Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive nav_flyout_lp Amazon MasterCard Wintertire nav_flyout_videogame ファッションセール Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2017 年末年始ダイエット特集 降雪対策グッズ特集 Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア ドキュメンタル

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
51
5つ星のうち3.8
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2006年4月10日
発音が駄目すぎて行き詰っている時に購入しました。発音初心者、細かい説明を長々されてもよくわからない方におすすめ。あまり細かいとこまで説明は載ってませんが文字が沢山詰まってるタイプの本ではないのでとっつきやすいです。CDは落ち着いたネイティブ音声で、余計な音楽や日本語ナレーションは殆どないシンプルなものです。カチッコチっというリズムに合わせ「ブッブッブック!ブッブッツブック!(book)」のようなナレーションに合わせて真似していくだけ。疲れてる時でも真似すればいいのが楽なので買って二週間くらいは毎日5分づつくらいやってたと思います。効果はありました。元取れました。
0コメント| 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年10月16日
多くの評価者がついていますが、中には誤解なさっている方もいらっしゃるようです。
これはフォニックスの本です。発音記号は書いてなくても仕方がありません。
フォニックスとは、商品説明にも書いてあるとおり、つづり(スペル)と発音の関係を
知ろうというものです。結果として、ある程度初見の単語でも読めるようになります。

逆に言えば、フォニックスだけを勉強しても、別に発音が良くなるわけではありません。
また、フォニックスのルールに従って発音される単語は、全体の75%ほどとも言われます。
つまり、この本(を初めとするフォニックスの本)で学べるのは、英語発音に関する
いくつかの要素の1つ、ということになります。
それ自体を軽視するべきではありませんが、今、これを買おうか迷っている方が
求めているものが何なのかによって、「期待していたことと違った」となってしまう
わけです。

数々の単語が紹介されながら、発音記号が添えられていないことを指摘している方も
いらっしゃいますが、それも期待するところがズレていたからということでしょう。
重要なことは、フォニックスの基本的な教え方は、「この単語のこのスペルの部分は、
あの単語のあの部分と同じ発音だよ」というものだということです。
つまり、その「あの単語」にあたる部分のに知識ストックが圧倒的に足りず、
また身近に提供してくれる人もいない環境で英語を学ぶものにとっては、利用するには
それなりにハードルが高い勉強法だということです。
たまに週1回程度しかない英語教室で、「ウチはフォニックスから教えます」などと
宣伝していますが、果たして効果的なのだろうかとも思います。

この本自体はフォニックスの解説としてよくまとまっていると思います。
ただ、日本人が発音の勉強を目的に参考書を探しているとするならば、
足りない部分を補うためのもう1冊が必要になると思ったほうがいいでしょう。
0コメント| 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年2月26日
私の場合、英語嫌いになったのは、単語の読み方がわからなかったから。読めないから、書けないし、単語テストはいつも最悪。アルファベットの読み方だって、何のためだか解らない。Aはエィとか言うくせに、appleはエィプルなんて言わない。じゃあ、ローマ字読みなのかと思えば、Mikeはミケじゃなくて、マイク。もう、混乱しましたね。一つ一つ覚えるなんて、拷問でした。
でも、やっぱり、掟はあったんですね!英語圏の子供たちは、知っている単語の音をどう綴ったらいいか習うそうで、その逆をすると、つづりをどう発音するか解る訳です。なんだ、決まりがあるなら、早く言ってよ!というわけで、この本、その秘密が書いてあります。その上、CDをかけると、日本語では考えられない音が、聞こえてきて、更にメトロノームの音がかぶり、自動的に練習モードに持っていかれます。凄い。音の出し方の説明も面倒見がいい、と感じます。しかも、巻末の付録には、発音記号との関係がわかる表があって、辞書を引いたときの発音記号の読み方の確認にも、ばっちり使えます。
ただ、グループで練習するといいと書いてありますが、人前で、こんな顔をするのは勇気が要りますよね。かっこいい発音と引き換えなら、しょうがないか?
0コメント| 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年10月11日
私は米国に約10年住んでいたのですが、この本と出合うまで
フォニックスという存在を知りませんでした。
英語圏の社会に長い期間暮らし、英語を日常的に使っていると、
確実に英語力は付きます。しかし発音力に関しては、自分から
積極的に変えていこう、直していこうという姿勢を持たない限り、
なかなか上手くならないのが現実。私は自分の発音をブラシュアップ
する目的でこの本を購入したのですが、予想以上の良書でした。

特に役に立っているのは「ブレンド音」のコーナー。TとRが連結した
TR音などは、練習していてなかなか興味深い。また、英検一級レベルの
単語にも「こんなフォニックスルールが使われていたのか」という
気づきもあり、目から鱗。
まじめに学習すれば、フォニックスと発音の基礎はこの一冊で
ほぼ完全にマスターできるのではないかと思います。
0コメント| 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
正直に書いてしまうと、「今さらこんなレベルからやるのか」と、かなりショックを受けてしまった(笑)。

