Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard summer_Bike DVD ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
34
5つ星のうち4.3
価格:¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2017年8月12日
実際に電子ドラムがない状態で、生ドラムで試してみたが、悪くはないと思う。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年4月1日
何か趣味をと思い、思い切って電子ドラムを始めてみました。
この本を手にとってから初めてドラムに触れましたが、1日1時間〜1時間半の練習でなんとかこの本のパターンを叩けるようになりました。8日かかりましたが、体がもつれてバラバラになるのを集中しながらコントロールするのが楽しいです。
あとはテンポを上げたり、よりメトロノームに忠実に合わせたり、ルーディメンツを練習したりとこの本の中に課題はまだまだあります。
未経験者でも叩けるパターンをゆっくり進めるのが大変ありがたかったですね。
ただ、そのパターンで演奏できるような簡単なゆっくりした曲の譜面が収録されていればもっとよかったですね。180テンポの曲はまだまだ当分無理です。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年8月29日
姿勢や座り方などドラムに触れたことない私にも十分に理解できる内容。
譜面の読み方やたたき方、ドラム駆け出しに覚えるべき初歩的なリズム、その練習方法やコツまで具体的に記載されている。
CDが動画だったらもっと良い。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
まったくの初心者がゼロから頼れる教本として、とてもよくできた内容だと思います。
姿勢と呼吸法から入るあたりは管楽器のメソッドみたいだなあと思ったら、
著者は金管からドラムに転向したとのこと。その経験が生きているのかもしれませんね。

自分もかつて金管と打楽器を経験していますが、これからドラムを始める方にはもちろん、
普段ほかの楽器をやっている人がドラムという楽器を知るのにもとても役立ちます。
アニメの「けいおん!!」にもドラムの子がほかの楽器をやりたくなるエピソードがありましたが、
逆の「ちょっとドラム叩かせてよ」みたいな要求には、まずこれを渡して読ませましょう!

「うーうーあー」とリズムを声に出して叩く学習法は歌を強く意識したもので、
ほかの楽器の経験者から見てもすごく入りやすいです。
打ち込みの作曲を始めるうえで、ドラムが具体的にどんな楽器なのかを
知るための教本としても有用です。
本書でドラムの基本的な構造や奏法を理解しておけば、ここぞというとこで
臨場感あふれるオリジナルのドラムフレーズも作れるのではないでしょうか?
ガレバンやボカロで打込み沼に足を踏み入れてしまった方は、
リアル楽器を知るうえで持っておいて損はないと思いますね。

ドラム教本としての評価はすでにほかの方のレビューで十分語られているので、
あえてちょっと違った価値を取り上げてみましたが、付属CDも含めて
初心者向け教本としては素晴らしい一冊だと思います。
あとはビデオ解説があればいうことなしですが、単純に同内容のDVD版を出してしまうと
併存が難しくなるので、プラスアルファ要素をうまく工夫したDVD付属バージョンを考えてほしいですね。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
版元は大手楽器メーカー。といっても自社製品の拡販を意図したものではなく、「電子ドラムというジャンルの裾野を広げよう」という、至極真っ当な書籍である。解説も特定の機種に偏ることがないため、汎用性が高い。コントローラーの使い方など、具体的な情報はドラムマガジンなどの専門誌に求めよう。

内容は「アコースティックドラムにも応用できる」基本が丁寧に記されている。多少気になった点として、騒音対策は「ネットなどで情報を得よ」とあること。電子ドラムは生音の発生は少ないが、それでもキックペダルなどはかなりの音を出す。集合住宅での対策はかなり難しく、その点は明記した方が良かったのでは。

またスティックの握り方はマッチドグリップのみの紹介。レギュラーグリップを端折ったのはそれが(打圧の変化に追従しにくい)電子ドラム向きではないためだろうか。上級機にはグリップの違いを反映するものもあるし、アコースティックドラムには両方のグリップを学ぶのが基本なので、この点もやはり明記すべきだろう。

