Androidアプリストア Amazonファミリー Prime Student 本10%ポイント還元 9000 ポイントアップチャンス 事前にエントリー nav_flyout_biss ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 母の日特集2018 対象の日用品まとめ買いで30%OFF 新生活ストア2018 Echo Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 ドキュメンタル シーズン5



2018年4月18日
いま、世間を騒がせている「森友・加計問題」の淵源がどこにあるか、よく分かりました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年4月15日
親が生長の家であったから、昔、生長の家が明治憲法復元改正運動をしていたのは知っている。その頃は、左翼全盛時代で、学生運動が盛んな頃であり、共産革命の危機であったから、その危機を救う為には、現行憲法を否定して明治憲法を復元した後、そこを基点としてもう一度、改正をやり直せよと、生長の家創始者は主張した。(今の生長の家教団は、明治憲法復元などあきらめている)
確かに、日本国憲法は、日本が再び米国の脅威にならないようにするために、日本を非武装化し、その代わりに占領軍が日本に半永久的に駐屯し、実質的に保護国にしようという狙いがあって作られたものである。よってこのように、不当に押し付けられたものは、法理論上は無効で、今でも本当ならば、明治憲法が生きているとみるべきという主張は、法理論上は正しいといえるだろう。しかし、いくら不当に押し付けられたものでも、憲法9条がなくなってしまったら、日本はアメリカの戦争に巻き込まれるかもしれないから、明治憲法復元改正などは、国民的コンセンサスは得られないであろう。日本会議は、かつて左翼全盛時代に左翼と戦っていたもの生長の家学生活動家が中枢にいて、運動の中心を担っているという。ただ、私はそんなに目くじら立てるほどのものでもないとは思っているのだが・・・。
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年3月24日
内容もとても興味深いですが、構成が面白くて、すぐに映画化できそうな雰囲気です。意識的にそのような構成にしてあるのだろう。手掛かりを失って八方塞がりとなった主人公が、最後の最後に、「もう一度、基本にかえって、最初のところから考え直すんだ! オレよ、頑張れ!」・・・ついに決定的な手掛かりを発見しラストシーンに持って行く。
寝ずにつくったビラを運動学生に無駄にされた話がとても良かったです。(「サスペンスあるある」で、逮捕となるラストシーンで犯人の口から幼少時代のつらかった過去を告白。)その私念だけで日本をここまで崩壊させるという・・・。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年3月31日
久しぶりに面白い本を読んだ。
本書は、日本最大の右翼団体「日本会議」がとある特定の右翼系カルト団体に支配されているという事実を膨大な調査から解き明かしている。
その右翼系カルト集団とは、「生長の家」という神道系カルトで、今の「生長の家」はエコロジー系の新興宗教だが、かつては神道のアルカイダと言えるほど、過激な右翼宗教集団として影響力を持っていた。
かつての過激カルト集団の頃に活躍した人間が「日本会議」の実際の運営に携わっていると本書は説く。
もっとも、「日本会議」がカルト集団と密接に関係していることは前から指摘されていたことである。
確かに「日本会議」の参加団体に名を連ねる団体にはカルト系が多く、逆に「生長の家」は登場してはいないのだが、本書の指摘が正しければ、「日本会議」に参加する多くのカルト集団を束ねるのは「生長の家」の過激派集団と言うことになる。
本書に基づけば、「日本会議」は保守でも右翼でもない。
過激なカルト集団のフロント団体だと言うことだ。
さあ、この「日本会議」いや「生長の家」の過激メンバー、安倍政権の中枢にも浸透している。
本書の言い方を借りれば、彼らは極めて民主的に活動を行い、民主的に政権中枢に近づき、そして民主的な方法で民主主義を殺そうとしている。
これはナチスが政権を獲得した手法に近い。
だが、本書は同じ右翼系の産経新聞の出版社から刊行されたのか?
さすがの産経新聞も「日本会議」の実態がカルトだと知ってヤバいと思ったのか。それとも、日本の右傾化を懸念する勢力から何らかの圧力をかけられたのか。
もし後者だとしたら、大日本帝国の復権を狙う「日本会議」=「生長の家」は実に滑稽な集団だと言わざるを得ない。
ちなみに、後者の場合の産経新聞に圧力をかけたと考えられる勢力とは・・・?
アメリカである。
アメリカの影響力の下にある今の政権下で「大日本帝国」の復権を狙おうとしている「日本会議」と「生長の家」。
彼らは国際政治の現実を知らない無知な集団と言わざるを得ない。
2コメント2件| 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年5月19日
日本会議の生い立ち、運動組織・運動論がよく分かった。
戦後右翼の成り立ちでした。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月3日
ある時期から自民党政権が右傾化するとともに、世の中にヘイトスピーチが現れるようになったのが疑問だったが、菅野 完著「日本会議の研究」を読んでようやく理解できた。

