Androidアプリストア Amazonファミリー 風間杜夫の朗読でハリー・ポッターシリーズ Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard Wintertire DVD Blu-ray Bargain 2016winter ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
19
5つ星のうち4.5
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

VINEメンバー2016年11月4日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
このタイトルから,当然この本を手に取る人は(私も含め),サラリーマンからの脱却・独立・起業を多少なりとも考えているひとだと思います。

この本はその技術的な部分の話がメインではなく,実体験に基づく失敗例の本です。

かくいう私も独立を考えてから早何年か過ぎ,もやもやしていた時期でにこの本を読みました。

当然「あぁ,なるほど」という部分もあり「えぇ,そうなの?」と驚くこともしばしば。

とても読みやすく,そして単純に「おもしろい」と感じました。

この本は技術的な本ではないので,起業するにはほかに技術的な本も必要です。

ただ,私の中で数年間むにゃむにゃしていた部分が晴れ渡り,

「よっしゃ,真剣に考えて準備するか」と思えた本です。著者の井上さんに感謝です。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年11月13日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
感動するほどの品質とサービスを目指すべきだということ、売れる仕組みなどは存在せず、
より多く売ってくれる人材を確保すること、社長には休みなどない事など、厳しい現実を
教えてくれます。

それらは、ご自身の苦労はもちろん、多くの社長たちが消えていく姿を見てきた著者の
実践的アドバイスであり、実は起業などしたことがないコンサルタントが書いたものとは
説得力が段違いだと感じました。

特に、著者自身が騙されたり自転車操業になったりと、大変ご苦労なさったことが
詳細に述べられており、本当に知りたい情報が網羅されている様に思いました。

起業しない皆さんでも、小さな会社とはどういうものなのかがとてもよく分かりますので、
日々の取引の参考になると思います。

オススメさせて頂きます。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
まず、この本は実際に起業した人が書いた本です。
著者曰く、本屋に並んでいる本は多くが、コンサルタントなどが書いた本で、
実際に起業した人が書いた本はわずか、とのこと。「くだらない本ばかりで目眩がする」そうです。

起業は厳しいよ、ということがひたすら書いてある本かと思いきや(そういう部分も少なくはないのですが)、
多くは起業の際の具体的なアドバイスです。
上から目線で語っているわけではないので、不快な感じもなく、
すいすいと読めてしまう、読みやすい本です。

この本を読んでおくことで、起業について、より具体的なイメージを持つことができると思います。
それで、自分には無理だ、あるいはリスクが高すぎると諦めるのもありでしょうし、気持ちを引き締めて起業に望むのもいいでしょう。

ただ、この本を読んで起業したくなる人は少ないかもしれません。
どうしてもビジネスの世界で自分の力を試したいとか、とにかくお金が欲しいという強力なモチベーションがある人ならともかく。
基本的には、365日人の何倍も働いて、常に焦りの中にいないと倒産しますよ、というスタンスです。
ワークライフバランスなどという世界とは無縁です。

しかし、いまの世の中、
サラリーマンは徹底的にこき使われ、
経営者になったらなったで大変、とか。
どうなっているんでしょうねぇ。
しっかりと、しかしほどほどに働いて、同時に自分の人生も楽しむという
ある意味、当たり前とも思えることを実現する方法はないんでしょうか?
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年10月30日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
著者の体験に基づく、起業する際に注意すべきことが多く記載
されている。
つまり、著者の方は非常に多くの失敗をされたからこそ、ここまで
多くの注意点をまとめる事ができたという事となる。
起業して成功を収めた方は、なかなか自分の失敗体験を人に
話せないのが普通だと考える。
だからこそ、本書の、体験に基づく内容は非常に参考になる。
この本だけで起業時の重要ポイントが網羅される訳ではないが
とても参考になる内容が多く書かれてあるので、起業を考えて
いる方、既に起業されているかたにも大変参考になる本です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年11月7日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
本を読んだから企業ができて上手くいくわけではない。
ただ、何か忘れていることがあるか確認するチェックリストとして目次を覚えておくだけでも、立ち止まったり、悩んだ時に振り返ることができるかも。
この通りにすればいいのではなく、一般的に陥りがちなことをまとめて書いてくれている。
逆にこの通りにしたら、起業できないかも^^;

同じことをしても穴にハマるか抜け出すかは、本人の力やタイミング、ツキもある。
ただ、生死をかけなければならないように、できるだけ不安材料を除いていくには、一度読んだほうがいい。
わかっていても、焦りや、おごりで、見失うこともあり、失敗してしまうケースがほとんど。
縦書きで文字で埋め尽くされてはいるが、なぜか読み進む。
そんなことはないと思う項目もあるが、時代やタイミングや流れに当てはまり変化する場合もある。