演奏法については、基礎が要領よくまとめられており、付属CDと併せて楽しみながらステップアップできると思う。ただリズムパターンについての記述はごくあっさりしている。できれば本書以外にルーディメンツのHow To本を求めて参照することをお勧めしたい。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年11月8日
一見、電子ドラムの販促や初心者向けに見えますが、なかなか奥の深い内容です。全編がモーラー奏法で解説された教則本は、これ以外に見たことがありません。著者のDVD「モーラー奏法とその応用 ~本気で取り組む奏法改革~」と合わせて読むと、より理解が深まります。
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年2月15日
なかなか僻地にはないのです。このたぐいの本って。ですから初心者の僕も娘用にと購入した本ですが、一緒に勉強しています。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年2月20日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
ページ数は少なめですが要点をわかりやすく解説しており、
後々上達の足枷となるような癖などがつかないように
基礎の基礎からしっかり学ぶことができます。

付属のCDは非常に便利で、繰り返し練習することで
かなりのパターンの奏法を修得することができると思います。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年2月15日
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
本書はそのタイトル通り、
電子ドラムとは何かから始まり、
機材選び、騒音、振動対策、練習マナー、基本的な楽譜の読み方まで、
音楽的知識や経験、素養がない方でも
まずその最初の一歩を踏み出せる、
まさに今日から電子ドラムを始められるように
懇切丁寧に順序立てて書かれている一冊となっています。

また、上記のような構成であるため、
ある程度の楽器知識、経験などがある方には
序盤こそ多少煩わしく感じてしまうかもしれませんが、
中盤からは同封CDをもとに
具体的な楽曲ごとのコツやテクニックなどを
写真付きで分かりやすく解説してくれてるので
幅広いレベルの層に対応した内容ともいえると思います。

おススメです。
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
著者はまだ若いながらも、動画サイトや各種教室等で【モーラー奏法】の実演を中心に、後身の育成にも尽力されている方の様です。

著者自身はプロの演奏家なので勿論、生ドラムを主として演奏されていますが、本書はフルセットの電子ドラム向けの入門書として記されており、アナログな生ドラムや、玩具に毛の生えた様な卓上ドラムで挑もうとしている方には、色々と不向きな書籍と言えます。
冒頭で、電子ドラムと生ドラムの違いの解説を兼ねて、生ドラムの構造と扱い方にも触れられていますが、それはオマケの様な扱いであり、あくまでも電子ドラム一本に絞った入門書です。
また、足周りもバスドラムだけで無くハイアットペダルがあるのは当然な上、ライドシンバルに三段階以上の電子センサーが組み込まれている事も前提になっており、ゲームセンターで腕前を披露しようと卓上ドラムで練習している様な方はお断りな仕様ですw

「ドラムは用意したけど各部の名称や使い方も解らない」と言う様な初心者向けに一から解説されており、体の使い方から電子ドラム特有の構造&叩き方、そして最終的には8ビートでメジャーポップス曲を演奏出来る様になるまでを指南されています。
内容の7割は教典的な指導、2割は楽譜であり、特段同種他書と大きな差異は感じないのですが、残る1割は著者の経験や個性が反映されたコラムに割かれており、動画サイト等を視聴し著者に師事したいと思われた様な方には、非常に嬉しい内容と言えるかと思います。

付属CDは、掲載されている練習課題を文字通り(!)に音声化したもので、著者が「いちとにぃと、どぅっどぅー、だぁっだぁー…」と声を掛けながら演奏されています。
1課題20秒ぐらいのチャプターで収録されていますが、個人的にはもう10秒ぐらい長い方が練習し易いかなぁ…と感じました。

ヤマハ電子ドラムの初回購入特典に付けても良いぐらいの内容であり、タイトルに偽り無い入門書と言えます。
著者の人柄の良さも在ってか、初心者が躓いたり気になったりする部分に、適切な注釈が入れられており、非常に学び易い書籍と感じましたので、☆×5とします。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告