それまではマクロ経済的側面で考えて、日本では少子高齢化とともに生産労働人口が減って、GDP成長率が上がらないためパイが減ることを恐れる人たちの行動がヘイトスピーチになって来たという哲学者萱野稔人氏らの説明が最もしっくりしていた。

しかしこの本によれば、現在の安倍政権の周囲には、「首相補佐官」「秘書」「有識者会議のメンバー」の形で、日本青年協議会のメンバーが多数存在している。つまり元右翼宗教団体「生長の家」に淵源をもつ日本会議とその系列団体である日本青年協議会の人たちの暗躍があるということが事実である。

そして第1次安倍政権のとき脆弱な自身の失態により首相の座を降りた安倍が何故再び首相になって権勢をふるっているのか、しかも議会制民主主義をないがしろにしてまで憲法改正に邁進するのか、それは「一群の人々」が安倍を適任だと選び、靖国参拝、歴史修正主義、自衛隊国軍化、男女共同参画反対、夫婦別姓反対、男子皇統、すべては戦前の大日本帝国憲法に復帰するという彼らの悲願達成のための流れに沿っているのである。

外国のニュースはすでに「安倍政権は右翼に乗っ取られている。」と伝えているが、知らぬは日本国民ばかりなりである。

そして皮肉なことに話題の新党「希望の党」小池百合子も日本会議の一員であるという事実である。先日の関東大震災追悼式典において虐殺された朝鮮人犠牲者追悼に対して、都知事として追悼文を送らないという、前例を切って捨てたような行動はまさに歴史修正主義の一端であった。

日本は今般の総選挙の結果、左翼・リベラル勢力を片隅に退けて、保守大連合により地政学的リスクに対応することになるだろう。粘り強く、草の根運動を展開、選挙で政治を変えていく、そして日本の国の形を変えていく「一群の人々」の執念には驚嘆する。

ジャック・アタリは著書「2030年ジャック・アタリの未来予測ー不確実な世の中をサバイブせよ!」の中でこう述べている。

「民主主義は人々の希望でも重要課題でもなくなり、存在意義を失った。自分たちの運命を改善するために民主主義を頼りにする者がいなくなったのだ。次世代は現世代よりもひどい暮らしを送ることが明らかになったのである。」

「今後、民主主義に見せかけた独裁制という偽物の民主主義が登場し、独裁者のような輩たちによる統治が始まるかもしれない。」
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年9月17日
今まで「その界隈」で感じていた、あの人達なんなの?という疑問が一気に解消された。
もちろん全てを信じて読んでいった訳ではないが、充分な考察と資料に推理小説を読んでいる様な感覚を覚えた。
最後の方はやや駆け足で、発売の時期に間に合わせようともがいた?感もある。
話題にはなる前に購入したが、氏のTwitterや時事と合わせてリアルタイムで読めた事は良かったと思う。
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月12日
とても良い本です。多くの人に読んで頂きたい。資料を詳細に分析し的確な判断を行っています。著者の分析力に感服いたします。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年6月22日
参院選大事。あちらさんは投票率を下げようとしてくるんだろうなぁ、
0コメント| 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月1日
戦後70年の日本人の平和に対する歩みを、平和に浸りきり政治に無関心になった我々自身が否定する元凶を育んでゆく恐怖が計り知れない。
0コメント| 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告