Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0516 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick お中元ストア リニューアルキャンペーン ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 スイミング 今田x東野のカリギュラ

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
63
5つ星のうち4.8


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年1月20日
もっと早く知りたかった使えるtipsがたくさん載ってました。見出しもわかりやすくて使いやすいです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月15日
現在イラレを勉強中の学生です。何か良い参考書はないものかと思い、
平均評価が高かったので即買いました。
当初ベテラン向けを良く確かめもせず、間違えて買ってしまい、失敗したかなとも思いました。
しかし、実際自宅と学校のバージョンが異なった場合があり、そのようなバージョンダウンへの対処方法が細かく書かれておりました。
また、直しに強い設定方法などが細かく書かれてましたので、良書であると思いました。
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月16日
グラフィックデザイナーをやっています。ほぼ独学でやってきたのでこの本の内容は目から鱗でした!机の横にいつもおいてあり、すぐ確認できるように付箋を挟んでいます!
色々な参考書を買ってきましたが、この本は小技や時短に特化した情報がいっぱいでおかげで早く仕事を終えることができます!LINEスタンプの話まで載っていて読んでいておもしろいです!
大きさもちょうどいいです!
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この本の最大のライバルは旧版です。旧版はプレミアが付くほどの人気ですが、その理由はこの増強改訂版のサブタイトルでIllustratorのヴァージョン対応があたかもCS5以降の内容であるかのように書かれているためです。
おそらく最新ヴァージョンを使うのは今風の仕事をもらえる一握りのデザイナーと趣味の人々だけで、一般的な制作や印刷の現場ではまだCSからCS3あたりの解説本に根強い需要があります。

私はCS 5.5(含まれるIllustratorはCS5.1=v.15.1)まで所有していますが実際に制作に使うのはCS4(CS2またはCS3形式で保存)なので、やはり旧版をプレミア価格で買うかどうか迷いました。しかしCS4を使う上で現場の必須テクニック Illustrator CSの仕事術 基本/ビジネスグラフィック編という古い書籍(後にCS2対応の改訂版が出ましたがその前のCS版です)が今でも十分役立っていますし、説明をよく読むと旧版の全176ページに対して新版は256ページで、つまり旧版を補筆・増補したのであれば旧版の内容は失われていないと予想し、サブタイトルにない古いヴァージョンでもそれなりに役立つだろうとひとまず新版を買うことにしました。

結果は正解で、CS4を使う上でも十分に役立つトピックがたくさん解説されています。強気価格の古本(旧版)にしか書かれていないテクニックがあるのか、新旧を並べて比較してないのでわかりませんが、おそらく新版にちょっとメモを足せば良い程度だと思いますし、旧版はコレクションとしてどうしても欲しくなった時に入手すれば良いでしょう。
なお、各機能(手順)の解説に記されたIllustratorの対応ヴァージョンはサブタイトルにあるヴァージョン範囲のみですが、気にするほどのことではありません。仮に全部を同じ手順でできなくても十分に目から鱗の効率化ができそうです。

サブタイトルの対応ヴァージョン記載により内容があたかも限定されているように見えますが、実際には「ヴァージョン××の新機能を使う場合の手順解説は○○頁に・・・」のように最新ヴァージョン向けを付け足したような記載になっています。つまり旧版がベースになっており、旧ヴァージョン使用者が購入を躊躇う理由は皆無です。
0コメント| 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月17日
本書を読むまで、逆引き系のイラレ教則本を買って勉強していましたが、逆引きはドロー系ソフトのノウハウを強く意識し過ぎたせいか、かわいいイラスト、例えばアイスクリームの描き方など実際のポスター作成で使いそうにない素材が目に付き、正直実務の広告デザインに役立つ情報が弱く感じられました。(基本技術としてそういったものが作れるのは必要ではありますが)

自分は、雑誌に文字メインの広告を掲載せねばならず、文字組について細かく知る必要がありましたが、「DTP」をキーワードに本を探しても文字詰めなどのテクニックが弱い書籍ばかり。
本書では、例えば「約物半角」の設定は全角句読点(、)横の半角アキを詰めることが出来ることや、かける文字詰めの各パーセントによってテキストがどれぐらい違って見えるかを一覧で見せてくれたり、1文章内で日本語とアルファベット・数字などが出てきた際、和文と欧文フォントをいちいち変えずに入力出来る「合成フォント」などについても詳しく書かれており、より美しく広告を仕上げることが出来ました。(それまでは、「ヒラギノゴシック」で和・欧問わずザックリ文字を打っておりました;)

デザイン系の会社に勤めれば、基本的な文字・レイアウトのルールを先輩が教えてくれることもあるのかもしれませんが、自分の様にメーカーで自前で広告をやっている会社の場合、人より書物に頼らざるを得ないので、実務に根ざした本書は今現在も本当に助けとなっております。
本のサイズも一般的なデザイン本より小さく、カバーもバックに入れて破れないハードカバー。
通勤時に読み易い作りになっているのも、実務を意識した現れと言えるかもしれません。

