州がんセンターが研究したものでも認めたものでもありません。 監修者は平成6年6月1日~平成7年5月31日まで、整形外科の非常勤職員として勤務した事実はありますが、これのみをもって元国立病院九州がんセンター医師という誇大な広告をしています。

監修者及び本の内容等、当センターとはいっさい関係がありませんので十分ご注意ください。
0コメント| 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年12月22日
大体このような本を探す方々は自分あるいは身内にがんと闘っている方がいて、藁をもすがるような思いで読まれる方だと思います。現に私もそうでした。医師も色々な考えの方がいるのは当然だし、治療法も様々というのは分かっていますが、敢えて厳しい見方で言うと、相談に行った患者にまで、「抗がん剤は寿命を縮める」とか、「そんな治療はすぐやめなさい。」とか無責任な発言があったようで非常に残念でした。もちろん、何の役にも立たない助言でした。一医師の意見として聞くならまだしも、がん治療の権威のような言動はがんで身内を亡くしたものとしては、腹立たしいの何物でもありません。
0コメント| 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年10月6日
今や二人に一人は癌になると言われていますが、何故に癌になるか、なったら自分の体をどうしたいか、もっと学習する必要があると思い購入しました。
なる人とならない人の差が分かります。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年6月10日
金儲けは いけません!!  治ることは まま あるかもしれません 1000例に 1つぐらいは!!  その程度です!! たからくじよりは やや 確率が高いか??  ^^  
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年7月6日
考え方のひとつとして、自分ならどのような選択をするか等の選択の幅が広がり参考になった。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年4月26日
賛否両論があるようですね。
書いてあることが信じられない人が存在することは理解できます。

癌を完治させることとは、治療後も再発することなく、
長きに渡って健康的に生きて行けてこそ、成し遂げたと言えると思います。

そういう前提に立つと、西洋医学の手術、抗癌剤、放射線で癌を完治させることは、
ほぼ不可能と言っても間違いは無いと思います。

人間の自然治癒力を増進させて、本当の完治を目指すには、
現代科学での立証が追いつかない分野に入り込んで行く必要があると思います。

世の中のあらゆる事象の中で、科学で立証できないこと、
解明できないことなんて無限に存在することは誰でも知っているはずなのに、
批判したい物に対してだけ、エビデンスを示せとやたらムキになる人が多いですね。
(エビデンスとやらがあるはずの抗癌剤や放射線治療でさえ癌患者をろくに救えていないのに・・・)

この本の著者である安藤先生は、理論理屈を述べるだけではなく、
実際に治療実績を残してきた人であり、現在も一貫して続けている人です。
今も九州で患者と向き合ってらっしゃる方です。
嘘っぱちで実績も無い理論を振りかざして何のメリットがあるでしょうか?
金儲けが目的なら、利益にならない丸山ワクチンなんて推奨する必要は全く無いし、
さすがにもっとうまいやり方があるでしょう。

それに、本に書かれていることは、医師ならではの、
理論的な組み立てで、とても説得力があると私は思いました。
この本を読んで、ぴーんと来る人は、かなり勘の冴えた、鋭い人だと思います。
そういう人は、癌になった際に助かる確率がかなり高いと思います。

シンプルだけど、とにかくすごい本だと思いました。
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年2月13日
著者の先生からの紹介で購入しましたが、統合医療を推進している自分にとって、更なる自信を得ました。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年12月3日
妊娠7か月で乳がんが見つかりました。すぐに手術が受けられず、母の勧めでフコイダンを飲み始めました。
本を読み、フコイダンが良い物であるだろうと思いつつも信じ切れず手術日を決めました。ですが、その後も僅かな期待を胸にフコイダンを飲み続けました。4か月後、出産を終え手術の日を迎えました。当日 患部にははっきりとしたがん細胞の姿はなく、エコーでぼんやりした部分を探し探し切除されたそうです。切除部の細胞検査につきましては「良性」との結果が出ました。担当して下さった医師は通常がんが消えるなどありえない、妊娠中のホルモンが関係したのか・・・と首をかしげておられました。3年後の検診で異常はなく、7年後の人間ドックでも異常はありませんでした。
またその後、母に初期の肺がんが見つかり、同じようにフコイダンを飲用しました。母の場合は他の治療は一切受けずフコイダンのみ1年近く飲み続けましたが、がん細胞は消えもせず大きくなりもせずでした。出来ればもう少し様子を見たかったのですが、転移の不安が拭い切れず手術を受けました。知人のお父様は肺がんが心臓に癒着し手術が出来なかった状態がフコイダンを飲用後、癒着部が離れ手術に至ったそうです。
安藤先生の別の著書にはフコイダンによる臨床結果が癌の部位ごとに記載されていましたが、100%改善したなどとはひとつも書かれていませんでした。しかしながら臨床結果の高い改善率を拝見しますと、体に安全な自然に伴った治療法の発展を願わずにはいられません。採取する段階を考えれば仕方がないのだろうとは思いますがフコイダンはとても高価なものです。しかし無理な購入を勧められているわけではないと思います。また可能性として代替医療が普及することによるフコイダンの価格の低下も期待出来ると思います。大切な体のこと、みなさんの選択肢は一つでも多い方が宜しいのではないでしょうか?
2コメント2件| 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告