起業するには、覚悟が必要。背中を押してくれる部分と、考えの甘さを指摘されている部分もあり、いずれに転ぼうが、いくつかは頭に残ると思う。
まぁ誰もが同じことをしても、全員が残れるわけではないので。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
とても読みやすく、読み物としても面白い一冊。
特に、第3章会社の設立、本に書かれていないこと は面白く有益。

”ハンコはチタンで作りましょう”は、その理由が思いもよらなかった理由で、
実際に起業で体験した苦労からのアドバイス。

”会社を経営するには当初いくら必要なのか”では、その意外な計算方法に
目からウロコ。

”クレジットカードは起業したら作れない”は、気づいている人は気づいているが、
気がついていない人も多いかも。

全体に読みやすい文章で、内容は実際に起業した人ならではの考え方によるもので、
他の起業本とは少々毛色がちがう。読み物としても楽しめるが、起業を考えている方には
有益な情報となる一冊。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年11月12日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
起業を考えているわけではないですが、興味があったので手に取ってみました。
結果、普通に起業して苦労されたり、上手くいったりいかなかったり、の本として面白かったです。
仕入れの話や融資の話など、実際に経験したり、コンサルティングの人しか知らないだろうことを知ることができて、
そういうものなんだなぁと楽しく読ませていただきました。
ユーモア持って書いてくれているので、いい意味で軽く読めます。
2,3時間で読めると思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月6日
敢えて的を絞って一点だけ記載する。

小項目「22.スタートダッシュを早くするために」において、「・・・営業して売れたのはいいものの、請求書が手書きでは格好がつきませんし、起業してからソフトの使い方を学ぶのでは遅すぎます。起業時に一番重要なのは、請求書のシステムです。・・・」という記述が特に有益だった。

あるべき姿勢として、お客様へのサービス提供・物品販売を遂行しても、銀行口座に振り込まれるところまで緊張感を持つ必要があり、事業会社として請求書の体裁を整備することも必須である。

ただ、私の場合、これまでは「請求書のシステム」化に関してはすっかり抜け落ちていた。当該書籍により「請求書のシステム」の重要性を認識した。

大したことではないが、この「気づき」が長い目で見ると大きいと考えている。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月10日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
企業は一度も経験することがないままに人生を終える人がほとんど
なぜならば、わからない、失敗したらどうしようという怖い気持ちが支配しているからです。

そこで、この本の出番。

企業を考えてからの動き方、経験談、失敗談などが網羅されているので
企業に不安を抱えている人にはもってこいの本だと思います。
起業してみようかという気持ちを後押ししてくれる本であることは間違いないと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
大して期待もせずに本書を手に取ったが読み進めていくうちに、ここに書かれているノウハウは、これから起業する人にとっては非常に役に立つアドバイスではないかと思うに至った。
たとえば「クレディットカードは起業したら(起業した会社の信用がないので)つくれなくなるから、今の会社を辞める前に数枚作っておくべきこと」、などは目から鱗のアドバイスだろう。
私自身は定年退職者で、これから起業しようなんていう野心はさらさらないが、「信用調査にはできるだけ協力する」なんというのも得難いアドバイスだろう。
私は退職後アルバイトとして信用調査会社に8年間ほど勤務していたことがあるが、たとえ電話取材にでも誠実に答えていないと思わぬ悪い企業評価が下されるものである。一旦悪い評価がネット上に定着すると、それこそ銀行取引や仕入れにも差し支えることになる。
また、「仕入れは(売りの2掛け」というのも一般の人が知らないノウハウだろう。私はもう一つのアルバイトで高級食器の輸入代理店に1年ほど勤務していたことがあるが、そこでの仕入れ原価はデパートの売上価格の3割程度であった。デパートで100万円で売っているものは仕入れ原価は20~30万円だということだ。だからデパートで高価で買った宝石類など、買い取り業者に持ち込むと買値価格の1割程度で売れればよい。そのくらい安く仕入れないと販売競争に勝ち残れないのだ。
その他、悪徳コンサルタントの存在や、「友達や同僚と企業しないこと」などなど、新規に起業したい人が心得ておくべきこと満載である。
また、新規企業を目指さぬとも、会社の管理職の部下管理にも役立つ。
本書は会社設立の手続きを教えてくれるノウハウ本ではない。親切な起業先輩が、後輩に対して教え諭してくれるような心構えの本である。
最後に、今後の起業の方向として著者の手前味噌だが、ネットを利用した企業が成功の確率が高いというような結論に誘導している。
肩の張った「起業入門書」ではないが、読んでおいて絶対に損はない書物として推薦したい。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告