仕事で使うイラレの教則本を買いたいけど迷っておられる方、書店にある他のイラレ本は後に取っておき、とりあえず本書を先に買った方が、直面している問題を先延ばしせずスッと解決出来るかもしれません。
実務の核心に迫った、お世辞抜きで良書であると思います。
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2017年1月24日
イラレは20年以上前から触っており、最近ではWEBデザインやポップなどしていますが、要領が悪いのか、とても作業が遅いのです。アピアランスを活用せず、パスのオフセットで線を太く見せたり。。ググるたびに、新しいやり方に変えてますが、それでも遅い遅い。そんな中、本書を発見。素晴らしいの一言です。しかもとっても分かりやすい!!自宅ではCS5.を使用していますが、ぜんぜん!使えます!。最終章は、WEB用の書き出しについても詳しく載ってあり、ありがたいの一言です。ネットで探せば答えが出るといいますが、ここまでは出てきませんね。全てを網羅しています。この一冊で十分です。これからどんどんイラスト・WEB制作が楽になっていくでしょう。
追記:写真に白フチ付けてドロップシャドウや、文字の窓部分を埋める作業などなど全て個別でしていたこと、とても無駄な作業でした。読み進めるたびにショックです。古い人間ほど古いやり方にこだわるので、いけませんね。最近周りにデザイナーが自分しかいない職場ばかりだったので、情報交換すらできず、やはり私みたいな人にこそ、読んで学んでほしいです。時短になります。頭の切り替えは大変だけど(笑)
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月22日
デザイナーではないのですが、印刷会社でillustratorをVer.5.5の時代から使用しております。
どんどんバージョンアップするillustratorに自分のスキルは対応しないままだったのだと、この本を手にして改めて思いました。
まだ全部のページを理解してはいませんが、かなり遠回りして使っていたんだなぁと(苦笑)。
illustrator歴の長い、零細企業やフリーで使っている方にこそお勧めです!
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月11日
実務に使える技たちがとっても多く詰まっているのが、一番魅力に感じました。
中身が濃くて、題名にもありますが、初心者からベテランのひとまで持つべき一冊!!なんじゃないかという感想をもっています。
DTPの人はもちろんのこと。
SVGが注目されている今、WEBの人にもすごくすすめたい本です!!
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月21日
自分はポスターや告知の制作にIllustratorを月に1~2度使っています。
Illustrator習熟度は初心者~中級者レベルくらい。
今まで使っててわからないことに出会った都度、ネット検索して解決していました。
だいたいの解決法はネットにあるし、本なんていらないかな…と思っていたんですが、まぁ一つの調べ物に1時間くらいはかかる。
あまり仕事でイラレを使っていない頃はそれでも良かったんですが、最近じわじわと仕事でイラレを使う頻度が上がってきました。
調べ物の手間と時間を考えると、時間短縮のためにひと通りTIPSを知っていたほうがよさそう。
そういう動機でこの本を購入してみました。
結果、購入して正解だったと思います。
事務的なイラレ仕事のTIPSが詰まっていて、まさに今の自分にとって願ったり叶ったりの本でした。
本の目次をだいたい覚えて、仕事での必要に応じて「10倍本にちょうどいいやり方があったな…」なんて言いながら字引して、手順を真似して使っています。この本を買ってから3ヶ月くらい経ちますがググる回数が減って助かっています。
あと、本の本筋ではないのですが、付録のアップデートの歴史コーナーが面白いです。
しいて難点を言えば、Illustratorを完全に習熟してる人や、完全に初心者の人、創作系の人の求める本ではない気がします。
そういうことで星は4つにしてあります。
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年3月15日
 この本を読むと、サブタイトルの通り、古くからのユーザーは「ベテランほど知らずに損してる」事が多いことに気付かされる。
私が思う読者対象は、Mac本体の更新に伴うバージョンアップのように、意図しない環境変化にさらされた方、とりあえずバージョンアップしたものを(知っているコマンドしか使わないような)旧版と同じ使い方をしている方、小技を使わなくても手早く作業ができる方、アピアランスは重たくなるので使いたくないと感じている方・・そんなユーザーにオススメしたい。

 アピアランスやグラフィックスタイル、シンボルを活用した「直しに強い」データ作り・美しい文字組Tips集・ショートカットやアクション、スクリプトなどの利用で、手数を少なくキレイに仕上げるヒント・データの効率的な受け渡しやインターフェイスのオススメ設定など、多岐にわたって解説している。新旧版との違いにも触れているので、CCは時々使うという、CSがメインという方も読み進められる。また、購入者用サポートサイトもあり、本文以外にも十分な情報を得られる。情報交換の少ない少人数のデザイン事務所にもぴったりだと思われる。

 すでにある知識や経験の、さらに一歩「その先」をとことん使い込んで解説してあるので、「こんなことまでできるんだ!イラレってすげー」と感動すら覚える。

 古くからのユーザーには、正に目からウロコで、いろいろと再勉強・再入門するのにいい機会を与えてくれる。また「やっぱこう使うべき」と思っていた事柄が、他の人も同様に思っていたんだ〜とか、「みんな何でアクションとかシンボルを使わないのか」など、日頃の疑問や共感にも答えてくれる。
 逆に若い人にはコマンドなど「イラレのここがナゼ?」という挙動や仕様の不思議を読み解くことができるし、新旧版の違いが適時記載されているので、学生時代はCCでも職場ではCSという場合にも対応できる。

 しかし、やはりオススメは昔からのイラレユーザー。自己の認識を改める本として、手軽に検証済みのワザを身に付ける本として、最新のCCを勉強をする本として、ぴったりだと思う。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告