近年よく見聞きする機会が増えたフォニックスについて、どうしても気になったので買い求めた。しかし、なにしろアルファベットひとつひとつの発音からていねいにページを割いて説明してあって、それをCDと共にマスターしてゆくようになっている。まるで、中学生に戻った気分だった。

しかし、後半の「子音ブレンド」や「母音ブレンド」はなかなかいい訓練になったし、そいういうところをきちんとやろうとすると、正確にアルファベットの発音から復習しなおさなければならないのだという意図はそれなりに理解できた。実際、結構マシな方だと勝手に思っていたのだけれど、意外に適当にやっていた部分もあったことに気づいてからは、真面目に取り組んだ。

発音や文法はあまり重要ではないという人も時々いるが、そういう意見には個人的には賛成しない。例えば外国人と1時間自由に話すときに、あらかじめ珍しい表現や単語をいくつか覚えておいたところでその場その場の会話の展開次第で実際にそれをどれだけ使えるかは必ずしもわからないものだ。しかし、発音や基本的な文法であればどんな話題に飛ぼうとその気になれば結構使う機会があるから、実用性という視点からみると役立つ範囲が広くて応用が利いて便利なのである。難易度の高い単語や表現を覚えて使う場合でも発音がいい方が通じやすいし、リスニング力向上にも役に立つ。

いずれにせよ、結論としては、そういう教材だと最初から理解して購入して使うには、悪くないと思われる。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年1月7日
発音本はこれで2つ目です。これの前に買ったのはケンブリッジユニバーシティのin useシリーズの発音本でした。
2つを比べた感想なんですが、英語は英語で覚えた方がいいかなと、最初にケンブリッジの方を買ったのですが、発音の仕方が顔の断面図で示されているよりも、こちらの本のように「Oはあくびするときの口の開け方でア〜と言う」みたいな説明の方がわかりやすいです。フォニックスは以前、英会話教室でイギリス人に先生からも教えてもらいましたが、ネイディブの先生だと上記のような日本語の音に例えるということが出来ないので(出来る人もいると思うけど)日本人が書いたこの本がとっても役立つと思います。
自分の耳だけで覚えてなんとなく言ってる発音より、具体的に「こう発音する」と教えてもらってそれを覚えると、人前でも自信をもって英語を発音できるようになると思います。自己流だと「これでいいのかな…」とイマイチ心配になってしまうので。多分日本人って、そんな風に思っちゃう人が多いと思うので(私を含め)。とにかく初心者はまずこれで読み方叩き込むのがいいですよ♪オススメ。
0コメント| 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年7月2日
子供に英語を教えています。子供に分かりやすくフォニックスを教えるにはどうしたらよいか試行錯誤しいろんなフォニックスの本を読みましたが、 いちばん役に立ちました。例えば子音の発音は、どうしても日本人て母音を含めて発音してしまいますが(Bをブ、とゥの音を含めてしまう)、そうならないようBの発音をするにはどうしたらよいか、簡潔で分かりやすい方法が載っています。目からウロコとはまさにこういった本のことでしょう。
0コメント| 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年5月9日
大人が手っ取り早くフォニックスを習得するのに向いる本です。

本を読んでから、CDと一緒に発音して練習をすると、発音が改善出来ると思います。話したり、声読が苦手な方や、子どもにフォニックスを教えている方にも役に立つ一冊です。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年9月22日
英会話スクールに1年ほど前から通っているので、スピーキング力は少しついたかなと思うのですが、ネイティブスピーカーの講師のナマの英語が聞き取れず・・・とても苦労していました。このままではいけない、本気で勉強しなくては!と一念発起、リスニングに役立ちそうな本を探していた折、たまたまこの本と出会いました。

結論から言って、少しずつですが確実にリスニング力がアップしています。毎日2つずつフォニックスのルールを学習し、ちょうど一巡したところです。CDにあわせて毎日15分から30分、週末は結構がんばって1時間ほどフォニックスの音読練習を行いました。するとどうでしょう、今まで気にも止めなかった子音の音が、すんなりと耳に入って来るようになったのです。当時苦手だったrとlの聞き取りは、今はほぼ完ぺきに出来るようになりました。

この本は発音力をつけるための本のようですが、コツコツ続けることで確実にリスニング力もつくと思います。子供向けのフォニックス教本は多いようですが、大人向けのものはそれほど多くないようですし、掘り出し物の一冊だと思いますよ。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年1月1日
今まで単語のつづりから何となくこう読むのだろうな、と想像で発音していましたが、
それをきちんと法則として学ぶことができました。
また、アルファベットのつづりから頭で一度カタカナに直して発音を覚えていたのが、
つづりから直接英語の発音に返還できるようになりそれを繰り返し練習することで
無意識にカタカナ発音からの脱却ができるようになりました。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告